ドラ牧師坂本の聖書日課  

20241年2月26日~3月3日

2月 26日(月) 聖書:ヨハネ福音書4章41~51節
教会の祈り:信徒委員会の働き。 今日の祈り:連盟「日本バプテスト連盟宣教研究所」。①新任牧師・主事研修会(2月28日~3月2日)と参加者のために。②宣研の研究・研修・情報発信などの働きのために。③運営委員会及び宣研スタッフの働きのために。 運営委員長:白石 久幸(名古屋教会牧師)、所長:朴 思郁(パク サウク・西川口教会協力牧師)

2月 27日(火) 聖書:Ⅰヨハネ1章5~10節
教会の祈り:M・Sさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:連盟「東日本大震災被災地支援委員会」。①東京電力福島第一原発事故の収束諸作業が安全に行われ、放射線による健康被害から守られるように。 委員長:中田 義直(常務理事・所沢教会協力牧師)、現地リーダー:大島 博幸(福島主のあしあと教会牧師)

2月 28日(水) 聖書の学びと祈り会:当教会とリモート併用で19時半~20時40分頃まで。聖書:ヨハネ福音書12章36後半~43節
今日の祈り:連盟「平和宣言推進担当者会」。①パレスチナに自由と解放を。ガザ虐殺の即時停戦を。教会を積極的平和創造の器としてください。 委員長:谷本 仰(南小倉教会牧師)。 連盟「憲法改悪を許さない私たちの共同アクション」。①平和憲法を活かすことができますように。国連憲章に9条を盛り込ませることができますように。 担当理事:城倉 啓(泉教会牧師)

2月 29日(木) 聖書:イザヤ書5章1~7節
今日の祈り:連盟「新生讃美歌推進」。①「『新生讃美歌』20周年記念ヒム・フェスティバル」(3月20日)の祝福とこれからの賛美の取り組みのために。 新生讃美歌推進担当:江原 美歌子(相模中央教会 音楽・子どもユース担当主事)

3月 1日(金) 聖書:エゼキエル書19章1~11節
今日の祈り:香住ケ丘教会(かすみがおか・福岡市東区)。①一つの霊によってしっかり立つ。②私たちはキリストにあって一つ。 牧師:堀内 明、名誉牧師:藤井 健児

3月 2日(土) 聖書:ヨハネ福音書14章25~31節 
教会の祈り:所沢教会3月定期総会(3月24日)の準備が進むように。 今日の祈り:東福岡教会(福岡市東区)。①新来者が教会につながるように。②高齢者・病の人のために。③幼稚園での伝道のために。 牧師:笠井 元(はじめ)、協力牧師:松見 俊(たかし)、劉 雯竹(リュウ ブンチク)

3月 3日(日) 聖書:ヨハネ福音書15章1~17節 <聖書の箇所から>… ▲「ぶどうの木」にたとえ、主イエスがご自身を説明・表現した有名な箇所です。イエス・キリストは身近な食物や動植物を「たとえ」として用い、神様と人間の関係を伝えています。▲「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」。ぶどうの木は当教会にもありますが、本来、ぶどうの木は地中深くまで根を伸ばし、そして一本の枝から多くの枝が分かれて繁るところから「繁栄のシンボル」とされてきました。▲冬、枯れているようになにもない枝から、季節になると緑の若枝が無数に伸び、そこに実をつけていく姿には毎年びっくりします。それは幹を通して栄養や水分が枝に供給されているからです。▲今、葉がないぶどうの木の姿を見ながらふと思うのは、私どももまた「枯れたような心」になってしまうことです。▲ぶどうの枝が枯れたら何の実りもありません。「枯れた心」とは潤いのない、優しさのない心、人の気持ちの理解できない心です。心の栄養をいただきたいと願いつつ、様々な多忙や、心配や恐れの中でその余裕すら失ってしまうこともあります。▲主イエスさまは「わたしの愛にとどまりなさい」とおっしゃいました。「とどまる」とは「結ばれていきなさい」ということで、今日の箇所でも「つながる」「結ぶ」と何度も使われているヨハネ福音書のキーワードの一つです。▲主イエスさまが人を愛され、受け入れていった心を私にもください、人を愛するという力を私にもください、その祈りに生きることです。わが子すら時に疎ましく、憎らしく思う時もあるのです。そのような自分に気づく時、それは幸いであると思います。弱さや醜さをもった自分をさらけ出しながら、神様の助けを、力を、愛を求めることを主イエスさまは良しとして、あなたを支えてくださるでしょう。(献)  
教会の祈り:T・Mさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:西戸崎(さいとざき)教会(福岡市東区)。①信徒1人ひとりの人生に神の祝福が。②戦争のない世界、平和希求を祈る。③すべての命の尊厳が護られるように。 牧師:城 俊幸(たち としゆき)

2024年02月24日

2024年2月19日~25日

2月 19日(月) 聖書:ヨハネ福音書11章35節 
教会の祈り:信徒委員会の働きを憶えて。 今日の祈り:福岡城西(じょうせい)教会(福岡市城南区)。①教会組織50周年を迎える2024年、感謝と共に新たな歴史を歩むことができるように。②世界に主の平和を。 牧師:宮井 武憲、協力牧師:寺園 喜基、名誉牧師:安藤 榮雄

2月 20日(火) 聖書:列王記上17章8~24節 
今日の祈り:西南学院教会(福岡市早良区)。①礼拝の諸活動や、西南幼稚園の保育、西南学院の働きが祝福され、地域への福音宣教が拡げられますように。 主任牧師:西脇 慎一、協力牧師:踊 一郎

2月 21日(水) 聖書:使徒言行録16章25~34節
今日の祈り:鳥飼(とりかい)教会(福岡市中央区)。①新しい十字架の光が地域に輝きますように。②バプテスマ者や新入会者の祝福のために。③コロナ収束後の活力ある宣教推進のために。 牧師:三田 照雄

2月 22日(木) 聖書:ヨハネ福音書11章45~53節 
教会の祈り:O・Kちゃんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:福岡教会(福岡市中央区)。①福音宣教の働きのために。②各執事の働きとそれを支える会員の祈りと奉仕が祝されるように。③世界平和のために。 牧師:小川 宏嗣


2月 23日(金) 聖書:マルコ福音書14章32~42節
今日の祈り:那珂川教会(福岡県那珂川市)。①教会が地域の方々の身近な存在となるように。②現代に生きる方に響く福音を届けるために。 牧師:籐 寿(とう ひさし)

2月 24日(土) 聖書:ルカ福音書3章21~22節
教会の祈り:T・Tさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:博多教会(福岡市博多区)。①牧師招聘と、無牧師の信徒の一致。②『愛のうちにたつ教会(信徒1人ひとり)』となれますように。 代務者:高井 博章

2月 25日(日) 聖書:ヨハネ福音書12章27~35節後半 <聖書の箇所から>… ▲「心騒ぐ」は英語訳では「トラブルしている」とあります。▲「トラぶっている」との言葉を最近は聞きますが、まさに「もめ事・問題・紛争・障害」の中にあると言うのです。▲心引き裂かれるような主イエスの思い、それは「死」と「生きる」ことの狭間。▲完全な人間として主イエスは「死、それも不名誉な恥の十字架上での死」を恐れています。「よみがる」とわかっていても「死」の現実は恐怖でしかありません。▲一方、主イエスは逃れる道、つまり、捕まる前にエルサレムを脱出して、もうしばらく宣教に日々を費やす道を選択することも可能だったのです。▲しかし、その選択の中で、28節の「栄光が示された」とは主イエスが自らの死を受け入れた、何が起ことうとも、いかなる苦しみ痛みが襲い来るとも、それを受け入れる、そのことによって、人々を救うことへ決意されたのです。▲主イエスの覚悟の表明を人々は理解できません。「人の子があげられる」=「世を救う方(メシア)が殺される」ことです。エゼキエル7章14節前後のように、神は永遠であるのに、死ぬことはないでしょう、大体「人の子」とは誰なのか、と人々は問います。▲主イエスは「人の子」と自称しておりましたし、ここではご自身を「光」と言い換えています。▲光は暗闇(悪や暴力的な力、絶望、紛争や争い、病や死)を追いやる。光である主も一度は死の中を歩むけれど、必ず朝日のごとく、光としてよみがえる。あなたは私(=光<の力>)を信じて歩みなさい、なお、それは「今」、あなた生きているその時に信じなさい、と招くのです。▲「光の子」とは主イエスに愛され、赦され、信頼と交わりの関係に生きる歩みのことです。(献)  
今日の祈り:西九州地方連合(12教会1伝道所)。①無牧師の教会と離島(五島)の教会のために。②新年度の役員の働きのために。③8月にある全国壮年大会の備えのために(2024年8月24日)。 会長:曺 銀珉(チョ ウンミン・長崎教会牧師)

2024年02月17日

2024年2月12日~2月18日

2月 12日(月) 聖書:使徒言行録3章1~10節
教会の祈り:すべての人の信教の自由が保障される世界であるように。 今日の祈り:野方教会(福岡市西区)。①教会堂建築のために。②牧師が与えられますように。③一人ひとり日々新しくされるように。 執事代表:芳司 康生

2月 13日(火) 聖書:箴言26章12節
教会の祈り:S・Tさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:伊都教会(いときょうかい、福岡市西区)。①「恵みに生きる」(年間標語)。「主の恵みに生きる群れとして「礼拝・宣教・交わり」を深め歩むことができるように。 主任牧師:下川 義明

2月 14日(水) 聖書:マタイ福音書12章1~8節
教会の祈り:教育委員会の働きを憶えて。各クラスにメンバーが与えられるように。 
今日の祈り:姪浜教会(めいのはまきょうかい、福岡市西区)。①アトゥトゥミャンマー福岡の働き。②伊藤光雄協力牧師の働きを憶えて。③バプテスマ決心者の備えのために。 牧師:鈴木 牧人、協力牧師:伊藤 光雄

2月 15日(木) 聖書:マタイ福音書8章5~13節
教会の祈り:M・Hさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:かたえ教会(福岡市城南区)。①戦いのある場所に平和があるように。②悲しみに寄り添えますように。③互いの弱さを受け止められるように。 牧師:水野 英尚、協働牧師:三上 梓、伝道主事:興津 吉英

2月 16日(金) 聖書:ルカ福音書10章38~42節 
教会の祈り:K・Yさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:福岡ベタニヤ村教会(福岡市早良区)。①世界に平和が訪れますように。②共に祈り合う教会としての成長。③献身者を生み出し、祈り支える。 牧師:田口 昭典

2月 17日(土) 聖書:ヨハネ福音書12章1~8節
教会の祈り:18日、相互訪問で大宮バプテスト教会に行く9名の方々のために。 今日の祈り:福岡西部教会(福岡県糸島市)。①伝道開始25周年に向けて教会のミッションを確かめる。②困窮者支援が守られる。③世界平和の実現。 牧師:麦野 達一

2月 18日(日) 聖書:ヨハネ福音書11章17~27節、35~39節 <聖書の箇所から>… ▲ベタニア村はエルサレム近郊。そこに住むマリアとマルタという姉妹、その兄弟であるラザロは福音書に度々登場します。イエスさまの弟子(弟子には色々な従い方がある)、あるいはシンパ(共感者)としてその村に生きていました。▲ある時、ラザロがひん死の病にかかり、命が危ないことを知った姉妹は人を送って主イエスにラザロのことを伝えます。▲主イエスはすぐにベタニアに行きません。そしてラザロが死んだことを知ったようです。「なぜ、間に合うように行かない!」「早く行けばよいのに」と我らは思いますが、人の命を真実に扱えるのは「神」であり「主イエス」のみです。▲「遅れたイエス、ラザロの死に間に合わなかったイエス」を姉妹はどう思ったでしょう。悲しむマリアは「あなたが間に合っていたら…」と悔しい思い、裏切られた思い、憎らしい思いを訴えます。▲主は語ります、「あなたの兄弟は復活する」。それは天国の話であり、今の現実とは思えずマルタは「それは私の慰めになりません」と語るのです。同じ言葉を主イエスはマリアからも聞きます。▲「死」は必ずやってくる、絶望と悲しみの現実として…。死の持つ痛み悲しみに主は共感し涙を流されます。▲主イエスは奇跡を起こす方としてではなく、「人の心に、痛みに共感する方」としておられます。▲人が「死」の悲しみや痛みを乗り越えるためには、その痛みに伴う存在が必要なのです。▲主は共感し、その共感からラザロをよみがえらせます。▲「よみがえったこと」が奇跡ではありません。人の苦しみに伴う神こそ、奇跡。人は必ず死にます。百回死んでよみがえってもそれは幸いではありません。▲死の痛み、悲しみ、苦しみに、共に寄り添う方がおられる~死をご自身も味わう方が~そのことを知る時、人はよみがえる、再び立ち上がることができるのです。(献)  教会の祈り:T・Yさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:西福岡のぞみ教会(福岡県糸島市)。①神の愛が地域の人々の平安を支えてくださいますように。②新来者の方々が信仰に導かれますように。 牧師:亀井 良雄、協力牧師:永山 辰原

2024年02月10日

2024年2月5日~2月11日

2月 5日(月) 聖書:Ⅱテモテへの手紙2章8~13節
教会の祈り:O・Mさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:長住教会(福岡市南区)。①伝道開始60周年(2026年5月)に向けた計画のために。②人権侵害や差別・暴力のない公正な社会の実現のために。牧師:中條譲治、中條智子

2月 6日(火) 聖書:ヨハネ福音書15章11~17節
教会の祈り:礼拝委員会の働きを憶えて。 今日の祈り:平尾教会(福岡市南区)。①「二つの会堂一つの教会」の成熟。②福音に生きる教会の使命の実現」。③主の平和が世界にあるように。牧師:奥村 献、協力牧師:青野 太潮、才藤 千津子

2月 7日(水) 聖書:イザヤ書56章1~8節
今日の祈り:福岡有田教会(福岡市早良区)。①教会堂新築のビジョン実現のために。②病にある教会員の癒しのために。③新来者・求道者の救いのために。牧師:松田 和夫

2月 8日(木) 聖書:エゼキエル書18章14~23節
教会の祈り:K・Mさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:田隈教会(福岡市早良区)。①奏楽者が与えられるように。②高齢者の健康と信仰生活のために。③教会学校の働きと継続のために。牧師:篠田 裕俊、協力牧師:坂東 資朗

2月 9日(金) 聖書:マルコ福音書7章31~37節 
教会の祈り:伝道委員会の働きを憶えて。 今日の祈り:福岡国際教会(福岡市中央区)。①地域の人々、外国人に仕える教会。②主任牧師が与えられるように。③教会財政が祝福されるように。代表役員代務者:堀 義行、糸島集会担当協力牧師:木村 公一

2月 10日(土) 聖書:Ⅰペトロ書3章13~22節
教会の祈り:F・Kさんのお誕生日おめでとうございます!。 今日の祈り:福岡聖書教会(福岡市中央区)。①世界の暴力の連鎖に、主イエスさまにある最善の解決のために。②聖霊の満たし、地域と家族の救霊、信仰継承。牧師:濱中 満、名誉牧師:濱中 恒雄、伝道師:濱中 有希子

2月 11日(日) 芦沼光雄協力牧師就任感謝礼拝  聖書:ヨハネ福音書9章1~17節、35~39節(参照:9章18~34節) <聖書の箇所から>… ▲「生まれつき目の見えない人」を指して弟子が「誰が悪いことをしたからその結果、目が見えなくなったのでしょうか」と主イエスに尋ねます。「目が見えなくても」、「耳が聞こえていた人」の存在を話題にし、原因を聞いてもそれは弟子たちにほとんど関係のないことですし、当事者の前で誰が聞くでしょうか。▲そのような人間が真実に「目が見えない、人の心が見えない、思い図れない」人の姿です。この人は今までどれだけそのような冷たい言葉に心痛んできたことでしょうか。▲主イエスは、「因果応報」で考え、物事を理解する世界に向かって新たな言葉を語ります。「本人の罪の結果でも、両親の罪の結果ではない」。私ども人間は「過去」しか知りませんから、「過去」の何かを原因にしようとします。▲しかし主イエスは「神の業がこの人に現れるためである」、つまり、その苦難の現実を通して、神の働き、神の恵み、神の愛がこの人に届けられるという「未来」を語るのです。▲そして「神の業」とは、その個人個人に対して様々な生き方や考え方の変換を促すことを伴うものであり、「神の業」とは、「神と共に」、イエスと共に、喜びと希望を与えられて歩み出していくことになります。▲私どもも様々な困難や思っていない災害や病に見舞われることがあります。過去を悔いることもありましょう。自分や周囲を責めることもありましょう。でもそこに解決はありません。▲痛みや弱さ、その只中で主イエスは共にあり、あなたに新しい未来、新しい生き方、新しい考え方をしめされるでしょう。▲「シロアム」と呼ばれる池、その名称は「遣わされた者」の意味とあります。池が癒すのではなく、まだ見えなくても、主イエスの言葉を信じ実行することです。(献) 
教会の祈り:S・Aさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:早良教会(福岡市早良区)。①高齢の兄弟姉妹の健康のために。②子どもたちの健やかな成長のために。③求道者に良い導きがあるように。 牧師:加山 献、名誉牧師:K・J・シャフナー、協力牧師:今村 まさゑ、協力宣教師:朱 承圭

2024年02月03日

2024年1月29日~2月4日

1月 29日(月) 聖書:ヨハネ福音書10章27~30節
教会の祈り:H・KさんとS・Aさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:連盟「資料保存・管理委員会」。①連盟の歴史的重要資料の保存・管理が委員会と諸教会の協力で進められますように。②委員会メンバーと長尾なつみ担当職員の働きが導かれ、連盟事務所「資料保存室」が活用されていきますように。 委員長:松村 誠一(大泉教会員) ★「協力伝道週間・祈りの暦」より…連盟「理事会・監事、総会議長団」

1月 30日(火) 聖書:Ⅰコリント書15章1~11節
教会の祈り:K・Kさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:連盟「第69回定期総会議長団」。①多くの教会が総会に出席し、協力伝道について豊かな話し合いをすることができますように。 議長:川内 裕子(かわち ひろこ) ★「協力伝道週間・祈りの暦」より…連盟「総務委員会、財政委員会」

1月 31日(水) 聖書:ルカ福音書11章5~13節
今日の祈り:日本バプテスト保育連盟。①若者と共に歩むキリスト教施設のために。②若者をキリスト教保育に送り出す。③付属施設につながる人々の救いのために。 会長:田中 秀一 ★「協力伝道週間・祈りの暦」より…連盟「地域協働委員会、研修委員会、ハラスメント対策委員会」

2月 1日(木) 聖書:ヨハネ福音書6章41~59節
教会の祈り:新旧執事会、各会によって来年度の準備が進みますように。 今日の祈り:和白教会(福岡県糟屋郡)。①み言葉に生きる教会の歩みを。②立地条件を生かし地域の方々に仕える教会形成を。③各地での震災の被災者のために。 牧師:城前 和徳(じょうまえ かずのり)、協力牧師:片山 寛、宣教師:洪 淳奎 ★「協力伝道週間・祈りの暦」より…連盟「特別委員会・臨時委員会、国外伝道」

2月 2日(金) 聖書:ルカ福音書9章21~24節 
今日の祈り:小郡(おごおり)教会(福岡県小郡市)。①家族の救いと信仰の継承。②地域に根ざした宣教とその結実。 牧師:下川 睦子、教会主事:吉浦 徳美 ★「協力伝道週間・祈りの暦」より…「伝道者養成・神学部・神学校」

2月 3日(土) 聖書:ルカ福音書15章11~32節
教会の祈り:明日入会の証しをするA・Nさん。 今日の祈り:福岡新生教会(福岡市南区)。①多くの人々が救われるように。②全世界に福音が宣べ伝えられるように。③心身の癒しを求めて。 主任牧師:竹田 殉聖、牧師:竹田 耶子武、宣教師:李 聖徳、河端 真理子、ジャナク・カンデル、国際関係交流主事:張 磊、協働牧師:竹田 浩、協働伝道師:野口 和子 ★「協力伝道週間・祈りの暦」より…連盟関連事業体、国内外協力団体

2月 4日(日) 聖書:ヨハネ福音書10章7~18節 <聖書の箇所から>… ▲7節から主イエスは御自分を「羊の門」と譬えられました。「門」は出入口であり、イエスさまの時代、羊飼いは囲いをつくり、羊を寝かせ、入口には羊飼いがおり、狼等の来襲に備えたのです。そして羊たちを守るのが羊飼いであり、そして、命がけで人間を守り、生かそうとする方こそイエス・キリストなのです。▲11節からは「良い羊飼い」と主イエスは語ります。この「良い羊飼い」のたとえにはエゼキエル書34章が大変響いているので、併せて読むとよいでしょう。▲「良い羊飼い」は羊を知り、羊も羊飼いを「自分を守り、支え、導く方」と認識して、支配的ではない、相互の関係性と信頼が成立しています。▲さらに主イエスはまだ(イエスの)「囲い」(=関係性)に入っていない羊(=人間)のことを心配しており、羊(=人間)が主イエスの声(=招き)を聞き分けることを願っています。▲「羊飼い」は旧約聖書では施政者(=王等)を示すこともあります。狼がやってきたら自分を守るために逃げる羊飼い(=施政者)が多いのです。イスラエルの王も、日本の政治家も「誰の声を聞いているのか」と思うことが余りにも多いと感じます。▲今は情報が多すぎます。その中で真に「聞くべき声」に心を向けていきたいのです。(献) 
教会の祈り:2月11日、芦沼光雄協力牧師就任感謝礼拝の祝福と芦沼牧師の今後の歩み。 今日の祈り:福岡新生教会 須恵伝道所(福岡県糟屋郡)。①祈りと伝道が祝福されるように。②救いが起こされるように。 牧師:竹田 進一 ★「協力伝道週間・祈りの暦」より…連盟宣教研究所、連盟事務所。

2024年01月30日

2024年1月22日~28日

1月 22日(月) 聖書:ルカ福音書16章19~31節
 今日の祈り:筑紫野二日市教会 福岡南伝道所(福岡市南区)。①礼拝が継続的に守られますように。②社会的擁護の子どもたちを支える。③子ども食堂など地域の人の居場所に。牧師:有吉 光寛、伝道師:柴田 公文

1月 23日(火) 聖書:マタイ福音書7章24~28節
教会の祈り:T・Wさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:春日原教会(福岡県春日市)。①目の前の地域・日本全体・世界各地の「暴力」が止まりますように。②春日原教会がさまざまな方々の「つながりの現場」になれますように。 牧師:末松 隆夫、原田 賢

1月 24日(水)夜19時半~「聖書の学びと祈り会」  聖書:マルコ福音書10章17~27節  今日の祈り:篠栗(ささぐり)教会(福岡県糟屋郡)。①メッセージ動画配信のために。②復活した応答の時のために。③宗教法人格取得のために。 牧師:伊藤 聡

1月 25日(木) 聖書:マタイ福音書14章22~33節 今日の祈り:宇美(うみ)教会(福岡県糟屋郡)。①礼拝、祈り、対話があふれる教会。②子どもたちの笑い声があふれる教会。③身近な人から平和が拡がる教会。牧師:間村 史子

1月 26日(金) 聖書:マルコ福音書9章38~43節 今日の祈り:粕谷教会(福岡県糟屋郡)。①世界の平和が導かれるように。②粕谷教会のこれからのあゆみ。 教会主事:柳田 賢吾

1月 27日(土) 聖書:ヨハネ福音書16章12~15節
教会の祈り:明日当教会でご奉仕される大宮教会、永松博牧師(宣教)、他メンバーのため。 今日の祈り:福岡地方バプテスト連合。①2月17日「どげんすっと?宣教協力」盛会のために。②協力伝道ネットワーク構築のために。③連合諸教会の教会形成のために。 会長:踊 一郎(久留米教会牧師) 

1月 28日(日) 「大宮教会の方々を迎えて~連合相互訪問プログラム~」  聖書:ヨハネ福音書6章1~15節 <聖書の箇所から>… ▲本日は礼拝宣教が大宮教会永松牧師になるため、宣教箇所はマルコによる福音書15章33~39節になります。もちろん、教会学校は上記ヨハネ福音書です。▲今日のヨハネ6章でのいわゆる「五千人の給食」の話は各福音書に掲載されています。ただヨハネが独自で伝えるのは、場所がティベリアス湖(=ガリラヤ湖)の向こう岸であること、また、パンと魚(干し魚)を持っていたのは少年であることです。▲しかしながらこの証言をヨハネが記したのは、場所に関わりなく(時には異邦人の地であるとしても)主イエスの宣教は人々の心をとらえたし、「少年」であったことの記述は「成人・弟子」に対する批判が含められ、強調されたのでしょう。▲弟子は主イエスに「人々のパン」を心配した時、まず計算をします。1デナリオンは当時の労働者の日給といわれますので、単純にいえば二百万円あっても足りない、無理です。5つのパンと魚なんて何も役にも立たない(=少年も役に立たない)、と弟子は語るのです。▲「無理」と考え、何もしないと、何も先に進みません。主イエスの思いに応えるためには、もっと考えること、様々な人々の協力を得ること等きっと色々想像できるのです。▲主イエスは5つのパンと二匹の魚を少年から受け取り、「あなたの小さなパンが多くの人を養うことを示そう」との言葉を行間から感じます。▲主イエスに差し出す時、それがどれほど小さくても、人からは「役立たず」と言われようとも、主イエスが祝福する時に、大きな恵みの、隣人に広がる出来事となるのです。(献) 
教会の祈り:K・Mさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:連盟「資料保存・管理委員会」。①連盟の歴史的重要資料の保存・管理が委員会と諸教会の協力で進められますように。②委員会メンバーと長尾なつみ担当職員の働きが導かれ、連盟事務所「資料保存室」が活用されていきますように。 委員長:松村 誠一(大泉教会員) ★「協力伝道週間・祈りの暦」より… 連盟317教会・伝道所を覚えて。特に専任牧師不在の39教会、7伝道所のために。

2024年01月20日

2024年1月15日~21日

1月 15日(月) 聖書:ヨハネ黙示録19章5~10節
教会の祈り:A・Mさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:佐賀教会 大川伝道所(福岡県大川市)。①聖霊の一致によって主に仕える。②地域の方々への福音伝道。③ホームページが有効に用いられるように。 伝道師:中村 千枝子

1月 16日(火) 聖書:Ⅰテサロニケ4章13~18節
今日の祈り:壱岐教会(長崎県壱岐市<離島>)。①教会が壱岐の島の人々と共に主をあがめますように。②島の高齢者の命と生活をお守りください。③教会の仲間を増やせますように。 牧師:飛島 孝、飛島 永子

1月 17日(水) 聖書:Ⅱペトロ書3章8~14節 
教会の祈り:北関東連合教会・伝道所を覚えて。 今日の祈り:久留米荒木教会(福岡県久留米市)。①「他人事にしない」が合言葉。喜ぼう!町の仲間と始めた朝のおにぎり食堂&幼子/他国籍ごった煮礼拝。 牧師:溝上 哲朗、協力牧師:吉田 晃児、塚田 正昭、教会主事:山田 哲也

1月 18日(木) 聖書:Ⅱテサロニケ書1章5~10節 
今日の祈り:久留米教会(福岡県久留米市)。①多くの人の居場所となれる教会形成。②「共に生きる」イメージの具体化。③幼稚園に園児が与えられること。 牧師:踊 真一郎、教会主事:踊 夢希

1月 19日(金) 聖書:ローマ書13章8~10節
教会の祈り:T・Mさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:鳥栖(とす)教会(佐賀県鳥栖市)。①2025年3月着工予定の新会堂が、「多くの人の居場所となる、公民館のような」建物へと導かれますように。牧師:野中 宏樹、協力牧師:濱野 道雄(西南学院大学神学部教授)、主事:日比 亜門

1月 20日(土) 聖書:使徒言行録2章43~47節 
教会の祈り:T・Lさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:筑紫野南教会(福岡県筑紫野市)。①牧師招聘の早期実現。②教会員の霊的成長と自立。③地域への福音宣教の拡大と深耕。代表役員代務者:梅木 光男

1月 21日(日) 聖書:ヨハネ福音書4章1~26節 <聖書の箇所から>… ▲前提として、ユダヤとサマリアは元来同じ民族でありながら歴史の変遷の中で、互いに嫌悪し、当時の諺では「同じ水がめを使わない」状況でした。ユダヤの神殿はエルサレムに、サマリアの神殿はゲリジム山にありました。しかし、人が造り出してきた壁を主イエスは打ち破りサマリアを訪ねていきます。▲お昼頃、暑い時間帯に町外れにある井戸に水を汲みにくる人はいません。いるとしたら、人と会いたくない人。ところがそこに主イエスがおられたのです。▲主イエスはまず女に「水を求める者」として声をかけます。その「問いかけ」から対話が始まり、対話が深まっていきます。まさにそれは「信仰」の歩みです。▲「飲む水」は「生きた水」の話へと変化し、さらに「永遠の命に至る水」がイエス・キリストであること、そして、「まことの礼拝者として生きること」へと導かれていきます。▲その対話の中で、ユダヤ・サマリアの対立のこと、何よりこの女性が生きてきた苦しみが語られます。彼女は今まで5人の夫がいましたし、現在は別の人と連れ添っています。彼女が願ってきた、愛し、愛される関係は残念ながら、裏切られ、あるいは裏切り、まさに彼女の心と人生こそ「渇いていた」のですし、彼女の歩んできた人生を思います。▲そのような彼女に主イエスは出会い、語りかけ、「水を求める存在」から「命の水を与える存在」となるのです。▲嬉しいのは、人を避けていた彼女はこの時から、主イエスを伝える者となったことです。▲22節の「救いはユダヤ人(イエス)から来る」との言葉を聖書から消そうとしたのはドイツ・ナチスのヒットラー。聖書の言葉を消し去ろうと考える者は、自分が神のようになり、結果、自分と他者を世から消し去る者となるのです。(献) 
教会の祈り:新年度の教会活動計画立案のために。 今日の祈り:筑紫野二日市教会(福岡県筑紫野市)。①信仰継承者が備えられますように。②新来者が与えられますように。③礼拝配信が活用されますように。 牧師:加来 国生、音楽責任者:加来 陽子

2024年01月13日

2024年1月8日~14日

1月 8日(月)  聖書:ヨハネ福音書12章27~36節(中心27~32節)
今日の祈り:愛浦光教会(あいのうらひかり・長崎県佐世保市)。①高齢者の集会出席の足が守られる。②教会周辺に転居された方への伝道。③教会学校の出席者の整え。 牧師:武林 真智子

1月 9日(火) 聖書:ヨハネ福音書9章1~12節 
今日の祈り:佐世保教会(長崎県)。①中央公園が市民に愛され、隣接する当教会へつながりますように。②入信される方が起こされますように。 牧師:鮫島 規雄

1月 10日(水) 聖書:使徒言行録1章1~11節(中心9~11節)
教会の祈り:T・YさんとH・Tさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:嬉野教会(うれしのきょうかい・佐賀県)。①父なる神さまの恵みと愛の実感と実践。②兄弟姉妹のデボーションの充実。③処女降誕のキリストを信じる信仰。 牧師:藤野 慶一郎、伝道主事:橋爪 義行

1月 11日(木) 聖書:マルコ福音書1章14~20節 
教会の祈り:東日本大震災被災地と復興。 今日の祈り:鹿島教会(佐賀県鹿島市)。①求道者が与えられるように。②神とキリストの栄光を現わすことができるように。 牧師:玉置 行

1月 12日(金) 聖書:ルカ福音書17章1~10節(中心5~10節)
教会の祈り:O・Mさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:佐賀新生教会(佐賀県佐賀市)。①河野正成牧師就任按手式早期実施。②教会の兄姉がみ言葉により勝利へ。③協力伝道を祈り、共に主につながる。 牧師:河野 正成

1月 13日(土) 聖書:ルカ福音書11章1~13節(中心9~10節) 
教会の祈り:明日14日のジョイフルサンデー ゲストの山嵜美奈姉と新来者が・求道者が与えられるため。 今日の祈り:霊水(たまみず)教会(佐賀県佐賀市)。①牧師を迎えて再出発の感謝。②礼拝参加が困難な人を覚えて。③教会を離れている人を覚えて。 牧師:湯川 洋久

1月 14日(日) 「新春ジョイフルサンデー(伝道礼拝)」  聖書:ヨハネ福音書2章41~11節 <聖書の箇所から>… ▲今日の箇所は「元旦礼拝」で扱った箇所です。▲ヨハネが記す主イエスの最初の「しるし」が行われたのはガリラヤのカナで行われた主イエスの親族の結婚式でした。▲「祝宴」から主イエスの働きが始まることは印象的です。主イエスは我らの悲しみや痛み、死の現実の場面にも、そして喜びの場所にも共におられます。▲そして「礼拝」は「祝宴」です。主イエスが共に歩まれることを感謝し、主の言葉により新しい道を示され(そこに悔い改めも伴う)、喜びをもって未来へと歩み出していくのです。その礼拝、祝宴の招きをどうぞ断らないで、その恵みの席に喜び参与してほしいのです。▲「結婚式」や「結婚」という現実は、よく「信仰の歩み」と類比して考えられます。ただ「結婚」を選ばない選択もあることを理解して語っていることはご承知ください。▲「結婚」もこれから二人が共に歩み続けることを神の前に約束し、その歩みを主が導いてくださること、共に集っている方々の祈りや支え、励ましがなくては「結婚」の現実を歩めないことを表現する儀式です。▲「結婚」するといっても、相手のことを全て知り、理解しているわけでもありません。結婚後、その「愛」が危機に陥り、破綻することもあります。「結婚」という関係性を歩む中で、「愛する意思」「赦し、赦されること」「忍耐」を多くの喜びと共に学んでいくことが必要になりますが、その難しさを我らは知る者です。▲「信仰」も近いものですが、でも非なることがあります。信仰もまた神さま、イエスさまのことを十分に知らなくても歩み出していくのです。信仰はその歩みにおいて危機や困難も伴いますが、何より「ただ、一歩的に恵みをもって赦し、愛してくださる主」を信頼し歩むことです。▲主はあなたを命がけで愛してくださる、その愛を信じるのです。私共は主を捨てるような、忘れるような者である、時には主に裏切られたように思う時があるかもしれません。▲しかし、主の愛は、私共の愛を遥かに超えた方です。▲「結婚」は破綻することが起こるでしょう。我らは不完全な存在であるゆえに。しかし、「信仰」はたとえ破綻しようとも主の愛によって「よみがえる(復活する)」ことをぜひ覚えてください。(献) 教会の祈り:喜び満ちる礼拝を共につくるために。 今日の祈り:佐賀教会(佐賀県佐賀市)。①主の愛を知るものとなれますように。②自覚的信仰者として協働する者に。③求道者の決心のために。 代表役員代務者:中村 千枝子

2024年01月06日

2024年1月1日~7日

1月 1日(月) 2024年元旦礼拝 11時~正午 聖書:ルカ福音書4章16~30節(中心16~21節)
教会の祈り:この1年の教会の歩みと祝福、世界の平和実現のために。 今日の祈り:有明教会(福岡県大牟田市)。①み言葉に生かされる「キリストの弟子」の1年を。②子育てサロン、宿題会から救われる魂を。③建築の幻を。 牧師:田中 文人

1月 2日(火) 聖書:Ⅱコリント書6章1~13節(中心1~2節)
教会の祈り:礼拝の充実。 今日の祈り:大牟田教会(福岡県大牟田市)。①礼拝・各集会が祝福されるように。②教会員・ご家族が祝福されるように。③光の子幼稚園の祝福のために。 牧師:浦 肇

1月 3日(水) 聖書:ルカ福音書5章33~39節(中心38~39節)
教会の祈り:T・Yさん(特に手術後のリハビリと回復のために)。 今日の祈り:五島教会(長崎県五島市)。①求道者、受浸者が起こされるように。②地域に開かれた教会となれるように。③奏楽者が与えられるように。 牧師:中村 聖架

1月 4日(木) 聖書:ヨハネ福音書1章19~28節(中心19~23節)
教会の祈り:秦 紀代姉。 今日の祈り:多良見教会(長崎県諫早市)。①み言葉と共に、霊的成長。②子どもたちへの主の導きと祝福。③祈りを合わせ牧師をお迎えする。 代表役員代務者:松本 素代美

1月 5日(金) 聖書:ヨハネ福音書1章29~34節(中心32~34節) 
教会の祈り:1月14日ジョイフルサンデー ゲストの山嵜美奈姉と新たな参加者が与えられるため。 今日の祈り:長崎教会(長崎市)。①教会内の組織改革のために。②若い世代への伝道と育成のために。③地域奉仕のために始まった「ノーザンクロス」(一般社団法人)の活動のために。 牧師:曺 銀珉(チョ ウンミン)、副牧師:田口 圭子、音楽主事:嘉手苅 夏希、教育主事:竹内 洋美

1月 6日(土) 聖書:ヨハネ福音書1章35~42節 
今日の祈り:諫早教会(長崎県諫早市)。①将来を見据えた教会形成への導き。②一人ひとりがより大切にされる教会。③より活発な地域に開かれた教会へ。牧師:向山 満

1月 7日(日) 「新年主日礼拝」  聖書:ヨハネ福音書1章43~51節 <聖書の箇所から>… ▲ヨハネ福音書を連盟「聖書教育」誌では今後3月一杯まで学ぶことになります。▲ヨハネ福音書1章では「新たな創世」として「創世記」をなぞりながら、「初めに言(ロゴス→イエスへ展開)があった」から記され、最後の預言者ヨハネが主イエス・キリストを指し示し、旧約聖書の預言が成就したことを告げ、旧約と新約の橋渡しをするのです。▲興味深いのは、主イエスのバプテスマからいわゆる「公生涯」が始まっていることです。イエスさまもバプテスマを受けられました。、ゆえに主イエスの足跡を辿る私共もバプテスマを受け(もちろん、伴う信仰告白が大事、儀式が人を救うのではない)、新たな歩みが始まるのです。▲「バプテスマ」を受けるとは、聖書をすべて理解し、神のすべて信じることができた時と考える人がいますが、すべてを理解し、すべてを信じるなんて私も含めて不可能な話です。バプテスマはとにかく「信仰のスタート」です。▲その後、主イエスは共に宣教する弟子たちを招きます。39節に「午後4時」と時間がわざわざ記録されているのが面白いですね。日没から次の日になりますが、日没前でも主イエスのことが伝えられ、そして主の招きを受ける人がいます。「良きことは急げ」。▲その翌日、主イエスはフィリポと出会い、弟子として招き、フィリポはナタナエルに伝えます。ナタナエルは彼の知識により、「ナザレから良いものがでない」と思いますが、「来て、見なさい」と勧められ、そして主イエスと出会い、その時、すでに主イエスはナタナエルのことを知っておられたのです。▲つまり、私どもが主イエスを発見する前に、主イエスはあなたを知っておられるとの言葉です。▲そして主イエスを「見る」(「見る」ことはヨハネ福音書では様々に用いられる「キーワード」のひとつで、「見る」ことは「信じる」ことにつながるし、また最後には「見ないで信じる幸い」が語られる)ことから「信じること」「従うこと」へとつながります。▲どうぞ、あなたが今年、主イエスを真実に「見る」こと、そこから始まり、主との「出会い」「従うこと」「命を受ける」、さらに「永遠の命の希望」に導かれますように。(献)
教会の祈り:S・Rさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:大村古賀島教会(長崎県大村市)。①求道者の神との出会いのために。②新たな出会いが与えられるように。③相互理解という「平和」のために。牧師:川久保 拓也

2023年12月31日

2023年12月25日~31日

12月 25日(月)クリスマス 聖書:ルカ福音書2章8~21節
教会の祈り:K・Tさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:菊池シオン教会(熊本県合志市)。①教会の交わりが祝福されるように。②高齢者や病床の方々のために。③教会活動に新しい世代、この地域の方々が加えらえるように。 牧師:濱川 耕一

12月 26日(火) 聖書:ルカ福音書24章1~12節
教会の祈り:教会員の家族の方々を覚えて。 今日の祈り:大村フレンドシップ教会(福岡県大牟田市)。①世界に平和がありますように。②女性の地位が高められますように。③多くの子どもたちが来ますように。 牧師:眞柄 光久、協力牧師:福井 正躬、教会主事:叶 義文

12月 27日(水) 19時半~「歳晩 聖書の学びと祈り会」(リモートあり) 聖書:エフェソ書5章6~20節(中心8節)
 今日の祈り:バプテスト北九州地方連合(27教会)。①今年度新たに北九州地方連合独自の取り組みとして開始した宣教支援センターと田中伊策主事(直方教会牧師)の歩みのために。 会長:谷本 仰(南小倉教会牧師)

12月 28日(木) 聖書:マタイ福音書25章31~40節(中心40節)
今日の祈り:連盟「性差別問題特別委員会」。①様々な分断を乗り越えて、‟神の良し”をめざし、心合わせて差別の克服に向かって進みたい。委員長:今井朋恵(今治教会牧師)

12月 29日(金) 聖書:イザヤ書53章(中心1~5節)
教会の祈り:31日礼拝宣教の中田牧師、1日宣教の坂本牧師のため。 今日の祈り:連盟「研修委員会(常設委員会)」。①委員会の働きが諸教会・伝道所の歩みを支え、キリストを共に証しするものと整えられますように。 委員長:金丸 真(仙台長命ヶ丘教会牧師) 

12月 30日(土) 聖書:イザヤ書60章1~7節(中心1~3節)
教会の祈り:クリスマス行事に参加された方々が引き続き教会に来ることができるように。
 今日の祈り:日本バプテスト同盟(理事長:大矢誉生)、沖縄バプテスト連盟(理事長:石原 真)、日本キリスト教協議会(NCC、議長:吉高 叶)を覚えて。 

12月 31日(日) 「歳晩主日礼拝」  聖書:イザヤ書61章1~3節 <聖書の箇所から>… ▲2023年、最後の日を迎えています。23年はあなたにとってどのような年だったでしょうか?そして2024年が来ても大きな変革が世界に起こるとは余り考えられません。日付が変革を起すのではなく、この時代を生きる私たちがどのように変革されていくか、そのことにすべてがかかっています。▲さて、今日のイザヤ書60章の背景としては、バビロン帝国により捕虜となっていた人々が、新たな覇権国「ペルシャ」により帰国を許されました。▲「神殿再建」の費用もペルシャが負担するということですが、そう簡単に神殿建設は進みません。まずは人々の生活の基盤を整えることが大事だったからです。▲何より、経済的困難、政治的不安、民族同士の対立や争いは帰還者の存在が負担になってきます。▲その時代の中でイザヤは「主はわたしに油を注ぎ」と語りますが、ここでの「わたし」はイザヤ自身ではなく、メシア(=キリスト)預言です。「油を注ぐ」のは王の就任儀式を意味いたします。▲つまり、困難な時代の中に神は必ず救い主を送ってくださり、荒廃した世界を整える希望となることが「約束」として語られているのです。▲この言葉は、主イエスがナザレで安息日礼拝において、このイザヤ書を読み、「この聖書の言葉は、今日、あなたが耳にしたとき、実現した」と、イザヤ書の約束が主イエスご自身によって成就したことを語ります(ルカ福音書4章)。その後、人々はイエスの言葉に「憤慨し」、イエスを殺そうとしたとあります。▲何故か?それは主イエスがイザヤ書61章2節の「神が報復される日を告知して…」の言葉を読まなかったからです。人々は神によって「敵」と思う人々に報復が行われることを期待していました。▲しかし、主イエスは「報復」は必要としなかったのです。なぜなら「報復」は「平和が生まれる新しい時代」にふさわしくないからであり、神さまのお心ではないからです。(献)
教会の祈り:一年の歩みを感謝し、召天された方のご家族に主の恵みと励ましがあるように。主による平和の実現のため。 今日の祈り:連盟引退教役者の方々を覚えて。山下 誠也氏(埼玉県在住・川越教会員)、村中 範光氏(神奈川県在住・品川教会員)

2023年12月23日

2023年12月18日~24日

12月 18日(月) 聖書:使徒言行録16章16~34節
教会の祈り:O・Yさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:熊本南教会 羊の群れ伝伝道所(連絡先は熊本南教会)。①熊本南との合同礼拝(みことばや分級)のために。②神学生のOさんの勉強や家庭・奉仕のために。③対面で再開された家庭集会の働きが実るように。 牧師:朴 哲浩

12月 19日(火) 聖書:ルカ福音書1章5~25節
今日の祈り:東熊本教会(熊本市中央区)。①「共に」礼拝を行うための取り組みが、充実していきますように。 牧師:三上 充

12月 20日(水) 聖書:ヨハネ福音書16章25~33節
今日の祈り:東熊本教会 豊岡伝道所(熊本県合志市)。①教会財政の祝福。②療養中の方々のために。③牧師招聘のために。 代表者:工藤 信也

12月 21日(木) 聖書:ヨハネ福音書1章4~5節
教会の祈り:24年度執事にふさわしい人が選出され、引き受けてくださるように。 今日の祈り:山鹿新生教会(熊本県山鹿市)。①み言葉がしっかり語られますように。②祈りと恵みの霊を注いでください。③感謝と賛美の心で充たしてください。 牧師:船越 哲義 

12月 22日(金) 聖書:ヨハネ福音書1章14節 
今日の祈り:熊本愛泉教会(熊本市西区)。①早く牧師が与えられますように。②教会員の霊性の向上と健康の守護。③八代、種子島の伝道所のお守り。代表役員代務者:田中 芳樹

12月 23日(土) 聖書:ヨハネ福音書8章12~20節
教会の祈り:明日のクリスマス礼拝とイブ礼拝の奉仕者のために、参加者が多く与えられるため。
 今日の祈り:熊本愛泉教会 八代伝道所(熊本県八代市)。①受けてきたお恵みに応答していく。②新来者との出会いを願い外に出かけていく。③ミャンマー、ウクライナの平和を祈り続ける。 牧師:桑原 伸良

12月 24日(日) 「クリスマス礼拝」 19時半~「クリスマスイブ キャンドルサービス」  聖書:ヨハネ福音書3章16~21節 <聖書の箇所から>… ▲連盟「聖書教育」誌では本日と1月~3月はヨハネ福音書から扱います。▲第四福音書と呼ばれる「ヨハネによる福音書」は「聖書」に組み入れられた福音書の中では一番歴史が新しいものです。紀元100年頃は様々な福音書が記されており、正典(「聖典」ではなく、基準を示す「カノン」を意味する)を定める時にヨハネ福音書は入ったのです。▲ヨハネ福音書を読む時は「キーワード」に注意して読むことを勧めています。▲まずは「世」という言葉。「世」は「神」と対照的に用いられます。「世」は「世界」や「時代」も意味しますが、「あなたの歩む世界、あるいは『あなた』」と言い換えてよいものです。▲また「滅び」と「永遠の命」も対照的に用いられます。「永遠の命」とは「死なない命」ではなく、神の前で永遠に生かされ愛される魂と言ってよいでしょう。▲それから「信じる」という言葉。「信じる」とは「信じていこうとする歩み」であり、一度信じたらその後、何も揺るぎがないことではありません。「信仰」は常に「不信仰」と「信仰」の間をさまよっているものです。▲「裁き」、はヨハネ福音書では有罪判決が神によって言い渡されることです。主イエス・キリストは「赦し」をもって我らに向き合うお方です。▲「光」もまたヨハネ福音書によく用いられるイメージで「闇」と対照的に用いられます。「光」はそのまま「光」です。「照らす」「導く」「明るい」「暖かい」「優しい」等の言葉と結ばれて用いられます。▲「独り子」もヨハネ福音書にしか記されません(多分)。関係性を示す言葉で、「独り」であること、「神の子」であることに意味があります。(献)

教会の祈り:高齢や病床、施設入所で礼拝に来られない方々にクリスマスの喜びと希望が与えられるように、世界の平和実現のために。 今日の祈り:熊本愛泉教会 種子島伝道所(鹿児島県)。①牧師が与えられますように。②沼田牧師の健康のために。 牧師:沼田 俊昭

2023年12月16日

2023年12月11日~17日

12月 11日(月) 聖書:ルカ福音書2章8~21節(中心8~11節)
教会の祈り:東日本大地震被災地の方々と復旧・復興。今日の祈り:宮崎丸山町教会(宮崎県宮崎市)。①多くの人に対応できるバリアフリーの新会堂を。②牧師の後継者が与えられるように。 牧師:金子 貢司

12月 12日(火) 聖書:マタイ福音書4章12~17節
教会の祈り:聖歌隊の働きを憶えて。今日の祈り:児湯(こゆ)教会(宮崎県西都市)。①現牧師の引退時期が近いこと。教会財政が厳しいこと。この2点を踏まえて今後の教会形成を考えています。 
牧師:徳渕 敬尚

12月 13日(水)夜は「聖書の学びと祈り会」です! 聖書:イザヤ書11章1~10節
今日の祈り:高鍋伝道所(宮崎県児湯郡高鍋町)。①次世代を担う20名の信仰者が与えられますように。②教会員の信仰健康が守られますように。 牧師:児玉 一郎

12月 14日(木) 聖書:詩編46編(中心2節) 
今日の祈り:延岡教会(宮崎県延岡市)。①新来者が与えられますように。②みんなの健康が守られますように。③みことばによく従えますように。 牧師:松田 良明 

12月 15日(金) 聖書:詩編121編 
教会の祈り:U・Yさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:天草中央教会(熊本県天草郡)。①イエスさまの弟子が増えるように。②神の力と命に満たされた教会になる。③地域に必要とされる教会となる。 牧師:南 圭生、協力牧師:松本 泰博

12月 16日(土) 聖書:ルカ福音書2章22~35節(中心25~35節)
教会の祈り:明日のファミリークリスマスの祝福、朝霞バプテスト教会での働きが祝福されるように。 今日の祈り:人吉教会(熊本県人吉市)。①人の救いのため感謝をこめひたすら祈る。②み言葉を行うものとなれるよう神の助けを祈る。③感謝して献げる。 牧師:永渕 一隆

12月 17日(日) 午後「ファミリークリスマス」  聖書:イザヤ書25章1~9節 <聖書の箇所から>… ▲「預言者は、『その日』に起こる神の勝利を賛美しています。『その日』には、強い敵が打ち倒され、苦難を負わされた貧しい者たちが回復されることを喜びます。暴力的な支配を神が終わらせる『その日』を待ち望みます。イザヤの預言は正義と公平が行われる事でした。人の強さにではなく、神に頼ることを語り続けました。抗いようのない苦難の中で、涙の中でうつむく時になお『その日』を賛美することができる源は、『あなたはわたしの神』です。」(聖書教育誌12月号p7より引用)。▲そう、この預言は、「戦闘」暴虐」「豪雨」「渇き」(ここでは人間の暴力を比喩していますが、暴力を越える渇きもやってくるのです)がこの世界からなくなり、6節以降で豊かな祝宴が語られます。それは誰もがそれぞれ自身をさらしても何も恐れることのない世界、「その日」はいつやってくるのでしょうか。▲「アドベント」を迎えています。 12月3日「週報」巻頭言に「アドベント」について記しましたが、「待つ」とは「その日」に備えて「準備」をしていくことです。▲今の世の「戦争」は「戦争の準備」が当然のようになされて実行されます。それも莫大な予算をかけて…。「平和」を願うなら「平和」を「準備」することが必要なのです。▲すべての人々の命が等しく守られること、地球環境への対応など、今、「平和」のために世界が一つとなることが大事です。▲ローマの古い諺に「汝が平和を欲するなら、戦争の備えをせよ」とあり、「平和」のための「武力行使」が当たり前になりました。しかし、それで「平和」は実現しないのです。▲カール・バルトというスイスの神学者は語りました。「汝が戦争を欲しないならば、平和の備えをせよ」。▲クリスマスを迎える、誰もがその時を嬉しい楽しい時にしたいと思うでしょう。それが実現しますように!▲そして、平和を願う我らもまた、未来を嬉しい楽しい世界にしたいと自分なりの準備を始めていくのです。(献)
 今日の祈り:熊本南教会(熊本県宇土市)。①神学生の献身と共に、リーダーシップの移行が備えられるように。②次世代・分級の教師、働きがますます進められるように。③一人ひとりの信仰の成長・宣教のわざに用いられるように。 牧師:朴 哲浩

2023年12月09日

2023年12月4日~10日

12月 4日(月) 聖書:Ⅰペトロ書1章17~25節(中心24~25節)
教会の祈り:ウクライナ、イスラエルとパレスチナ(ハマス)に平和を。今日の祈り:鹿児島教会(鹿児島市)。①求道者の受浸決心のために。②認定こども園めぐみ幼稚園のために。③中山(ちゅうざん)小羊児童クラブのために。 牧師:田渕 亮

12月 5日(火) 聖書:創世記28章10~28節(中心15~16節)
今日の祈り:伊集院教会(鹿児島県日置市)。①信徒奨励、霊的成長のために。②牧師の健康のために。③無牧師の教会・伝道所のために。 主任牧師:馬渡 健太郎、協力牧師:麦野 賦

12月 6日(水) 聖書:マタイ福音書1章18~25節(中心22~23節)
教会の祈り:H・Cさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:伊集院教会 枕崎伝道所(鹿児島県枕崎市)。①礼拝、祈り会に多くの方が来られるように。②人々の魂の救いのために祈っています。 牧師:馬渡 健太郎、協力牧師:麦野 賦

12月 7日(木) 聖書:列王記下16章7~9節 
教会の祈り:H・Kさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:川内(せんだい)教会(鹿児島県薩摩川内市)。①主を信じる者たちに聖書の真理が開かれますように。②主に従う者が起こされ働き人が与えられるように。 協力牧師:立島 和史 

12月 8日(金) 聖書:列王記下17章1~6節
教会の祈り:K・Tさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:都城教会(宮崎県都城市)。①身近な人に伝道ができますように用いてください。②新しいCS活動の歩みが祝福されますように。協力牧師:立花 一志

12月 9日(土) 聖書:列王記下17章7~12節(中心7~8節) 
教会の祈り:17日のファミリークリスマスの準備を覚えて。 今日の祈り:宮崎教会(宮崎市)。①信仰決心者が与えられるために。②高齢者の方たちのために。③みくに幼稚園の働きのために。 
牧師:中條 信治、中條 邦子

12月 10日(日)アドベント第2週  聖書:イザヤ書9章1~6節(参照7章1~9節) <聖書の箇所から>… ▲南王国ユダの王アハズ(治世前735~715年)は、エルサレムにアラムと北王国イスラエルの同盟国が侵略することを聞き、動揺し、より強いアッシリアに助けを求めますが、結局はアッシリアの配下に置かれ、略奪・暴力がはびこり、田畑は荒らされ、人々は連れ去られ、民族性や言葉、文が奪われていきました。▲今の国際関係でも様々な思惑で同盟関係を築いていきますが、力がある国が結果的に支配していき、その中で苦しむのは一般市民なのです。人間は多くの犠牲の上に立つ歴史から何も学ぶことができていないのです。そこにも根源的な人間の罪を見ます。▲さて、アッシリアに蹂躙された「異邦人のガリラヤ」に預言者イザヤは「光が輝いた」と宣言します。暗闇を歩く人々にこそ、弱くされた人々にこそ、主が働かれるのです。▲神が平和をお与えになる、4節の「・・・兵士の靴、血にまみれた軍服は・・・焼き尽くされた」との言葉に、共鳴し、神が平和を与える時を願います。▲そして5節からは「メシア(=キリスト=メサイア=救世主=イエス・キリスト)」の誕生が預言されます。「生まれた」と過去形で記されますが、これは「預言者的過去」という表現で、将来起こることを、すでに実現したことのように語る表現です。▲その方は「驚くべき指導者」とありますが、よく歌ってきたヘンデルの「メサイア」では、「ワンダフルカウンセラー」、と歌っていました。「指導者」より「助言者」「共に聞き、考える方」のイメージです。▲しかし、イエス・キリストの誕生はそれからはるかに先ではないか、と思われるでしょう。しかしその「希望」が人々を奮い立たせ、そのような指導者像を求める基準となりました。▲一方、イエス・キリストが誕生したにも関わらず、今もなお暗黒ではないかと問うでしょう。先週も語りましたが、いくら主イエス・キリストが語り続けても、それを受け入れなければ「現実」は変化しないのです。▲必要なのは、「主」を「主」と認め、イエス・キリストの言葉に従う人間の態度(信仰)です。(献)
教会の祈り:K・Tさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:宮崎教会 青島伝道所(宮崎県宮崎市)。①毎週の主日礼拝のために。②青島地域の伝道のために。③高齢者の方たちのために。

2023年12月09日

2023年11月27日~12月3日

11月 27日(月) 聖書:ルカ福音書1章47~55節
教会の祈り:ウクライナ、イスラエルとパレスチナ(ハマス)に平和を。今日の祈り:連盟「ホームレス支援特別委員会」。①コロナ危機にあって困窮している人々のために。②困窮者支援を教会が宣教の業として取り組めるように。 委員長:麦野 達一(福岡西部教会牧師)

11月 28日(火) 聖書:ルカ福音書1章58~80節
 教会の祈り:S・Mさんのお誕生日おめでとうございます。今日の祈り:連盟「地域協働委員会」。①諸教会・伝道所。各地方連合と協働する働き。②新たな教会・伝道所の支援とネットワークつくり。委員長:伊藤 光雄(福岡市・姪浜教会員)

11月 29日(水) 聖書:ルカ福音書2章29~32節
教会の祈り:北関東地方連合各教会・伝道所を覚えて。 今日の祈り:日本バプテストろう伝道委員会。①各教会にろう伝道の働きが広がりますように。②ろう伝道委員会が導かれ用いられますように。   
委員長:宮井 武憲(福岡城西教会牧師)

11月 30日(木) 聖書:マタイ福音書4章4~7節 
教会の祈り:クリスマスに向けての準備のため。 今日の祈り:連合立神学校・研修センター。東京バプテスト神学校。九州バプテスト神学校。北海道バプテスト研修センター。 

12月 1日(金) 聖書:Ⅰコリント書1章22~25節 
教会の祈り:新来者・求道者が与えられるように。 今日の祈り:那覇新都心教会(沖縄県)。①牧師招聘。②ミッションステートメントの再考。③沖縄を再び戦場にさせない。牧師:岡田 有右(ゆうすけ)、岡田 富美子

12月 2日(土) 聖書:イザヤ書7章1~9節
教会の祈り:病床や施設にある方がたを覚えて。 今日の祈り:西原新生教会(沖縄県中頭郡西原町)。①沖縄の地で神の国と神の義を求める。②キリストに結ばれて、日々成長する。③聖霊の火を受ける。 協力牧師:柏本 隆宏

12月 3日(日)アドベント第1週  聖書:イザヤ書7章10~14節(参照7章1~9節) <聖書の箇所から>… ▲南王国ユダの王アハズ(治世前735~715年)は、エルサレムにアラムと北王国イスラエルの同盟国が侵略することを聞き、動揺します。その中で主は預言者イザヤを遣わし「落ち着いて静かにせよ、神に信頼せよ」とアハズに伝えます。▲さらにアハズに「神にしるしを求めよ」と言います。アハズはしるしを求めないと言いますが、それは敬虔さや、神への畏れではなく、不信頼を示すものでした。そのようなアハズに主は未来を語ります。▲「しるし」は「証拠」や「サイン」の意味です。「しるし」は「明らかに示される」こともありますが、一方では「理解する人にしか理解できない」場合もあります。その辺りは解釈のポイントです。▲16節に「インマヌエル」なる方が来る前に、「二人の王」とアッシリアの話がありますが、これは1節の「レツィン」と「ペカ」であり、アッシリアによる徹底的な南王国ユダの破壊で、数年後に現実となりました。▲一方「インマヌエル」の預言は文脈で関係ないように見えますが、「国家存亡、あるいは生の危機」の中でこそ「希望としてのインマヌエル<神、我らと共におられる>」が生まれる意味と考えます。▲インマヌエルが確かな「しるし」として現実となったのはイエス・キリストの誕生と理解されています。▲ただ、忘れてはならないのは旧約聖書の時代も主なる神はいつも人々と伴おうとしていたことです。そして、今、様々な危機の中において主は、人々に「御言葉」を通して語り続けておられます。しかし、それが真実となるのは「受け取る」人間の心に依ります。▲「御言葉」を自分に関わる事柄として受け止めない限り、共におられる方と出会えないし、「御言葉」は虚しくなるのです。(献)

今日の祈り:国分教会(鹿児島県霧島市)。①開かれた地域に福音を伝え、教会の歩みが祝福されること。②ウクライナとミャンマーに平和と自由を。 牧師:マウマウタン、協力牧師:立山 泰士、協力宣教師:テモテ・ボード

2023年11月25日

2023年11月20日~26日

11月 20日(月) 聖書:エレミヤ書5章1~3節 
教会の祈り:少年少女会活動が起こされていくように。今日の祈り:札幌新生教会(札幌市北区)。①牧師、教会奉仕者、教会員の祝福。②宣教50周年を感謝し、今後の導きを。③子ども食堂が地域の祝福となる。 牧師・国内宣教師:田中 満矢、牧師インターン:三浦 皇主郎、協力牧師:田中 博

11月 21日(火) 聖書:ローマ書8章26~30節
 教会の祈り:ウクライナ、パレスチナとイスラエルの人々に平和と希望を。 今日の祈り:小樽教会(北海道小樽市)。①地域に開かれた地域に仕える教会に。②常に祈る教会であり続ける。③子どもたちが集う礼拝に。 牧師:エイカーズ・愛

11月 22日(水) 19時半~「聖書の学びと祈り会」 聖書:ローマ書8章31~39節
 今日の祈り:帯広教会(北海道帯広市)。①伝道開始60周年の感謝とこれからの歩みの導き。②年間テーマ「仕える喜び」の実践。 牧師:川内 裕子、川内 活也

11月 23日(木) 聖書:イザヤ書7章1~9節
教会の祈り:I・Hさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:釧路教会(北海道釧路市)。①協会の基盤が強くされるように。②さらに地域に開かれた教会に前進。③滞日・在日外国人と共に歩む教会。 牧師:奥村敏夫、宣教師:マシュー・チン・メイ・マン、ダイアナ・ウォン・サン・サン

11月 24日(金) 聖書:申命記31章5~6節
教会の祈り:S・Yくんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:旭川東光教会(北海道旭川市)。①伝道の業が主に用いられ、出会いが導かれるように。②病を患っている方々の癒し。③さまざまな事情で集えない方と共なる教会として歩めるように。④地域に主イエスさまを証しできるように。 牧師:桐本 恒雄

11月 25日(土) 聖書:ヨシュア記1章5~9節 
教会の祈り:N・Kさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:旭川教会(北海道旭川市)。①教会創立から68年の歩みに感謝。②大切な隣人である外国籍住民のために。③目標「一人ひとりを大切にする教会」。 牧師:田森 茂基

11月 26日(日)世界バプテスト祈祷週間礼拝  聖書:イザヤ書53章1~8節 <聖書の箇所から>… ▲「主の僕(しもべ)のうた」を扱っておりますが、今日は「苦難の僕」と呼ばれる有名なもので「主のしもべ」は、第一にはイエス・キリストであり、「メシア預言」(「メシア」=「キリスト」=「救い主」)ということです。これまでは「わたし」と語られてきましたが、53章では「彼」と変化し、「わたしたち」との表現はまさに主の僕を苦難や死へと追いやった存在であり、しかし「多くの人(=ほとんどすべて、のような意味)の過ちを担い、背いた者のために執り成しをした」ゆえに、罪の赦しと解放を、「僕を死へと追いやった」、。「わたしたち」に与えた方と表明されるのです。▲53章を読みながら、そこに「イエス・キリスト」の歩みを重ねざるを得ません。いくつかを挙げてみると、3節の「軽蔑され…」は人々に理解されず、最後は人々に嘲笑された主の姿を見ますし、「多くの痛みを負い、病を知っている」姿は、主イエスが人々の痛みや悲しみを同じように受けられたこと、当時、感染すると恐れられ誰も触れようとしなかった病の人に触れていかれた姿を思い起こします。▲4節からは「わたしたちの病を担った」とあります。この病とは、「癌」とか特定の病気以上に、人々を蝕む「絶望・妬み・強欲・怒り・憎しみ」等の「死に至る病」です。そこに必要なのは「愛」の力であり、人々の苦しみを覆い癒そうと「共感・共苦」し、伴う隣人の存在なのです。▲5節の「刺し貫かれた」姿を思い浮かべる時、涙があふれます。▲この時、このような姿で「救い」を示した主イエスが、今日、我らと共にあることを覚えます。(献)
今日の祈り:中国・四国バプテスト教会連合 ①無牧師教会を覚えて。②連合の各役員の働きを憶えて。③24年連合バプテスト大会の準備と祝福を覚えて。 会長:今井 謙一(今治教会牧師)

2023年11月18日

2023年11月13日~19日

11月 13日(月) 聖書:イザヤ書6章1~10節
教会の祈り:K・MさんとO・Yさんのお誕生日おめでとうございます!今日の祈り:苫小牧教会(北海道苫小牧市)。①働き人が起こされますように。②求道者が起こされますように。③教会員の健康が守られますように。 代務者:桜井 明、助言者:福田 雅祥(函館美原教会牧師)

11月 14日(火) 聖書:エレミヤ書1章4~8節
教会の祈り:ウクライナ、パレスチナとイスラエルの人々に平和と希望を。 今日の祈り:室蘭教会(北海道室蘭市)。①体調を崩されていつ方々の回復。②教会に示されるビジョンに向かう。③戦争、内戦の終息と平和。 牧師:吉田 尚志

11月 15日(水) 聖書:Ⅰペトロ書2章9~10節
教会の祈り:T・Sさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:平岸教会(札幌市豊平区)。①皆が健康で奉仕を続けられること。②教勢が恵まれますように。 牧師:全 皓燮

11月 16日(木) 聖書:ヨブ記2章1~10節
教会の祈り:M・Aさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:オープン・ドア・チャペル(札幌市豊平区)。①家族への伝道と救いのために。②家族の信仰生活の回復のために。③若い人々が教会に来るように。 牧師:佐々木 俊一、協力牧師:ジェームズ・E・アリソン

11月 17日(金) 聖書:ヨブ記16章18~22節 
教会の祈り:T・RさんとT・Hさんのお誕生日おめでとうございます!  今日の祈り:平岡ジョイフルチャペル(札幌市清田区)。①ギリシャ語・ヘブライ語聖書原典学習を軸とした「パイデイア講座」の拡充のために。 牧師:三上 章

11月 18日(土) 聖書:ヤコブ書5章7~18節
教会の祈り:青年会活動ができるように。 今日の祈り:西野教会(札幌市西区)。①アッバ(父ちゃん)への祈りを教えられました。なぜ天に在します我らの父よと祈っているのでしょう。祈りの姿勢を考え直してみましょう。 牧師:岩本 義博

11月 19日(日) 聖書:イザヤ書50章4~11節 <聖書の箇所から>… ▲「主の僕(しもべ)のうた」を扱っておりますが、今日は「主の僕の忍耐」と題されています。「主のしもべ」はこの欄で語ってきたように、第一にはイエス・キリストであり、「メシア預言」(「メシア」=「キリスト」=「救い主」)ということになります。第二には、いつも言うように、「キリストの福音に従い生きる私たち」の姿です。▲4節をリビングバイブルは「神様は私に、知恵のことばを授けました。 疲れきった人に何を言ったらいいかを教えるためです。 朝ごとに、神様は私の目を覚まし、理解力を深め、みこころを示してくださいます。」と訳しています。人が生きるために必要な言葉を必要な時に語ること、その知恵を求めたいものです。▲どこかの総理のように、時を間違え、人の心を思い違いすると不信と不安を与えることになるのです。▲8節からは第一の問い掛けがなされます。「誰がわたし<しもべ>と共に立ち」「誰がわたしを訴えるのか」と。人間は仲間や味方と思っていた人が、突然、敵のようになる場合もあります。しかし、「主なる神」はどんな時にも変わらず助けてくださるのです。▲10節からは私共に問いかけています。あなたは誰の声に従ってゆくのか、と。▲「自分で燃やす松明(たいまつ)」、それはわずか数歩先までしか照らすことができません。しかし、少なくとも「自分は未来が見えている」と思い込み、いつの間にか迷ってしまうのです。足元だけを見るのではなく、私共を導く方、主なる神の声、神の光を求め、信頼しつつ歩むことに心開いていきたいのです。▲「御名(みな)」は言い換えれば「神の力」です。正しいサインがあれば、これは間違いない本物だと言われるように、「名」が本物であれば有効なものとされるのです。(献)

教会の祈り:本日宣教される芦沼光雄兄の健康とお働きを憶えて。    
今日の祈り:札幌教会(札幌市中央区)。①主イエスに励まされ、悩み喜びを持ち寄れる居場所を築いていけますように。 牧師:西本 詩生、石橋 大輔

2023年11月11日

2023年11月6日~11月12日

11月 6日(月) 聖書:使徒言行録3章1~6節
教会の祈り:女性会の働きのために。今日の祈り:鮫教会(青森県八戸市)。①教会神学生の良き学びのために。②皆が集う教会となりますように。③平和が守られますように。 代表役員代務者:鈴木 勉 

11月 7日(火) 聖書:マルコ福音書1章16~20節
教会の祈り:ウクライナ、パレスチナとイスラエルの人々に平和と希望を。 今日の祈り:八戸教会(青森県八戸市)。①共に喜び共に泣き共に祈る教会。②神の栄光を現わす教会でありますように。③無牧師の中礼拝が守られますように。 代務者:甲谷 裕子

11月 8日(水) 聖書:コロサイ書1章24~29節
教会の祈り:I・Mさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:三沢教会(青森県三沢市)。①これからも福音宣教が守られますように。②教役者の健康と経済が守られますように。③ウクライナ戦争が早期に終結しますように。 牧師:福田 敦

11月 9日(木) 聖書:使徒言行録22章12~16節
教会の祈り:S・Hさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:カルバリ教会(青森県六戸町)。①信徒たちの信仰が奮い立たされるように。②奉仕者・指導者がますます起こされるように。③日本の神学校、諸団体の働きのために。 牧師:デヴィニー・ジェームス

11月10日(金) 聖書:使徒言行録26章16~18節 
教会の祈り:T・Kさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:①青森教会(青森市)。①フードバンク「いのちのパン青森」の働きを通して生活困窮世帯へ必要な食品と心の絆が届けられますように。また隣地の取得がみ心なら必要が満たされ、主イエスの栄光を表す働きができますように。牧師:角本 尚彦、協力牧師:佐々木 照正

11月11日(土) 聖書:マタイ福音書28章16~20節
教会の祈り:東日本大震災被災地の復旧と未来のために。 今日の祈り:函館美原教会(函館市)。①開かれた柔らかな心で神さまのお働きに従っていくことができるように。②苫小牧教会との協力が祝されるように。 牧師:福田 雅祥

11月12日(日) 聖書:イザヤ書49章1~6節 <聖書の箇所から>… ▲「主のしもべ」については先週の当欄も参照。今、新約を知っている私たちにとって、第一にはイエス・キリストであり、第二にはイエス・キリストの福音に従い行こうとする者たち(我ら)と広げて考えてよいでしょう。▲1節の「主(なる神)は母の胎にあるわたしを呼び・・・」とありますが、イエス・キリストとの関連で言えばルカ福音書1章41節参照です。▲2節の「口を鋭い剣」「わたしを矢として」は武器ではなく、言葉と行動により、その思いが伝えられるということです。▲4節には「わたしはいたずらに(無駄に)骨折り…力を使い果たした」とその労苦がすぐには報われないこと、その働きがなかなか人々に届かないことを意味します。しかし、その「主の僕」が、国々の(希望の)光となり、捕らわれた者は解放され、闇に住む者は、安心して外に出ることができるのです。▲主イエスがこの世界にもたらせた福音、光、希望は今なお有効です。そして、主に従う者はその福音を言葉と行動で示すようにと招かれています。▲今の混沌とした、暴力と死の連鎖の世界に対し、我らも祈り続けていますが、その祈りが届かないように思えます。でも祈り続けましょう。主なる神様も、世界の誰もが小さな命が空しく殺されていくことを良しとしないのですから。▲そして、もしかしたら、あなた自身もまた、闇の中から出られない一人かもしれませんね。ぜひ、共に語らい、祈りましょう。そして礼拝しましょう。主はあなたの名前を今日、呼んでおられるから。(献)

教会の祈り:今日は「子ども祝福礼拝」です。教会の子どもたち、世界の子どもたちが愛と希望の中に歩めるように。 今日の祈り:函館教会(函館市)。①み言葉と祈り、主の愛と聖霊充満。②イスラエルの祝福と、世界の平和。③連盟・連合との連帯と協力伝道。牧師:本多 啓示

2023年11月10日

2023年10月30日~11月5日

10月30日(月) 聖書:マタイ福音書13章31~33節
教会の祈り:60周年を迎えた所沢教会の70周年に向けての歩み。今日の祈り:連盟「社会福祉事業団体連絡協議会」。①差別・抑圧され、生き難さを抱える人たちの生命と人権が尊ばれる「共に生きる社会」の実現に向けて。 

10月31日(火) 聖書:ヨハネ福音書21章7~19節
教会の祈り:女性会の働きを憶えて。 今日の祈り:連盟、引退教役者の方々を覚えて。山田幸男氏(静岡県在住)、横川澄夫氏(宮崎県在住)。

11月 1日(水) 聖書:ヘブライ書11章1~3節
今日の祈り:南光台(なんこうだい)教会(仙台市)。①高齢者、難病の方がたを覚えて。②災害や原発事故の被災者を覚えて。③仙台キリスト教主義学校への福音宣教。牧師:田中 信矢

11月 2日(木) 聖書:創世記1章1~3節
今日の祈り:仙台長命ヶ丘教会(宮城県)。①教会員の健康のために。②バプテスマ決心者が起こされるように。③主の平和の実現のために。 牧師:金丸 真

11月 3日(金) 14時~大宮教会永松博牧師就任感謝礼拝 聖書:列王記下22章8~23章3節 
教会の祈り:大宮教会 永松博牧師就任式と今後の歩みを覚えて。 今日の祈り:①聖書理解の多様さに心開くために。②世代も越えイエスと共に歩むために。③被災の地を忘れず今を生きるために。牧師:小田 衛

11月 4日(土) 聖書:出エジプト記3章11~14節
教会の祈り:K・Cさんのお誕生日おめでとうございます!。 今日の祈り:秋田教会(秋田市)。①地域の祝福の源となるように。②地域の教会・幼稚園となるように。③教会の園・園の教会となるように。牧師:村上 悦二

11月 5日(日) 聖書:イザヤ書42章1~9節 <聖書の箇所から>… ▲連盟「聖書教育」誌では11月、イザヤ書から「主の僕」の4つの歌を取り上げています。「僕」とは「奴隷」「家来」「服従(する者)」等の意味があります。▲「主の僕」とは一体誰のことなのかという議論は続いています。伝統的には、ルターは四つの歌とも「キリスト」について語っていると考えます。▲カルヴァンは第二の歌について「神のすべての僕たちが代表されている」と記します。また集団としての「イスラエル」と考える説もあります。▲私は「キリスト」のことと考え読んできました。「主の僕」は42章2節にあるように「わたし(主)の僕」、「わたしが支える者」という神との関係の近さがありますし、「彼の上にわたしの霊を置く」との言葉からもその特殊性を感じます。▲そして「主の僕」は「裁き」する者として語られます。▲まず「裁き」はそれぞれの言い分を聞いて「正・悪」を判断するもので、その「裁き」は人によっては失望、人によっては希望を与えるものです。▲また「裁き」とは「生き方」「政治」「義」「公儀」であり、神の真理をこの世界に教えるものです。▲「主の僕」は神が創造されたこの世界に、神の願う憐れみ深い秩序が構成されるように、命がけで生きる者であり、それは「イエス・キリスト」によって実現され、そして我らもその歩みを生きるようにと導いている言葉だと思います。▲ただし、古今東西の様々な神学者の追求ほど私は追及できてはいません。▲今日の箇所でもその政治や生き方はこの世の在り方とは全く違ったものと感じることができるでしょう。▲そして今の時代もなお、「見ることのできない目」(真実を知らない)の者、「捕らわれ人」「闇に住む者」が真に解放されていく世界がつくられること、イエス・キリストが開いたその道に追随する者を招いておられます。(献)

今日の祈り:盛岡教会(岩手県盛岡市)。①集い、語り合い、傾聴する時を。②会計の後継者が与えられるように。③会堂と牧師館のメンテナンスのために。 牧師:小川 紋子

2023年10月25日

2023年10月23日~29日

10月23日(月) 聖書:マルコ福音書10章13~16節
教会の祈り:これからの所沢教会の歩み。今日の祈り:あゆみの家教会(福島県福島市)。①教会員と教会員家族の健康のために。②教会の今後について、じっくりと話し合うことができますように。 牧師:渡辺 政友 

10月24日(火) 聖書:ヨハネ福音書4章7~30節 
 教会の祈り:壮年会の働き。 今日の祈り:福島主のあしあと教会(福島県福島市)。①1人ひとりの信仰と健康が守られ支えられるように。②会堂建築計画が祝され、必要が満たされるように。牧師:大島 博幸

10月25日(水) 聖書:ヨハネ福音書11章28~44節 
教会の祈り:U・Eさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:山形教会(山形市)。①求道中の方々への信仰決心のために。②次世代への信仰継承と伝道。③教会財政のために。 牧師:宮田 祐亮

10月26日(木) 聖書:哀歌2章11~19節 
今日の祈り:仙台教会(仙台市)。①地域の方々との出会いが豊かに与えられ、教会が居場所になれますように。②幼稚園が祝され、次年度の園児募集が満たされますように。③世界中から差別や命の搾取がなくなり、共に生きる平和が訪れますように。牧師:宇都宮 毅

10月27日(金) 聖書:マタイ福音書23章37~39節
今日の祈り:バプテスト連盟関西地方教会連合。①「つながり、分かち合おう」の年間テーマのもと、顔と顔を合わせる教会間交流が豊かに行われますように。会長:下川 俊也(大阪教会牧師)

10月28日(土) 聖書:ヨハネ福音書14章6~18節
今日の祈り:連盟「部落問題特別委員会」。①狭山事件再審開始と石川一雄さん(84歳)のために。②諸教会における部落差別の学びと実現。委員長:秋山義也(名古屋市 瑞穂教会牧師)

10月29日(日)
 聖書:イザヤ書40章1~8節 <聖書の箇所から>… ▲イザヤ書は紀元前8世紀から7世紀にかけてエルサレムで活動したアモツの子イザヤの預言や活動の記録をまとめたものですが、40章から55章はさきほどのアモツの子イザヤから150年ほど後に、バビロンで活躍した無名の預言者、ただし、預言者イザヤの流れの中にある者が聞き取った主の言葉が集められ、第二イザヤと呼ばれています。▲第二イザヤの時代の前にバビロンという国が強力な力を持ち、紀元前500年代に三回ユダへ遠征し、国の中枢をささえていた王族、官僚、宗教家、技術者などを捕囚して、バビロンに連れてきます。そして、ダビデ王朝は絶え、神殿は失われ、バビロンに連れていかれた、捕囚民は根無し草のようになり、やがてバビロンの文化と繁栄の中に飲み込まれ、信仰を失っていきます。▲しかし、少数の人々はダビデ王国の崩壊の意味をイザヤやエレミアの言葉を手掛かりに反省し、彼らの中に信仰の復興がおこりました。その中で、第二イザヤはユダの人々の「とが」が赦され、再び祖国に帰る日が近いことを預言したのです。その預言のひとつがこのイザヤ40章です。▲まず「慰め」があります。あなたが「慰め」を必要とするのはどのような時でしょう。時に人の「慰め」の言葉が「慰め」にならず、余計に心揺さぶられる時があります。主の「慰め」はどのように響くのでしょうか。▲「声」があります。その「声」は私共に、何をすることを求めているのでしょうか。▲さらに「声」が我らに教えます。政治や権力争いの中に苦しんだ人々、どんな権力も永遠ではありません。どんな強大な人間もまた必ず死する存在です。その中で私どもが誰を信頼し、誰に聞き従っていくのか、その「声」に誘われて、今、目を上げるのです。(献)

教会の祈り:T・Yさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:連盟「財政委員会」。①財務タスク答申への取り組みのために。②財政委員と関係者の働きと健康のために。 委員長:梶井 義郎(高松常磐町教会牧師/財務理事)

2023年10月18日

2023年10月16日~22日

10月16日(月) 聖書:出エジプト記3章1~12節
教会の祈り:財務委員会の働き。今日の祈り:太田教会(群馬県)。①高齢者の健康が守られますように。②教会の交わりが祝福されますように。③地域に開かれた教会づくり。 牧師:石井 努 

10月17日(火) 聖書:マタイ福音書2章13~23節 
教会の祈り:M・Hさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:前橋教会。①2023年度主題:「主にある交わりを喜ぼう」。②交わりをつくりだす教会として歩めるように。 牧師:田代 仁

10月18日(水) 聖書:ハバクク書2章1~14節
教会の祈り:新来者・求道者・バプテスマ決心者が与えられるように。 今日の祈り:前橋教会 沼田伝道所。①キリストの愛に生きる教会。②地域の人、外国人と一緒に生きる教会。③家族を大切にする教会。 牧師:奥田 稔

10月19日(木) 聖書:ヨハネ福音書7章37~39節
今日の祈り:前橋教会 太田ビジョン伝道所。①愛を分かち合える教会。②伝道を通じ弱者を救える教会。③太田市2万2千人への伝道。 牧師:李 姫周

10月20日(金) 聖書:マタイ福音書28章1~10節 
今日の祈り:宇都宮教会。①感謝と喜びの礼拝をともに持てますように。②1人ひとりの健康が主に支えられた生活が守られるように。牧師:天野 英二、協力牧師:高橋 つる

10月21日(土) 聖書:エフェソ書2章14~22節 
 教会の祈り:杉山牧修一師の宣教とご夫妻のご健康、60周年記念礼拝に来られる予定の方々の準備のため。 今日の祈り:新潟主の港教会。①主の愛に根差し神の豊かさで満たされ、健康が支えられ、各自が使命を果たしていけますように。 牧師:福久 織江、協力牧師:篠谷 輝俊

10月22日(日)所沢キリスト教会 伝道開始60周年記念礼拝  
 聖書:イザヤ書27章2~6節 <聖書の箇所から>… ▲「聖書教育」誌の「聖書の学び」が良く説明されています。▲イザヤ書24章から27章までは「イザヤの黙示録」(「黙示」とは「まだ開かれていないものが開かれる」ことで、真実がすべて明らかにされる時のことを示しますがそれは部分的に預言者らによって示されます)と呼ばれます。▲24章では全世界に対する審判と崩壊が語られますが、黙示の難しい点は、それは「何を、どの時を表現しているのか」の判断が難しい点です。▲ただ、言えるのは、歴史は何度も同じような経過をたどりますので、その兆候を感じたら「未来に対して立ち上がり、準備する」必要があります。でもそれは最終でないのかもしれませんが、準備することは大事なことです。▲2節の「その日」はゆえに、いつかわかりませんが、まずは「今日」と思いつつ読むことです。しかし、「今日だ」と決めつけてもならないのです。「その日」は神のみが知り給うことゆえ。▲今日の箇所で大事なのは、「裁き」より「神の愛と救いへの誘い」です。▲5節に「わたしと和解するがよい…」と繰り返し語られています。▲神と和解すること、それは神を神と認め、神の思いに生きようとすること。▲神を礼拝し、神の言葉に聴き従うこと。▲神はあなたをどのような者であっても「赦し、愛し、神の子」としてくださいます。そのような神との和解に生きることは、同時に、人が人と和解する世界です。敵対し争う世界ではなく、共に神の国を目指す世界が期待されています。(献)

教会の祈り:S・Tさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:郡山コスモス通り教会。①久しぶりの地域に向けた伝道プログラムが豊かに用いられますように。②教会員の心身の健康がまもられるように。 牧師:蛭川 明男


☆ 伝道開始60周年記念礼拝… 10月22日(日)11時
礼拝宣教箇所:ローマ書11章33~36節「神の深慮を前にして」

2023年10月13日

2023年10月9日~15日

10月9日(月) 聖書:申命記24章14~21節
教会の祈り:信徒委員会の働き。今日の祈り:大宮教会。①「コロナ危機により露わにされた歪と傷に向き合い、集・語・分・報・弔いする教会」。②新たな牧師との協働のために。牧師:永松 博。 

10月10日(火) 聖書:Ⅱコリント書12章1~10節
教会の祈り:S・Cさんのお誕生日おめでとうございます!。 今日の祈り:上尾教会。①主題「一人ひとりを喜び、共に生きる教会」に沿って、歩めますように。②キリストの平和が世界の隅々まで及びますように。牧師:秋山 信夫。 

10月11日(水) 聖書:ルカ福音書18章1~14節
教会の祈り:S・KさんとN・Aさんのお誕生日おめでとうございます!。 今日の祈り:筑波教会。①全年齢層の方々が集いやすいように。②地域の方々とも協働できるように。③連合内教会との協力のために。牧師:田中 宜之、教会主事:前村 俊一

10月12日(木) 19時半~聖書の学びと祈り会です! 聖書:列王記下4章1~7節 
教会の祈り:A・Yさんのお誕生日おめでとうございます!。 今日の祈り:日立教会。①教会主事按手の恵みに感謝し教会の新しい歩みが導かれるように。②求道者・信徒の家族と救いと新来者が導かれるように。 教会主事:井伊 肇

10月13日(金) 聖書:エレミヤ書9章16~23節
日の祈り:東海教会。①主のみ言葉に堅く立つ信仰生活。②礼拝・教会学校・祈り会へ積極的出席。②礼拝・伝道・牧会・教育・奉仕のチームによる教会造り。牧師:加山 彰一、協力牧師:諏訪 泰子

10月14日(土) 聖書:サムエル記下11章1~26節 
 今日の祈り:水戸教会。①礼拝の祝福のために。②ファミリー層への伝道のために。教会の霊的な一致のために。牧師:服部 紘司

10月15日(日)  聖書:イザヤ書5章7~10節 <聖書の箇所から>… ▲1日の礼拝宣教で「そうであってほしいのに」、「そうではないよう」な主の言葉遣いをお話しましたが、今日の「裁き」(ミシュパト)と「流血」(ミスパハ)、「正義」(ツェダカ)と「叫喚」(ツェアカ)、と対立するものを似た言葉の響きで並べることによって、印象を深くする手法が用いられています。▲今の私たちは「聖書」をすぐ手にとって読むことができるのですが、旧約時代もその後印刷技術が確立するまで、それぞれが聖書を手にすることは滅多になく、一言も聞き漏らすまいと御言葉を聴いた人々の熱心で、心に刻んだので、それぞれに深く残るのです。▲「聖書教育」誌に記されているように「ミシュパト」と「ツェダカ」は新共同訳では「裁き」と「正義」と訳されていますが、16節にも用いられている言葉が「正義」と「恵み」と訳され混乱を招く恐れがあります。▲「ミシュパト」は「規範」・「規範に即した行為やあり方」で、物事・人間相互・共同体の「秩序」まで及びます。▲「ツェダカ」は共同体の規範に則した行為と、そこから生じる救いを意味いたします。▲新約的に言えば「神の愛と恵みを知る者の歩み」と言えるでしょう。▲「公正」や「正義」、それは本来人間が相互に生きていく上での基本であるのは間違いありません。ところが、そのような「公正」や「正義」が人間により「流血」(ミスパハ)と「叫喚」(ツェアカ)に置き換えられている、それが人間の歴史であり、今も続く世界の現実です。▲今も日々、「公正」「正義」「愛」「恵みを分かつ」ことから踏み外されて起こる悲しみや痛み、苦しみが世を覆っています。▲私は「伝道」の意味がそこにあると思っていますし、まさに人が生きる「道」そして何より人々が救われる「道」を伝えていきたいのです。(献)

教会の祈り:60周年の準備の整えと60周年を皆で共に喜ぶことができるように。 今日の祈り:高崎教会。①今年度主題:「共に生きる~キリストにつながれて~」と。今年度聖句:ルカ12章32節を覚えて。 牧師:森 淳一

2023年10月07日

2023年10月2日~8日

10月2日(月) 聖書:出エジプト記1章12~20節
教会の祈り:教育委員会の働き。今日の祈り:西川口教会。①主任牧師が与えられるように。②地域に開かれた教会。③教会財政が祝福されるように。 代表役員代務者:石井 鉄也、協力牧師:朴 思郁(パク サウク・連盟宣教研究所長)。教会学校スタッフ:戸田 浩司、教会音楽スタッフ:山嵜 美奈。 

10月3日(火) 聖書:ルカ福音書22章47~53節
教会の祈り:新来者・決心者が与えられるように。 今日の祈り:飯能教会。①岩波久一 元牧師の宣教の働きのために。②相応しい牧師の招聘のために。③神の愛を実践する教会のために。 

10月4日(水) 聖書:申命記32章7~18節
教会の祈り:F・Mさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:所沢教会。①伝道開始60周年記念礼拝(10月22日)と関連行事。②み心に適う今度の歩み。③活発な宣教活動展開。 牧師:坂本 献、協力牧師:中田義直

10月5日(木) 聖書:詩編126編 
今日の祈り:川越教会。①コロナ後の教会の歩みの一致のために。②ご高齢者の健康と送迎プランのために。③他者と地域のために祈りをあつく。 牧師:丸山 勉

10月6日(金) 聖書:ルカ福音書15章11~32節
教会の祈り:T・Tさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:ふじみ野教会。①「ふじみ野の地」で豊かに福音を分かち合えるように。②他者に連なる一人ひとりが豊かに生き合えるように。牧師:山下 真実

10月7日(土) 聖書:サムエル記上1章8~20節 
教会の祈り:N・Sさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:浦和教会。①み言葉を多くの方に届けよう。②バプテスト保育園の働きのために。③世界の争いが止み平和が実現しますように。牧師:廣島 尚

10月8日(日)  聖書:イザヤ書5章1~6節 <聖書の箇所から>… ▲「ぶどう畑の歌」と呼ばれる悲しみの歌。この箇所を新約聖書で主イエスが改めて語っているのが、マタイ21章、マルコ12章、ルカ20章ですから重ねて読むことをお勧めします。▲ぶどう園はイスラエルの民であり、より拡げれば人間や地球とも言えましょう。▲ぶどう園にはそれを作った人がいます。新約では「主人」であり、いずれも神の働きによってです。主人(神)は、私共が新たな作業を始めようとする時のように、期待して、喜びをもって、労苦しながら準備いたします。▲しかし、それほど労苦したにも関わらず、実ったのは「酸っぱいぶどう」でした。▲私共も労苦して、心注いで、自分の働きをしようとし、期待と喜びをもって生きていきます。しかし、それらが全く思いとは逆の結果が、全く願っていなかったことが起こります。▲子育てにしても、家族の関係にしても、自分の人生においても・・・。▲「一生懸命したのに、時間とお金を注いだのに」という我らの悲しみを神ご自身も感じておられます。▲神は愛し創造した世界が、私利私欲によって踏みつぶされ、神の意思を尋ねようとしない人間への悲しみがあふれています。どうすればよいのか・・・。▲その答えは主イエスの言葉にあります。神は何度も預言者らを送り、人間が悔改め、神の道に戻ることを期待しました。でもそれら預言者達は殺されてしまいます。▲最後に、み子主イエスが「我が子なら敬ってくれるだろう」と送りますが、そのひとり子をも殺されるのです。裁かれてしかるべき人間、我ら。▲でも主イエスと神はなお、そのような我らと共に生き、なお愛を注ぎ、主の道に立ち帰ることができるように今日も呼びかけておられます。今日もあなたの心の扉を叩き続けておられるのです。▲そこにおいて、我らも「悲しみ」の中になお、主の愛を受け、裁くことではなく、愛していく道を選び取っていきたいのです。(献)

教会の祈り:60周年の準備の整えと60周年を皆で共に喜ぶことができるように。 今日の祈り:宮原教会(さいたま市北区)。①豊かなまじわりの回復のために。②伝道開始30周年に向けて。③献身者を祈り送り出し支える。 牧師:足立 智幸

2023年09月30日

2023年9月25日~10月1日

9月25日(月) 聖書:出エジプト記20章1~17節
教会の祈り:礼拝委員会の働き、「音楽チーム」の再開。今日の祈り:常盤台教会(板橋区)。①新たな複数牧会と相互牧会の充実。②世界に開かれた協力伝道に協働する教会。 牧師:友納 靖史、森 崇、協力牧師:渡部 信

9月26日(火) 聖書:使徒言行録11章19~26節
教会の祈り:伝道委員会の働き。 今日の祈り:中部地方バプテスト連合。①13教会の教会形成と福音伝道のために。②福井プロジェクトの前進・感謝!③岐阜&金沢教会(無牧師)のために。連合会長:鈴木 直哉(名古屋市・東山教会牧師)

9月27日(水)「聖書の学びと祈り会があります」19時半~約1時間、リモート併用 聖書:Ⅰコリント12章12~31節 
今日の祈り:連盟「日韓・在日連帯特別委員会」。①「外国人住民基本法」「人種差別撤廃基本法」が制定されるように。②国籍やルーツの違いを認め合い、共に生きる社会が実現できるように。 委員長:村田 悦(大分教会牧師)

9月28日(木) 聖書:イザヤ書1章1~10節 
教会の祈り:F・Cさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:連盟「総務委員会」。①連盟総務室に協力し、諸教会に仕える働きができますように。②5名の委員の働き、信仰、健康のために。 
委員長:壱岐 基子(前橋教会員)

9月29日(金) 聖書:ヨハネ福音書1章1~18節
教会の祈り:I・Rさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:日本バプテスト女性連合。①機構改革を全国の女性たちと共に。②10月福岡での第51回総会・信徒大会の祝福(10月19~21日、西南学院大学大チャペル)。③女性連合のすべての働き人のために。会長:吉高 路(市川八幡教会員)、幹事:米本裕見子(東京北教会協力牧師)

9月30日(土) 聖書:列王記上21章1~24節
 今日の祈り:日本バプテスト宣教団。①宣教師や日本のクリスチャンが、福音を分かちあうことで隣人を愛し、多くの日本人が救いへと導かれるように。代表理事:マシュー・サージェント

10月1日(日)  聖書:イザヤ書3章12~15節 <聖書の箇所から>… ▲「聖書教育」誌では10月~12月まで「イザヤ書」から学んでいきます。所沢教会の礼拝宣教においては、イザヤ書を中心としますが、「聖書教育」誌プログラムと異なる場合がありますのでご了解ください。▲イザヤ書を概観しますと、1章~39章までは「第一イザヤ」と呼ばれ、紀元前740年頃から700年頃のことを取扱っています。当時のイスラエルは神から離れ、他の神々を拝み、偶像に犠牲を捧げていました(もちろん、全ての人がそうではありません)。▲特にイスラエルの政治的指導者たちは大国と平和条約を結び、貢物をし、他宗教を受け入れます。つまり、イスラエルの伝統的宗教性を持つ倫理(道)を外れ、自国の利益を確保するために他国との連携による「安全保障」を確保しようとしますが、所詮イスラエルは小さな国、結果的には諸外国の好きなままにされてしまいます。▲その時代のゆえに、預言者イザヤは「力を捨て、神に立ち帰り、真の平和を求めよ」と語る使命を与えられるのです。▲その預言者(神の言葉・意思を預かり、人々に伝える働き)の使命は当時の政治に対立するもののゆえに、厳しいものでした。礼拝宣教では「イザヤ」その人にまず焦点をあてていきます。▲なお「ぶどう」はイスラエルの代表的農作物ですが、一本のぶどうが拡がる様子から、「ぶどう畑」は「神の畑」、「ぶどう」は「イスラエルの民(新約では主イエスに結ばれる者)」を旧新約聖書で意味いたします。(献)

今日の祈り:朝霞教会(朝霞市)。①再会の喜びが与えられますように。②子どもたちに健やかな時が与えられますように。③すべての方の健康が守られますように。 

2023年09月20日

2023年9月18日~24日

9月18日(月) 聖書:Ⅰコリント書10章23~11章1節
教会の祈り:東京バプテスト神学校の学生が増えるように。今日の祈り:目白ヶ丘教会(新宿区)。①弱っている方々が癒されますように。②教会施設の補修が導かれますように。③付属幼稚園の保育が守られますように。 牧師:野口 哲哉、副牧師:内藤 幹子

9月19日(火) 聖書:箴言10章11~20節
今日の祈り:東京ジグチョン教会(新宿区)。①主の豊かな恵みと深い愛の中で、②主のみ言葉に従う毎日になり、③全民族を癒し、この世を変えるように。 主任牧師:許 碩真、元老牧師:金 東源、伝道師:金 景鶴、伝道師:朴 重河、協力宣教師:秋 淵淑

9月20日(水) 聖書:詩編139編
教会の祈り:U・Rさんの誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:蓮根教会(板橋区)。①若者への伝道のために。②キッズミニストリーのために。③高齢者伝道のために。 主任牧師:髙木 康俊、高齢・病床者担当牧師:金香 泰誠、協力牧師:片岡順子、牧会担当牧師:小勝 琢生、協力牧師:鈴木 ケン、牧会主事:中地 芳子

9月21日(木) 聖書:創世記10章1~12節 
教会の祈り:60周年記念礼拝の諸準備のために(あと一か月!)。 今日の祈り:蓮根教会 東京愛の伝道所(新宿区)。①聖徒の上に治療の恵みが注がれるように。②救われる人が増えるように。③教会が光と塩の使命を果たすように。 牧師:権 赫烈

9月22日(金) 聖書:詩編14編
教会の祈り:O・Kさんのお誕生日おめでとうございます!。 今日の祈り:志村教会(板橋区)。①一人ひとりの健康と信仰のために。②地域に根ざし開かれた教会となるように。③教会建物補修のために。牧師:常廣 澄子、協力牧師:永田 邦夫

9月23日(土) 聖書:使徒言行録2章1~13節
今日の祈り:東京韓日教会(板橋区)。①宣教センターとして使命を果たす。②次世代の献身者が起こされるために。③家族の救いと健康が守られるために。 主任牧師:李 島鎮

9月24日(日)  聖書:創世記11章1~9節 <聖書の箇所から>… ▲11章1節で「世界中は同じ言葉を使って、同じように話されていた」、これは同じ言葉をもって対話し、コミュニケーションする道を神様は恵みとして与えられました。▲同じ言葉をもって人それぞれの違いを語り、同じ言葉をもっているけれども違う一人一人が対話して、その世界を造っていくことを神は期待されていたのです。▲3節「彼らはれんがをつくり、それをよく焼こう」と言い出します。れんがや、アスファルトを得、町がつくられてゆきます。技術革新は町に繁栄をもたらせました。▲そして、自分たちの技術に鼻を高くした者は次にこう言い出すのです。「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と。「バベルの塔」(バビロンタワー)建築の始まり。▲「さあ、われわれは高い塔をつくろう」と呼びかけられています。この言葉はみんなが話し合い、協力した言葉にも聞こえますが、そう思わせるのが、実は支配(ニムロデ<創世記10章参照>)の力。▲ここでの言葉は、人間が意図的に一つにされていき、それに対して誰も否とはいえないような「われわれ」であり、「同じ言葉」だった思いがいたします。ゆえに、8節の「散らされた」のは「解放」であり、今も主による「解放」が必要な時代です。(献)

今日の祈り:赤塚教会(板橋区)。①地域伝道の活性化。②次世代への伝道、育成。③教会の諸活動の再開。牧師:石堂 雅彦

2023年09月19日

2023年9月11日~17日

9月11日(月) 聖書:ローマ書8章18~30節 
教会の祈り:H・Nさんのお誕生日おめでとうございます。。今日の祈り:市川八幡教会(千葉県市川市)。①改悪入管法におびえる外国人の支援ができるように。②ミャンマーをおぼえる祈祷会の広がりのために。牧師:吉高 叶

9月12日(火) 聖書:エフェソ書1章3~14節 
教会の祈り:東日本大震災被災地の回復・復興のため。 今日の祈り:篠崎教会(東京都江戸川区)。①家族で礼拝に参加できますように。②新しく来られる方が定着できますように。③教会債の早期完済のために。 牧師:川口 道治

9月13日(水) 聖書:ヨハネ福音書2章1~11節 
今日の祈り:新小岩教会(東京都葛飾区)。①聖書に聴き従います。②キリストのしもべになります。③新小岩から全世界に伝道します。 嘱託牧師:川口義雄、牧師インターン:川口まな、音楽主事:川口由子、宣教師:李ヒソック

9月14日(木) 聖書:創世記3章17~19節、5章29節11章 
今日の祈り:東久留米教会(東久留米市)。①牧師が与えられますように。②礼拝が続けられますように。③ジョン・チャヌ音楽牧師の活動。 音楽牧師:ジョン・チャヌ 

9月15日(金) 聖書:イザヤ書11章1~10節 
今日の祈り:大泉教会(東京都練馬区)。①地域に根ざした伝道と、林健一牧師の働きのために。②高齢者、ご病気の方のために。③青少年のために。 牧師:林 健一

9月16日(土) 聖書:ローマ書13章8~14節 
 教会の祈り:召天者記念礼拝とご遺族の方々。 今日の祈り:東京北教会(東京都北区)。①地域の方々とのつながりが広がるように。②新来者、求道者の方との出会いの喜びがあふれるように。 牧師:魯 孝錬(ノ ヒョリャン)、細井 留美、協力牧師:米本裕見子、宣教師:郭 修鎮(リ ドウジン)

9月17日(日)  聖書:創世記9章18~28節 <聖書の箇所から>… ▲ノアは悪しき時代の中で行いの正しい人であったと創世記6章に記されていますが、洪水から助けられたノアとその後の時代を見ますと8章の「人が心に思うことは、幼い時から悪い」という言葉を連想いたします。▲ノアはぶどう酒造りをするのですが、ある日、酔っぱらって裸で寝ております。今でもそんな人がたまにいるじゃん、と思いますが、本来的には「自分を制御できない、他者からみても恥の姿」です。▲それを見た三人の息子の行動が記されます。最初に見た、末の息子ハムは、親のはしたない姿を見て、それを兄達に告げ口します。兄のセム、ヤフェトはそっと着物で父に衣服をかけます。この恥ずかしい姿を他の誰も見ないように配慮するのです。▲ここにも、現実の行動としての「相応しさ」が問われますし、「悪い思い」だけで動かない人間の良心も記されるのです。▲今まで、創世記で「アダムとエバ」にしろ「カインとアベル」にしろ、何を選択して歩むのか、また、間違った道と示された時にどのような行動を選択するのか、というテーマが繰り返されています。神は人間に自由をお与えになりました。その自由をどのように用いるのか、それが人間の知恵や愛、時には妬みや恨み、殺すことへと繋がっています。「自由」は同時に重い責任を担うことを我らはいつも知るべきです。▲なお、ノアの息子達、セム、ハム、ヤフェトについて、セムはイスラエル民族の最初等と言われますが、その後の民族構成は様々に交わりますので、その民族を特定し、現代とつなげることは無理です。日本人だって「八紘一宇」と表現されることがありますが、日本人が「単一民族」であるはずがありません。▲再び民族が拡がったことを伝えようとしているのです。(献)

教会の祈り:O・Rさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:市川大野教会(千葉県市川市)。①地域のニーズに答えられるように。②一人ひとりの健康と教会生活のために。③決心者、転入者が与えられるように。 牧師:富田 愛世

2023年09月12日

2023年9月4日~10日

9月4日(月) 聖書:詩編139編 
教会の祈り:60周年記念礼拝・祝会の準備のため。 今日の祈り:茂原教会(千葉県茂原市)。①さまざまな違いを持った人、外国籍の人など、誰もが集える教会になれるように。②地域に仕える教会。③隣地の取得。 牧師:塩山 宗満

9月5日(火) 聖書:コヘレトの言葉3章1~8節 
教会の祈り:K・Nさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:千葉教会(千葉県市原市)。①教会の使命が確認できるように。②奉仕の輪がさらに拡がるように。③東京連合東ブロック秋の集いへの導き。 牧師:元川 信司、協力牧師(兼教育主事):矢野 由美、音楽主事:澤田 ルツ子

9月6日(水) 聖書:マタイ福音書6章25~34節
今日の祈り:千葉教会木更津伝道所(千葉県木更津市)。①教会組織に導かれるように。②障がい者・高齢者福祉のために。③木更津以南の伝道が進むように。 牧師:高市 和久、協力牧師:井本 義孝。

9月7日(木) 聖書:創世記1章26~31節
今日の祈り:千葉・若葉教会(千葉市)。①礼拝者が恵まれ祝される教会を。②高齢者と家族の健康のために。③30名礼拝が実現しますように。 牧師:牧瀬 博幸 

9月8日(金) 聖書:レビ記17章10~14節 
教会の祈り:聖歌隊の働きのため。 今日の祈り:津田沼教会(千葉県津田沼市)。①新来会者、働き人、同労者が与えられるように。②30人礼拝実現のために。③ジョイフルキッズ参加者の救いのために。 牧師:大塚 恭一

9月9日(土) 聖書:イザヤ書55章1~7節 
 教会の祈り:吉中 進兄。 今日の祈り:船橋教会(千葉県船橋市)。①今年度のスローガン「共に祈ろう!主の福音を伝えよう」を推し進め実現させていけますように。牧師:松田 裕治、協力牧師:ンバコアジセイ パトリック、名誉牧師:三ツ木 茂

9月10日(日)  聖書:創世記9章1~17節 <聖書の箇所から>… ▲1節には「祝福と契約」と新共同訳では小見出しがついています。「祝福」は「契約」と結びつくことが大事です。主の「祝福」は2節の「ゆだねられる」は1章28節の「支配せよ」の言換えです。▲「支配」は何度も言うように、全被造物の安寧を守る「良い羊飼」いの役割であり、その中において、人は食べることも許されているのです。▲また5節の「命の賠償」は、「殺してはならない」等、十戒で示される禁止行為と結びつくものであり、神が愛し創られた「命」、神が「かたどったもの」つまり、神と心を合わせること、神と結びつく存在であるがゆえに傷つけられたり、殺されたりしてはならないのです。▲そして神は11節に「もう二度と洪水が起こって地を滅ぼすことはない」と語っています。「二度と滅ぼさない」という神の決心は、人間が神から与えられた使命を果たすことが条件です。この契約を破っていくなら再び洪水の危険があることを人は知らねばなりません。▲「祝福される者」は「祝福にふわさしい働き」が求められるのです。▲12節で神の決心と人間がその約束を忘れないように「虹」を置きます。「虹」それは「レイン・ボウ=雨の弓」。武器の「弓」ではなく希望をもたらす「虹」の約束です。▲虹は七色だと言われますが、本当は様々な色を含みます。光から分かれ、各色の間に明確な境界を引けません。▲この性質から、虹色は「多様性」や「共存」の象徴として、あるいはセクシュアリティの多様性の象徴としても用いられています。▲有名な”Over the Rainbow”という歌がありますが、そこで虹は夢を持つ者が登りだそうとする階段のようにも語られています。▲虹は「かけ橋」、神と人の、人と人の豊かな交わりを示すと共に、「平和の約束」なのです。(献)

教会の祈り:高齢者の方々の守り(長寿の恵み感謝礼拝)。 
今日の祈り:市川大野教会(千葉県市川市)。①地域のニーズに答えられるように。②一人ひとりの健康と教会生活のために。③決心者、転入者が与えられるように。 牧師:富田 愛世

2023年09月02日

2023年8月21日~27日

8月21日(月) 聖書:マタイ福音書24章36~44節 
教会の祈り:60周年記念礼拝(10月22日)、関連行事の準備のため。 今日の祈り:調布教会(調布市)。①牧師招聘のために。②神さまと隣人を愛せるように。③信徒の霊性と健康の支えのために。協力宣教師:岡田 千尋

8月22日(火) 聖書:Ⅰペトロ3章18~21節 
教会の祈り:K・Tさんのお誕生日おめでとうございます!。 今日の祈り:調布南教会(調布市)。①コロナ下に9名の魂加入、主に感謝。②私の方法よりも主の遣り方で。③やがて間もなく法人化です。感謝。牧師:前田 重雄

8月23日(水) 聖書:Ⅱペトロ3章1~14節
今日の祈り:仙川教会(三鷹市)。①喜びも悲しみも分かち合う教会へ。②主で結ばれる場づくりを目指して。③霊的成長をし献身者となる。 牧師:山岸 明

8月24日(木) 聖書:創世記1章24~25節 
今日の祈り:三鷹教会(三鷹市)。①今年度の標語「新しい歌を 主に向かって喜び歌おう」(詩編149編)を力強く歩ませてください。 牧師:秋山 献一

8月25日(金) 聖書:詩編104編
今日の祈り:中野教会(中野区)。①牧師招聘のために。②地域への宣教のために。協力牧師:稲垣 俊也

8月26日(土) 聖書:ルカ福音書13章22~30節
教会の祈り:H・Sさんのお誕生日おめでとうございます。今日の祈り:大久保教会(新宿区)。①チャレンジの多い年度になると思われます。神の愛を身に着けて、忍耐して教会形成と宣教に励めるように。牧師:河野 信一郎、副牧師:石垣 茂夫

8月27日(日)  聖書:創世記7章1~24節 <聖書の箇所から>… ▲ノアに示された「箱舟(アーク)」造り。大きさは6章に記されていますが「1アンマ(=キュビト)」は約45センチです。▲平地での船造りは誰にも理解されず、馬鹿にされたことでしょう。しかし、ノアは確かに滅びに向かう未来に向かって示される事を精一杯行った人でした。このことは時代を超えて印象的です。▲「滅びに向かう危険」を悟った者がその信念に基づいて行動すること、それは人間の歴史の中で度々登場しておりますし、今も、それを語り、そこからの救いを求めて行動している人々がいます。それらの声を人間が聞き得るかは今日問われていることです。▲ちなみに私は、「ノア」は世界中に複数いたのだと考えますがこれは私の思いですからあまり気にしないで・・・。▲8節の箱舟に入った中に「清い動物も、清くない動物も」は大事な言葉。ここにすべての被造物が招かれているし、主の救いの考えが見られます。▲いつも言いますが「清い」「清くない」を人間は規定できないものです。▲40日40夜の大雨は破壊的な力を示す言葉です。その前後を合わせて地球環境への大変な被害が起こったのです。その原点は「世界の堕落」にあったことは言うまでもありません。▲さて、箱舟の生活を考えてみましょう。多種多様な生き物が共生しますし、限られた食糧の問題もあります。それは「地球」の縮図とも言えます。▲20日の当教会週報巻頭言で「地球環境」のことを扱っておりますので、私共、被造物全てが「箱舟」に生きる中で、どう歩むのか。そして上述したように、今、誰の、どのような声を聞いていくのかと考えます。創世記は「はじめの物語」であり「現代の物語」であり「未来の物語」なのです。(献)

今日の祈り:西関東地方バプテスト連合(9教会2伝道所)。①連合内の教会のつながりのために。②「みんな集まれ!西関東」(9月23日 1日交流会)のために。③無牧師の教会が守られるように。会長:宮西 宏明(富士吉田教会牧師)

2023年08月19日

2023年8月14日~20日

8月14日(月) 聖書:創世記26章26~33節 
教会の祈り:N・YさんとN・Sさん(各誕生日)。 今日の祈り:昭島めぐみ教会(昭島市)。①賛美が豊かにされますように。②礼拝者で満たされますように。③福音が広く届けられますように。牧師:石橋 虎之助

8月15日(火) 聖書:ローマ書10章9~13節
教会の祈り:世界が平和を造り出すことができるように。 今日の祈り:八王子めじろ台教会(八王子市)。①すべての命が平和のうちに守られるように。②高齢者が平安に過ごせるように。③教会のビジョン作成のために。 牧師:小河 義伸、協力牧師:北島 靖士

8月16日(水) 聖書:出エジプト記20章22~26節
今日の祈り:多摩ニュータウン・憩いの家教会(礼拝場所は不定期です)。①教会に連なる方々の、霊・肉が守られますように。②主のお証しを立て上げることができますように。 協力牧師:津波 真勇(つは しんゆう)、代表:春木 英司

8月17日(木) 聖書:マタイ福音書15章16~20節
今日の祈り:多摩みぎわ教会(多摩市)。①教会員の健康が守られるように。②新しい仲間が加えられるように。③土地、建物の購入計画の前進。 牧師:石井 規之

8月18日(金) 聖書:エレミヤ書18章5~10節 
教会の祈り:M・Jさん(誕生日)。 今日の祈り:立川教会(立川市)。教会員の健康が守られますように。②大川先生の働きが支えられるように。③若い働き人が与えられますように。牧師:文 廷翼(ムン ジョンイク)、名誉牧師:大川 博之

8月19日(土) 聖書:ヘブライ書11章1~7節 
教会の祈り:夏期学校のため。 今日の祈り:花小金井教会(小平市)。①教会同士の出会いと協力。②「教会の約束」の改訂。③会堂補修のための必要。これらの課題に主の導きを。 牧師:藤井 秀一、教会スタッフ:中根 淨(なかね きよし) 

8月20日(日) 聖書:創世記6章5~22節 <聖書の箇所から>… ▲「聖書教育」誌では創世記6章~9章までのいわゆる「ノアの洪水物語」を4週に分けて扱っております。▲所沢教会では27日がCSキャンプのため別箇所、9月10日は「長寿の恵み感謝礼拝」、17日は「召天者記念礼拝」なので別の箇所から宣教する予定です。▲アダムから数えてノアの時代はどれくらいの時が経ったのかは不明です。5章にはアダムは930年生きたとありますが、そのまま今の感覚では捉えられないでしょう。ただ、言えるのはすでに地球上には様々な人々がいたし、6章4節に「ネフィリム」の記述があり、「巨人」とも解釈されますが、別の民族で、かつ強い力を持っていました。▲そのように世界が多様化すること、そこには文明の発展もありましょうが、地域や民族間での争いが起こる要因にもなります。ちなみに「洪水伝説」は聖書のみならず、他地域の文献に複数出ていますので、大規模な環境変動が起こったのは確かです。▲5節に「神の後悔」「神の心の痛み」があります。神は世界を「良きもの」として創造されました。本来の目的はそうだったのですが、現実には神の思いと違った行為を人間はすすめていくのです。その「ずれ」はノアの時代で終わっていません。▲「人の悪が増し」た時、神は後悔され、心痛めるのです。それは今もなお・・・。▲「人の悪が増し」た世界にはその代償として何かが起こるのです。その徴が例えば「地球環境問題」や「ウイルス等の拡大」かもしれません。▲聖書は過去の物語ではなく、「現実への警鐘」として読まれるべきでしょう。▲その中で神はノアとその家族、他の被造物を守ることを考え、ノアに指示し、ノアはそれを実行いたします。破滅に向かう世界の中に、神のみ心を聴き取った者がいたのです。▲それは危機の時代を生きる我らへ問いかけています。(献)
教会の祈り:U・Rくん(誕生日)。 今日の祈り:府中教会(府中市)。①バプテスマが与えられますように。②教会・牧師館建替えが実現しますように。③長尾 基志神学生の学びのために。牧師:長尾 なつみ

2023年08月12日

2023年8月7日~13日

8月7日(月) 聖書:ヘブライ書12章18~24節 <聖書教育・毎日のみことば 24節より>… イエスさまの血は、アベルと同じように人間の罪のゆえに十字架という残酷な刑によって流されました。しかしその血は、殺されたことへの悲しみや恨みではなく、逆にその血を流させた私たちに和解と赦しを告げるものでした。流された主の血が今も叫んでいます。

教会の祈り:執事の働きと信仰・健康のため。 今日の祈り:青梅あけぼの教会(青梅市)。①魂の救われる教会であること。②毎日の生活が祈りと感謝、喜びであること。③相互牧会の充実。
牧師:大谷 唯信、副牧師:森元 國文

8月8日(火) 聖書:Ⅰヨハネ書4章1~21節 <聖書教育・毎日のみことば 20~21節より>… 人を憎むことは、その人を愛している神の愛を否定することになります。神と愛することと人を愛することは別のことではありません。神への愛は人への愛となって表われます。お互いに掛け替えのない存在として大切にすることが、神を愛することになります。

 教会の祈り:K・Nさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:青梅あけぼの教会 ライフチャーチ(三鷹市)。①偉大な戒め(マタイ22章7-40節)、大宣教命令(マタイ28章18-20節)に忠実な教会であり続けることができるように。 牧師:大谷 信道

8月9日(水) 聖書:エフェソ書1章3~14節 <聖書教育・毎日のみことば 13~14節より>… 主を信じる者は「聖霊で証印を押されたのです」から、慌てたり不安になったりする必要はありません。聖霊は「御国を受け継ぐための保証」です。主が私たちの罪を十字架で贖って神の子としてくださいました。罪のために、もはやさすらうことはありません。

教会の祈り:核兵器廃絶のために。 今日の祈り:青梅あけぼの教会 聖約宣教伝道所(渋谷区)。①対面の交わりの回復。②学生の求道者の定着。③霊性の成長。牧師:藤原 淳賀(あつよし)

8月10日(木) 聖書:詩編133編 <聖書教育・毎日のみことば>… 立場や意見の違う兄弟であっても、「共に座っている(共に住む)」ことを喜べるのは、人間の努力だけではできません。この歌が、神殿に詣でる時に歌われたように、主の食卓を囲み、信仰において結ばれることによって、共に和合して住むことができるのです。
 
今日の祈り:東京西教会(事務所は昭島市)。①礼拝場所の継続確保のために。②宣教者が引き続き与えられること。③求道者が与えられるように。 協力牧師:黒瀬 博、代表執事:福田 佑次

8月11日(金) 聖書:ローマ書12章9~21節 <聖書教育・毎日のみことば 19~21節より>… 自分を苦しめる者に対して怒りや復讐心を抱くことがあるかもしれません。しかし、それでも「神の怒りに任せる」こと、それは神の正義に委ねることです。神は常に正しいことをしてくださるからです。悪には悪をもってではなく、善をもって悪に打ち勝ちましょう。

教会の祈り:C・Aさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:東京西教会 板橋伝道所(板橋区)。①子ども食堂が開設できますように。②ビデオ配信が広まるように。③20人礼拝が達成できますように。牧師:新保 雅雄

8月12日(土) 聖書:マタイ福音書18章21~35節 <聖書教育・毎日のみことば 21~22節より>… イエスさまは7の70倍、つまりどこまでも赦しなさいと言われました。赦しには限度はありません。なぜなら、主は私たちの罪をどこまでも赦してくださるのです。私たちは77倍復讐すると言ったレメクの末裔ではなく、イエスさまの末裔として選ばれているのです。
 
教会の祈り:M・Nさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:関東プレインズ教会(羽村市)。①日英語礼拝です。通訳の充実のために。②付属幼稚園の働きのために。③教会員の成長と増員のために。牧師:ディビッド・ローナン、執事長:熊手 祥之 

8月13日(日)  聖書:創世記4章13~26節 <聖書の箇所から>… ▲弟アベルを殺し、土地を追われてさまよう者となったカインには「しるし」がつけられたことは、6日の礼拝でお話いたしました。▲その「しるし」は人間の罪を示すと共に、そのような人間をも神は守り、祝福を与えようとする「しるし」でもあったのです。▲17節からはカインのその後が記されます。エノク~イラド~イフヤエル~メトシャエル~レメクと世代が続きます。▲レメクの三人の息子は様々な働きの祖となります。ヤバルは家畜を飼う者の先祖、ユバルは家畜を飼う者の先祖、ドバル・カインは青銅や鉄の道具を扱う者の先祖となったと。▲レメクは創世記4章23~24節にあるように「カインのための復讐は七倍なら、レメクのための復讐は七十七倍」とあります。カインへの復讐は神の定めたものですが、レメクの場合は自分たち自身で行う人間の力による復讐であり、「復讐」が神の思いより拡大されていくのが人間の罪といえるでしょう。▲これについて主イエスはマタイ18章で「七の七十倍までも(際限ないという意味)赦しなさい」と語ることによって、新たな人間の生きる道を示しています。それは、主イエスがそうなさったからです。▲26節の「主の御名を呼び始めたのは、この時代のことである」とは、礼拝をささげるようになったという意味です。この部分は解釈が困難な点がありますが、人が増えれば争いも増えるのです。争いは簡単に解決できませんし、様々な要因があります。その中で「人の道」としての「神の教え」を求めざるを得なかったとも考えられますし、少なくとも、神の存在が伝わっていたのは間違いありません。(献)

教会の祈り:M・HさんとI・Cさんのお誕生日おめでとうございます!今日の祈り:福生教会(福生市)。①新たな教会員が与えられるように。②献身者が与えられるように。③食事会が再開できるように。牧師:稲見 元彦

2023年08月05日

2023年7月31日~8月6日

7月31日(月) 聖書:マタイ福音書10章16~31節
教会の祈り:全国青年大会参加予定のSさんを覚えて。今日の祈り:第61回全国青年大会。①無事対面で開催されるように。②平和の考えが深まるように。③青年の教会生活を覚えて。実行委員長:長尾 基詩(西南神学生、福岡国際教会員)

8月 1日(火) 聖書:Ⅰコリント書13章1~13節
教会の祈り:S・RさんとD・Aさん(各誕生日)。 今日の祈り:大井教会(品川区)。①主題「キリストによる再構築(リコンストラクション)」を受けて、これからの教会の姿を祈り求める。主任牧師:加藤 誠

8月 2日(水) 聖書:Ⅱコリント書5章1~5節 
教会の祈り:S・TくんとS・Hさん(各誕生日)。 今日の祈り:品川教会(品川区)。①教会建築のために。②信仰決心者が与えられるように。③プレヤーウォークの広がりのために。 牧師:山中 臨在、音楽主事:岸本 敬子

8月 3日(木) 聖書:歴代誌上5章1~2節 
今日の祈り:泉教会(世田谷区)。①教会に連なる子どもたちのために。②教会付属幼稚園のために。③シャロームの実現のために。 牧師:城倉 啓、協力牧師:村上 千代

8月 4日(金) 聖書:ルカ福音書15章25~31節
今日の祈り:恵泉教会(目黒区)。 エフェソ書4章16節 ①共に教会形成を担う(新組織の目標を共有)。②礼拝、教会学校、めぐみ礼拝の喜びを広げる。③平和の祈り、伝道する教会を作る。 牧師:福永 保昭、協力牧師:松見 享子

8月 5日(土) 聖書:ヨハネ福音書15章11~17節 
教会の祈り:猛暑の中、礼拝に来る方々が守られるように。 今日の祈り:幡ヶ谷教会(渋谷区)。①初台、幡ヶ谷地域の宣教のための働き手が与えられるように。 牧師:山川 眞司 
8月 6日(日)  聖書:創世記4章1~12節 <聖書の箇所から>… ▲人類二世としてのカインとアベルですが、読み進めていくと、他にも人がいるようです。ゆえにここは、カインとアベルを人間の代表として読む方がよいでしょう。▲さて、アベルは羊を飼い、カインは農業に従事します。そして、収穫を感謝して、神の前に礼拝いたします。▲ところが、神はアベルの献げものを拒否されました。その原因は、神の前に良き物を献げることを嫌い、自分のために良いものを残していたのです。▲もし、そうでなければ、アベルは申し開きできたでしょうし、そもそも事件に発展しなかったのです。▲自分に都合良い計画がうまくいかなかった。その時、人は次の選択がいくつもあります。▲正直に語り、謝罪し、悔改める道もあります。でも自らの過ちをなかなか認めたくない時、人は一番危険な道を選ぶことがあります。その道は「これしか自分の正当性や尊厳を守る方法はない!」と決めつけ、邪魔者を排除する方法。▲つまり、自分を変えるのではなく、原因を他者に決めつけ排除することによって、謝罪も言い訳もしなくてすむので、それが一番楽だと、愚かにも考えるのです。▲カインはアベルの真面目さを憎み、競争相手と考え、そしてアベルを殺すのです。▲実は逆に大変な道を選んだのに、その時は何も見えないのです。今後の結果も未来も、自分が負う痛みや苦しみ、相手の痛み、周囲に拡がる悲しみや辛さも・・・。▲アベルの叫びを神は知っております。神はカインに「弟アベルはどこにいるのだ」と尋ねますが、カインは「知りません」と罪を重ねます。そして判決を受けた時、カインは我に戻り、自分の罪の重さを知り、今度は自分が殺されることを恐れます。▲カインは追放されます。しかしながら、主なる神はその命を保証するのです。「カインにつけられたしるし」・・・それを考えます。今、私が思うのは、その「しるし」は「主イエスの十字架」ではないのかと。人間の罪を示すと共に、赦しを示す「しるし」としての主イエスの血が流された十字架。(献)

教会の祈り:核兵器を捨て、平和をつくりだす世界。 今日の祈り:渋谷教会(渋谷区)。①教会員の健康と癒しのために。②求道者と働き人が多く与えられますように。③地域伝道と教会建築のために。宣教師:金 未仙(キム マルソン)、伝道師:林 雄植(イム ウンシク)

2023年07月29日

2023年7月24日~30日

7月24日(月) 聖書:マタイ福音書7章7~12節 
教会の祈り:求道者・信仰決心者が与えられるように。今日の祈り:多摩川教会(東京都狛江市)。①祈りの家、聖霊主導の教会。②十字架の愛と赦しに生きる教会。③世界宣教と信仰継承。牧師:末盛 桜子、宣教師:久米 麗、音楽主事:永井 愛実

7月25日(火) 聖書:ローマ書14章1~9節 
教会の祈り:礼拝委員会の働き。 今日の祈り:経堂教会(世田谷区)。①求めている人々が導かれる。②礼拝・諸集会が祝される。③祈りがいつもある。 牧師:藤原 晴彦

7月26日(水) 聖書:マタイ福音書18章15~20節(中心20節)
教会の祈り:M・Hくんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:東京第一教会(世田谷区)。①キリスト信頼に基づく多様な奉仕を喜ぶ。②教会内外での交わりの回復。③幼稚園関係者への伝道の機会の増加。 牧師:高見 龍介、岡村 直子

7月27日(木) 聖書:ヤコブ書1章12~15節 
今日の祈り:神奈川バプテスト連合(18教会3伝道所)。①神奈川連合の2023年度標語「それぞれの一手を応援する連合へ」。諸教会の一手の祝福のために。 
牧師:犬塚 契(ふじみキリスト教会牧師)


7月28日(金) 聖書:ヨハネ福音書16章26~33節 <聖書教育・毎日のみことば>… 弟子たちは「あなたが神のもとから来られたと、わたしたちは信じます」と答えています。しかしイエスは「あなたがたは世では苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」と。その主が共に苦難を負い歩んでくださいます。

今日の祈り:連盟「靖国神社特別委員会」。①あらゆる支配、抑圧、差別、紛争がなくなりますように。諸教会がこうした働きに用いられますように。牧師:松藤 一作(川崎教会牧師)

7月29日(土) 聖書:ルカ福音書15章11~32節 
 教会の祈り:30日に行われる日立教会井伊肇主事の按手式を覚えて。 今日の祈り: ■連盟「国外伝道臨時委員会」①国外伝道と国際協力の計画実行。②海外働き人派遣業務とサポート。③25年度以降の国際宣教につなぐ働き。 委員長:坂元 幸子(連盟宣教室長) ■連盟「これからの国外伝道検討委員会」… ①国外伝道を感謝。働き人のために。②女性連合との協働を感謝して。③これからの展望が導かれるように。 委員長:播磨 聡(広島教会牧師)

7月30日(日)  聖書:創世記3章1~24節 <聖書の箇所から>… ▲「賢い蛇」、「賢しこさ」は意味が複数。ここでは「抜け目がない」のような姿。いくら上手に喋れても「賢さ」を何に対し、どのように用いるのかを考えます。▲人間は二千年前と比べて「賢く」なったのでしょうか?あなたは幼い頃と較べて「賢く」なったのでしょうか? ▲女は正直です。素直に神の言葉を聞いていました。しかし「本当に?」と確認された時に、様々な疑念が湧くのです。「そういえば、、、」と。神と人、人と人の信頼もまた「本当?」と言われたらどう答えましょうか。▲蛇は「食べなさい」とは言ってません。「こんなに素敵だよ」とそそのかすのです。ついに女は食べるし、好意か悪意かわかりませんし、男は賢くないので、ついに食べてしまいます。▲その結果、彼らは逃げなければなりません。本来素晴らしい場所だったのに「逃げる」ことを選択せざるを得ない人間の悲劇です。それは、今を生きている私共、自分を隠さずには生きることができない我らのようです。▲隠れた者を主は探します。見つかった後の「言い訳」は興味深く、「責任転嫁」とはよく言ったものです。「悪いことは人のせい」にするのが一番楽だし、自分が納得できるのですが、それは通用しません。▲彼らを主なる神は裁き、滅ぼすことも、無関係にすることもできます。でも、神の答えはそうではありませんでした。エデンから追い出されますが、彼らを生かし、自分では用意できない「皮の衣」を着せます。それは世で彼らを「守るため」。すなわち「この世における主の救いと伴いを意味する衣」を着せるのです。(献)

今日の祈り:全国壮年会連合。①すべての壮年活動が豊かにされて。②東京で行われる全国壮年大会が主の導きと祝福にあずかれるように。会長:山田 誠一(大井教会員)

2023年07月22日

2023年7月16日~22日


7月17日(月) 聖書:申命記28章1~14節 教会の祈り:教会の子どもたちの成長。今日の祈り:横浜大和町教会(横浜市中区)。①求道中の方々に信仰が与えられますように。②教会員の方々の健康が守られますように。 牧師:鉄井 三千夫

7月18日(火) 聖書:ヨハネ福音書2章1~11節 教会の祈り:猛暑の中での高齢者の方々の守り。 今日の祈り:横浜大和町教会日野神明伝道所。①2年後の40周年には教会組織を。②信徒の霊的成長、信仰継承。③地域の人々とつながる伝道活動の祝福。 協力牧師:鉄井 三千夫

7月19日(水) 聖書:マタイ福音書4章1~11節 今日の祈り:青葉教会(横浜市青葉区)。①各小グループの交わりの祝福。②教会の信仰告白を学び確認する。③次世代を育て、共に宣教を担う。 
牧師:三宅 真嗣、副牧師:三宅 友子

7月20日(木) 聖書:コヘレト4章9~12節 教会の祈り:C・Mさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:横浜JOY教会(横浜市旭区)。①新年度の教会の福音宣教の働きのために。②今後の歩みを祈り考える1年となうように。③新しい歩みをスタートした方々のために。 牧師:坂西 恵悟、派遣牧師:石田 政美

7月21日(金) 聖書:使徒言行録10章17~33節 教会の祈り:K・Aさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:横浜ニューライフ教会(横浜市都筑区)。①副牧師就任を感謝。②三十周年記念誌を用いた伝道。③神学生の祝福。④イスラエルと祝福しあう国々に。
 牧師:田坂 元彦、副牧師:結城 勝吾

7月22日(土) 聖書:ローマ書12章1~8節  教会の祈り:明日の礼拝の全ての準備のため。 今日の祈り:百合丘教会(川崎市麻生区)。①教会諸活動の本格的再開のために。②認定こども園移行初年度のために。③教会幼稚園の方々の健康のために。 牧師:川井 信雄、協力牧師:宇野 雄司、牧会主事:宇野 澄江、音楽主事:宮原 淑子

7月23日(日)  聖書:創世記2章18~25節 <聖書の箇所から>… ▲この箇所は7月9日宣教で扱った箇所(2章4b~25節)になりますし、先週の「聖書日課」でも扱っておりますので、それぞれを参考にしてください。▲神の備えた地、「エデン」での人間の働きが15節から記されておりますが、その前に10節からは四つの大河のことと、金や琥珀、ラピス・ラズリという宝石も神が用意したものと語られています。▲金や宝石は人間を魅了し、時にはそれらを巡って命を懸ける戦いになることもあります。川も宝も神の恵みの産物ですが、人間は正しく用いる知恵が必要です。▲より素晴らしいのは「命の息を吹き入れられた人間」であり、「命」のひとつひとつこそ、それぞれ豊かな価値があり、金や宝石が人間の命以上のものとされてはならないのです。▲さて、人間の働きは15節の「耕し、守る」。農業と動物関連の働きであり、それは人間の命を支え、被造物全体の安寧と繁栄を守るものです。▲そのために「許可」されていることがります。すべての木から取って食べなさい(16節)。すべてが許されていますが、「禁止」もあることを人は知らなければなりません(17節)。▲主なる神は未完成な世界に「女」をつくり、一旦完成します。先週も記しましたように「助ける者」は、相手より能力があり、また「向き合う者」「全存在的な生の同伴者」としての意味があります。▲彼らは「裸であったが、恥ずかしがりはしなかった」。「裸」は弱い姿、また、「違い」を隠さずに生きることです。強がることもなく、違いを恥ずかしいものとしてではなく、共に喜び生きる糧としていくのです。▲「人と妻」は「異なる人間は互いに」と言い換えて良いと思います(献)

教会の祈り:全国で牧師や教会の働き人が起こされていくように。 今日の祈り:川崎教会(川崎市中原区)。①みんなで共に担い合い新しい川崎教会を創り上げてゆくために。②新しい協力伝道の働きのために。 牧師:松藤 一作
「人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。」(創世記2章25節)

2023年07月15日

2023年7月10日~16日

7月10日(月) 聖書:申命記5章1~15節(中心15節) 今日の祈り:逗子第一教会(神奈川県逗子市)。①年間標語「キリストにおいて一つとなろう」。②横浜戸塚教会との協力伝道の推進。③地域に仕える教会へ。 牧師:杉野 省治

7月11日(火) 聖書:Ⅰペトロの手紙4章7~11節(中心10節) 今日の祈り:湘南台教会(神奈川県藤沢市)。①信仰と希望と愛に生きる。②無牧師の歩みが支えられるように。③早期に牧師が与えられるように。 執事代表:中島 万揮

7月12日(水) 聖書:ヨハネ福音書1章1~18節 今日の祈り:藤沢教会(神奈川県藤沢市)。①牧師と信徒との協働と教会形成。②コロナ後の新たな伝道と福音宣教。③地域に仕える教会として歩む。 牧師:伊藤 真嗣

7月13日(木) 聖書:ヨハネ福音書20章24~29節 今日の祈り:横須賀長沢教会(神奈川県横須賀市)。①家族伝道を覚えて。②求道中の方がバプテスマの決心に導かれるように。③会堂の補修・補強のために。 牧師:大須賀 真人、大須賀 綾子

7月14日(金) 聖書:申命記8章1~10節(中心2~3節) 教会の祈り:S・Nさん(誕生日おめでとうございます)。 今日の祈り: 港南めぐみ教会(横浜市港南区)。①地域に開かれた教会づくり。②新来者が来るように。③高齢者が生き生きと教会生活を。牧師:古家 良子、古家 克務

7月15日(土) 聖書:Ⅰコリント書8章42~58節(中心42~49節) 今日の祈り:洋光台教会(横浜市磯子区)。①「隣人と共に歩む」教会として。②教会の霊的な一致のために。③教会学校のさらなる充実のために。 主任牧師:萩原 永子

7月16日(日)  聖書:創世記2章4節後半~17節 <聖書の箇所から>… ▲神が人間を創造された話は二つの伝承が記されています。今日の箇所からは「主なる神は」という主語による伝承。▲先週も記したように、二つの伝承は一方を否定するものではなく、二つの伝承を通してより深く被造物の意味を理解するためです。ここでは特に「人」が創造された意味について詳しく語っています。▲主なる神は「土の塵で、人を形作った」とあります。「塵」はそれ自体は価値がないものを示します。どんな王族であろうと、そうでなかろうとも、同じ材料でできているのです。「塵」でつくられ、再び「塵」に戻るのが人間です。▲しかし、命の意味は「この鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」。「神の息」は「神の霊」です。「聖霊」は「神の風」「神の息」というのが原意です。神さまの命の息が注がれて、人は生きることができるのです。▲神の命の息を注がれて生きることは神との通じる共通項を持つことであり、ゆえに、命の息を吹き入れられた者は、その息を失わないように、常に、神の息を求め、内に入れていくことが大事です。▲それは礼拝であり、御言葉であり、祈りによって吹き入れられることです。▲さらに、主なる神は「人が独りでいるのは良くない」と考えます。神は人には他者が必要であることをご存知です。「彼に合う助ける者」とは、女性が男性の手伝いや助手としてではなく、「全存在的な生の同伴者」とされます。▲女性が生まれて、いや、それを「女性」と言わなくても、他者の存在があることによって主なる神の「創造」ははじめて完成するのです。(献)

教会の祈り:来週の「神学生を招いての礼拝」に新来者・求道者など多くの方々が参加できるように。 今日の祈り:横浜戸塚教会(横浜市戸塚区)。①礼拝堂リフォームプロジェクトのために。②内田泰亮協力牧師の按手礼の準備のために。③逗子第一教会とのパートナーシップ協力伝道のために。 牧師:堀野 浩嗣、協力牧師:内田 泰亮
「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」(創世記2章7節)

2023年07月15日

2023年7月3日~9日

7月 3日(月) 聖書:ヨハネ黙示録21章1~4節 
今日の祈り:松本蟻ケ崎教会(長野県松本市)。①教会の未来を担う牧師が与えられ感謝。②対面による祈祷会と家庭集会を再開できますように。③教会学校こひつじクラスの祝福。 牧師:齊藤 弘司

7月 4日(火) 聖書:創世記1章11~13節  今日の祈り:大秦野教会(神奈川県秦野市)。①教会員の生活と健康の護り。②親子ひろばにつながる方々への宣教。③会堂の維持と補修のために。 牧師:日髙 龍子、日髙 嘉彦

7月 5日(水) 聖書:創世記1章14~31節(中心:31節)  今日の祈り:ふじみ教会(神奈川県平塚市)。①教会が福音を生き、地域に知られ、礼拝者が加わり、喜びが湧きあがり、共に生きられますように。
 牧師:犬塚 契(けい)、協力牧師:犬塚 修、草島 豊

7月 6日(木) 聖書:創世記45章1~15節  今日の祈り:綾瀬小園(あやせこぞの)教会(神奈川県綾瀬市)。①新来者・求道者が与えられるように。②一人ひとりの霊肉が守られますように。③教会の経済的必要が満たされるように。 牧師:岩瀬 礼(いわせ あや)

7月 7日(金) 聖書:詩編8編 
教会の祈り:M・Mさんのお誕生日おめでとうございます!  今日の祈り: 相模中央教会(神奈川県大和市)。①23年度標語「心熱く主を証しする」。戦争や迫害絶えないこの時代において、命の課題、叫び、うめきに心の耳を傾けながら、主の福音(愛と希望)を証しするキリストの教会として立っていけるように。 牧師:吉田 真司、協力牧師:斎藤 剛毅、音楽・子どもユース担当主事:江原 美歌子

7月 8日(土) 聖書:ローマ書8章18~30節 今日の祈り:相模中央教会 座間伝道所(神奈川県座間市)。①礼拝出席者が増し加えられますように。②教会財政が守られますように。③入院中の会員が癒されるように。 牧師:内藤 玲緒奈(れおな)

7月 9日(日)  聖書:創世記1章26~2章4節前半 <聖書の箇所から>… ▲神が人間を創造された話は二つの伝承が記されています。今日の箇所は「神は」という主語による伝承、2章4節後半からは「主なる神は」という主語による伝承。▲どちらが正しいという議論ではなく、福音書と同じように複数の角度から神の思いを語っています。▲神が「我々」と言うのは複数ではなく、偉大さと尊厳を示す用語です。▲「かたどった」というのは外面的な形ではなく、心つながることができる存在と言う意味です。▲「かたち」はその特性を示すものであり、「似たもの」とは親子のように近い関係性です。▲「支配」はいつも言うように「被造物全体を支え、配慮する牧者としての生き方」です。世の「王」や「政治家」も本来それが仕事です。▲そしてすべてを神は祝福する、つまり、喜びが溢れ、期待が満ちています。▲祝福された存在である人間は、すべての被造物への祝福を実現し、そうあり続けることを託されているのです。▲神の命への祝福を人間はどのように受け取るべきであり、受けとるべきなのでしょうか。(献)

教会の祈り:来週の「ジョイフルサンデー」に新来者・求道者など多くの方々が参加できるように。 今日の祈り:平塚教会(神奈川県平塚市)。①地域との協働が起こされるように。②こひつじ食堂が福音宣教となるように。③子どもを大切にする教会となるように。 
牧師:平野 健治

2023年07月01日

5/7 ローマ書5章1-11節 「苦難の只中で神と出会う」

 「苦難を誇りとする」、パウロは他の箇所で「弱さを誇る」という言葉もあります。通常一般的に「誇り得ないこと、喜びでなく避けたいこと」を神の恵みとして語るのです。それは「逆説」。この「逆説」こそ福音の凄さと独一性。「神」は「人より強く、悪を裁く存在」と考えるのは一般的に考えられる神。しかし、キリストは人間に殺される神。十字架上で苦しみ叫ぶ方であるがゆえ、ご自身の苦しみ痛みをもって、人間の苦しみや弱さ、痛み、悲しみに連帯し、共に在る方です。「苦難が誇り」、パウロが伝道の働きの故に様々な苦しみや辛さを体験しますが、その苦難の只中で共に苦しむ方の存在に力と慰めを得たからです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 奈良キリスト教会。奈良県奈良市学園南3-14-12にあります。この教会では多分、前牧師の松原宏樹牧師が就任してから、小さい存在に目を注ぎ「附属幼稚園 リトルファンファン」を開園し、「みささぎ伝道所」がうまれ、その後、松原先生は親が育てることができない子ども、特に重い障害をもってうまれた子どもを里子として受入れ、その働きがNHKテレビで紹介されるととても注目され、その働きや各地での講演活動やもろもろで牧師職は辞められましたが、その心は牧師(といっても、私のようなつまらぬ牧師ではない)そのものでありますし、実に尊敬しております。奈良教会には近く、新しい牧師がおいでになるかもしれません。幼稚園をつくる時には、私も丁度、神戸バプテスト教会を母体とする「光の丘幼稚園」の園長も兼職していたので、少しお手伝いできたのが感謝です。障害をもつ子どもを受け入れること、ああ、そのような働きに共感する人が与えられていきますように。祈りの課題は以下です。①新しい主任牧師を迎えられるように。②祈りと学びを深めることができるように。③地域に仕えることができるように。④互いに支え合い、成長し合える教会であるように。伝道師・平山 利香

2023年05月02日

5/6 マタイ福音書11章25-30節 「疲れや重荷を持つあなたへ」

 「疲れ」や「重荷」を負う日々、主があなたを休ませてあげようと語ります。しばし休み、そして再び立ち上がるのです。主はすでに「軛」(くびき・二頭の牛等を横に並ばせる道具)を負っています。その「軛」を共に担う時、その荷は軽くなります。共に担いつつ、その方に学ぶ道に私共は真の「安らぎ」を見出すのです。「柔和」とは相手の力に勝ろうとするのではなく、相手の力や思いを受け止める柔らかな心です。「謙遜」とは自分と同じ目線に立ち、共感し、共に考え、愛をもって接する姿です。どうかあなたは一人で苦しまないで、自分で全て解決しようとしないで、イエスさまと共に担ってください。それこそが「委ねる」ことであり、「信仰」と呼ばれる姿なのです。今日はM・SさんとM・Kさんのお誕生日おめでとうございます。二人のこと、お祈りしてますよ!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 和歌山バプテスト教会。和歌山県和歌山市関戸1-2-31にあります。もしかしたら「和歌山ひかり幼稚園」の方が知られているかもしれませんし、この幼稚園の卒園生もたくさんおいでになるでしょう。もう7-8年になるかなぁ、教会と幼稚園は新しい建物になりました。ぜひ、卒園生の方々、大きくなっていろんな苦労や悲しみや落ち込みがあるとき、ぜひ、心の故郷、この場所にたつ教会を訪ねてみてください。かならず、あなたのお話を聞いてくださり、一緒に考えるし、それでお金などは決して要求しません。それが教会という馬鹿正直な場所です!以前、この教会をお訪ねしたとき「和歌山ラーメン」をご馳走になりました!美味いんです、これが!また食べたいなぁ。神戸三宮にあった「和歌山ラーメン」もとても美味しかったですけど。祈りの課題は以下です。①主につながって歩めますように。②幼児教育の業が祈りの中で祝福されますように。牧師・調 みくに

 

2023年05月02日

5/5 Ⅰコリント書13章1-11節 「信仰と希望と愛」

 「希望」とはまだ受け取っていないものであり「希望」の実現を目指して今日を生きるのです。あなたの「希望」はどんな事柄でしょう?「信仰」とは自分の努力や頑張りで得るものではなく、自らの弱さや罪、不足を見出す中で、このような自分のために命をかけて愛してくださる十字架上の主イエスを仰ぎ、ただ、主の赦しと愛に生かされている我が身を知ることです。「愛」とは主イエスのことであり、値無き私を、何の誇りも褒められるような行動もない私をもそのままの姿で「わが子、わが家族」と語ってくださることであり、その関係性を私共も学び実行することへと招かれています。13章の「愛」に自分の名前を入れてみた次に「愛」を「イエス」と読み替えてみましょう。世界の子ども達が信仰と希望と愛に育まれていきますようにと祈ります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 豊中バプテスト教会。大阪府豊中市北条町1-28-9にあります。阪急宝塚本線 服部天神駅下車、徒歩12分 です。私も一度行ったことがあります。住宅地にありますので、道路の看板をよく見てください。Facebookがあります。ただ、この教会を問題にするわけでないことをまず断っておいたうえで、この教会の牧師は前年度まで日本バプテスト連盟の理事等を歴任している方ですし、別に牧師の責任ではないのですが、少なくともFacebookを作成しているなら更新しなければいけないし、ホームページを持たないのは、昔で言えば教会の門を閉ざしているようなものです。Facebookは基本、無料ですし、、、。そのようなICTに関わる人が教会にいないのかもしれません、ぜひ、このページを読んだ誰かが、豊中バプテスト教会に行ってくださって、牧師などと相談して、できることを手助けしてくださったらと思います。日曜も午前や午後の礼拝もあるようですし、この教会の牧師のお働きは実にすばらしく、我らとしても感謝することが多いのですから。祈りの課題は以下です。①主の教会として立ち続けることができるように。②地域に根差した活動を展開していけるように。牧師・今給黎 眞弓

2023年05月02日

5/4 使徒言行録15章1-11節 「福音から外れるエルサレム教会」

 異邦人キリスト者の律法順守を巡って対立や論争が起こり、いわゆるエルサレム会議が開催されます。エルサレム教会にはイエスの兄弟ヤコブ等がおりますし、その教会こそ「本家」であり、「正統」であると自負し、権力を持ちますが、内実は主イエスの福音から離れていきました。主イエスを一番知っているはずの彼らが、主イエスが廃棄した律法を再び救いの条件として持ち出すのです。さらに異邦人教会に様々に経済的支援などを要求はじめていきます。異邦人教会での喜びの証しや宣教拡大の報告がなされますが、それを喜べない人々、妬む人々が、退化した教会、腐り始めた教会にはびこるのです。自分達の違った福音理解を不当に他者に求めることは「軛」を負わせることであり、福音と反する事柄。主イエスの「愛と恵み」を喜ぶ世界が主の願う世界です。今日はS・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 宝塚バプテスト教会。兵庫県宝塚市中筋山手2-7-6にあります。ホームページの案内では阪急宝塚線中山観音駅下車徒歩9分。もしくはJR宝塚線中山寺駅下車徒歩約16分。中山台へ向かう坂道をのぼり、中筋山手2丁目バス停前のY字路の分かれ目にある教会の看板を目印に、斜め左へのやや細い道を約50m。駐車場10台分あります。ということです。「中山寺」というものすごい大きな寺社があるのですが、その脇から山に上っていく感じです。さらにホームページには「小川のせせらぎと小鳥のさえずり声が聞こえる、国有林に囲まれた自然豊かな教会です。ほっこりできる環境ですので、お気軽にお立ち寄りください。​」とあるように、本当に山の別荘(私は持っていませんが)のような感じです。歌劇で有名な宝塚ですが、土曜は歌劇を観て、翌日日曜は教会へどうぞ。別に日曜礼拝に行って、午後から歌劇でもよいですけど。祈りの課題は以下です。この教会の「祈りの課題」は、関西のボケ・突っ込みが入っているのかしら?と思いましたが、まぁ、家の中でこけて、入院する方々も多いので、身近に災害が起こる危険があるのでそこから守られますように、ということでしょうか。よう知らんわ!①家の中でこけることのないように。②病気やケガが早く癒されますように。③皆が元気で笑顔でいられるように。牧師・南 雅夫

2023年05月02日

5/3 マルコ福音書5章1-20節 「命の価値を訴える主イエス」

 ガリラヤ湖での突風に恐れおののき、そこで自力ではなく、主イエスへの信仰(信頼)を弟子達は学びました。なぜなら、「自力」では必ず限界にぶつかるし、「人との出会い」においても自力で何とかなるものではなく、主なる神さまの力と働きに頼らなければ良き道は生まれないのです。彼らが向かう「向こう岸」は異邦人「ゲラサ人」の地域。そこで出会ったのは墓場で暮らしていた人です。「レギオン」はローマ軍部隊の意であり、戦争で自分自身か家族か恋人を傷つけられ失った人かも。精神が痛み、地域と人々から追い出された人。今も世界のあちらこちらにそのようにされた方々がどれほどいるでしょうか。さて、主はその人を癒し、解放しますが、同時に村人の豚が犠牲になります。豚が可哀そうと感じる人もいましょうが、感染症にかかった豚や鶏が何千何万と今も犠牲になっていることを覚える必要があります。その犠牲は人を守るためです。さて、地域の人々にとっては墓場の一人より豚が大事なゆえに主イエスを追い出すのでう。その姿に住民が持つ人命の価値感が問われます。時に人の価値は低いのです。とんでもない、解放された人こそ、命の恵み、命の価値の大きさを語る人になりました。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 伊丹キリスト教会。兵庫県伊丹市柏木町3-47にあります。阪急塚口駅から北へ徒歩8分で着きます。ホームページにはこう記してあります。阪急塚口駅の北出口をでて、阪急伊丹線の線路沿いを歩くと、右手に教会が見えます。「市兵衛踏切」がありますので踏切を渡ると教会に到着します。そして、電車でも右手によく教会が見えます。この教会の内田牧師は、昔も今もそうですが、腰にタオルをいつもつけていて、福岡県の「久留米弁」でしゃべりますので、ちょっとびっくりする人がいるかもしれません。絶対「久留米弁で自分はしゃべり続けるのだ、それが自分の誰にも変えられないアイデンティティだ」という表現です。まぁ、そこにこだわるのも何かの理由があるのでしょう。しかし、見た目と違って(?)(見た目でしゃべってはいけないのですが)、すごく繊細な面を持ち、共感する心、コーヒーを挽いて丁寧にいれる姿もまた内田牧師であります。祈りの課題は以下です。①高齢者の皆さまの健康と平安。②新たなビジョンに向けて。③「新たな戦前」の超克(ちょうこく・困難をのりこえ、うちかつこと)。牧師・内田 裕二

2023年05月02日

5/2 使徒言行録13章33-42節 「救いの意味を間違えた人々」

 アンティオキアは地名として聖書に複数出るのはローマ帝王の名前に由来するため。今日の箇所はピシディア州でユダヤ人植民者が多かった地域です。ここのユダヤ人会堂で励ましの言葉を求められ、語られたパウロの宣教が十六節から記録されています。「律法ではなく、イエス・キリストによって義とされる」、その言葉を聞いた人々は同じことを来週も聞きたいと願った熱心さを嬉しく思います。「改宗者」は異邦人ユダヤ人達のこと。翌週、ユダヤ人達から反対が生じたのはパウロらの「人気を妬む」だけではなく、何より「神の義」の理解が違ったから。「律法」に依らない救いは、ユダヤの伝統を持たない異邦人にとって人種や歴史を超える喜びの到来と感じ取ったのです。今日はM・Yさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸新生バプテスト教会。神戸市東灘区鴨子ヶ原2-12-19 確か、阪急電車を降りて、バスに乗って、初めての方は少しびっくりするようなぐるぐるした路を山の上の方に上っていきます。そして、上がった場所はとても見晴らしの良い場所で、フォトスポットとしても絶好です。さらに、ここはかつて「神戸フレンドシップハウス」があった場所、そこに、建築を志す方は必ず一度は見たほうがよいというガラスの教会堂があります。これは「神戸新生バプテスト教会」です。ホームページ等を見たら連絡できます(平日はあまり連絡がつかないかもしれないので)。祈りの課題は以下です。①主日礼拝を心ひとつに守れますように。②ハンドベルクワイアの活動のために。③フレンドシップクラスの充実を。責任者・舟橋 恵子

2023年04月30日

5/1 創世記1章1-27節 「呼びかけ、応答する関係」

 創世記の最初は神が創られた世界と人間についてのメッセージを伝えます。この箇所から「進化論」を否定する人がいますが、進化論は仮説であり、それが正しいとしても「進化」も含め神の働きと考えます。何より、聖書は科学ではなく、神と人間の関係を伝えています。今日の箇所のメッセージの一つは「神は言われた」という言葉に対し応答して世界が出現し、整えられ、「良し」とされたこと。また人間は他の被造物と異なり、「神にかたどって創造された」。「かたどる」とは表面的な形ではなく、心の有様であり、神と通じ合う心を持った存在として創造されたこと、加えて神の言葉に応答する存在なのです。神への「応答」が「信仰」、「礼拝」、「生き様」なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 尼バプテスト教会。兵庫県尼崎市宮内町3-134にあります。阪神線出屋敷駅西出口から徒歩約3分という大変駅近なのでぜひ多くの方々にお気軽にこの教会に行っていただきたいと願っております。すでに昔、クリスチャンだった方等、ぜひ教会を思い出してこの教会を支えてください!祈りの課題は以下です。①潜在的クリスチャンとの出会い。②彼らと仲良くなれる我々になる。③良き挑戦、祈り直してまた挑戦。牧師・長尾 知明

2023年04月30日

4/30 ローマ書3章21-31節 「恵み、恵み、ただ恵み」

 今日の箇所はそれまでの宗教といわれるもの、今、宗教と呼ばれるものとは遥かに一線を画すキリスト教の独一性が語られます。「救い」を経済と同じように、神と呼ばれる存在に沢山献金したり、厳しい修行を積んだ先にその褒美として「救い」が与えられるというのが実に一般的で分かりやすいのです。ゆえに、高額な商品が素晴らしい如く、高額な献金をすれば誰よりも素晴らしい救いが与えられるのではと考えるのです。でも、救いをお金や修行で頂くのであれば、金持ちや修行の出来る人しか救われません。主イエスの救いの信実をパウロは、そして我らは語ります。救いは行いやお金ではなく、唯、主イエスの一方的、無償の恵みであると。本日は所沢キリスト教会が今の会堂が建てられて17年の記念礼拝です。教会はもちろん、建物ではなく、信徒の集まりですが、会堂を持つことは実際の活動を続けるうえでとても有り難いことです。多くの方々の祈りによって建てられたこの会堂を大事に、そして、誰でも使いやすい、集いやすい場所としていくことを新たに覚えたいと思います。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟国際協力団体を覚えて。①世界バプテスト連盟(BWA)②アジア太平洋バプテスト連合(APBF)③(米国)コーポラティブ・バプテスト・フェローシップ(CBF)。

2023年04月24日

4/29 Ⅱコリント書5章14-21節 「新しく創造された者として」

 キリストとの結びは「つながる」「とどまる」とも表現される命の連関であり、日々新たに創造される命を頂くこと。命の目標のひとつは「和解のための奉仕」。神と人が和解へと導くのはただ主イエスの赦しです。その和解を恵みとして受けた者は、人と人との和解を生む働きを「任務」として行うように主からこの世界に派遣する「使者」とされたのです。パウロはそのようなキリストの愛に駆り立てられ、神の義(赦し・恵み・愛)に生きるように語るし、私も同じ気持ちで祈ります。今日はY・Sさんのお誕生日おめでとうございます。現在、神奈川県の老人施設で生活されています。先日はお電話をいただき、お元気そうで感謝です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟国外伝道働き人を覚えて。▲野口日宇満・佳奈宣教師(インドネシア)インドネシアの諸教会の福音宣教の前進と神学校の働きのために。家族の健康。子どもたちの学びのために。▲佐々木和之 国際ミッションボランティア(ルワンダ)。ルワンダの隣国、コンゴ民主共和国の東部で続いている紛争が終息し、五十万人以上の避難民が故郷に帰還できるように。

2023年04月24日

4/28 ガラテヤ書2章11-21節 「キリストがわたしの内に」

 「ケファ」とは主イエスの弟子「ペトロ」のこと。ペトロは律法を廃棄(=成就)したキリストを知りながら、ヤコブ等を恐れ異邦人に律法を守るように指導するなど相変わらずな一面もあります。そこでパウロが語るのはキリストの「まこと(信実)」は主による徹底的な「赦し」「恵み」「愛」の事実、真実、現実。キリストが私の内に、愛と祈りに貧しいこの私の内に生きておられる神の奇跡です。ある者は問います。神が赦してくださるなら、何をしても赦されるなら多いに好き勝手にしようと。否、自らの罪を知り、主の赦しを真実に受け取った者は自分と他者の「命」の尊厳と価値を知り、神の恵みを互いに喜ぶ道へと導かれるのです。今日はO・Kさんのお誕生日おめでとうございます。現在はリモートで礼拝に参加されておられます。また共に礼拝できることを祈り、楽しみにしております。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟理事会。祈りの課題は以下です。選挙を通して選ばれた12名の理事が日本バプテスト連盟の運営に携わっておられます。内女性理事は5名おられます。①新しい機構、新しい理事会が歩み出します。諸教会の声を受け、諸教会の祈りにつながる理事会の歩みのために。理事長・吉田真司(相模中央教会牧師)、常務理事・中田義直(当教会協力牧師) 

2023年04月24日

4/27 イザヤ書59章 「神と我らを隔てるもの」

 自分の願いが叶わない時、世界の辛く酷い現実を見て「主の手が短い、耳が鈍い」と神を批判したり、回りが悪い、誰が悪いと責任を押し付けるのは簡単。根本的なところに目を向ける必要があります。今も昔も世界は平和を求めても闇しか見えず、手探りしても見つかりません。それはみ心に背き続けた我らの罪の結果なのです。争いの原因は自分達の経済拡大や領土拡大です。宗教戦争と言われることがありますが、世界の多くの地域では同じ部族は同じ宗教で、部族が差別されて争いが始まり、その戦いに宗教が精神的支柱となるので宗教戦争のように見えます。争いの世界を変えるのは平和へと取り成す存在。主の恵みの御業に心開く者、罪を悔いる者へ主は来られます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 東北バプテスト連合。昨日は北海道地方連合でしたが、この連合は東北にある日本バプテスト連盟に加盟する15教会で構成されています。特に東日本大震災を経験した地域であり、「東日本大震災現地支援委員会」の活動が委ねられていますし、日本バプテスト連盟の諸教会では引き続き支援募金を行なっております。日本では現在、原子力発電所の60年を超えての運用や再稼働のことが話し合われていますが、もう一度、原発のメルトダウンがあれば日本は致命的な影響を受けることになります。今だ、福島原発の課題をクリアできていないのに、どうしてそのようなことを考えるのでしょうか。日本の政治の愚かさが今も続いております。祈りの課題は以下です。①新たな諸教会との交わりのために。②具体的な相互支援の発動のために。③継続的な被災地支援のために。会長・小田 衛(大富教会牧師)

2023年04月24日

4/26 詩編14編 「神などいないと嘆く世界に」

 人が「神などいない」と考える理由は人々が腐敗し、自己利益のため他者を食い物にし、善を行う人がいないからこの世界に神などいないと言います。神がいたら、そのような悪い人間は神が裁き、除くはずだと思うのです。ところが、面白いことに、主なる神がこの世界を見て「神(の御心)を求める人がいない、善を行う人がいない」と語るのです。神の側では、神が律法や預言を通して神の思いを伝え、愛を示すのに、誰もそれに対して相応しく歩まないと嘆くのです。神がいないと思う者も神ご自身もこの世界を何とかしたいのです。その深い人間の溝を埋め、世界を良きものとするために、主イエスはこの世界に遣わされました。主イエス・キリストを通して世界に愛が起こされ、喜び満ちるために。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 北海道バプテスト連合。日本バプテスト連盟に加盟する教会並びにその伝道所で構成される地域連合です。北海道という広いエリアに15教会があります。なかなか集まるのは大変ですが、その大変さを超えて共に集うことは大きな励ましや力をいただきます。もちろん、コロナでしばらくは集まることができなかったのですが、再び共に集まっての集会や研修会が行なわれているようです。祈りの課題は以下です。①一つひとつの教会が守られ祝福されるように。②教会間の交流と協力が積極的になされるように。 会長・福田 雅祥(函館美原教会牧師)

2023年04月24日

4/25 Ⅰコリント書8章1-13節 「知識は、互いに愛し、共に生きるため」

 「偶像に供えられた肉」は数多くあった神殿に捧げられた肉を神殿が再販して市中に出回っていたもの。キリスト者がその肉を食べても問題はありませんが、食べたことにより「偶像崇拝に加担した」と感じる人もいました。その人々を「弱い人」と表現してます。キリスト者は様々な律法や言い伝えから解放され、自由を得ております。パウロはその自由の土台である主により与えられた考え方や知識も必要でしょうが、加えて共に生きるために、愛ある思慮と配慮、態度を求めよと語ります。それが主の心です。誤解を招かないように注意深くあるべきでしょう。私が師事した新約聖書学者の青野太潮氏は二節を大事にしていました。知識で傲慢になる危険を誰でも持つから。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 浜甲子園教会。兵庫県西宮市浜甲子園3-5-23にあります。有名な「甲子園球場」の割と近くにあります。より近くには大きな団地や「灘の日本酒」の工場等もあります。私が神戸にいた時代に行きたかったけど、結局行けなかった場所がいくつもありますが、「灘の酒蔵」を巡ることもできなかった一つです。甲子園球場も一度、生で高校野球を観戦したいと思いながら行けなかったところです。さて、話を戻して、この教会は現在「信徒代表」をしている森山牧師の時代、「信徒の教会」を目指し、専任の牧師を置かないで信徒が交代で説教をしたり、教会活動を行う教会を目指すようになりました。これは英国での初期バプテスト教会のあり方を参考としております。関心のある方はぜひこの教会をお訪ねください。住宅地の中にあり、場所は分かりずらいのですが、最近はスマホが道案内してくれるので大丈夫でしょう。駐車場もあります。祈りの課題は以下です。①ロシア・ウクライナ戦争の早期終結。②浜甲子園教会の存立意義と形態の獲得。③全員参加の教会形成。会員代表・森山 一弘

2023年04月24日

4/24 ヨハネ福音書8章1-11節 「あなたはどこに立つのか」

 この箇所ほど人間の醜さと美しさが描かれた場所はないと思います。当時、不倫は「石打の刑(リンチ)」にされますが、現場を押さえない限り、難しいものです。女だけが捕らえられたのは男が逃げたか、女へに対する策略があったと想定されます。「醜さ、罪深さ」は自分達こそ女性を裁く権利があると思い、石を投げようと息巻く人間の姿。「美しさ」はイエスが語った「罪のない者が石を投げよ」との言葉を自分の心を映す鏡とし、自らの罪を知り、年長者から順に立ち去った姿。そして主も女に赦しを与え、新たな人生を歩むことへ招くのです。主は「赦すこと」しか人間に許していません。ある人が「赦し」だけではだめだ、「裁き」を語らなくてはと主張しました。多分その人は「自分は人を裁いてよい人間」と神のごとく思っているのでしょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸国際バプテスト教会。神戸に仕事の関係等で居住する外国の方を主な対象としてたてられた教会ですが、昨今は英語を母語とする方々で神戸在住の方々が減り、現在は活動休止中です。連絡先が必要な方は当教会までご連絡ください。

2023年04月24日

4/23 ローマ書3章9-20節 「正しい人は一人もいない」

 パウロ自身もユダヤ人ですが、ユダヤ人が「神の民(選民)」とされ、異邦人に対して差別的な言動をとることを批判します。ユダヤ人のみではなく日本人含めどの民族も、自分達が世界で一番素晴らしいと思っていることが多いのです。時々、テレビ番組でも「日本人は世界に類を見ない優秀」等と言えば、テレビの人気が上がります。ロシアは酷い国ですが、日本も戦争時は醜いことを重ねました。その事実を知らない発言は外国で非難されます。パウロは旧約聖書を引用しつつ、ユダヤ人主義にならず、すべての民が罪の下にあることを指摘します。そして律法を実行することが救いでなく誰にもそれは不可能と語ります。救いはただ主イエスの恵みに依るのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸バプテスト教会。神戸市中央区山本通1-7-27にあります。神戸の中心で各路線が集まる「三宮」から「北野坂」を山側に上っていき、「異人館」等が多い地域に立つ教会です。学校法人「光の丘幼稚園」の設立母体であり、敷地に幼稚園舎や園庭があります(法人に貸借)。建物は南部バプテストの教会風のコロニアルスタイルです。いろいろな写真や絵画でも描かれる美しい教会堂です。現在、専任牧師がいませんが、多分、今年の夏~秋に新しい牧師をお迎えになるはずです。それまでは信徒の方々や関西学院大学神学部の方々、月に一度は徳島教会協力牧師の杉山修一牧師が礼拝宣教を担っておられます。教会のホームページには以下のように案内されています。◎当教会は「違いの中にキリストを告白する群れ」聖書:「実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ」(ルカ17章21節)という言葉を大切にしています。それは、「クリスチャン」らしく一色に染められていく教会ではなく、一人一人に与えられた個性や考え、歴史を大切にすることであり、お互いの違いを認め合うことです。異なる者たちの出会い(関係性)の中で、聖書を真ん中において互いに聴き、語り合うこと。その交わりの中にイエス・キリストがおられることを大切にしています。◎とのことです。祈りの課題は以下です。①希望の主と共に歩むことができるように。②無牧師期間も福音の働きが守られますように。③新会堂建築計画のために。代表役員代務者・長瀬 睦臣

2023年04月15日

4/22 ルカ福音書18章9-17節 「主にすがる我に望みあり」

 回りと比較して自分の行動の義しさを誇り、義しさを証明するため他者を裁く心が満ちた祈りは自己完結で終わります。人と較べるのは実に簡単単純です。自分が良い気持ちになろうと思えば、駄目そうな人と比較すればよいし(だからといって本当に自分より駄目かはわからない)、自分の不満を言いたければ、自分より立派な人と比較して悲嘆すればよいのです。いずれにしても良くない思考です。私も周辺の立派な牧師さんに較べたら大したことのない牧師だと思いますが、その思いをどう用いるかが大切。徴税人は自らの罪深さに気づき、主に憐みを乞う者でした。子供が祝されるのは、子供が「罪なき存在」ではなく、「誰かに頼らなければ生きられない存在」のゆえです。今日はH・Sさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸西バプテスト教会。神戸市垂水区向陽3-2-3にあります。アクセスはホームページによれば「神戸市営地下鉄名谷駅から山陽バス12系統「垂水東口」行きに乗車し、「堀割」バス停下車、徒歩6分」、JR・山陽垂水東口から山陽バス11系統「学園都市駅前」行き、または12系統「名谷駅」行きに乗車し、「向陽2丁目」バス停下車、徒歩2分」、車では「第二神明」神戸・明石方面から名谷ICを出て5分ということです。この教会の松本牧師は、私も神戸教会時代、親しくさせていただきました。ホームページではこのように紹介されています。「欠けの多い牧師ですが、神さまと教会の内外の人に支えられながら、ここまで来ることができました。助け合える教会、孤独を癒してくれる教会です。ぜひいらしてください。」とのこと。松本牧師は1966年東京で生まれる。米国ニューオリンズバプテスト神学大学院を卒業後、神戸国際バプテスト教会を経て、2001年に神戸西バプテスト教会の牧師として着任、現在に至る、とのこと。素晴らしい牧師さんなのでぜひこの教会に行ってみてください。祈りの課題は以下です。①教会組織40周年の感謝とこれからの展開。②会堂改修のための祈りの結実と計画立案。③伝道活動の充実。牧師・松本 理

2023年04月15日

4/21 マタイ福音書6章25-34節 「命の寄り処」

 いわゆる主イエスの「山上の説教(垂訓)」の中の言葉。「鳥は蒔かず、刈り入れもせず…」は農作業をしない鳥にも神の配慮と保護があり、「野の草は働きもせず、紡ぎもしない…」のは当時の女性の労働を反映しています。草や鳥よりなお愛される存在とされる我らを主が招きます。「何を食べよう」とか「何を着よう」とは冷蔵庫の食物やクローゼットの服を見て、「肉にしようか、魚にしようか」とか「今日はおしゃれな服」とか沢山ある中での「選択」を主は語っておりません。当時の人々が、今日の食べ物を得るのに苦労し、わずかな服で暑さも寒さにも耐えなければいけない状況で語られたことと理解しなければなりません。神様があなたを必ず支え守ってくださいます。その信仰の土台は神と共に歩み、神の願いを求めることです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸伊川キリスト教会。兵庫県神戸市西区南別府1-1232-1にあります。近くにはカラオケ店やパチンコ店がありますが、ぜひ教会で讃美歌を歌い、教会でのいろいろな人との交流することが何よりだと思います。鮫島牧師は「鮫」のような怖い方ではなく、とても優しく心遣いのできる方です。この方の聖書からのお話をぜひお聴きください。祈りの課題は以下です。①世界が主の平和に導かれるように。②新来者、求道者が与えられるように。③オンライン礼拝が祝されるように。牧師・鮫島 泰子

2023年04月15日

4/20 詩編36編 「義なる神の前に自分を開くこと」

「義」という漢字は「羊」(=イエス)の下に「我」なので、まさに字が意味を表現しているようです。この詩編では「神への畏れがない人」「神に逆らう者」つまり「神の義」に生きていない人々と神の義に生きる人を対比しつつ語ります。「慈しみ」「真実」「恵みの御業(口語訳:義)」「裁き(有罪・無罪を決する)」「人も獣をも救われる」と表現されます。9節「家に滴る恵み」は「パン」等糧のこと。そして、「命の泉」「光」、それらは主イエスの恵みと私は理解します。ここで、間違えてはならないのは、自分は神の義に生きていると感謝することは良いのですが、自分の義を誇ることではなく、自分もまた主の義から離れてしまう可能性がある不完全さを知り、心を変えることであり、それを続ける日々が信仰者の日々なのです。クリスチャンなら「こうしろ」「ああしろ」とは誰も言いませんし、言うことがおかしいですね。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 明石バプテスト・キリスト教会。兵庫県明石市東朝霧丘24-29にあります。場所は山を少し上った住宅地の中にあります。わかりづらいですが、駐車場も整備されています。かつては「幼稚園」もあり、地域に根付いた教会でした。神戸淡路大震災の後、今の新しい会堂ができています。この教会の椿本牧師はながらく島根県にある「愛真高校」の教師をされていた方です。明石においでになる機会があればぜひこの教会を探して行ってみてください。祈りの課題は以下です。①新来者が与えられますように。②教会が地域に開かれ、用いられるように。③神の国が成りますように。牧師・椿本 博久

2023年04月15日

4/19 マルコ福音書3章」1-6節 「答を知っているにも関わらず」

 「会堂」(シナゴーグ)はユダヤの町々村々にある礼拝や学習場所。礼拝では色々な人が聖書(旧約聖書)から話をしていました。その日の会堂では、「片手の萎えた人間」とイエスに会衆が目を注いでいます。もしイエスが病を癒せば治療行為をしたと訴え、癒さないなら愛がないと語るために。イエスは病の人を集いの中心に招きます。それまでは病気の故に「罪人」のように言われ、仕事ができないからと社会の片隅に追いやられていた人でしたから。主イエスは「安息日に許されているのは、善か悪か、命を救うことか、殺すことか」と問います(安息日は仕事することが禁じられ、病を癒すことも医療行為という仕事と考えられた)。誰もが答えを知っているのに、主を訴えることで心が満ちていて答えることを拒絶します。人々の頑固を嘆き、命がすべてに優先すると語るイエスさま、しかし人を救ったことでイエス殺害が計画されていくのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 姫路城西キリスト教会。兵庫県姫路市山野井町88にあります。姫路駅をおりたら、山側に美しい姫路城があります。「城」ブームもあり、多くの人が訪れ、姫路城界隈はいろいろな立ち寄り施設や飲食店、土産店が立ち並んでいます。お城の裏手の方にこの教会はあります。すぐ近くには確か「姫路文学館」のような建物がありました。小さなグループで礼拝されていますが、ぜひ多くの方々に来ていただきたいものです。何も知らなくても心配ありません。お気軽に行ってくださり、疑問があれば何でも聞けば教えてくれますし、一度行ったからといってもしつこい勧誘もありません。もし、あれば私まで連絡してください。祈りの課題は以下です。①聖霊の働きに、み言葉に生きる教会。②新来者、働き人が与えられますように。③信仰の継承、家族伝道のために。牧師・辻 眞理子

2023年04月15日

4/18 マルコ福音書2章13-17節 「『罪人』と誰が規定できるのか」

 支配国ローマへの税金を集める徴税人や遊女、時に羊飼いを「罪人」と名付ける人々がいます。徴税人レビはきっと湖のほとりで主イエスさまの宣教を聞いていた人だと思います。その真剣なまなざしを主は感じとったゆえに、再びレビと出会うことを欲したのです。レビは主の弟子になったことを喜び仲間とお祝いしますが、やはり友達は同じ仕事仲間等です。そのような「罪人」と共に食事するイエスを「罪人」の仲間とし、排斥しようとする人々がいました。人を「罪人」と規定し、自らを「義人」の立場に置く人々こそ「罪人」であり、本来は主によって価値観を変えねばならない人々なのです。もちろん徴税人等も主イエスによって等しく価値がある人間であり、主によって赦され生かされるべき人々です。つまり、「罪人を招く」とはすべての人に対する招きなのです。神の前に全く「正しい」人はいないのです。でも主イエスさまによって「新たに生きる道」が開かれるのが希望です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 鳥取バプテスト教会。鳥取県鳥取市東町3-151にあります。一度伺ったことがあります。お城のすぐ近くで、今、城址はいろいろ整備されてすてきな観光ポイントになっています。教会も10数年前に新しくされ、広い、落ち着いた空間があります。鳥取県では唯一の日本バプテスト連盟に加盟する教会です。祈りの課題は以下です。①牧師先生が早く与えられますように。

2023年04月15日

4/17 Ⅰコリント書12章1-12節 「教会を形作るために」

 「賜物」(神さまからのギフト)は人間の努力や頑張りで得られるものでなく、神から「恵み」として与えられます。「霊的」とは「神からの」との意味。まずは「信仰」もそうなのです。自分で得たように感じますが、「イエスは主」と告白するのは神様の働きかけの故です。そうでないと「恵み」も「罪」も「赦し」も理解できなくなります。また「賜物」は「ことばによる奉仕」「行いによる奉仕」等多様性と広がりを含み、分かち合われ、補完し合い、励まし合い、「全体の益」となり主の体である教会が形成されるのです。自分には「賜物」がないと言う人がいますが、決してそうではないです。あなたの働きが必ずあります!一方で自分に与えられた「賜物」を個人の手腕のように用いる人がいますが、それは教会の一致を壊します。今日はO・Kさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 松江バプテスト教会。島根県松江市東朝日町9 にあります。島根県では唯一の日本バプテスト連盟に加盟する教会です。松江駅[南口]から徒歩約7分とのことです。祈りの課題は以下です。①コロナ終息後に礼拝の場が与えられますように。②松江での福音宣教のために。牧師・斎木 郷次

2023年04月15日

4/16 ローマ書1章8-17節 「信仰の恵みを分かち合う教会」

 教会学校では本日から6月末で「ローマ書」を学びます。この書はローマ教会の支援と祈りを受けてイスパニア伝道の展開を願っていたパウロが自らの信仰をローマ教会へ表明した手紙。互いの与えられている信仰によって「励まし合いたい」と語ります。自分に与えられた恵みを相手に分かち合い、自分の抱いてきた思いや経験、喜びや悲しみ、導きや試練を語るによって、励ましとなります。交わりは一方通行ではなくて、相手の思いや経験、試練、恵みを聞くことによって「励まし合う」のです。教会において、礼拝お宣教の場では「話合い」はされませんが、「教会学校」は互いの聖書の発見や喜び、疑問を分かち合う場です。聖書を真ん中にして語り合うのです。今日はU・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 岡山バプテスト教会。岡山市北区田町1-7-28にあります。新幹線もとまる「岡山」駅から電車かバスか歩いていけるところです。岡山の中心地にあり、近くには美しい川が流れています。岡山教会には何度か伺ったことがありますが、岡山は温暖で、フルーツ等が美味しいく、良い温泉もあり、やはり「瀬戸内」はいいなぁと思います。長い間、故梅田環牧師がこの教会の牧師としてお働きになっていました。夏の時期になると広島原爆の被爆を受けた「机」が展示されていました。教会は米国南部バプテストの教会や日本のバプテスト連盟の教会にもよくある「コロニアルスタイル」の建物です。数年前に就任された高橋牧師は、キリスト教放送局(ラジオ・インターネット)FEBCの職員から、牧師になった方です。祈りの課題は以下です。①み言葉と祈りによる平和づくり。②全員参加のトントン(建築)。③岡山を味わい地にしみこむ共同体。牧師・高橋 周也

2023年04月09日

4/15 マルコ福音書14章66-72節 「福音を恥としたペトロ」

 春の夜、主イエスの受難日、屋敷内外で二つの判決が下ります。イエスは「そうです」と答え死刑判決。ペトロは数時間前に、「自分が死ななければいけない時でも、あなたのことを知らないと言いません」との誓ったにも関わらず屋敷の外で人々から「あなたはイエスと一緒にいた人ではないか」と言われ、主イエスを「知らない」と三度否定します。ペトロは主イエスを隠し、福音を恥としました!「恥とする」のは、自分とイエスとの関係を人に知られたくなく、関係性を拒絶すること。誰でも人には言えないことを隠しもって生きています。自分の計画が恐れのために実行できない者に涙が溢れます。「イエスを恥とした者の悲しみ」を主は知っておられますし、主はペトロの裏切りを事前に知りつつ、逃れの道を用意していました。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 福山バプテスト教会。広島県福山市沖野上町2-14-31にあります。1967年に始まり、1969年には「付属幼稚園」を開設しますが、1990年に閉園されました。祈りの課題は以下です。①み言葉と祈りを大切にする教会。無牧師であっても伝道のできる教会。

2023年04月09日

4/14 Ⅰコリント書1章26-31節 「誇る者は主を誇れ」

 「救い」とは大変広範囲な言葉です。人は困窮した時や、欲に目がくらむ時、犯罪を犯しても、自らが救われることを願います。盗むのはお金の欲求を満たすためであり、人を傷つけたり、時に殺すのも、その人が憎い、とか、この人がいなければ自分は幸いになると思って行うのです。しかし、結局、その人を救うことになりません。一方、自らや誰かのために善行を積み、お金を積んだ先に人の救いはあるのでしょうか。善行や募金をしても、それが他者を救うことが目標でなく、自分がそれによって救いを得られると思う時、慈善や愛の心は自分の救いが目標、それでもしないよりはまし。福音の独自性、キリストによる福音は知恵や能力、家柄、地位等は問われず、無に等しいと感じる者、無力さを知る者、見下げられていると思う者に響くのです。「誇ることが何もない私をも御国へ招かれる」主の奇跡。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 緑の牧場キリスト教会。広島県東広島市西条町田口2799にあります。広島大学が東広島に移転したこともあり、特に学生の方々への伝道(もちろん全ての人に対してですが)を目指して生まれた教会と聞いたことがあります。1994年には米国バプテストのボランティアチームによって会堂が建てられました。現在は若い牧師さんで韓国で育った牧師がこの教会でお働きをされています。祈りの課題は以下です。①神の国がこの地に拡がるために。②主がセルを導いてくださいますように。③駐車場について神さまの導きがありますように。牧師・林 守鎮

2023年04月09日

4/13 フィリピ書3章5-24節 「魂の履歴書」

 パウロは主イエスの福音に生き、律法からの解放を知っております。他方、主イエスの旧弟子達は主イエスが律法を廃棄(=成就)した方であるにも関わらず、異邦人クリスチャンに律法順守を求める人々からパウロは異端とされ、パウロの伝道を妨害されたのです。パウロは自分自身も、律法の中に育ち、学者に学び、厳格なファリサイ派に入り、キリスト教会を迫害した者なのだと言うのです。でも、キリストと出会った今、それらは消してしまいたいような過去だと気づいたのです。7節以降でパウロはキリストと出会い、キリストの真実によって神から義とされた喜びこそ、履歴に記し、残し、語りたいことだと言います。そして、主を信仰するのには何の学歴もテストも不要です(学びは必要ですよ)。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト呉基督(キリスト)教会。広島市呉市本通4-4-10にあります。「呉」は広島市の隣で海沿いです。造船業が盛んであり、何より「戦艦大和」をつくった場所です。今は「ヤマトミュージアム」があるようですね。きっとお魚も美味しいでしょう。神学生の時代、一度伺ったことがありますが、今は場所も移動したかもしれません。ぜひ、呉市の方々、一生懸命にお働きになっている牧師と教会を支えるためにもこの教会にお出かけください。祈りの課題は以下です。①牧師給与を増額できるように。②若者が来ますように。③バプテスマの決心者が与えられるように。牧師・浅海 郁典

2023年04月09日

4/12 フィリピ書2章1-11節 「へりくだる神」

 フィリピ教会の中で一致がなく、パウロの見立てでは「利己心」や「虚栄心」によって会員の対立や方向性の違いが顕著でありました。パウロはそこで主イエスの態度から学ぶように語ります。6節以下は「キリスト賛歌」と呼ばれる当時の讃美歌の言葉と考えられます。「へりくだる」「自分を無にする」とは本来、天にいます神が、私達と同じ地上を、同じ肉体で同じ目線に立って生き、語り、仕えてくださる姿。人を無理矢理に従わせるのが「権力」、人が自ら従いたいと思うのが「権威」。主は「権威」ある方として、人々と共に歩むがゆえに我らは主をほめたたえるのです。「従順」とは「すなおに従う姿」ですが、大事なのは人間に従うのではなく、神の願いに従うことです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト広島キリスト教会。広島市中区舟入町12-7にあります。昔、連盟「中国・四国地方連合」の研修会で招かれて伺ったことがあります。昔は幼稚園もあったので、広い敷地があり、チンチン電車の走る道路沿いにあります。この教会の播磨牧師は、神学校で1年先輩になります。高校生の頃、新聞社が募集する何かに応募し、新聞社からは「ぜひ、わが社で働いてください」と言われた方で、深い洞察力にはいつも感銘受けております。でも、挫折した経験もあり、そのことがさらに深い人間理解と信仰理解になっていかれたと感じます。祈りの課題は以下です。①平和と和解のつとめに仕える。②苦しみ困窮する人と共に生きる。③具体的活動を通して福音を伝える。牧師・播磨 聡

2023年04月09日

4/11 ヨハネ福音書22章1-14節 「主イエスを見失う時」

 イースターからペンテコステの間、弟子達の歩みは一途ではなく、ヨハネは故郷で再び漁をするペトロ達の姿を伝えます。ペトロ達は主イエスの招きに応えて人間を主のもとに導く漁師とされていたのに…。復活の主に会ったけれど、日常の生きることに心奪われ、主イエスが見えなくなる時、信仰が失われてしまうような時があったのです。収穫がない失望の時、あの日のように、あの朝のように主が声を掛け、「船の右側に網を打て」と命じられ、多くの収穫がありました。そこで、ペトロは「主イエス」であることがわかったのです。主は陸で炭火をおこし、命の糧を用意されています。信仰とは自分が何かをする前に、まず主が用意される食事を共にすることから始まるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 江波キリスト教会。広島市中区江波二本松1-10-26にあります。1957年に始まった教会です。広島市内は「市電(チンチン電車)が走っており、その電車によく「江波」行きがあるので、この電車に乗れば江波教会に行けるんだ、と思った記憶があります。広島市の海側にあり、現在の杉本牧師は割と若い牧師でとても期待しておりますし、ぜひ、この教会をお支えください。祈りの課題は以下です。①主の愛を江波の地で分かち合う。②教会学校の再開と充実のために。③奏楽者の育成と、教会財政の祝福。牧師・ 杉本 拓哉

2023年04月09日

4/10 マルコ福音書1章1-15節 「よみがえりの主は今日も」

 復活の主は今日も我らと共に歩まれます。喜びの日も、悲しみの日も、試練の日も、神がいないと思う日々にも。「時は満ちた」は、主イエスがこの世界に、あなたのすぐ傍らにおいでになった、という意味であり、「神の国は近づいた」との主の呼びかけがあります。
主イエスは近づくのですが、主イエスは無理矢理にあなたを掴みません。近づいてくださった主の訪れを自分に関わること受け止め、自らを主の前に差し出すこと(応答)において信仰が相互的、対話的に生まれていくのです。主イエスがそうであったように、教会もおいでくださった方々を覚え、祈り、できるだけ精一杯をしますが、あとはその人の決心を待つしかありません。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 広島西キリスト教会。広島市佐伯区千同1-26-23 にあります。1989年に広島教会70周年記念事業として、広島西地区をカバーする教会として生まれました。閑静な住宅街にあり、中心道路から入り込んでいるので分かりにくい場所だったようです。残念ながら今年3月末で活動を休止しました。再び良い状況で再開できることをお祈りいたします。祈りの課題は以下です。①地域に根ざした伝道推進のために。②求道者の方々のために。③新来者が与えられますように。牧師・大建 英夫(23年3月末をもって辞任されました)

2023年04月09日

4/9 本日はイースターです! 聖書はルカ福音書24章13-35節 「信仰の復活」

 主イエスの「弟子」には様々なパターンがあり、後に「使徒」と呼ばれる者の他にたくさんいました。主イエスが復活した!という話は伝わっていたようですが、そのような話は誰も信じないのが普通ですね。今日の二人の弟子もイエスが死んだので、とりあえずは自分の町に帰るのです。二人はいろいろな思い出話や、主イエスの話を思い起し話し合っていました。いつの間にか誰かがその会話に入ります。さらにその方は旧約聖書のメシア預言等(イザヤ53章等)から救世主(=メシア)について語ります。そしてついに村に着いて食事を共にした時、主イエスであることに気付き、慌ててエルサレムにUターンします。主の復活と伴いは信仰の復活、心が燃えました。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 高松常磐町キリスト教会。香川県高松市常磐町2-12-2にあります。この教会は四国地域のバプテスト教会のセンターチャーチ的存在です。パイプオルガンもありますが、残念ながらまだ伺ったことがありません。ホームページはないようですが、Facebookで礼拝や聖書の学びの動画を毎週のように配信しております。Facebookをぜひご覧ください。私はいつも「いいね!」を押していますが、なかなか観る方が少ないようでとてももったいないです。祈りの課題は以下です。①今年(2023年)12月18日に教会創立(組織)70周年を迎えます。一致して記念事業に取り組めますように。牧師・梶井 義郎

2023年04月02日

4/8 ルカ福音書23章51-56節 「墓の中に住み給う主」

 イエス死刑を求めたユダヤ議員の中でイエスを深く信頼し、決議に反対した議員にはニコデモやヨセフがいました。ヨセフはピラトと交渉し、イエスの遺体を受け取り、丁寧に自分のために用意していた新しい墓に安置します。この日、主イエスは墓の住民となり、「死」の世界にもその足跡を残されました。まことに「陰府・黄泉(よみ)」と呼ばれる旧約聖書で死者が行く場所とされていたところを歩んだのです。死の世界を、死者の世界をも主の福音は語り伝えられたと思います。墓は人間の最終目的地でしょうか?主イエスは暗き墓を永遠の住まいとしません。主イエスにより「墓」の意味が変わりました。「墓」は主イエスによって死んだ魂が新たに旅立つ場となったのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 高松太田キリスト教会。香川県高松市太田下町3013-10にあります。この教会は伝道所から教会組織して、日本バプテスト連盟に加盟するということで、当時、連盟理事だったので私が伺ってみなさんの熱い気持ちと篤い信仰姿勢に心打たれました。最近は近所もいろいろな商業施設ができて賑わっている地域です。買い物のついで、というか、教会に行くついでに帰りにいろいろな商業施設で買い物もできます。この教会の大竹牧師もよく存じ上げておりますが、ご夫妻とも、とてもビッグな方です。小さい私からすればとてもうらやましいような、別にうらやましくないような…。ぜひあなたも行ってみて確かめてください。祈りの課題は以下です。①新長期ビジョンが導かれるように。②駐車場用地取得が進み、用いられるように。③続けてバプテスマ決心者が起こされるように。牧師・大竹 敏生

2023年04月02日

4/7 詩編22編 「殺される神」

 主イエスが十字架上で語った言葉の一つ「我が神、なぜ私をお見捨てになるのか」という言葉を、遠藤周作や一部の神学者も主は十字架上で詩編を語り続けており、死の時が丁度22編だったとします。それは、「苦しむ神」を認めたくない思い(なお、今はこの考えを採用する学者は少ない)。しかし、主イエスには詩編を朗読する余裕などなく、まさに「捨てられた神」であり、「弱さの極み」にあったのです。地上に足を置く場所はなく、標本のように釘打たれた体。誰がこの無力な姿に、見捨てられた姿に神を見るのでしょう。しかし我らは知る。今日、罪の満ちる世界で苦しみへと追いやられ、死に向かう人々を。自らの無力の中で、苦しむ者と共におられる主を見上げ祈るのです。主は人の弱さの極みにも伴う方なのです。神が人を呪い殺すことは世界中ある話かもしれませんが、神が殺される、ことは通常では有り得ないことです。今日、キリストの受難日を覚えつつ、今、世界で、戦争や紛争、飢餓、いじめ、差別等で苦しみの中に生きる方々を覚え、お祈りいたします。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 恵(めぐみ)キリスト教会。香川県高松市上福岡町758にあります。昔、行ったことのある教会ですが、すぐ近くに「琴平電鉄」だったでしょうか、電車が走っていました。ホームページでは次のように案内されています。「私たちの教会は、子どもからお年寄りまで様々な年齢の方々が集まる教会です。毎週日曜日に20名から30名ほどで礼拝が行われており、イエスと共にある交わりを大切にしています。一緒に聖書を学び、生きている喜びや痛みを分かち合う居場所が私たちの教会にはあります。聖書のことを学んでみたい方、教会というものを知ってみたい方、またご自身の日々の悩みを違う角度から見つめてみたい方など。私たち恵キリスト教会はどのような方でも歓迎いたします。皆様がお越しになることをいつでもお待ちしています。」とのこと。更新されていないので、早く更新したほうがいいですよ。祈りの課題は以下です。①回転資金からの借り入れ完済にあたり、協力伝道の支えに感謝し、新たな展望が与えられるように。牧師・伊藤 聰

2023年04月02日

4/6 ヨハネ福音書20章24-29節 「見ないで信じることの幸い」

 主イエスが復活した日、弟子達が集っていた二階部屋(主の晩餐が行われた場所)に主イエスが現れた時、不在だったトマスは仲間の言葉を信じることはできず、頑なに「見ないと信じない」と語ります。その後、一週間、弟子達は主イエスの言葉や活動を思い出し、そしてトマスが復活の主と出会うことを祈り、語り合ったでしょう。まさに信じる者も信じない者も共に話し合うことができる教会の姿です。一週間後、閉ざされた部屋、それは同時にトマスの心の姿。鍵がかかった部屋に、両手と脇腹に深い傷を負う主がトマスと出会うために、入られ、語られ、トマスは過去の自分とは異なる新しい道を歩み出します。あなたの閉ざされた心に、主が入られ、語られますように。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 丸亀城東町キリスト教会。香川県丸亀市城東町3-11-21にあります。丸亀城址の近くです。丸亀駅から昔、歩いたような記憶があります。駅前には近代美術家の猪熊さんの美術館があり、行きたいと思ったのですが、会議が終わったらもう閉じていました。また、この教会の牧師は昔、家具で有名な「大川」で家具職員をされていた方です。先日、伴侶の方を数年前亡くされたことを聞いてびっくりしました。それはそうと、ぜひこの教会に行ってみてください。日曜大工の相談もできると思います。祈りの課題は以下です。①ウクライナに早く平和が来ること。②コロナで荒れた世界への癒し。③教会の人的経済的必要の満たし。牧師・山浦 良治

2023年04月02日

4/5 使徒言行録8章26-40節 「聖書を手引きする人の存在」

 宦官であったエチオピア人。信仰者としてエルサレム巡礼をした帰り道。ただし、異邦人でユダヤ教へ改宗しても、神殿では多くの差別も体験したことでしょう。帰りの馬車の中でイザヤ53~57章(昔は「巻物」です)を読んでいる中で、「苦難の僕」は誰なのかとの疑問が生まれます。そうなのです。「苦難の僕」は誰なのかは旧約聖書では解り辛い話。そこで主がフィリポを遣わされ、宦官に聖書から福音を語り、この「苦難の僕」こそ主イエス・キリストであったと、主イエスのもたらせた福音と主の受難を語ったのです。宦官は対話し、そして、主を信じ受浸します。フィリポが消えても主が共にいてくださいます。宦官は喜びの道を進むのです。なお、「宦官」は女王や王の側近として仕える者でしたが、去勢されていました。去勢されている人のことを「枯れ木」と表現する時があります。これは人権無視だよねーと思います。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 徳島キリスト教会。徳島市中昭和町1-31にあります。1956年に始まった教会です。ホームページには次のような案内があります。1956年高松バプテスト教会伝道所として伝道を開始。3月4日より主日礼拝を開始。1960年5月8日より現在の徳島市中昭和町に会堂を建築し礼拝を守ってきました。2016年11月より会堂建築を開始し、2017年6月末に完成、7月9日より新会堂での礼拝を始めました。新しい会堂が与えられ教会の歩みが新しく始まったところです。建物だけでなく、内なる信仰も新たに歩みを始めています。どうぞお気軽にお訪ねください。
  <徳島キリスト教会の使命>
1、霊的安らぎを提供する教会 A Church that provides spiritual comfort
2、隣人に仕える Church Serving Neighbord
3、救われた喜びを分かち合い伝道する教会 Share the Joy of bring saved Church to evangelize

また、新しいメンバーを迎えて教会に若者が増え、国際化しています。日本語に自信のない方もお気軽にお訪ね下さい。手話通訳もはじめています。とのことです。当教会の前牧師の杉山修一氏は現在、この教会の協力牧師をされています。また、この教会の杉山いずみ牧師が来る4月23日(日)所沢教会「ジョイフルサンデー」11時~正午、ゲストとして礼拝でのお話や讃美歌の演奏をしてくださいます。ぜひおいでください!

祈りの課題は以下です。①外国籍の方たちに必要な助けが与えられるように。②すべてのこどもが愛されるように。③ろう者と共なる礼拝の充実。 牧師・杉山 いずみ、協力牧師・杉山 修一

2023年04月02日

4/4 使徒言行録7章51-8章3節 「殉教者を生まない世界」

 初代教会の執事となったステファノは主イエスとその福音をよく理解し、旧約聖書から主イエスにつながる説教が記されています。主イエスが過去の預言者のように殺されたことを語る時、聞いていた人々はステファノをリンチして殺します。ステファノは主イエスと同じように「この罪を彼らに負わせないで」と祈ります。私は複雑な思いになります。ステファノは逃げても主を証しする歩みをしてほしかった。その死は御心だったのでしょうか。イエスの死は地上最後の犠牲、赦しに生きる世界の到来の告知でした。主の御心は思想信教を理由とする「差別」や「殉教」者を生まない世界を創出することであり、我らはその世界を願うのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 高知伊勢崎キリスト教会。高知市伊勢崎町3-8にあります。この教会の河野牧師は、西南学院大学神学部時代、同時期に入学、卒業した友人です。新聞にサラリーマンから牧師になった方々のことが紹介されている記事を読んで感動し、入学しようと西南学院大学に行ったところ、クリスチャンでなければ神学部(牧師コース)に入れないと言われて、その当時住んでおられた所沢教会に通うようになり、その後、西南学院大学神学部に学士入学しました。語学がとても堪能でギリシャ語、ヘブライ語は必須課目ですが、ラテン語まで勉強されていました。昨年から高知伊勢崎キリスト教会の牧師をされています。「認知症カフェ」などされているので、ぜひお近くの方、行ってみてください。教会はとても安心なところですよ!祈りの課題は以下です。①新年度の歩みのために。②全年齢層が集う教会に。若年層への伝道・信仰の継承。③地域に開かれた活動(みんなが集まれる場、認知症カフェ)が祝されるように。牧師・ 河野 宏一

2023年04月02日

4/3 ルカ福音書22章31-34,39-45節 「主イエスの二つの祈り」

 「最後の晩餐」の場面での祈りとゲッセマネの二つの祈りに注目します。主イエスはこれから起こる危機に対し、ペトロの思いは「決してあなたを見捨てません」ということでしたが、主イエスはすべてをご存知でペトロが過ちを犯さないよう祈ったのではなく、ペトロがイエスを否定しても、信仰を失ったとしても、主イエスは決してペトロを見放さないことをペトロ自身が知り、新たに生きるために祈りました。もうひとつの祈りはゲッセマネでの主イエスの十字架上での死、それは「御心を受け入れる」格闘の祈りでした。主イエスはいつでも逃げることはできましたが、御心と現実のはざまを歩みつつ、困難を受け入れる覚悟と未来を神に委ねる祈りへと変わるのです。本日は「日本バプテスト連盟結成記念日」です。戦中はキリスト教会は政府によって一つの「日本基督教団」にまとめられました。戦後、バプテストの信仰に立つ教会はバプテスト主義に基づく「日本バプテスト連盟」を結成し、「日本基督教団」から離脱しました。最初は6つの教会でしたが、現在は288教会、26伝道所で構成されています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 徳山バプテスト伝道所。連絡は今治バプテスト教会(愛媛県今治市日吉町2-7-21、電話:0809-23-3776)にお願いいたします。祈りの課題は以下です。①教会を通してキリストが指し示されるように。②来会者と一緒に礼拝を。③悩める人に寄り添えるように。牧師・今井 謙一、今井 朋恵

2023年04月02日

4/2 「受難週の日々の聖句」(週報巻頭言より)

▲本日から「受難週」です。イエスさまの受難週の歩みを覚え、聖書を読むガイドです。
▲日曜日…棕櫚(しゅろ)の日曜日。(パームサンデー、Palm Sunday)イエス・キリストがロバの子に乗ってエルサレムに入城し、多くの人々がイエスを新たな指導者として棕櫚の葉や自分の服を道に敷き、歓声をもって迎えた。(マタイ21:1-11、マルコ11:1-11、ルカ19:29-40、ヨハネ12:12-19)*聖書箇所は参考で、いずれかの福音書を読めばよいです。
▲月曜日…宮きよめの月曜。主イエスは神殿の境内で、神殿と結託し、犠牲の動物を高価で販売したり、献金用コインに両替する者たちを追い出した。「わたしの家は祈りの家と呼ばれるべきである」。(マタイ21:12-17、マルコ11:15-19、ルカ19:45-48)
▲火曜日…論争の火曜。様々なしるしと奇蹟を行い、神の真理と愛を伝え、エルサレムの荒廃ぶりを嘆かれた。(マタイ21:18-19、23:37-39、マルコ11:12-14、ルカ13:34-35)
▲水曜日…ベタニアでナルドの香油をマリアから注がれる。主イエスはその行為を心からの献げものとし、また、葬りの備えと表現しました。その強い香りは凄惨な十字架上でも漂ったことでしょう。(マタイ26:6-13、マルコ14:3-9、ヨハネ12:1-8)
▲木曜日…主の晩餐。イスラエルは陰暦なので日没から金曜になります。イエスは弟子たちの足を洗い、最後の晩餐を行います。その後、オリーブ山のゲッセマネで祈っている時に逮捕される。エルサレム神殿議会での裁判では死刑、ローマ政府による裁判でピラトはイエスに罪を見出しませんが、人々が「イエスを十字架につけよ」と叫び、群衆の反乱を恐れてイエス死刑を決めました。(マタイ26:17-75、マルコ14:12-72、ルカ22:7-63)
▲金曜日…受難日。朝から自ら十字架を背負いゴルゴタの丘へ向かい、そしてはりつけにされる。15時にイエス死亡。死が確認され、十字架から降ろされ、ヨセフ議員の墓に入れられる。(マタイ27:1-61、マルコ15:1-47、ルカ22:66-23:56、ヨハネ18:28-19:38)
▲土曜日…沈黙の日。イエスの死体が盗まれないように番兵が見守る。主イエスはこの日、死の世界を歩まれ、墓の住民となりました。(マタイ27:62-66)
▲日曜日…復活。早朝、イエスの墓に行った女性たちが天使からイエスが復活したことを聞く。主イエスはエマオ途上の弟子に伴い、他の弟子達や女性たちににはその傷き、なお復活した姿を示した。(献)

2023年04月02日

4/2 ルカ福音書23章26-43節 「十字架に伴う者」

 主イエスが十字架を負って悲しみの道(ドロローサ)を歩みます。「されこうべ(=カルバリ)」という刑場で主イエスを中心に両脇に二人の犯罪人が十字架に架けられます。議員達は「他人を救ったけど、自分を救えない愚か者」と馬鹿にします。自分を救うことが一番大事と考える議員こそ世の不幸を作り出す者。十字架上では隣人と主イエスとの対話がなされます。この二人の犯罪人の姿にイエスと向き合う二つの道が示されます。一人はメシア(=キリスト=救世主)なら自分を助けてみよ、と自分の罪に向き合わず、恵みだけを求める姿。もう一人の犯罪人は自分の罪を認め、なお、主に対しわたしを思い出してくださいと願う、それは信仰。そして主はあなたと共にあることを約束するのです。究極の場面、でもそこにおいても「救い」の道は開かれるのです。加えて、苦難のキリストは、苦難を通して苦難する人々と共にいまし、連帯するのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 今治バプテスト教会。愛媛県今治市中日吉町2-7-21にあります。この教会の今井牧師は神学部で共に学び、今治教会で行われた結婚式には私ども夫婦は証人代表を務めさせていただきました。それから、もう30年くらいか、今井牧師はずっと今治を離れることなく歩まれています。今井夫妻の話をすればいろいろあるのですが、いつかゆっくりと。朋恵牧師は若い頃から油絵をされていて、今も今治市の展覧会等に出品されているのではないでしょうか。謙一牧師はギターが上手で歌も上手です。なんかすごい芸術家夫婦みたいだなぁ。ともかく、人が来てほしい(できれば若い方、もちろん年齢問わず)ということで、今治市の住民でこの頁を見た人は必ず今治教会、日本基督教団ではなく、つまり「ちいろば」さんの教会ではなく、今治バプテスト教会です!祈りの課題は以下です。①若い世代の方が礼拝に。②徳山伝道所への支援の祝福。③二人の牧師への給与を等しく対応できるように。牧師・今井 謙一、今井 朋恵

2023年03月31日

4/1 ルカ福音書23章13-25節 「人を裁くのは自分を守るため」

 再びピラトの元に連れていかれた主イエス、そして、祭司長と議員(ユダヤ70人議会)らに対して死刑に該当するような事実はなく釈放すると語ります。しかし、一斉にバラバを釈放し、イエスを殺せと叫びます。当然神殿側が仕組んだことです。バラバは「暴動と殺人の理由」で死刑が決まっていた政治犯だと思われます。ピラトは三度目にも釈放と告げますが、人々の声がますます強くなり、このままでは自分に対して暴動が起こることを恐れ、ついにバラバを釈放し、イエス死刑を決めたのです。このような大きな祭りの時は「恩赦」があったようです。いずれにせよ、イエスを殺す思い、それは自己保身だけです。神殿側は自分達の過ちを認めず、現状の保身を考え、ピラトも自分の立場を守るためでした。現代でも、それは政権下で施政者の保身のために、殺された人がいること、なんと悲しいことでしょうか。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 松山バプテスト教会。愛媛県松山市此花町7-13にあります。時間がある時は、それぞれの教会のホームページを覗くのですが、松山教会はとても楽しいし、情報が豊かなHPになっています。きちんと更新されています。「出来事」という欄には葬儀の様子なども見ることができます。また、松山に関する情報や切支丹遺跡なども紹介されています。1952年に始まった教会なので70年を超えた感じです。とにかく四国では女性のワトキンス宣教師の働きが大変すばらしいですね。交通機関がのっていました。道後温泉行き伊予鉄路面市内電車で勝山町駅下車⇒愛媛銀行前道路を東に向かい松山東高校手前三差路⇒右(南)20メートル、とのこと。祈りの課題は以下です。①主イエス・キリストを礼拝する交わりにあることへの感謝。牧師・川上 敏夫

2023年03月31日

3/31 ルカ福音書22章6-25節 「ヘロデ・アンティパス」

 ヘロデという名は聖書に数名登場。イエス誕生の頃は「ヘロデ大王」で、ローマ支配下の中でその地域から選出された地域の「王」。昨日のピラトの下でユダヤ人として地域を治めました。ヘロデ大王の第四の妻の息子が今日登場の「ヘロデ・アンティパス」。彼はマルコ六章に記されますが、洗礼者ヨハネが自分の結婚を批判していることを聞き、ヨハネの首をはねた者であり、しかし一方ではイエスに対しては興味関心を持っていたことが解ります。ピラトはあまり関わりたくないので、ヘロデに送り、措置させるのですが、ピラトに対しても主イエスが何も語らなかったのでヘロデは兵士らと共にイエスをあざけり、ピラトに送り返します。皮肉にもこの日、悪意によりヘロデとピラトは仲良くなります。今日で22年度も終わります。コロナの影響が続き、そしてロシアのウクライナ侵攻という、世界が脅かされる年でした。新年度、世界が心合わせて平和や相互の尊厳を守ること、安心安全な世界をつくることをお祈りいたします。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟引退教役者の方々を覚えて。藤田 吉信氏(大分県在住)、三ツ木 茂氏(千葉県在住)

2023年03月25日

3/30 ルカ福音書23章66-23章5節 「ポンテオ・ピラト」

 ピラト(=ポンテオ・ピラト)はローマ帝国がパレスチナに駐在させていた行政長官で「総督」とも呼ばれ、西暦26~36年までこの地位にありました。通常はカイザリヤで生活していましたが、「祭り」で人々が集まるので警備のためエルサレムに来ていました。ピラトは時に神殿内にローマの神々と偶像を刻んだ盾を持ち込む等ユダヤ人とはかなり反目していました。しかし、ユダヤ人議会には死刑(=合法的殺人)権がないため、神殿側はイエス殺害のためにピラトの力を必要としたのです。連行されたイエスはピラトの目には力ある人間には見えなかったし、ユダヤ人が殺そうとしているなら、逆にそれを邪魔することを考え、簡単には神殿側の言いなりにはなりません。今日はM・Mさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「女性牧師・主事の会」。日本バプテスト連盟に加盟する教会・伝道所の女性牧師・主事の集まりです。かつては女性牧師はあまりいませんでしたし、風潮としても「牧師は男性」という感じでした。また何も役職があるわけでもないのに、牧師の妻に対し「牧師夫人」ということで様々なこと(例えば後片付けとか、牧師に直接言いにくいことの代弁者)を依頼したり、人の都合に応じて「牧師夫人はこれをしなさい」「牧師夫人はこれをしてはならない」など勝手な思いを押し付けられることが、牧師の妻に精神的、肉体的負担を与えてきました。話を戻して、牧師は男性でなければならないということはありませんし、能力の差は性差ではなく、それぞれ個人の違いです。現在、女性牧師も増えてきましたが、きちんとお迎えする体制が整うことが重要ですね。ただし、男性でも女性でも基本は主イエスと教会に心から真剣に仕える思いと日々の努力、謙遜なしには牧師は務まりません。祈りの課題は以下です。①献身者の性差の現実にめけず、励まし合う場となる。②四月からの新体制のために。世話人代表・武林 真智子(4月~、相浦教会牧師)。

2023年03月25日

3/29 ルカ福音書22章54-63節 「ペトロの中庭での裁判」

 オリーブ山のゲッセマネ(「油絞りの場所」の意)で主イエスは拘束され、弟子達は逃げ、主イエスは大祭司の家で裁判を受けます。真夜中の異例な裁判。ペトロと数名(多分)は心配し屋敷の外で様子を伺います。春とはいえ夜は冷え込み、火がたかれ、様々な関係者がおりました。そして、中庭でも裁判が起こります。ペトロに対して「お前も今、裁判を受けているイエスの仲間ではないか」と。ペトロは「私は知らない」と言います。ペトロに見覚えのある人が尋ね、ペトロのガリラヤ訛りを感じた人が再び尋ねます。そして、ペトロはイエスとの関係を拒否し、福音を恥としました。裁判長は鶏。ペトロは泣き崩れたのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「全国教役者会」。日本バプテスト連盟に加盟する教会・伝道所の牧師や副牧師、主事等で構成され、研修会等を行っています。連盟でも毎年のように全国研修会が行われ、テーマの学びに加え、第二の研修と呼ばれる様々な同労者との交流や祈りが本当に励まされたり、良い知恵や励まし、慰めをいただくのです。最近は全国規模の教役者会や牧師会が減ってきたこと、また、全国での研修会に参加したいという方が減少しております。そうして、教会間や牧師間の交流が減ると、連帯や共に歩んでいる恵みを数えることが少なくなり、それは教会にも影響いたします。コロナのこともありましたが、ぜひ全国の対面の研修会が行われることをお祈りしております。現事務長の本山氏は一生懸命にお働きをくださいました。新年度連盟理事に就任されるので、人事は変更されるかもしれません。祈りの課題は以下です。①教役者同士の交わりのために仕えることができますように。②教役者会のこれからの歩みが示されますように。③新年度に向けての体制が整いますように。  事務長・本山 大輔(豊前教会牧師)

2023年03月25日

3/28 ルカ福音書22章47-53節 「主イエスの静かな逮捕」

 いよいよユダに導かれた群衆(神殿警備部隊等含む)がイエス逮捕にやってきます。誰もが乱闘が起こると想像して準備してきたのです。ユダの裏切りの合図は部隊にイエスを示す接吻でした。ペトロが剣をもって大祭司の手下を切りつけますが、主は「やめなさい」と命じます。ここで明かなのは、イエスが準備させた剣は、攻撃したり、相手を傷つける意図ではなかったことです。ゆえに主イエスは傷ついた耳を癒し、そして、暴力ではなく、言葉で語ります。そして剣や棒等の武器を持ってきたことを批判します。逮捕が正しいことなら、主イエスは毎日神殿に来ていたので正々堂々と逮捕すれば良いのに、真夜中に隠れて行われる事は常に不正。この姿に人間の闇を見ます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「財務委員会」。以下にありますように、日本バプテスト連盟機構改革に伴い、新年度より新財務委員会にその働きは移行いたします。①財務委員会より新財政委員会への丁寧な引継ぎ実施。②財務タスクチーム提言の着実な実施を期待。委員長・篠 松次郎(常盤台教会員)

2023年03月25日

3/27 ルカ福音書22章25-38節 「弟子達を守る主の思い」

 ここは難しい箇所です。主イエスは過去に弟子達を町々村々に派遣した記事がルカ10章に記されており、その時は「財布も袋も履物も持っていくな」と命じ、キリストの恵みのみを持つように語っています。しかし、今回は財布も袋も、さらに剣を用意しなさいと語るのです。剣が二振りあり、主は「それで十分」(新改訳等の訳を支持)と言います。この時は危険が迫っており、この後、使徒の数倍の軍勢が武器をもってやってくるのです。12名で2つの剣等は桁外れに少ないのです。つまり、ここで主イエスは戦うことではなく、命を守りながら弟子達が逃げ延びること、そのためにお金と防具としての最低の武器を指示したのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> バプテスト南九州地方連合。日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所の全国13ブロックにわけられている地域連合の一つです。北は大牟田(福岡県)から熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県までの地域で大変広いです。広いのですが、総会や連合行事などはみなさんよく集まりますし、それがとても嬉しいのです。祈りの課題は以下です。21教会7伝道所。①連合内の教会・伝道所の歩みと連合の活動が豊かになること。②主任牧師不在の教会・伝道所のために。会長・マウマウタン(国分教会牧師)

2023年03月25日

3/19 ルカ福音書20章9-19節 「愛する息子さえ送る神」

 今日の箇所の前に「権威についての問答」があります。誰が許可して神殿で語っているのか、と問われた主イエスは預言者ヨハネが何の権威をもって活動したのかと逆に問います。ヨハネは神殿の許可があって宣教していたわけではなく、民衆に人気のあったヨハネを「自分勝手にやっていた」と神殿側は言えなかったのです。神殿が神や預言者と認めるから行動してよい、ではなく、その言葉や行動に人々が感動し、従う気持ちを与えることが本来の権威。今日の「ぶどう園と農夫のたとえ」は、神ご自身とイスラエルの関わりの歴史を語っています。「ある人(=神)」がこの世に送ったけれど殺された僕は預言者達であり、最後に送られた「跡取り息子」は主イエスのことです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 門司港キリスト教会。福岡県北九州市門司区清滝4-2-5にあります。門司港と海峡は挟んだ下関は今、とても注目されています。門司港界隈はレトロな町でいろいろな施設があり、多くの観光客が集まっているようです。ちなみに、「関門トンネル」というのがあり、自動車専用道と別に歩いてもトンネルを歩いて行き来できます。歴史に出て来る「壇ノ浦」もすぐそばです。祈りの課題は以下です。①壁(かべ)の無い教会、また私たちとされ、主が用いてくださいますように。代表役員代務者・石橋 貞男

2023年03月12日

3/18 Ⅰペトロの手紙2章1-10節 「神の世界へと招かれ生きる我ら」

 ペトロの手紙はペトロにつながる教会で紀元80年代に記されました。「隅のかしら石」はここでは「生きた石」と表現され、ユニークですし、ペトロが主イエスから「岩(ペトロ)」と名付けられたことが響いています。そしてキリスト信徒も「生きた石」と語ります。「霊的な家」とは「教会」、さらに「神の国」の意味。一人一人が神の国を形作る存在として、固定的ではなく自由な者として教会を形成するのです。「霊的ないけにえ」は「神への感謝のささげもの」であり信徒のささげもの(お金のみではなく、働きや祈り、行動等)のこと。「聖なる祭司」は神によって招かれた者が人と神の仲介者としての使命を果たすことです。「聖なる」とは神の権威に依る、との意味で、人間の権威に依るものではありません。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 富野バプテスト教会。福岡県北九州市小倉北区上富野5-2-18にあります。この教会のメンバーである福田のぞみさんはオルガニストとして各地でのオルガンソロコンサートやコンサート(オーケストラや他の楽器との合奏もあり)、オルガニスト養成の活動をされています。西南学院や折尾女子学園等で演奏や指導をされているすごい方。教会にもパイプオルガンが設置されております。祈りの課題は以下です。①教会活動の正常化。②北九州連合の新宣教主事のために。牧師・黄 仁坤、協力牧師・福田 昌治

2023年03月12日

3/17 使徒言行録2章22-42節 「キリスト教会の宣教」

 いわゆる「聖霊降臨日=ペンテコステ=キリスト教会の誕生日」のペトロの宣教。23節の「律法を知らない者たち」とはローマ政府関係者のこと。25節以下の括弧内は詩編16編や18編等から引用しています。この日エルサレムにでは「主イエス」の生き様や死に様を多くの人が知っていたと思います。そしてペトロの宣教において旧約聖書と主イエスがつながったのです。そして何より大きなことは主イエスが復活したこと、そして、主イエスによる「罪の赦し」は誰にでも与えられていることです。「賜物として聖霊を受ける」、「賜物」は神からのギフトであり、「聖霊」は神が私どもに新しい道を教え、信仰を与え、我らを生かし導く神の「愛の力」なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト小倉キリスト教会。福岡県北九州市小倉北区古船場町9-14にあります。確か、小倉駅からも歩いていけると思います。かつては「湧金幼稚園」があったと思いますが、今は廃園されているようです。ホームページではこう紹介されています。「わたしたちの教会は小倉の地で130年間、神と共に歩み続けております。礼拝は毎週日曜日の午前10時30分~11時15分に行っております。心に安らぎと希望を与えて下さる聖書の言葉を聞きに教会へお出で下さい。心から歓迎いたします。」。祈りの課題は以下です。①受浸者が主により与えられること。②療養・治療中の方の癒しのために。③教会組織120周年に向けて。牧師・山本 龍一郎

2023年03月12日

3/16 ヨハネ福音書15章1-17節 「わたしはぶどうの木」

 この「ぶどうの木」の話はいつも立ち戻る箇所であり、ぜひあなたの聖書にマーキングしてください。ぶどうの木(=主イエス)につながる時に実を豊かに結ぶ。つながりは「主の言葉があなたの内に豊かにあること」であり、「祈り」によって心がつながることです。それが「主イエスの愛がとどまり」あなたに「喜びが満たされる」。さらに喜びによって「人と人が愛し合うこと」が可能になり、主イエスはあなたを「友」と呼んでくださるのです。「友のために命を捨てる」のはイエス・キリストの愛の姿。では「実を結ぶ」とはどのような実でしょうか。それは決して商売繁盛ではなく、ガラテヤ書5章にある「愛、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制」という実です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 南小倉バプテスト教会。福岡県北九州市小倉北区弁天町11-19にあります。ホームページをみると、平屋でなんとなく居酒屋さん風の感じですてき。この教会の谷本牧師は、プロのヴァイオリニストであり、特に「タンゴ」の演奏で全国をツアー等されておられます。ユニークな説教は教会の皆様にも愛されているようです。祈りの課題は以下です。①戦争とコロナの暗い時代の中、みんながつながり輝く夜空の星座のような教会になれますように。牧師・谷本 仰

2023年03月12日

3/15 詩編118編 「人が捨てたものに価値があった」

 17~18節は驚きの言葉。「この人」は「(わたしは)死ぬことなく生き長らえ」、「死に渡されなかった」。それを喜び祝うことが「主の御業の日(主が造られた日)」と呼ばれます。さらに主の御業として「家を建てる者の退けた石が隅の親石となった」のは建築家が「こんな石は役に立たない」と捨てた石が、逆に家の基礎・水準となる「親石」になるのです。つまりこの詩編はイエス・キリストのことを示したメシア預言の一つとして読むことができます。人間が「捨てた者」「捨てられたような者」が世界を創る基準となるとの言葉は何と深い意味があることか。社会で捨てられた存在に目を向けること、そのことに気づく世界は新たな歴史を歩むことができます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテストシオン山教会。福岡県北九州市小倉北区下到津2-15-21にあります。名前は「しおんざん」といいます。西南女学院大学・短大・中高等のすぐ近くに教会はあり、学生や職員が教会のメンバーにはいらっしゃると思います。「下到津」は遊園地もあったりしました。また、私の母方の祖父が近くで「日本基督教団北九州復興教会」の牧師をしておりましたので、なんとなく近い存在だなぁと思っておりました。北九州市には西南女学院を卒業された方々も多いと思います。人生のさまざまな時、ぜひこの教会を訪ねてみてください。祈りの課題は以下です。①牧師辞任に伴う牧師招聘のために。②教会創立百周年を受けて新たな教会形成・宣教使命のために。牧師・伊藤 光雄

2023年03月11日

3/14 イザヤ書5章51-55節 「心込め、丹精に育てたのに」

 「ぶどう」や「ぶどう畑」は食用飲用で用いられ、枝葉の拡がりから「吉祥」「繁栄」のシンボルなのはユダヤも日本も同じ。聖書でも神につながり、繁栄するイメージが多いです。この歌で肥沃な場所で丹精に育てたぶどうが象徴するのは神の民、ユダヤの姿です。「わたし」は神であり、「ぶどうの管理者」はユダヤ指導者。準備をしたのに、「酸っぱいぶどう」しか実らなかったのは、神の愛する民がその期待に応えず、良きものを生まなかったことへの批判です。心込めて大事に育てたにも関わらず、裏切られた親の心や叫びが記されているのです。それらに神の裁きが下るとありますが、聖書全体を通して知るのは、そのような罪深い者にも注がれる神の愛と恵みなのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 企救バプテスト教会。福岡県北九州市小倉南区徳力6-10-6にあります。企救は「きく」と読み、確か、モノレールの駅も近かったように思います。Facebookでは毎週の礼拝の様子がアップされています。この教会の原田牧師は38年前位から存じ上げております。互いに学生だったのですが、彼はピラミッドの前で撮った写真などを見せてくださいました。とにかく、旧約聖書にも詳しく、西南学院大学神学部や九州バプテスト神学校でもヘブライ語等を教えています。そして音楽を愛し、CDの数はものすごく、また絵本もたくさん読んでおられ、絵本から聖書の話へと導くことのできる方です。少し先輩ですが、ムーミンのようなご様子は健在です。ぜひこの教会に行ってください。2012年に新しい教会堂もできております。祈りの課題は以下です。①新年度の歩みの備え(予算総会3月、定期総会4月)。②これまでの恵みを感謝しつつ、これからの教会。牧師・原田 義也

2023年03月11日

3/13 創世記1章25-31節 「神にかたどって造られた我ら」

 創世記の第一の創造物語では、神はことばとその応答によって世界を創造されたことがわかります。特に人間は「我々にかたどり、我々に似せて人を造ろう」とあり、まずこの「我々」は偉大さを示す複数形。「かたどり」は、外見のことを言うのではありません。「かたち」は例えば「心のかたち」で内面的なことを指す場合があります。つまり、神と心がつながり、共感や共苦する心が連帯するかたちなのです。外見でも人は多種多様なので、表面的なことで捉えない方がよいです。ただ、主イエスは、人の姿をとってこの世を歩んだことは実に深い意味があります。人間に与えられた使命は「神の創造世界を支配する」、支配は「全被造物の安寧を支え、配慮する」羊飼いの姿です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 小倉春ヶ丘バプテスト教会。福岡県北九州市小倉南区春ヶ丘3-3にあります。日曜の礼拝のありますが、毎週水曜日12:00~15:00のTea time @ Chapel があり、定番はポットの中で花が咲く工芸茶です。ジャスミンの香りに包まれて、ほっと一息しませんか?一度遊びにいらしてください。無料です。とホームページにありました。いいですね!祈りの課題は以下です。①会堂修繕費用が与えられますように。②30人礼拝が実現しますように。③地域に根ざした教会になるように。牧師・千葉 仁志

2023年03月11日

3/12 ルカ福音書19章28-42節 「平和の訪れをわきまえない人々」

 ルカが伝える主イエス入城の様子。「ろば」入手の顛末は同じですが、叫んだの弟子達とされますし、ここではまだ入城前です。しかし神殿に向かう人は多かったし、それゆえ「弟子を黙らせよ」と言われますが、主イエスは「この人たちが黙れば、石が叫び出す」と語ります。何かの力で福音、真理が黙らされようとも、政治中枢から見れば小さな石ころのような存在、民衆が叫ぶと言うのです。そのような民衆の声が世界を変えるのは今もなお真実。大きな力が振り回される中、弱い存在、小さな存在が互いに励まし合い、語り出すことが大事なのです。そして主イエスは涙します。「平和の道、神の訪れをわきまえなかった」とは、主イエスを正しく理解できなかったこと、平和と和解を告げる主イエス・キリストを人間は殺すことになります。そして、今日もまた、主イエス・キリストはこの世界の現実を見て涙流しておられるでしょう。今日はU・Fさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 北九州キリスト教会。福岡県北九州市戸畑区中本町12-34にあります。この教会の斉藤牧師は数年前まで西川口教会牧師で、いろいろ交流をいただきました。昨年お元気な姿を拝見して嬉しかったです。とても実直真面目な方です。今、ホームページがないようですから、早くつくってほしいです。また、この教会を母体として「社会福祉法人北九州ナオミ福祉会 保育所ナオミ愛児園」がうまれています。この愛児園のお子さんやご家族が、「隣人を愛せ」という主イエスの言葉を知り、聖書や教会を知ってくださったら嬉しいですね。祈りの課題は以下です。①ナオミ愛児園の子たちに神の愛を。②新来者が増えますように。③祈祷会の再開を願って。牧師・斎藤 信一郎

2023年03月09日

3.11東日本大震災・原発事故から12年を覚えて

所沢キリスト教会 2023年3月5日週報 巻頭言「牧草」より

▲東日本大震災と原発事故が発生して今週11日、12年目を覚えます。死者は15900人。行方不明者は、2523人(22年3月発表分)という甚大な被害は今も続いていますし、原発事故を起こした原発の処理、汚染水、汚染土は解決する目途もないままに月日は流れ、増え続けています。▲先日この震災支援に関わってきた「日本バプテスト連盟現地支援委員会」による「光あれ~混沌の地に生かされて~東日本大震災から10年の証言集」が発行されました。▲283頁もの各頁には祈りや叫びや気づきや喜び、訴え、そしてそこにおいて聖書をどのように読んだかということ、様々な支援活動について記録されています。▲まだ読み切れてはいませんが、この記録は今後も必ず起こる様々な災害や事故における準備や方向性(災害が起こる前からの対応を含め)を示してくれるものだと思います。▲12年を経た今でも、放射線の影響により、例えば甲状腺癌が増えているという報告(一方では否定する報告もある)もありますし、今だ故郷に戻ることができない人々、精神的影響や経済的影響を受けている人々がおられます。▲また、所沢(並木、環境省環境調査研修所)と東京都において「原発事故の除染で生じた土の再利用」を目指し、除染土壌を持ち込み再生利用時の安全性を確認する実験が計画されています。▲昨年12月16日に現地説明会が行われましたが、参加者の地域は限定され、地域の掲示板のみの告知、報道陣は締め出して開催するなど、政治の「隠蔽体質」が問われ続けている今においても改善されていません。この課題については連合の「8・15平和礼拝」で取り扱われます。▲その他様々な課題がありますが、ここでは到底書き切れません。▲証言集「光あれ」の中での一つの祈りを紹介しつつ、3月11日に心合わせて祈りたいと願います。▲「…しかし主は、こうした混沌のすべての地にあって、『光あれ』と叫ばれます。『光あれ、こうして光があった』という圧倒的な創造の業に、私たちは希望を置きます。主よ、どうか、この混沌の地に生きる私たちの只中に、光を創造してください。主にある光が、すべての人を照らし、温めてくださいますように。そして、十字架で苦難を負い、復活された主イエスの寄り添いと慰めが、すべての命と共にありますように。」▲なお連盟「現地支援委員会」の働きは終了し、東北連合の「特別委員会(被災支援)」に引き継がれています。(献)

2023年03月04日

3/11 マルコ福音書11章1-11節 「主イエスの入城」

 今日はマルコが伝えるエルサレム入城の様子で、明日はルカが伝える箇所を学びます。「ろば」の獲得はそれぞれに」記されます。まだ誰も乗ったことがない「子ろば」は経験がない存在です。小さな「ろば」が主の業に用いられることを通して、我らが小さくとも、経験がなくとも主の必要に用いられる物語として伝えられてきました。そして人々は主イエスを「ホサナ(救い給え、の意味であり、「ホザンナ」とも表記されます)」と喜びと期待をもって叫びましたし、「枝を切ってもってきた」のは「棕櫚(しゅろ)の枝」とされます。なので今も受難週に入る日曜を「パームサンデー」と言うのです。人々には主イエスに対してローマからの解放を導く者との誤解があったようです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 若松バプテスト教会。福岡県北九州市若松区栄盛川町9-1にあります。この教会の歴史は古く、1889年の設立です。ホームページではこう紹介されています。「133年の歴史がありますが、戦後、後に若松市長になり、若戸大橋の建設に貢献した、吉田敬太郎牧師が、若松バプテスト教会の基礎を作りました。」、この吉田敬太郎氏がの自叙伝が先ごろ再販されました。吉田敬太郎は軍部批判で投獄、その後、牧師、そして若松市長から北九州市誕生に尽力された方です。この本の購入を希望される方は「若松バプテスト教会」のホームページをご覧ください。西日本新聞での紹介記事もみることができます。また同教会のホームページには「戦後はこの栄盛川に教会堂を建て、そして、神愛幼稚園を生み出してきました。地元の方はどなたもご存じと思います。最近ではテレビ、映画でも取り上げられたことがあります。」ということです。とにかくこの教会と幼稚園の敷地が広くて管理は大変そうだなぁと思いますが、こんなすばらしい空間で育つ子どもは幸いだと思います。永町牧師は北関東地方連合でいろいろ親しくさせていただきました。ごくたまに北九州市まで用事で行くことがあるので、いつかお訪ねしたいと思っております。祈りの課題は以下です。①伝道の愛のわざが導かれますように。②神愛幼稚園との協働。③働き人がますます与えらますように。牧師・永町 友恵

2023年03月04日

3/10 ゼカリヤ書9章9-10節 「踏みにじられる平和」

 ゼカリヤ書は8章までが預言者ゼカリヤによるもので紀元前520年代頃に記され、ゼカリヤは預言者の系譜で最後期であり、神殿再建に向けての預言を行い、515年に神殿が再建されます(第二神殿)。9章以降は神の王国の勝利を黙示文学的色彩で描き、前3~2世紀の成立と考えられます。今日の箇所は主イエスのエルサレム入城の預言。「シオン」とは第一神殿建築後のエルサレムの別称。そこに王が入りますが、王が乗るのは軍馬ではなく、農耕に用いられる「ろば」であり、平和が告げられると記されます。主イエスはろばに乘ってエルサレム入城を果たしますが、その主イエスは当時の政治的・宗教的支配者に殺されます。平和はこうして抹殺されます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト高須キリスト教会。福岡県北九州市若松区高須東3-4-5にあります。1986年に開設された割と新しい教会です。まだ行ったことがないのですが、どんな教会なのでしょう。ホームページはないようですがFacebookで礼拝の配信、その後一週間は閲覧できるようです。祈りの課題は以下です。①将来計画が祝されるように。②信仰決心者が与えられるように。③地域の教会とさらになれるように。牧師・三上 渡、協力牧師・山田 雄次

2023年03月04日

3/9 ルカ福音書21章20-24節 「エルサレム神殿の崩壊」

 エルサレム神殿は紀元66年から反ローマの人々が籠城し、70年4月14日にローマ軍が攻撃開始、8月に火がつけられ月末に完全に倒壊しました。焼け残った神殿の壁の一部が、現代ユダヤ人にとっても聖地とされる「嘆きの壁」。ユダヤの人々は各地へ離散します苦難は続きます。今日の主イエスの言葉はこの状況を預言したものと考えられます。ただ主イエスはその前兆を見たならば「山に逃げよ」「地方から都に入るな」と語り、戦うのではなく、身の安全を守ることを教えています。「神の怒り」とありますが、それが主イエスの考えとは受け入れ難いものです。この頃、ローマ各地ではパウロ等によりキリスト教会が設立されています。どうして人間は暴力を止めないのでしょうか。戦争で多くの文化財的な建物やそれに付属する様々な芸術品が簡単に破壊されていくのは本当に悲しいですね。戦争は人も、文化も、繋がりも、未来も、すべて奪います。今日はM・AさんとT・Cさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 八幡バプテスト教会。福岡県北九州市八幡西区岡田町2-14にあります。黒崎駅から徒歩7~8分位で着くと思います。一昨年くらいに久しぶりに黒崎を歩いたのです。昔はデパートが複数あって、銀天街というアーケードの道があるのですが、デパートはなくなり、アーケードはシャッターが閉まっていました。八幡教会は建物が独特で、ある意味、遺産になるようなものですが、実際の使い方には問題がないのでしょうか。とはいえ、まだ北九州は70万人位が住む都市なので、八幡教会にも多くの方々が集うことをお祈りしています。祈りの課題は以下です。①伝道のために。②災害被災地の復興のために。③福島の原発事故の収束のために。牧師・久保田 理

2023年03月04日

3/8 ルカ福音書21章5-19節 「主の言葉と知恵を求めよう」

 ここは神殿の崩壊の話からより広い世界的危機や終末まで意識した話をしています。このような箇所を読むと「今の時代がそうだ」と感じますが、これらのことが起こらなかった人間の歴史は一時もありませんので、短絡的な判断は危険です。危機において重要なのは「世の終わりはすぐに来ない」「あなたは守られる」ことへの信頼であり、15節のように「(主が)言葉と知恵を授ける」ことで、世界の紛争や対立、地震や飢饉、迫害から解放される道があることです。確かに現代も世界は対立し、戦争が起こり、すぐに軍備増強するという話が当然起こりますが、人間ならば、そこでこそ「言葉と知恵」を結集すべきなのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 東八幡キリスト教会。福岡県北九州市八幡東区荒生田2-1-40にあります。この教会の奥田牧師は北九州でホームレス支援のNPO法人を立ち上げ、その活動は広く知られるようになりました。NHKテレビの「プロフェッショナル」等への出演の他、著書もあります。バザーや食品配布等の活動もされています。祈りの課題は以下です。①戦争反対!戦争やめろ!平和を!②コロナで厳しい状況の方々を覚えて。③子どもの自死はイヤだ‼。牧師・奥田 知志、石橋 誠一、協働牧師・藤田 英彦、森松 長生

2023年03月04日

3/7 ルカ福音書9章51-55節 「逆らわれても暴力的解決をしない」

 ここでは主イエス一行はガリラヤ地方にいて、そこからエルサレムに行くことを考えたのでしょう。サマリアを通るのが近道でありますが、ユダヤ人とサマリア人の間は犬猿の仲で、互いに非難し合う関係。主イエスは「善きサマリア人のたとえ」のように敵対視や、差別的な考えはありませんが、サマリア人から見れば同じユダヤ人である理由で入村や宿泊を断られます。その態度に怒った弟子の二人は「こんな村、焼き払いましょう」と提案しますが、当然主イエスは戒めます。それ以前に同50節に、主イエスが「逆らわない者は味方」という言葉がありますが、「逆らわれても」怒るのではなく、背後にある歴史も覚えつつ、互いに理解し合う道を教えたのかもしれません。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト枝光キリスト教会。福岡県北九州市八幡東区白川町10-36にあります。1959年の開設で、この時代は北九州市は鉄鋼等工業の町としてとても盛んでした。でも、産業が衰退した今は、なんとなく元気がありませんね。この教会の岩﨑牧師は「カルト宗教」に造詣が深く、もし、怪しい宗教に誘われたりしたら相談したらよいと思います。通常のキリスト教会は、強制的な入会や献金等行われず、教会運営も民主的に行なわれています。祈りの課題は以下です。①教会関係者の信仰と健康を覚えて。②主の平和が訪れますように。③カルト宗教被害者を覚えて。牧師・岩崎 一宏

2023年03月04日

3/6 ルカ福音書9章21-27節 「捨てることと負うこと」

 主イエスの受難予告です。主イエスが排斥され、殺される、しかし、復活する、との言葉は弟子達には理解できなかったようですが、それを前提に「私に従うのか」と語るのです。「自分を捨て」は難しい言葉です。多くの理解は自分の生き方を自分本位ではなく、主が願う道を第一としていくことです。「自分の十字架」も難しいですね。多分、自分に与えられている使命と考えられますが、積極的に言えば、主の願う世界の実現のために他者を愛し、他者と協働しながら歩む道であり、簡単ではないゆえ、労苦もありますが、そのように生きている人も知ります。あるいは、自分や家族の痛みや苦労、病、悲しみを負いつつ歩むことが十字架を負うことでしょう。自分を捨てることと十字架を負うことは同じ事柄です。今日はN・Eさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 折尾キリスト教会(宗教法人名:折尾バプテスト教会)。福岡県北九州市八幡西区光明2-12-13にあります。1945年の開設で私が幼い頃育った教会です。今は無牧師になりましたが、平日にはゴスペル教室等に会場提供したり、コンサート等も行なわれているようです。「折尾」は北九州市の西で、鹿児島本線と筑豊本線が交わる駅です。ミッションの「折尾女子学院」や甲子園に最近出場した「愛真高校」、また他にも大学がいくつかあり、昔は学生の多い町でした。祈りの課題は以下です。①剣を鋤に槍を鎌に。②国は国に向かって剣を上げず。③もはや戦うことを学ばない。

2023年03月04日

3/5 ルカ福音書18章1-8節 「祈りは虚しく終わらない」

 「気を落とさずに絶えず祈る」、つまり、自分の祈りや願いが神に届いていない、それどころか、願っていないことばかり起きてしまい、神にも自らにも失望し、気落ちしてしまうことがあります。それはきっと誰にでも経験がありましょう。一度、二度ではなく必死に祈ったけれども、それが現実とはならなかった。その気持ちは良く理解いたします。「祈りが少なかったから」と言えば済む問題でもありません。でも、「今」届かなったと思う祈りの先に、神が用意されている「未来」があるのです。現実ですべてが終わってしまうのではありません。主イエスが死なれた、それはある人々には絶望を与えたものです。しかし主は「死」を通し、「死」を滅ぼし、復活したのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 芦屋キリスト教会。福岡県遠賀郡芦屋町町西浜町4-19にあります。芦屋は北九州市の隣で、海に面した地域です。ボートレース場や自衛隊の航空基地があります。昔、海水浴で訪れたことがあります。また、この教会を母体とする幼稚園「学校法人 愛生幼稚園」が敷地内にあります。人口もそう増えない町ですが、お近くにお住まいの方はぜひこの教会をお訪ねしてみてください。祈りの課題は以下です。①み言葉と祈りに生きる教会を。②もう一人の人が与えられますように。③牧師と信徒が一つとなる教会形成。 牧師・尹 正鉉(ユン ジョンヒョン)

2023年03月04日

3/4  ルカ福音書22章39-46節 「共に祈り続けられない我ら」

 主イエスはエルサレム滞在時、オリーブ山で毎晩の祈り会をもっていました。「いつも」の場所と時間ですが、この日は「いつも」と同じではありません。「誘惑」とは主イエスの思いから離し、反対する作用であり、そこから逃れる道は「祈る」こと。ここでの主イエスの祈りは「この杯を取りのけてほしい」。「杯」は主イエスの受難のことであり、主イエスが血を流される「死の杯」。主は逃げようと思えば逃げることはできました。しかし、苦しみながら自らの死を受け入れることが人間への救いと理解しているゆえ、悶絶するのです。汗が血の滴りのように流れたのは緊張と恐れ。主が「誘惑」(逃げることや他の道)の中で祈る時、弟子達は眠ります。共苦できない人の弱さ。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 中間バプテスト教会。福岡県中間市長津2-11-16にあります。中間は「なかま」といいます。素敵な名前。ここも筑豊ですが、北九州市に隣接したベッドタウンかと思います。今もあるのでしょうか、西鉄の「チンチン電車」が走っておりました。この教会の安部牧師はもう何十年もこの教会に仕えておられます。結構、高齢かもしれませんが、すごいですね。祈りの課題は以下です。①主日の讃美礼拝が守られますように。②礼拝参加の子どもたちの祝福とすくいのために。③会堂の補修と維持のために。牧師・安部 寅彦

2023年02月26日

3/3 ルカ福音書17章20-37節 「日々を整え歩むこと」

 ここでの「神の国」は人間が支配してきた世界が終わり、新たな時代が主イエスの再臨によって開かれる時の前兆等を語っています。旧約聖書の出来事のを引用しつつ、再臨前の苦しみ、あるいは人々が自分の楽しみに明け暮れている時にそれは来るのです。ここでの主眼は現実で起こることに注意深くあること、そして、いつ再臨の日が来ても良いように日々準備しつつ歩むことなのです。ひとつひとつの言葉をここで解説できませんが、並行して考えることとして、私共の日々の生き方についてです。私共もいつ「死」が来るのか、誰も想定できません。その日にも決して慌てることがないように、日々を整える生活が大事です。37節は人の死をも利用し食い尽くす人間の姿と私は理解しております。今日はT・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 直方バプテストキリスト教会。福岡県直方市頓野3895-6にあります。もう十年近く前、新しい教会堂ができました。「直方」を「のおがた」と読める人は余りいないでしょうね。ここも昨日の飯塚と同様にかつて「石炭産業」で人口が多かったところですが、今は北九州市のベッドタウンでしょうか。この教会の田中牧師は、神学校入学前から存じ上げ、牧師になってからもいろいろな奉仕を共にさせてくださった思い出があります。毎日、朝の祈りの時間を多分、ネットで配信しておられたり、田中牧師の言葉を毎日、教会の前に掲示していたり、生活が苦しい方々のための生活必需品を無料でもっていける場所をつくったり、様々な働きに感心、感謝します。先日行われた「日本バプテスト連盟定期総会」の総会牧師をされたりしています。田中牧師の「言葉」に沢山発見することがあります。祈りの課題は以下です。①地域の拠り所となれるように。②北九州宣教支援センター主事を兼務する田中牧師のために。牧師・田中伊策

2023年02月26日

3/2 ルカ福音書12章22-34節 「生きることに疲れる時」

 2月18日の箇所が再び登場です。「何を食べようか、何を着ようか」との言葉は、溢れる冷蔵庫の中から夕食の献立に悩み、クローゼットにある沢山の服から選ぶという「選択」の問題ではありません。2千年前、今日の糧を得られるか否かとの現実、寒くなり着るものが不足している苦難の言葉であり、日々を生きることに困難を覚えている状況。そして、現代でもなお、食べることができない方々や着るものに窮している人々がいることを覚えなければなりません。そのような不足を数える現実の中で主の助けと支えを求めること。今は物資が豊かな時代ですが、心悩み、生きることに疲れている人がいます。「神の国」、それは神があなたに伴われる希望の世界であるゆえ、主を求めよう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 飯塚バプテスト教会。福岡県飯塚市西町6番45号にあります。飯塚は「筑豊」地域で、かつては八幡製鉄所で使う石炭の採掘で潤っていた時代があります。屑の石炭が積み重ねられた「ボタ山」という黒い山がいくつもありました。しかし、日本の産業変化と共に筑豊は人が減少しました。かつての「ボタ山」にはいつのまにか植物が育ち、「緑の山」になっているという話を聞いたことがあります。「筑豊の子どもたち」という写真集をいつも思い起します。教会では月に一度、子ども絵画教室が行なわれているようです。祈りの課題は以下です。①主にある平和が早く訪れるように。②クリスマスに受浸した人の成長。③教会の総合的なプランの具体化。牧師・高屋 澄夫、高屋 和子

2023年02月26日

3/1  ルカ福音書6章12-16節 「祈りへの招き」

 主イエスが教えた「主の祈り」のルカ版。主は幾度も色々な場所でこの祈りを教えたでしょう。短くも深い「われら」の祈り。加えて主は「祈り(神への叫び、問いかけ、対話)」について語ります。人間でも執拗に頼めば何等か答えますし、なお神は祈りを聞き給い、良きものを備えるのです。「求めよ、さらば与えられん」という古い言葉で聞いたことがある方も多いでしょう。「求める」こと、「求め続ける」中で、自分が本当に求めているものを教えられます。「恋人!」と求める中で自分の思いが段々明らかにされます。なお、魚の代わりに蛇、それは干魚で長い魚のことで、蛇に似ていること、卵の代わりにさそり、という話は、さそりがくるっと丸くなった姿が卵に似ているさまなのです。言いたいのは、神は似ているけど違うものを与えたり、そんなごまかしはしないのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト苅田キリスト教会。福岡県京都郡苅田町京町2-19-7にあります。苅田は隣接する北九州市、行橋市と日常生活圏を一にし、北九州市、行橋市などから町内に通勤する人も多いそうです。日産自動車九州など多くの工場が立地するため財政力が非常に強く、自動車・セメント・電力等を中心とした臨海工業都市として発達しており、東九州自動車道苅田北九州空港インターチェンジ、国際貿易港苅田港、北九州空港と、全国的にも類を見ない陸海空の複合的な物流インフラが整備された町です。日産自動車の工場は大昔に見学したことがあります。祈りの課題は以下です。①進学のため県外に出る学生のために。②町内、隣接市町村に福音を。③町内の高齢者とその家庭に福音を。 牧師・佐藤 清一、名誉牧師・鍋倉 勲、教会主事・児玉 尚文

2023年02月26日

2/28 ルカ福音書8章37-48節 「弟子達の姿は私どもの姿」

 今日の箇所は主イエスと弟子の関わりが記されます。37節からは「悪霊に取りつかれた子」を助けられなかった弟子に対し、主イエスは弟子達の信仰の無さを語ります。次に主が「人々の手に引き渡され…」と受難について弟子達に語りますが、その話を弟子達は理解できません。理由について「真実は隠されていた」、ことに加えて「怖さ」を感じてそれ以上質問しなかったとあります。「引き渡される」のは当然、当時の権力者によってですから「怖い」気持ちは理解できます。更に「弟子で誰が一番偉いか」論争が起こり、そこで主イエスは子どものように、小さく、弱い存在を受け入れる人こそが弟子にふさわしいと語ります。以上の話から信仰弱く、現実が見えない弟子の姿に、私共の信仰と姿が重なってきます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟引退教役者の方々を覚えて。平沢 茂氏(京都市在住)、藤井 健児氏(福岡市在住)

2023年02月26日

2/27 ルカ福音書6章12-16節 「使徒と弟子について」

 ルカ福音書では「使徒」という言い方と「弟子」という言い方がありますが、ルカは「十二使徒」とは、最初にイエスによって選ばれた12人の弟子集団とされます。ギリシャ語では「(主から)遣わされた者」で、ルカ9章には使徒を主イエスが町々村々へ遣わしたことが記されています。ただ、使徒のリストは他の福音書との相違があること、また弟子達は色々なパターン(ずっとイエスと行動を共にする人、それぞれの地域で活動する人、また女性もいた)があります。今日の箇所では他にも弟子達がいたことが推測されます。まぁ、使徒は弟子達の中で指導的な立場とされたのですが、主イエスが祈って夜を明かしたほど人選は難しかったかもしれません。なおパウロ書簡等ではパウロはイエスとは直接出会っていませんが、使徒としての自覚がありました。今日はM・Sさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 米国南部バプテスト日本語教会連盟。①肉体と霊の健康が守られるように。②在米日本語教会の働きと祝福のために。日本バプテスト連盟教会伝道所一覧では12教会が登録されています。

2023年02月26日

2/26 ルカ福音書15章1-10節 「悔い改める必要のない人はいない」

 ルカ15章の主の譬え話群は失ったものを諦めずに見出して喜ぶ「喜び三部作」。主は当時の社会から疎外している人々を「罪人呼ばわり」する人間こそ神から去り、自分が神の如く、義しく人を裁けると思っている罪人であり、悔改め(心の方向転換)すべき人々と語ります。失った一匹の羊、その一匹を探し回り見つけた時に大喜びする羊飼い。そのような羊飼いは残した九十九匹の羊も同様に愛していたでしょう。7節の「悔い改める必要のない九十九人の正しい人」は誤解されます。聖書全体を見る時、「悔い改める必要のない人」はどこにもいません。本田哲郎訳の「低みから見直しの必要を感じていない九九人のまっとう(と思い込んでいる)な人たち」が良い訳です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「臨時委員会」。➀「平和宣言推進担当者会」。②「憲法改悪を許さない私たちの共同アクション」。③「東日本大震災被災地支援委員会」。

2023年02月24日

2/25 ルカ福音書15章11-32節 「聖書に自分の姿を見出す時」

 「放蕩息子のたとえ」で知られ、夏目漱石は世界で最高の短編小説と語りました。この話の中心は「待ち続け、赦しと愛をもって迎える神」です。私はこの話も幼い頃から聞いていて、青年時代、自分自身に失望していたある日、この話を思い起し、まさにここに描かれている「息子」は自分の姿だと覚え、主なる神の家、教会に再び帰ろう!と思った箇所。人は誰でも「放蕩」しようと思って人生計画をするわけではありません。夢を描きますが、自分の弱さや性格や不足、思い掛けない出来事の発生や周囲の影響等で結果的に自分の道を失ってしまうのですし、自己責任のみではありません。でも、そのようなあなたを主は待っておられます。あなたも神の愛する子どもですから。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「性差別問題特別委員会」。「性差別」をキリスト教会も行なってきたことを反省し、その課題を克服していくためにつくられた委員会です。かつては牧師は男性とされていましたが、男性だけに限る理由はなく、現在は女性牧師も増加しております。ただし、どうしても男性牧師を招聘することが多いのですが、私の感覚では牧師が男でも女でも、主と人、そして教会に仕える思いと自己絶対化しない考えが第一です。性差はありませんし、それをつくってはいけません。祈りの課題は以下です。①性暴力を始め、あらゆる暴力の根絶のために。②多様な人が安心して集える教会に資する委員会となるように。委員長・岡田富美子(那覇新都心教会牧師)

2023年02月24日

2/24 使徒言行録13章44-52節 「律法を超える福音の力」

 パウロとバルナバによるアンティオキア伝道の様子。パウロはまず、その地のユダヤ人会堂を伝道の足掛かりにしていましたが評判になり、ユダヤ人以外も集まってきます。42節の「神をあがめる改宗者」とは、ユダヤ人以外、つまり異邦人でユダヤ教徒になった人々のこと。パウロが語る主イエスの福音は従来のユダヤ教の伝統を超えるゆえ、主イエスと同様、特に保守層から反発を受けます。45節で「ねたみがあったゆえ」と記されますが、正しくは福音に対する反発。律法による救いではなく、主イエスによる恵みを信じることの救い、異邦人であろうとも主は偏り見ず、救いを約束することは、まさに伝統の更新なのです。妨害がありましたが、伝道は進展します。本日はT・Tさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 西九州地方連合。「西九州地方連合は」日本バプテスト連盟に加盟する中で、長崎県、佐賀県にある教会・伝道所の地域連合です。12教会、1伝道所が構成されています。祈りの課題は以下です。①無牧師の教会のために。②全国大会を備える壮年会のために。③オンライン促進プログラムのために。会長・曺 銀珉(長崎教会牧師)

2023年02月24日

2/23 ルカ福音書19章1-10節 「ザアカイの喜び」

 「ザアカイ」(日本語で言えば「清」の意味)、私も背が小さく、幼い頃から親しんだ人。彼は人気のイエスを見に行きますが、誰も中に入れてくれないので木に登りイエスを待ちます。イエスは木の下で立ち止まり、ザアカイの名を呼び、招きます。「高いところから眺めないで、降りて、自分のそのままの姿でおいで」と。ザアカイは喜び、イエスを家に招き、パーティをします。イエスの友、イエスの弟子となった喜びと悔改めの表現は「財産の半分を貧しい人々に寄付し、だまし取っていたお金を四倍にして返します」。ザアカイは今まで「お金」が人生の尺度なので、主への感謝の仕方も「お金」なのです。主への感謝を、ある人は、歌をもって、ある人は他者への愛で示し、ある人は文章をもって、ある人はドラムを演奏するのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 豊前キリスト教会。福岡県豊前市八屋1986-2にあります。かつては場所的によくなかったのですが、今は近くに道路もでき、すばらしい教会も建築されました。この教会の本山牧師がたくさん活躍しておられ、教会も元気になってきていることを嬉しく思います。豊前市出身のテレ東のニュースキャスターが、そう、大江まりこ、だったかな、いらっしゃると思います。特に教会とは関係ないと思いますが。まだ行ったことがないので、一度行ってみたい教会の一つです。祈りの課題は以下です。①すべての人を歓迎する教会になる。②人権を守るための学び、働きをなしていくことができますように。③教会創立70周年を覚えて。牧師・本山 大輔

2023年02月19日

2/22 ルカ福音書8章42b-48節 「どんな理由でも」

 サンドイッチ形式で二人のイエスの出会いが絡み、語られる箇所。この女性は12年間女性病に苦しみ、お金や人間は彼女を救えません。しかし、彼女は勇気を出して人混みの中、主イエスにそっと近づきます。「イエスの服にさわったら癒されるかも」という根拠ない勝手な思い込みですが、同時に必死にすがる思いだったのです。しかし、主はその祈りの手を、彼女の体と心の痛みをご存知です。それゆえ何より、彼女を探し、女性は自分の苦しみの過去を語ります。最初は思い込みのような信仰、しかし、主イエスは彼女と対話し、人格的な交わりをすることが彼女の人間としての全人的回復になります。どんな理由でも、まず主イエスに手を伸ばしてほしいのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 大分キリスト教会。大分市城崎町2-6-22にあります。この教会が小さい頃、父が仕事でこの教会に伺った時、午後は何か研修会があったようで、母と私が、教会の近くで行なわれていた「おまつり」に行ったのです。そこに向けて歩いていた時、知らないおばちゃんが「親子でそっくりですねー」と言われたのを凄く覚えています。また、いつだったかなぁ、大分教会の礼拝で説教奉仕したことがあります。その時、大分教会に神学校の先輩がいて(その時は牧師職にはついてなかった)、秘湯の温泉に連れていってもらいました。面白い体験でした。とにかく別府は面白いところです。祈りの課題は以下です。①教会のための人間形成から、人のための人間形成へ。②教会の敷居を下げることができるように。 牧師・村田 悦

2023年02月19日

2/21 ルカ福音書5章27-32節 「『すべてを捨てる』ことの誤解」

 この箇所は最近礼拝宣教でも扱いました。今日は、聖書や教会の伝統の中で用いられる「何もかも(すべて)を捨てる」という表現について。「牧師等は親や兄弟や財産も全て捨て、清貧に甘んじる生活」というイメージがカトリック修道院等の伝統と重なって用いられることがありますが、そのようなことはありません。何か凄い理想を要求いするようです。主イエスは家族を大事にしたし、私もそうです。ペトロの実家(漁師)は大きかったしそれを捨ててはいません。パウロも妻や財産を全て捨てたわけではありません。意味するのは「主に従うこと、仕えること」を第一にすることであり、それは家族を愛する道でもあります。財産や家族との縁切りや多額の献金を勧める宗教は危険です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 別府国際バプテスト教会。大分県別府市中須賀東町10組の1 にあります。別府は日本でも有数の温泉郷で、町の中にはたくさん湯気が上がっていたり、温泉を用いた「地獄」や「ラクテンチ」もありますし、そこから山に上がっていけば、ある程度距離がありますが、「湯布院」等の観光地や温泉があります。そしてこの教会は「国際」とありますが別府はという観光地を背景とした日本最大の留学生を抱える立命館アジア太平洋大学があり、その学校の教員や学生が多く参加されているようです。ぜひみなさんも行ってください。祈りの課題は以下です。①信仰の絆と交わりのために。②国際教会としてビジョンの共有。③教会墓地取得のために。 牧師・酒井 朋宏

2023年02月19日

2/20 ルカ福音書4章16-21節 「『報復』する神ではなく」

 主は聖書を渡されてすぐに説教をしたようですが、事前打ち合わせはあったと思います。それより、22節は「恵み深い言葉に驚いた」、人々の反応は否定的な驚きです。一つは「あの大工ヨセフの子が偉そうに語りやがって」という差別的な言葉。もう一つはイザヤ書が読まれたのがルカが語るように19節までだったゆえだと想定します。引用しているイザヤ書61章を読めば「神が報復される日を告知して…」との言葉を主イエスは読まなかったのでしょう(聖書に「章」や「節」がついたのは16世紀半ば以降)。ローマ支配の辛酸をなめた人々はいつの日か神の「報復」を期待していました。しかし主イエスは「報復」する神を語らないのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 臼杵キリスト教会。大分県臼杵市福良187番地2にあります。大分県も北九州地方連合の一員ですが遠いですよね。臼杵はあまり知られていませんが、切支丹(=クリスチャン)が多かった時代もあり、その遺跡等を松永正俊牧師が行なっております。もちろん、切支丹は時の城主が切支丹になればその一族や家臣も切支丹になるので、どれほどの信仰であったのかは問題がありますが、その中では確かにキリストの教えを最上と考え、実践した人は必ずいたと思います。また、永松博牧師のお連れ合いは、以前、牧師をされていましたが、現在地域おこしの取組みをしたり喫茶店(または売店)のようなものを開設しておられます。小っちゃい頃を知っている方ですが、その地域で頑張っておられることを感謝してます!いつか行きたいものです。祈りの課題は以下です。①神の招き(外なる声)に聴く一歩。②更なる教会設備補修課題のために。③開かれ協力して宣教に励むために。牧師・永松 博、協力牧師・松永 正俊

2023年02月19日

2/19 ルカ福音書12章13-21節 「あなたに預けられた命」

 遺産相続の争いがあります。親から譲り受け、自分で稼いだわけでないのに、権利を主張しますが、そのようなことには私も決して自由ではないですね。遺産が多ければ多いほど問題は複雑になります。主イエスは相続トラブル相談を持ち掛けられるのですが、主は財産分与の問題とはせず、「財産とは何か」「いのちとは何か」との課題に目を向けさせます。そこには、私共の命は自分では最終的にどうすることもできず、富を積んでも死んだら何も持っていくことはできません。裸で生まれ、裸で帰る存在。「児孫のために美田を買わず」は西郷隆盛の言葉。私共に与えられている賜物(たまもの…命、能力、病等全ての「恵み」)は神から貸し与えられているもの。そして、その管理を任せられているのが人生。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 福間キリスト教会。福岡県福津市津丸983-11にあります。私が西南学院大学神学部にいた何十年前は「福津市」という名前はありませんでした。福津市には「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は、世界遺産に登録されています。宮地嶽神社も有名ですね。福岡県と大陸は近いので昔から様々に文化交流もなされていたのです。地図でいえば、福岡と大阪より韓国の方が近いですからね。この教会は大昔に行ったことがあります。祈りの課題は以下です。①バプテスト精神に立ち、主の業に励む。②喜びと感謝に満たされて、地域の灯台となる。牧師・近藤 浩久、協力牧師・宮崎 信義

2023年02月14日

2/18 ルカ福音書12章22-34節 「神の国を求めて」

 ルカ福音書は「神は烏(からす)を養ってくださる」とあります。これはちょっと面白いですね。現代、烏は評判悪いけど、昔は「美しい黒」や童謡のごとく良いイメージでした。勿論、「烏」が中心点ではなく、人間に対し、評判が悪かろうが、小さかろうが、醜いと評価されようとも、神が愛し守り給うことです。「神の国」を求めなさいの「神の国」とは神の恵みと愛の中に生きること、神を喜び、他者を喜び、神と共に生きる世界のことです。「小さい群よ」と主は語ります。取るに足りない小さな我ら、小さな教会。でもそこは神が共におられる世界であるがゆえ、貧しく辛い中を歩む人々を覚えつつ自分のできることをして支えていくのです。今日、世界の辛さの中にある人々を覚えます。今日はT・Yさんのお誕生日おめでとうございます!先日「成人式」を迎えました。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 自由ヶ丘キリスト教会。福岡県宗像市青葉台1-35-1にあります。この教会は丁度、福岡市と北九州市の真ん中くらいです。「自由ヶ丘」っていろんなところにありますが、割と新しい住宅地として福岡市と北九州市どちらにも通勤する方が多いのだと思います。現在は専任牧師がいません。祈りの課題は以下です。①牧師招聘が叶えられますように。②無牧師の中の教会運営のために。③高齢者と家族の健康のために。代務者・M・Yさん

2023年02月14日

2/17 ルカ福音書12章4-7節 「一羽のすずめさえ」

 まず「アサリオン」、聖書巻末には「度量衡および通貨」というのがあり、1デナリオン(一日分の賃金)の16分の一なので1200円位です。人からそれ位の価値と見られている雀さえ、神は忘れられない。ましてや、主はあなたを知っておられ、愛してくださると語ります。なおマタイ10章では「二羽の雀」。この言葉から生まれた「His Eye Is on the Sparrow」はゴスペル等でよく歌われます。日本の讃美歌集では「新聖歌」に「心くじけて」という歌詞名で収録され、折り返しは「一羽の雀に 目を注ぎ給う主は 我さえも支え給うなり 声高らかに 我は歌わん、一羽の雀さえ 主は守り給う」。今日も主はあなたに目を注がれます。かけがえのない命のゆえに。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 古賀バプテスト教会。福岡県古賀市花見南2-27-45にあります。「古賀」というのは福岡市と北九州市の中間で福岡寄り。高速道路の「古賀インターチェンジ」があり、福岡市のベッドタウンとして発展しているところです。この教会の泉牧師はよく存じ上げている先生です。もう数年も前ですが、どこかで集会に参加しておられる時、血管が破れる病気になり、ドクターヘリで運ばれ、聞いたときはとても心配してお祈りしましたが、無事、元気に今も活躍されておられます。祈りの課題は以下です。①平和のためのあらゆる働きのために。②神の宣教に教会が用いられますように。③地域4教会の宣教協力のために。牧師・泉 清隆

2023年02月14日

2/16 フィリピ書4章10-20節 「どんな状況でも」

 パウロは伝道者としての生活費や移動費用、更に関係者を支える費用を必要とし、そのための献金を感謝して伝えています。でも一方で自分はどんな境遇でも対処する秘訣を持っていると語るのです。教会は非営利団体ですし、牧師の境遇は一般的に厳しく、牧師の副業や家族の仕事で家計が成り立つ人が多いのです(これは課題を含む)。私も副業していた時代は長いです。連盟加盟教会の平均収入は年約600万円で牧師費や教会の運営費管理費を支出して活動しています。通常の牧師はその状況を知った上で主に仕えます。高収入を目指すなら牧師の道に進まないが吉。でも、パウロも我らも主と教会に仕える生活は基本的に喜びであり、共に歩む教会の方々と主への感謝を常に覚えて歩む日々です。今日はK・Yさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 西戸崎キリスト教会。福岡市東区西戸崎6-2-27にあります。昔は漁村という感じでしたが、今は随分変わったでしょうね。長らく幼稚園も行なっていました。この教会の牧師もいろいろユニークな牧師ですし、そういえば、先日「讃美歌の解説本」を自費出版したと思います。お連れ合いがまたユニークな方で、私が出会った最初は、つまらなそうにタンブリンを父親のサックスに合わせて演奏していたのが印象に残っています。その後、ライター(本や雑誌に文章を書く人)として理解し、また、ゴスペルを故亀渕先生に習っていたシンガーであることを知り、私が福岡有田教会に在任時代は「ゴスペル教室」の指導者として活躍してくださいました。今は、福岡市の西の糸島に「ヘブンズガーデン」という施設を使って活動されています。「ヘブンズガーデン」なので洋風の建物かなぁと思って、一度行く機会があり、行ったら、古い日本家屋でした。そこでは宿泊者を受け入れたり、最近は「羊の毛」を使った作品をつくったり、その教室をされています。なんといろいろな才能が与えられている方でしょうか!すてきな方で、影ながら応援しています。教会の祈りの課題は以下です。①伝道活動が活発にできますように。②バンド奏楽者が加えられますように。③病床者の治癒・回復を切に祈る。牧師・城 俊幸

2023年02月11日

2/15 Ⅰコリント書16章1-4節 「任意で自由なのが献金」

 「聖なる者たち」とは当時の牧師や伝道者等(使徒も含む)のことで、まだ「牧師」職はない時代。当時の教会はパウロを含め伝道者を招いて礼拝をしていました。伝道者が来てから費用を集めるのではなく、準備をしてほしいという言葉があります。エルサレム教会への献金も関係性の中で必須でした。どこの教会も直接、天からお金が降ることはなく、教会を形づくる一人一人の祈りによる任意の献金を献げることで宣教活動が進められるのは今も同じ。しかし、強制や定額ではなく個人の自由に任せられます。今日、言いたいのは税金。義務であり、金額も決まられますが、議員・公務員等は国民が厳しい中で納めていることに心に留めて仕事をしてほしいものです。今日はM・Hさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> バプテスト東福岡教会。福岡市東区馬出4-13-15にあります。福岡市営地下鉄で「箱崎宮前」駅、2番出口を上がるとすぐに特徴的な十字架塔が見えますし、すぐです。「筥崎宮」は有名で秋の「放生会」が有名。私が神学生1年目でこの教会に通っていたときは教会近くに屋台での博多ラーメン店がありました。当時は故福本幾男牧師の時代です。教会員の方に家具等をつくる工房をもっている方がおられて、ある時、スピーカ作りに興味があったころ、この工房には木材切断の機械があったので数回訪ねてバックロードホーンのスピーカーをつくりました。ただ、音があまり前に出てこないのが不満でしたね。アンプとの相性もあるのかな。この教会の松見牧師は元西南学院大学神学部の教授のお働きをされていました。劉牧師は、現在、西南学院の宗教主事をされていると思います。祈りの課題は以下です。①信仰の継承のために。②高齢者・病の人が守られますように。③幼稚園の働きのために。 牧師・笠井 元、協力牧師・松見 俊、劉 雯竹

2023年02月11日

2/14 使徒言行録4章32-37節 「共同体がより機能するために」

 初期キリスト教会ではメンバーが財産等を共有していました。いわゆる理想化された「コミュニティ(共同体)」の先がけ。しかし、完全な財産の共有並びに分配は難しいのは当然であり、その後の教会には引き継がれていきませんが、精神的にはそれぞれ個人の独立性と意思を担保しつつ、「分かち合う」グループとして歩んでいます。初期バプテストも自分達を「カンパニー」=「パンを分け合う仲間」と称し、後には「会社」を意味するようにもなります。初期教会の財産共有が破綻した一つとして5章からの実例が紹介されています。アナニアとサフィラは余りに可愛そうです。彼らに問題はありますが、主にある組織がこのような犠牲を生まないことを主は願っているのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 香住ヶ丘バプテスト教会。福岡市東区香住ヶ丘4-2-14にあります。1955年に開設された教会でもう随分長い歴史を刻んできました。長らく盲目の藤井健児牧師が牧師をされていました。現在は名誉牧師とのことです。またこの教会は数年前アフガニスタンで殺害された故中村哲氏が洗礼(バプテスマ)を受け、育った教会でもあります。祈りの課題は以下です。①キリストが形づくられるように。②分かち合いを通して主に開かれる。 牧師・堀内 明、名誉牧師・藤井 健児

2023年02月11日

2/13 使徒言行録3章1-10節 「『美しの門』の下で」

 エルサレム神殿入口の一つの「美しの門」は青銅の素晴らしい彫刻が飾られ、門に入る者はその立派さに神殿の力を思いますが、その門の下では障害のため仕事できない人が「置かれ」、人々の施しで生きていました。人々は彫刻には感じ入るもの、その下にある現実の苦しみに目を留めないのです。ペトロとヨハネはその現実に気づきます。二人はかつて主イエスがそうされたように、この人に目と心を向けます。そして使徒達は語ります。「我々に金銀はない」。その人はがっかりしたでしょう。しかし、ペトロは語ります。「我らが持っている信仰によって語る、主イエスの名により、あなたは立ち上がり、歩きなさい」。主イエスは信仰と希望により生きる力を注がれる方なのです。今日はS・Tさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 博多キリスト教会。福岡市博多区青木1-10-28にあります。地下鉄では福岡空港から徒歩15分とのこと。その他、博多からのバス等もあります。福岡空港はとても福岡都心に近い空港です。飛行機で福岡空港に向かうと、その日の風向きで、海側から入る時は、志賀島(「金印」が見つかったところ、また、水族館もある)や福岡タワーとその近くに広がる西南学院などが見えます。山側から入る時は、福岡市の南をくるっと廻って入ります。座席により窓から博多教会の大きな建物が見えます。ちなみに、福岡空港から博多駅(新幹線もある)まで、地下鉄で5~7分程度です。今年の春には、二本目の地下鉄が博多駅まで延伸開業されます。博多駅に着いたら、豚骨ラーメンの香がぷんぷんするけんようわかるったい。博多教会の祈りの課題は以下です。①「愛のうちに建つ教会」として健全に歩むことができますように。②教会の大規模改修が進みますように。牧師・佐味 健志

2023年02月11日

2/12 ルカ福音書8章16-18節 「主の真理を心の中心に」

 「ともし火」、当時は油を入れたランプです。そして当然、ランプは暗くて見にくい場所を見やすくするし、そのように置きます。ここでの光は主イエスの語る真理です。真理は人生の暗闇や見えない未来を示し、あなたの道標となり、人との(見えない)関係性を教えてくれます。主イエスの真理を知った者は、それを隠すのでなく、それを用いて日々を歩んでいくのです。ゆえに「どう聞くべきか」という態度が求められます。便利な道具を買ったのに、それを忘れて苦労することがありますね。まず主の真理から考えることが良き道を開きます。また、真理は隠されてはいけません。闇の行いはすべて開かれると思わなければ。そして主の真理は開かれ伝えられてきたのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 那珂川キリスト教会。福岡市に隣接する那珂川市、恵子3-3-5にあります。那珂川市は、福岡市のベッドタウンとして開発が進み、新幹線の基地があることから、その基地に「南福岡駅」があり、新幹線で「博多」まであっという間に到着するのでも人気です。私が西南学院大学の神学生の頃はまだ、ひろーい土地で、免許を持っていても運転していなかった妻を連れていってこの広いところで練習をしたものでした。あの頃はオートマチック等は珍しく、ギアを入れるのが大変でしたね。この時代は私の両親も那珂川町のとなりのところに住んでおりましたこともなつかしく覚えます。この教会の籐牧師は西南学院大学のグリークラブで活躍したり、コーヒーや音楽を愛しておられる方です。もう1年位前か、福岡空港でばったりと会ったのにはびっくりでした。息子さんをお見送りにきていたようです。この教会の祈りの課題は以下です。①苦難の時代にも信仰に立つために。②地域への福音伝道の広がりのために。③数年後にできる新住宅街伝道のために。牧師・籐 寿

2023年02月08日

2/11 マルコ福音書4章21-25節 「自分がはかられたら」

 前半はランプをなるべく必要なところを照らすために置くように、主イエスが語る真理も人生の必要な部分を照らすことが必要です。後半の「はかり」は解りにくいと感じる話です。私共は様々な「はかり」を持っています。それは「価値観」と言ってもよいでしょう。他人を量るのは楽だし、時に楽しいように思います。人の失敗や不足やあら捜し、衣装や「くせ」等。その「はかり」が小さい人は当然自分の「はかり」からはみ出していることに怒ったり、厳しく指摘したりします。それを逆に考えてみましょう。自分のことを「あれもだめ、これも悪い」とされたら辛い話です。豊かな大きな「はかり」は希望や生きる力を与えてくれます。今日はS・Aさんのお誕生日おめでとうございます!そして今日は「建国記念の日」とされますが、私どもは「信教の自由を守る日」として覚えています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト福岡基督(キリスト)教会。福岡市中央区荒戸2-5-16にあります。1892年の創立なので、今年、131年目の歴史を迎える教会です。敷地内には学校法人「汀(みぎわ)幼稚園」があり、長らく幼児保育をされています。この教会の小川牧師は、先日、リモートで行われた会議にも出席しておられて、何だか、武者小路実篤か、夏目漱石?のようなかつての文学者のようなお姿でした。広い会堂はとても歴史を感じる建物です。福岡市民はこの教会の横を通って山のほうにのぼっていくと存在する神社に初参りする方が多いようですが、ぜひ、その手前の福岡教会の礼拝等にもぜひご参加してください。祈りの課題は以下です。①主日礼拝、祈祷会を豊かに。②高齢者、闘病中の方々のご健康のために。③「海と空のひろば」(地域の居場所作り、食事会)の活動を通して地域とつながる。牧師・小川 宏嗣

2023年02月08日

2/10 ローマ書10章5-15節 「恋愛は失望に終わろうとも」

 「神の義」とは人間に対する「神の赦し、愛、恵み、導き、祝福」等です。そのことに感謝して「ありがとう」と受け止めてそこで関係が成立するのです。2月はバレンタインデーという日本で独自に発展した「愛する思いを伝える日」がありますが、「好き」と思っているだけでは現実になりません。チョコを渡さなくても言葉で「好き」と告白して、相手も「私も好き」といえば関係がとりあえず成立します。神はあなたを愛しているよ、と語っておられるので、それに対して「私も主を愛し、共に歩んでいきます」と表明することで神とわたしの間で信仰の関係が始まるのです。恋愛は失望に終わる方がどうやら多いようですが、主を信じる者には失望はありませんし、その愛は国籍も民族も性差も関係なし!本日はF・Kさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 鳥飼バプテスト教会。福岡市中央区鳥飼1-6-17にあります。この教会の前には「那珂川」という川があり、冬には「渡り鳥」がやってきて、よくパンを投げたら「鳥」が上手につばむのを楽しくしておりました。この教会の隣接地には西南学院の幼稚園と保育園があり、うちの娘はこの保育園に入っていたので、登園時などにパンを投げていたわけです。それがこの地名「鳥飼」の由来だと私は信じております。この場所の近くにはたんさんのマンションも建ち、市民のオアシス、なんとか公園もありますね。昔、西南学院神学部の学生だった時、2年目に奉仕教会(今は「研修教会」というようですが)として通っておりました。その時は鍋倉先生の時代です。祈りの課題は以下です。①教会のミッション・ビジョンの策定。②新来者・求道者の信仰決心。③み言葉と祈りによる信仰成長。牧師・三田 照雄

2023年02月08日

2/9 ルカによる福音書12章49-53節 「分裂により真理が明らかになる」

 ここはびっくりするし、同時に解釈の難しいところ。主イエスが「平和でなく分裂をもたらす」、新約全体からは特異な言葉なのでそれゆえに福音全体との繋がりを考えながら読むべきです。そして「分裂」は「途上」においては起こりやすいのです。イエスの死は弟子達もイエスから離れます。平和を求める団体がその方向性や行動を巡って分裂することもあり、夫婦や家族の分裂もありましょう。しかし、それによって、真理や真実の関係性が明らかにされるのは次のステップのための準備です。争いは良くありませんが、それが自己利益追求ではなく、相互の未来を創るものであれば再び一致が生まれるしそこに主が示すポイントがあります。なお、付け加えるなら、「分裂」は時に「憎しみ」に変わります。この「分裂」は良くないです。解決を目指すこと、解決を目指すことができるのが、神が人間に与えてくださる知恵でもありましょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 西南学院バプテスト教会。福岡市早良区西新7-5-35にあります。この教会がある一帯はほとんど「西南学院」の敷地であり、(教会は独自です)西南学院の教職員や学生達への伝道を目指して生まれた教会と思います。数年前に新しい建物になり、パイプオルガンも以前のものを改めて組み立てたと思います。昨年から協力牧師になった踊一郎先生は、もう40年位この教会の牧師をされたと思います。説教では(多分いつも)読まれた本の話をしながら聖書の話をしていくというスタイルですし、とても聞きやすい説教者であったと思います(いや、過去形ではいけませんが)。踊牧師の書斎にはきっと入りきれない本があったのだろうと思います(私もそうだけど)。昨年秋より一線を退いて、西脇牧師が就任されました。この西南学院教会の100周年に合わせたようです。西脇牧師は、私がかつて就任していた神戸バプテスト教会で牧師をされていました。まだ小さなお子さんもいらっしゃる方です。実はまだ西脇牧師の説教を聞いたことがないので、いつかは聞きたいと思っております。もしかしたらYouTubeで配信されているかもしれません。祈りの課題は以下です。①牧師就任式、創立100周年への諸教会からの祝意とお祈りを感謝します。新たな福音宣教の歩みのためにお祈りください。主任牧師・西脇 慎一、協力牧師・踊 一郎

2023年02月04日

2/8 ルカ福音書9章28-36節 「山上の変貌」

 28節に「この話をしてから八日ほどたった」と語り出しています。18節以下のことであり、信仰を表明することと、主が殺されること、その主に従うことの話は従おうとする者には厳しい話がなされるところです。それが「厳しさ」で終わらないように、イエスとモーセ・エリヤ(預言者)との関わりを示すことで、イエスの神性、旧約との繋がり、イエスに聞くことの大事さが語られるのです。ここでの高い山は標高2814mのヘルモン山とされます。ペトロはイエスとモーセとエリヤの姿に驚き感動し、小屋をつくって、固定して多くの人が見たら誰もが信じると思ったのです。しかし信仰は固定した像でも、作られた神を見ることでなく、人間を創られ、愛をもって導かれる主(神さま)に日々聴く歩みです。今日はK・Mさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト福岡城西キリスト教会。福岡市城南区別府5-10-28にあります。大きな国道からはいって、少し上ったところにあります。すぐ近くに女子大学の寮があったのですが、今はどうでしょう。また、さきほどの国道のところには美味しい「うどん店」がありました。この教会についてもいろいろ話したいことはあるのですが、協力牧師の寺園先生は、九州大学の教授の後、西南学院大学神学部の教授をされた方です。私が神学生の時は九州大学の教授でしたが、西南学院大学神学部では「教義学」を教えてくださった先生です。特に「バルト」の研究者として国際的にも有名です。当時、新約神学を教えておられた青野太潮先生との対話的神学的対決がすばらしかったです。神学にはいろいろありますが、特に「教義学」と「聖書神学」は方向性が違う点があります。それぞれ神学する方向は違いますが、私は「新約聖書神学」がとても興味深く理解しましたし、いろんな疑問も随分解決したと思います。バルトについて一言いえば、バルトが「神学の最も重要なところ」を聞かれて、「主われを愛す、主は強ければ、我、弱くとも、恐れはあらじ(ない)」と子ども讃美歌を歌ったと先輩から教わりました。つい長くなった。安藤牧師のことも話したかったけれどこれも次にしますね。祈りの課題は以下です。①コロナ危機の中、共に祈り共につながる教会の歩みが守られますように。②世界の隅々にキリストの平和が届きますように。 牧師・宮井 武憲、協力牧師・寺園 喜基、名誉牧師・安藤 榮雄

2023年02月04日

2/7 ルカ福音書8章19-21節 「み言葉と愛に生きる生活」

注)「み言葉」とは漢字では「御言葉」、神の言葉ということで、聖書を指します。

 ルカはこのエピソードを短く扱っています。同じような内容を扱っている他の福音書(並行箇所)、マタイ12章、マルコ3章ではより詳しく記されております。それら箇所を読めば、イエスが悪霊にとりつかれている、とか言われて連れて帰るために家族が来た状況ということがわかりますが、ルカは21節の言葉こそ大事に残すべきと考えたのでしょう。そのようにメッセージを取捨選択しなければどんどん福音書は長くなるので仕方なかったし、その選択も含めて「聖霊の導き」だったと思います。戻って、イエスの家族の思いは複雑でしょうし、何より愛する家族がイエスさまの福音宣教の邪魔をするのですが、後には母マリアもその生涯を福音を頼りに生きていくのです。「家族」とは何か、ということも考える箇所です。御言葉に生きる時、愛で繋がる家族を知ります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 西福岡のぞみキリスト教会。福岡県糸島市篠原西3-3-25にあります。この教会は1986年~ですが、町並みの中にある小さな教会というイメージがあります。しかし、地域にしっかり根をはって教会の活動をされています。今は角地に建っています。亀井牧師は個人的には知らないのですが、福岡大学大濠高校で40年以上(多分)英語の教師をされながら、日曜は牧師の働きをされてきた方です。祈りの課題は以下です。①神の愛が地域の人々の平安を支えてくださいますように。②新来者の方々が信仰に導かれますように。 牧師・亀井 良雄、永山 辰原

2023年02月04日

2/6 ルカ福音書8章4-15節 「み言葉は種」

 良く知られている「種蒔きのたとえ」です。11節からは解説があります。種がどのように成長するのかは、落ちた場所が問題なのでしょうか。それは偶然にその場所だったのでしょうか?テーマは農業ではなく、人間の心に関わることです。もしその種が大事だと思えば、鳥や石地から拾い出して育てようとするでしょう。ゆえに場所の問題ではなく、種を自分が大事に育てるか否かの問題です。御言葉もそうですが、それは人の言葉や出会いでも同じです。販売で成功している人に誰もがその秘訣を尋ねます。その人はすべて教えてくれるそうです。でも一時は真似ても続かない人は続かないとのこと。受け止めた言葉、御言葉を大事に育てることが喜びの道に繋がります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 福岡西部バプテスト教会。福岡県糸島市前原東3-13-63にあります。「糸島」の「糸」は元来「伊都」でもあり、伊都国は「邪馬台国」説もあります。糸島は九州大学が移転したり、海や自然が豊かなところでとても人気のある地域になりました。この教会の麦野達一牧師は、音楽大学でホルンを学び、その後、留学経験もあったと思います。ホルン吹きですね。お連れ合いの方は音楽大学でピアノか音楽教育を学び、ピアノをとても上手に弾かれます。お二人で演奏されるなんて素敵ですね。麦野牧師はFacebookではラーメン食べたり、自転車こぎをしたりの写真がよく出てきますが、西南学院大学でも一般教養の「音楽」を教授したりしております。教会堂もよく目立つ大きな建物(行ったことはないけれど)です。ぜひ、九州大学や西南学院大学の学生さんなど、別に学生でなくてもよいので、多くの方にこの教会を訪ねてほしいと思っております。ひとつ、素晴らしいエピソードを。私が神学生時代、麦野牧師が育った教会に伺ったことがあります。高校生だった麦野くんは部活(もちろん吹奏楽)のため、通常の礼拝には出れないので、日曜の朝早く、牧師であった父、麦野賦牧師と二人で礼拝をして、それから麦野達一くんは学校に行っておりました。きちんと礼拝を守る姿にとても感動した思い出があります。お連れ合いの方のいろんな話もあるけど、それはまた次回。祈りの課題は以下です。①礼拝を第一にして信仰生活を送る。②コロナ危機で困窮している人々に寄り添う。③与えられる出会いを大切にする。牧師・麦野 達一

2023年02月04日

1/22 ルカ福音書6章1-11節 「律法の目的から考える」

 今日の箇所は19日にも関連して扱っています。当時の「安息日」は何歩以上歩いてはいけない、とか、料理をしてはいけない、等様々に規定されていました。「安息日に休む」解放と救いの日を、人間は細かく定義したがるのは、自らが律法違反しないことと、他人を裁く基準を必要としたのです。昔、「こんな良い田舎道で50キロ制限」と言われて反則切符を切られたこともあります。仕方ないのですが…。律法においては常にその目的があります。家畜でもエサをあげる必要がありますので、それをしないといけません。安息日の目的は何より、神様の恵みと自分の周りの人々の働きに感謝し、労をねぎらい、共に神を礼拝して、新しい一週間の力を得ることなのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 福岡有田バプテスト教会。福岡市早良区有田1-35-25にあります。近くには「室住団地」があったり、幹線道路が走っています。そして私がかつて牧師として奉職していた教会です。私がいた時代、もう25年程前になりますが、その頃から新会堂建築のビジョンがあり、それまでの「つなぎ」として自分で教会の壁紙をはったり、外壁ペンキを塗ったりしておりました。福岡有田教会に日本で最初の聖書の復刻版を一枚(木版・復刻されたもの)額にいれてありますが、あれは私が教文館で買ったものです。引越した時に持って行き忘れたのね。いつか返してもらおうかなぁー。また、私の時代に始めた「ゴスペル教室」と「ドラム教室」が奇跡的に今も続いております。数年前にお招きを受けて礼拝での宣教をさせていただきましたが、ゴスペル教室に参加されていた方が教会のメンバーとなっていたりしていてとても嬉しかったです。祈りの課題は以下ですが、今の松田牧師はかつては長崎活水女学院で教師をされていた方でもあります。たまにコスプレをやっておられるようです。改めて、祈りの課題は以下です。①高齢教会員たちの生活と命の護り。②新教会堂建築ヴィジョンの実現。③求道者の方たちの救い。牧師・松田 和夫

2023年01月14日

1/21 ルカ福音書13章10-17節 「一日も早い救いを願うなら」

 安息日に主イエスが会堂で教えておられる中に18年も病で腰が曲がった女性がいました。「病の霊」とありますが、当時、病は「霊」の仕業と考えられていました。ゆえに「霊に取り付かれた人」と差別的に語られ、本人は病気の痛みに加え、精神的な痛みを負っていました。主は彼女の痛みを知り、癒されます。それに対して会堂にいた人々は病人が癒されたことに腹を立て、安息日に癒しをしてはいけないと言うのです。主は、人々の前あえて、癒しを与え、彼女の解放を告知したかったし、一日も早い救いこそ、誰でも望むところでしょう。会堂で礼拝しながら、他者への愛がない人々、私共もいつもその可能性を持っているのです。今日はK・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 平尾バプテスト教会。福岡市南区平和1-5-23にあります。また、同じ教会の施設として「大名クロスガーデン」が福岡市中央区大名1-12-17にあります。ホームページには「私たちの求める教会像-キリストにあって愛と自由、しなやかさとやさしさ、平和とちょっぴりの勇気、そんな教会でありたいと願っています。」と記されています。数年前かなぁ、奥村献牧師が就任されました。奥村献牧師は、私、幼い頃から知っており、小学生くらいの時は、礼拝説教を聞きながら、それを絵画で表現しておられたり、学校では「漬物クラブ」に入っていたという優れた方です。日本バプテスト連盟に加盟する教会で「献」と名がつくのは、長らく私だけでしたが、今は「奥村献」「加山献」と3名になりました。松見献も牧師になったらいいのに、と思っておりますが、いずれにせよ「献」は「荒井献」のように神学的に素晴らしい方と言いたいいのですが、名前だけじゃぁーねー。なお、協力牧師の青野太潮先生は、西南学院大学神学部で新約学の教授を長くされた方です。今なおお元気で、最近は「どう読むか、聖書の『難解な箇所』」という著作をヨベル出版社から出されました。1200円ですが、ぜひ多くの方々にお読みいただいたらと思っています。青野先生は著作が出るたびに拙者にも送ってくださるのです。心より感謝申し上げます。青野先生は岩波訳の聖書の翻訳(コリント書等)もされておられます。また才藤千津子牧師は現の西南学院大学神学部で教授をされている方です。長くなりました。祈りの課題は以下です。①二つの会堂のビジョン成熟のために。②こひつじ園ランチカフェのために。③キリストの平和が世界にあるように。主任牧師・奥村 献、牧師・森 崇、協力牧師・青野 太潮、才藤 千津子

2023年01月14日

1/20 出エジプト記20章1-12節 「取引ではない主の恵みに生きる」

 18日に扱った申命記の並行箇所で「十戒」の教えです。十戒は「…してはならない」と訳されますが、実際には「…しないはず」とか「(神を知っている者は)…しないよね」との言葉であり、命令よりむしろ人の心に語りかけ、歩みの基準を伝えるもの。それでも人間は神の教えに抗う存在でありますけど。8節以下の「安息日」はすでに語ったので、七節の「主の名をみだりに唱えてはいけない」について扱います。「みだり」とは神を自分の目的のために用いようとすることです。つまり、「私はこうしたから、神はこうせよ」と神と条件交渉をするようなことです。そのような取引は信仰ではなく商売。唯、神を感謝し、相応しい自分の働きを求めるものです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 長住バプテスト教会。福岡市南区長住1-8-20にあります。この教会の歴史はホームページで見ますと、「長住バプテスト教会は,福岡市南区長住にあるキリスト教の教会です。キリスト教のプロテスタント(新教)のバプテストという一派に属しています。 米国の南部バプテスト連盟から派遣された宣教師で、西南学院大学神学部のR.H.カルペッパー師の熱い祈りと奉仕で、長住団地の一室から始められた教会です。1966年6月 福岡市南区長住の長住団地の一室で礼拝開始.初代牧師R.H.カルペッパー宣教師就任(在任1974年まで)」ということです。カルペッパー宣教師のことは私も昔からよく聞いていました。中條ご夫妻とも牧師ですが、お二人はとっても仲が良くて睦まじい感じです。さらにお二人ともとても良く勉強される方ですばらしいなぁといつも思って尊敬しております。祈りの課題は以下です。①週日の生活において、キリストを紹介する歩みを。②多様な私たちが、共に生きる教会共同体に。牧師・中條 譲治、中條 智子

2023年01月14日

1/19 サムエル記上21章1-7節 「律法や安息日規定に勝るもの」

 サムエル記は歴史書で最後の「士師(=さばきづさか、ユダヤ王政樹立前の宗教的・政治的リーダー)サムエルとその後の王政樹立と王達について記された文書。統一ユダヤ一代目王はサウルですが、途中で神の目に適わなくなり、次の王ダビデが用意されますが、サウルの妬みをかい、逃亡生活を続ける必要がありました。その中で空腹になったダビデはノブの祭司アヒメレクのところに行き、パンを求めます。しかし、そこには神に献げたパンしかありませんでしたが、例外的にダビデに与えたのです。その話をルカ福音書6章において、安息日に麦の穂を摘んで食べた主の弟子たちが批判された時、主イエスが律法において例外や、命を優先するために律法を広く解釈し、律法でも命と愛が優先することを教えたのです。今日はT・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 須恵伝道所。福岡県糟屋郡須恵町大字旅石917-16にあります。「須恵(すえ)」は須恵土器というのを学校で習った方もいるでしょう。「邪馬台国」がどこにあったのか、それは今も議論が続いておりますが、私は九州北部だったと思っております。何より九州は大陸に近く、海も山も近いし、平野も多く、佐賀の「吉野ヶ里」遺跡をみても、かなり早期から文化が伝わってきたと思います。ついでに言いますと、大陸(中国とか韓国)はシルクロード等で東西文化の交流があり、ユダヤ教やキリスト教も紀元初めには入っていたと思われます。その影響を受けて「仏教」は元々修行によって悟りを得るのですが、キリスト教の影響で「信じる者は救われる」という大乗仏教が成立したと思いますし、ユダヤ教は、日本に入り、神道と影響し合ったと思います。とはいえ、深くは学んでいないので感想のようなものですが。戻して、祈りの課題は、①多くの魂が救われるように。②祈りと伝道が祝福されるように。牧師・竹田 進一

2023年01月14日

1/18 申命記5章12-16節 「休み方を考える」

 「安息日」の意味・由来は世界創造の中で神が七日目に休まれたことを基盤にし、かつてイスラエルの民がエジプトの奴隷状況から導きだされた「神による救いと恵み」を感謝する日という意味が加わりました。奴隷(奴隷は聖書全体から見て人間がつくってはいけない制度)や家畜、寄留している外国人にも休みが与えられます。色々な休み方があります。お正月休みは何十キロという渋滞で逆に疲れるのではないかと心配します。休みが与えられる時、「どのように休むか」「休みの目的は何か」を考え、その中に神との時間(礼拝)をつくることが肝要ですね。リクリエーション(再創造)だから。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 福岡新生キリスト教会。福岡市南区三宅3-33-1にあります。先日、帰省したときに、「博多温泉」というのがあるのを発見して行ってみれば、そのすぐ近くに福岡新生教会がありました。「博多温泉」は確かに温泉で、泉質は良いと思いますが、入口から脱衣所などは「昭和の温泉」という感じです。露店風呂があり、ぬるめのお湯でゆっくりひたることができます。ほかにも南市民プールがあったり、マンション等も周辺に多い地域です。また、ミッションスクールの「福岡女学院」もこの近くにあると思います。割と規模が大きい教会です。祈りの課題は以下です。①多くの人々の救い。②世界伝道のさらなる前進。③心身の病の癒し。主任牧師・竹田 殉聖、牧師・竹田 耶子武、宣教師・李 聖徳、河端 真理子、ジャナク・カンデル、国際関係交流主事・張 磊、協働牧師・竹田 浩、協働伝道師・野口 和子

2023年01月14日

1/17 ルカ福音書14章1-6節 「安息日を安息日とするもの」

 今日の箇所は安息日に律法で許されていない癒し(=医療行為)を主イエスに行わせ、訴えようとしていた人々に主イエスが安息日の真実の意味を伝えた箇所です。そして1995年のこの日、「阪神淡路大震災」が起こったことを覚えます。その時、私は宮崎にいました。神戸教会は大きな被害から守られたもの、教会や幼稚園は避難所や支援物資の提供地となり、教会の方々も「炊き出し」等を行いました。鉄道や道路も寸断された中で、22日の震災後最初の日曜は当時の加藤牧師は作業着のようなものを着て、集まった少数の方々と礼拝しました。厳しい状況で、幼稚園の職員等も泊まり込みの日々が続く中、「御言葉」に聞くことが混乱の中でこそ大事でした。心荒れ、多忙な作業の中で祈りと整えができたのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 小郡キリスト教会。福岡県小郡市稲吉1374-15にあります。西鉄小郡駅出口から徒歩約7分で着くようです。祈りの課題は以下です。①世の光、地の塩として、教会が、前進し続けるように。牧師・下川 睦子、教会主事・吉浦 徳美

2023年01月14日

1/16 創世記2章1-4節 「神が休まれる日」

 聖書が伝える「創造物語」は大きく二つあります。福音書が四つあるようにこの二つの物語は補完し合うものであり、進化論や科学書でもなく、神の創られた世界と人間は如何なる存在であるかを伝えるのです。最近あるテレビで「微生物」がすべての生物の根本であるような話を興味深く観ましたが、2章7節の人は「塵(ちり)」で形づくられたとあり、まさに「塵」のように目に見えない「微生物」かなぁとも思っています。さて、今日の箇所は第七の日に神が安息したとあります。ここでの一日は今の24時間とは異なる意味がありましょうが、「休み」もまた命の日々に必要なものと語るのです。きちんと休むことが命に必要なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 和白バプテスト教会。福岡県糟屋郡新宮町三代西2-13-13にあります。教会案内として以下のようにホームページに記されています。「私たちの教会は、1981年、個人宅での家庭集会から始まりました。その後、アメリカ人宣教師と共に、福岡教会の伝道所として開拓伝道を開始しました。現在の教会堂は1996年にアメリカからきたボランティアチームによって建てられたものです。1999年に和白伝道所から、「和白バプテスト教会」として教会組織しました。」とのこと。協力牧師の片山寛先生は、最近まで西南学院大学神学部教授をされていました。祈りの課題は以下です。①み言葉に生きる教会の歩みを。②地域の方々に仕える教会形成を。③各地での地震、豪雨の被災者のために。牧師・城前和徳、協力牧師・片山 寛、教会主事・樺島瑞代、宣教師・洪 淳奎

2023年01月14日

1/15 ルカ福音書5章17-26節 「あなたの罪は赦された」

 「中風」とは脳血管病で障害が出ている人。歩けなくなった人を心配した友人らが主イエスのところに連れていく、とても嬉しい光景。しかし、主イエスがいる家は人が一杯で中に入れません。「入れてほしい」と願っても誰も聞き入れなく、彼らは屋根を破って病気の人を上からつり降ろします。病気になるのは「罪」のせいと考えが一般的であったゆえに、主イエスは「赦し」の宣言と「癒し」をもってこの人と触れ合うのです。「どちらがやさしいか」という質問は難しいのですが、どちらも難しいこと。強いて言うなら病気は医者が治す可能性がありますが、「罪の赦し」は祭司が神の権威によってのみ可能です。主はどちらも恵みとして示し、祈りに応えてくださったのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 粕谷バプテスト教会。福岡県糟屋郡志免町志免2-5-25にあります。ホームページには以下のように案内がなされています。「1955年から、志免の地に聖書の御言葉の種が蒔まかれ続けて68年」
♪魂に虚しさをおぼえておられる方、聖書には、生きる指針が満載です。♪敬虔さは神の側からではなく、自己主張の投影に過ぎないことに気付いておられるでしょうか。聖霊に導かれるときのみ、自我に解放され創造主である神に信頼し、すべてを委ねることができる。一瞬でも想像主に委ねることができたなら、自己主張しなくてすむ安らぎを得られるのですが、聖霊の助け無しには委ねることさえ、できない。報いを望まず愛すことさえできない。だから、聖霊の助けを願い祈るのです。
イエスは言われた。新約聖書 ヨハネによる福音書14章16節(新共同訳)「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。」新約聖書 ヨハネによる福音書14章26節(新共同訳)弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。主イエス・キリストの御名により祈る祈りは決して虚無的ではなく、悔い改めと感謝と喜びに満たされる。
ご一緒に聖書に聴きましょう。霊的な耳を澄まして。」祈りの課題は以下です。①ぶれず、「御言葉」に立つ教会。②キリストの体なる「教会形成」。③新来者と共に癒される教会。牧師・高地京子

2023年01月14日

1/14 ルカ福音書7章36-43節 「主の愛と恵みに感謝した女性」

 「罪深い女」と呼ばれていたのはその仕事か、生活状況からでしょう。そのように呼ばれることはどれほど辛いか、あるいは「あきらめ」の境地でしょうか。しかし、この女性も以前にイエスに出会い、話をし、命の価値と豊かさを示されたのだと思います。その感謝を涙と油注ぎでもって主に示すのです。それが彼女がの考えた精一杯の応答でした。回りの人はその意味がわからず、こんな女性が入ってきたことへの嫌味を主イエスに感じます。主は語ります。1デナリオンは一日分の労働者の日当にあたります。多く赦された者はそれだけ感謝も多いのが当然でしょう。この女性に起こった赦しの恵みは生き様を変えるほどだったのです。罪の赦しは祭司がとりなすことでした。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 宇美(うみ)キリスト教会。福岡県糟屋郡宇美町宇美6-1-3にあります。ホームページでは教会の成り立ちが以下のように記されています。「超教派で家庭集会が転々と続けられる中、1950年西南学院教会宇美伝道所が開設された。鉱山でにぎわっていた1959年に会堂を建築し、人があふれた。鉱山閉山後、町はさびれたが、近年宅地開発が進んでいる。1964年に志免、篠栗、宇美の伝道所が合同の伝道所として西南学院教会粕屋伝道所となり、1967年に粕屋教会として教会組織。1992年に粕屋教会の宇美伝道所として再出発。そして、2006年に宇美キリスト教会として教会組織した。2011年に新会堂を建築。」。間村牧師は福岡大学でフランス語を学び、そのあと、なんと、シンガーソングライターを目指していたとのこと!今は作詞や作曲や歌を歌っておられるのでしょうか?Facebookではいつも素敵な写真が使われていてセンスがいいなぁと感心しております。祈りの課題は以下です。①子どもたちとの出会いのために。②地域の方々との出会いのために。③すべてはキリストの栄光のために。牧師・間村 史子

2023年01月14日

1/13 ルカ福音書6章37-42節 「裁きより先にすべきこと」

 人を裁くこと、特に罪人と決めつけること、それに対して主は教えられます。まずは人を裁くとは「この人は良い、この人は悪い」と判断することですが、その人がどうしてそうなのかと理解することが必要です。また、自分の価値基準は他者の価値基準と異なることをわきまえる必要があります。どうしても気になれば対話する必要がありましょうし、対話する気がなければその人のありのままを認めるべき。さらに「罪人」と決めつけるのは差別や抑圧の対象とすることです。人を真実に裁くことができるのは神だけであり、自らも罪や誤りの多い人間である認識が共に歩む基礎です。自分が他者から裁かれてそれに合点すれば良いのですが、傷を残す事が多いですね。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 篠栗キリスト教会。福岡県糟屋郡篠栗町中央2-10-3にあります。篠栗は「ささぐり」と読み、この周辺では多くの寺院があり、いくつあるのかわかりませんが、巡礼の地です。この教会の伊藤牧師とは神学部で同期に学んだ方で、とても親しみを覚えていますし、教会の地域が「ささぐり」と私の名前が入っているのでこれも親しみを覚えています。祈りの課題でここ数年「福音のオリジナル追及」」とありますが、たとえば、それぞれの福音書には伝える人と伝えたい人もあり、主イエスの言葉がそのまま完全に残っているわけではなく(ほぼ残ってはいますが)編集の手をはずしていって、元のイエスの言葉や思いを再現しようとする(「生活の座」の再現)ことでしょうが、その作業は、牧師が説教をつくるときに必ず行う作業のひとつなので、余りしっくりこないのね。ただ、主イエスの言葉や行動は当時、大変衝撃的だったのは事実です。祈りの課題は以下です。①毎週の説教ネット配信のために。②福音のオリジナルの探求のために。③讃美歌創作による伝道のために。牧師・伊藤 聡

2023年01月14日

1/12 ルカ福音書6章6-11節 「良いことと悪いことの判断」

 安息日礼拝で主イエスが宣教されます。しかし、一部の人間はイエスを裁く心で集っています。一人の手が萎えた人をイエスが癒すか否か。多分そのような情報は事前にイエスに伝えられ、もし、イエスがその人を癒したなら、安息日に禁止されている治療行為を行ったと訴えるためでした。そしてイエスはあえてその人を癒そうとし、人々に問います。安息日に許されているのは何か?安息日の目的は人間の解放を喜び感謝し、休息を与えることであり、それは命の救いや善を行う備えであるとの思いです。安息日ならなお、神なるイエスは人に助けと解放を与えるために癒しをするのです。悲しいのは、病の人の痛みや苦しみに共感し、援助せず、イエスを裁く道具にする礼拝者。今日はO・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト春日原キリスト教会。福岡県春日市春日原北町4-23にあります。ホームページでは以下のように案内がされています。「当教会は、1949年より春日市において伝道を開始し、1956年に教会組織を行いました。現在の会堂は、2003年に新築され、2階が礼拝堂となっています。(エレベーター、手話での応対もありますのでどなたもお気軽にお越しください。)所在地は春日市ですが、春日市・大野城市・福岡市(博多区)の市境に位置しており、また、JR「春日」駅から徒歩3分、西鉄「春日原」駅から徒歩4分と、利便性に富んでおり、各地から多くの人が礼拝に集っています。」とのこと。若い原田牧師とベテランの末松牧師のコンビで牧会がなされていますし、付属幼稚園として「恵星幼稚園」があります。祈りの課題は以下です。①教会が、神と人がつながり合う現場になれますように。②みんなが暴力から解放されますように。牧師・末松 隆夫、原田 賢

2023年01月14日

1/11 創世記4章1-16節 「世界最初の殺人事件」

 創世記の最初は人間とはどのような存在かを示します。アダムとエバの子カインとアベル。二人は収穫の感謝を主に献げます。アベルは羊の中で最も良いものを吟味して主に献げます。カインは適当にあるいは、自分には良いものを残し、普通かあるいは良くないものを献げます。ところが、主はカインの献げものを良しとされませんでした。その時、カインがとるべき態度があります。多分、理由は解るので、悔改めて良きものを持ってくることができますがカインは真面目に献げたアベルを憎み、妬み、「お前がそのようなことをするから自分の悪が知られた」と思い、アベルを殺すのです。その思いは私共の内に今もあります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 福岡南キリスト伝道所。福岡市南区桧原2-54-7にあります。HPにはこう案内されています。「今から100年前、アメリカ南部バプテスト派の宣教師C・K・ドージャーは27才で来日し、福岡の地に導かれて西南学院を創立しました。教育の根底にキリスト教の信仰を据え、日本バプテスト連盟がそれを支えています。私たち福岡南キリスト教会も、聖書から教えられ育てられてきました。特に生涯教育の場として、母親・父親教育、乳幼児教育、学校教育を考えながら活動をすすめています。人生のいかなる場も学びのチャンスがあります。聖書のことばに耳を傾け、知恵をいただいて共に歩み学びましょう。教会のヴィジョン「隣人と子どもたちに仕える教会」
聖句「子どもたちを来させなさい。私のところに来るのを妨げてはならない。天の国はこのような者たちのものである。」(マタイ19:14)

 以上のように案内がなされ、未就園児童とお母さんのクラスや「子ども食堂」を行ない、地域に仕えている教会です。祈りの課題は以下です。①礼拝が休むことなく継続されること。②未就園児母と子の育児活動の応援。③ひばるん子ども食堂は地域交流場。牧師・有吉 光寛、伝道師・柴田 公文

2023年01月08日

1/10 ルカ福音書 5章27-32節 「罪人とは誰のこと?」

 「徴税人」とはユダヤでローマへの税金を徴収する仕事で、計算方法で騙して私腹を肥やし、金貸しをしていた人であり、人々からはローマに魂を売った罪人と言われていました。レビはイエスと出会い、その話を聞いていましたし、その心が飢えていたゆえ、主の招きに応えます。そしてキリスト者になったパーティを開き、仲間等を集め、そこに主もおられます。人々はイエスを罪人の仲間と攻撃します。主は語ります。「罪人」とはここではラビを含みますが、よりその罪性を示すのは、自分は正しく、人を裁けると思い、人間を差別し、ラビをそのような生き方にさせていく社会や共同体のことです。病んだ世界は他者を攻撃する世界です。今日はT・YさんとH・Tさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 筑紫野二日市キリスト教会。福岡県筑紫野市塔原東4-6-11にあります。HPの案内にはこう記されています。「筑紫野二日市キリスト教会のホームページへようこそ。青い空と緑の筑紫野、北東に宝満山、南西に天拝山。「空の鳥を見よ、野の花を見よ」との聖句がぴったりのここ二日市で1985年に集会がスタートしました。聖書のみ言葉と賛美、そして祈りを大切にしています。西南学院、西南女学院、久山療育センター、京都の日本バプテスト病院と同じバプテストの精神に基づいた、正統で福音的なプロテスタント教会です。」。加来牧師はサックスをとても上手に演奏されますし、お連れ合いの陽子さんはピアノを演奏され、お二人で演奏できるってとても素敵ですね。祈りの課題は以下です。①新来者・求道者・バプテスマ受浸者が与えられますように。②信仰の継承を育成する。牧師・加来 国生、音楽責任者・加来 陽子

2023年01月08日

1/9 創世記3章8~9節 「あなたはどこにいるのか」

 人を試みる者として蛇が登場します。しゃべる蛇にびっくりしてはいけません。蛇は人間心理に対する挑戦者であり、人間は信仰や良心が常に挑戦を受けるのです。蛇は「神の言ったことは本当か」「神の言うことを信じて良いのか」と問い、自分の見解を語ります。人間はそこで迷いが生じ、神が願わねことが良いことのように感じ、選び取るのです。神の意思に反抗するのはまさに原罪といえましょう。女性はその責任を楽にしようと共犯者を求めます。その結果、人間は「恥」を知りました。それまでは「隠さないで生きる」歩みでしたが、「隠す」ことを始めたのです。人との違いを隠し、自分の過ちを隠し、神の前から隠れるのです。でも、そのような人間をなお神は探しています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 筑紫野南キリスト教会。福岡県筑紫野市原田5-1-24にあります。JR鹿児島本線、原田駅から徒歩7分のところにあります。現在、専任牧師不在ですが、早く決まればいいですね。祈りの課題は以下です。①ふさわしい牧師の招聘。②地域のより多くの方々への伝道。③信仰継承と後継者育成。代表役員代務者・梅木 光男

2023年01月08日

1/8 ルカ福音書4章1-13節 「試みる者=心見る者」

 主イエスの活動の始まりは悪魔のテスト。「悪魔」は「試みる者」であり、人を試み、人の弱点をついて、神から引き離す力です。第一は空腹のイエスに「この石をパンに変えよ」との試み。主は「人はパンだけではなく、神の言葉によって生きる」と要求を否定します。次は世界の権力と繁栄を与えようと試みますが、それは悪魔を礼拝する事が条件であり、「ただ主に仕えよ」と拒否します。最後は「神殿の屋根の端から飛び降りて見せて、天使が助けるのを見たら、人はお前を信じるだろう」と語ります。主イエスは奇跡的な業を見せることで人を信仰に導いてはいけないと語るのです。我らに試みがあるとすればどのようなものでしょうか。今日はY・Kさんの誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 鳥栖キリスト教会。鳥栖は「とす」と呼びます。この教会の牧師は新生讃美歌「たとえばわたしが」の作曲者ですが、この歌はもう35年程の前の作品なので、本人は少しいやがっているかもしれません。それぞれの信仰はいろいろ成長や変化ととげていきますので。協力牧師の濱野牧師は、通常は西南学院大学神学部教授をされています。世界的に有名な神学者ケーゼマンからも目をつけられ、ケーゼマンのもとで論文を書いたのではないかなぁと思います。新しい会堂を建築予定ということで、この教会の歩みを注目しお祈りしております。そういえば、最近、若い頃から存じ上げている鳥栖教会のメンバーのO・Eさんが鳥栖や福岡のライブハウスで歌を歌っているようで、いつもFBでみています。一度機会があえば、福岡のライブハウスで歌を聞きたいと思っています。祈りの課題は以下です。①3年後に計画している新会堂建築が、地域に暮らす様ざまな方々と喜びあえるものとなり、必要が満たされますように。牧師・野中 宏樹、協力牧師・濱野 道雄、主事・日比 亜門

2023年01月01日

1/7 ローマ書8章31-39節 「神の愛から引き離すものはない」

 「誰ができるのか」と畳み掛けるように語るパウロ、誰もキリストの愛から引き離すことはできない!と語ります。括弧内は詩編44編23節の引用です(パウロはギリシャ語訳旧約聖書を用いていたので、へブル語→ギリシャ語→日本語とされているので訳がこのようになる)。私共人間は様々な危機と困難に囲まれています。しかし、何であろうが、主イエスが私共のために死に引き渡され、しかし、その死に勝利し、復活の命に生きています。主イエスの犠牲と赦しによって、私共もまた神に赦され、愛される者として招かれているのです。神の愛から引き離すものは何もない、ゆえに、私共は勇気をもって、信頼をもって、生きている限りこの地上を「愛し赦された者」として歩み続けていくのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 久留米キリスト教会。福岡県久留米市西町851にあります。福岡市の南の中心部が「久留米」です。九州内の交通の要所として昔から栄えていました。久留米ラーメンとか、久留米がすり、とか、久留米競輪とか、いろいろあります。この教会は某有名芸能人が育った場所でもあります。また、付設幼児園「めぐみのその」を運営しています。「踊」という名前はもともとは薩摩、鹿児島の名前みたいです。祈りの課題は以下です。①コロナ後に向けた取り組みの進展。②教会が多くの人の居場所となること。③バプテスマや転入希望が起こされること。牧師・踊 一郎、教会主事・踊 夢希

2023年01月01日

1/6 ルカ福音書23章32-43節 「カルバリ山の十字架」

 「されこうべ」とは「頭蓋骨」、英語では「カルバリ」、ユダヤの処刑所。二人の犯罪人の真ん中に主イエスの十字架がたちます。犯罪人は「強盗」あるいは「政治犯」と考えられます。その十字架の上で主イエスは「彼ら(自分に死刑を決定し実行した人々)をお赦しください」と祈ります。死刑を決めた議員等も「他人を救ったのに自分を救えない」と馬鹿にしますが、そこにおいて、なんと主イエスの福音を語ったのです。通常は「自分を救う」ことが一番で、それができて他人を救えると考えます。いや、自分を救うためには他人も犠牲にすることもあります。 しかし主の福音はあなたを死から救うための死なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 久留米荒木キリスト教会。福岡県久留米市荒木町荒木1450にあります。この教会は以前、平日に寄ったことがあります。山小屋の雰囲気が柔らかく、ベンチに座るのではなく、床にみんなが好きな恰好で座ってよいようです。もちろん椅子に座って礼拝もできるでしょう。JR「荒木」駅からも近い場所だったと思います。かつては小学校の教諭をされていた方が、牧師になり、この教会で務めています。祈りの課題は以下です。①独り言の「何ともならん…」を、みんなの「なんとかしようよ!」に創り変える主イエスの飯場(はんば)たれ! 牧師・溝上 哲朗、協力牧師・吉田 晃児、塚田 正昭、教会主事・山田 哲也

2023年01月01日

1/5 ルカ福音書22章24-30節 「役職によらず皆が仕える働きへ」

 弟子の間で誰が一番偉いのか、という議論が起こります。主イエス自身は弟子の中に「代表」とか「代務者」を決めておらず、弟子側とすればリーダー役を欲したのです。「社長」とか「部長」とか職務を決めることは運営や責任性の点で良いのかもしれませんが同時にそれは権力濫用や私利私欲による運営の危険があります。その点で主イエスは弟子達の個性を知りつつ、他の弟子に権力の移譲はしません。なぜなら、主イエス自身、自ら進んで「給仕する者、仕える者」であり、組織的には一番下の働きなのです。ただ、ここでは主イエスが権威の移譲、「支配権」を弟子に与えたように見えますが、その後の弟子の姿を見ればここで正式に与えられなかったとするのが適切でしょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 壱岐キリスト教会。長崎県壱岐市郷ノ浦町片原触218にあります。「壱岐」とは九州と韓国の間にある島です。まとめて「壱岐・対馬」と呼ばれます。日本と大陸の中間点として古来から要所でした。住所は長崎県ですが、行くのは福岡からフェリーやジェットホイルがでています。まだ行ったことのない場所で、一度行きたいなぁと思っています。うちの妻と娘は私の両親と遊びにいってきて羨ましかったです。お魚が美味しいのは間違いないよね。小さな島なのでキリスト教の伝道は厳しいと思います。でもぜひ、壱岐の方、この教会に行ってほしいです。祈りの課題は以下です。①壱岐に福音が行き渡りますように。②教会創立69年を感謝し、祈ります。③教会に集う人たちをお守りください。牧師・飛永 孝・飛永 永子

2023年01月01日

1/4 アモス書8章11-12節 「主の言葉に飢え渇く時」

 アモスは南王国ユダで紀元前750年頃活躍した預言者。牧人であり、農業家でした。今日の箇所は「裁きの日」について語りますが、決して人類最後の終末の日の意味ではなく、危機に陥る時の世界の有様を記し、そのような事象に気づいたら悔い改め、人々が歩む道を変えることが期待されています。「飢え、それもパンではなく、主の言葉を聞くことのできない飢え」を語ります。「主の言葉」が本来世界を良きものにし、愛と配慮に満ちる世界を創るものです。しかし「主の言葉」を求めず、自己利益を追求し、他者を差別・排除・攻撃する世界へと向かう風潮を感じるなら、ますます主の言葉を告げ知らせるべきですし、我らの心も「主の言葉」に養われるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大川キリスト伝道所。福岡県大川市小保667-1にあります。「大川家具」で有名な場所ですが、福岡県なんですね。うちの近くに「大川家具」っていうのがありますが、九州の大川とはまったく関係ないとのこと。誰でも九州の「大川家具」の関係会社と思いますよね。なお、伝道所で、母教会は佐賀基督教会です。組織として独立していないのですが、やっていることは教会と変わりありません。祈りの課題は以下です。①礼拝・祈り会が聖霊の満たしの中で。大川全戸に福音を届ける。③各自賜物活かされて一致して使える。伝道師・中村 千枝子

2023年01月01日

1/3 エレミヤ書15章16、19-21節 「御言葉をむさぼり食べる」

 「おせち料理」は皆さん食べたでしょうか?「豆」は「まめまめしく働く」とかそのような話と共に食べたものでした。そして新年に「御言葉」(神の言葉=聖書)は食べましたか?「聖書」は線を引いたり、メモしたり、どんどん汚すものです。御言葉が心に入り、自分のものとなり、それが喜びや希望、知恵となっていきます。「むさぼり食べる」のは苦しみの中で、支えとなる言葉を懸命に探す姿。「御言葉」に飢え渇く時があります。それは課題や問題に直面した時。「主の御心を教えてください」「主よ、今の歩みに相応しい道を備えてください」と祈る時、同時に「御言葉」を探してほしいのです。御言葉こそあなたの心を耕し、栄養を与え、あなたの豊かな実を結ばせます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 佐賀基督(キリスト)教会。佐賀県佐賀市水ノ江4-2-18にあります。1947年創立の歴史ある教会で、パイプオルガンも備えられています。現在は専任牧師不在ですが、早く良い牧師さんが来たらいいですね。祈りの課題は以下です。①紛争地域に早急な平和協定の締結。②みこころに適った牧師招聘の実現。③地域伝道の実を結ぶ活動のために。代表役員代務者・中村 千枝子

2023年01月01日

1/2 申命記8章2-6節 「あなたの歩みを振り返って」

 出エジプトの旅を振り返りモーセは語ります。40年、とは長いようで短く、多くの方々がそれ以上の年数を歩んできたことでしょう。その日々には「苦難の思い出」「不足に陥った時」等もありました。でも、今日の命があるのは、その危機を乗り越えたあなたの努力かもしれませんし、家族・友人の支えかもしれませんし、何より主の伴いがあったのではないでしょうか。子どもを訓練する、とは今はあまり使わない言葉。でも多くの親は子どもの成長を考えて厳しくも優しくも関わっていきますし、その親の思いこそ神の思いでした。成長の過程で親に恨みや憎しみを持つなら、ぜひ相談してください。「人はパンだけではなく、主の言葉によって生きる」歩みを願いましょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 霊水(たまみず)キリスト教会。佐賀県佐賀市城内1-8-16 にあります。住所のように、佐賀城の堀の中にある教会で、昔行った時はわりと近くにホテルなどありました。佐賀県は平野が多く、歴史的にも「吉野ヶ里遺跡」がある住みやすい場所だと思います。JRに乗って福岡県から佐賀県に入ると全然空気が違うのです(澄み切った感じ)。祈りの課題は以下です。①専任の牧師招聘。②海外留学生の佐賀での学びと平安。③教会員一人ひとりの健康。牧師・塚田 正昭(久留米荒木教会派遣)

2023年01月01日

2023年1月1日元旦礼拝 巻頭言「2023年うさぎ年に思うこと」

▲23年は「兎(うさぎ)年」です。イスラエルはじめヨーロッパ、アジア等どこでもおなじみの動物。聖書では同じ文脈で「野兎」が2度出て(レビ11章6節、申14章7節)、「食べてはいけない動物」とされます。理由が「反すうするがひづめが分かれていない」とされますが、「兎」はそのどちらの特徴もないので、本当は別の動物を指したと考えられますので「食べてさしつかえない」ことになります。▲キリスト教会では春に兎が穴から飛び出す様子から「イースターラビット」が知られ、デザインされます。▲「兎年」は、兎には跳ねる特徴があるため、景気が上向きに跳ねる、回復すると言われます。1987年の兎年は地価の異常高騰(銀座で1坪1億超え・財テクブーム)、1999年は東海村核燃料会社で国内初の臨界事故。金融再編大展開。しまなみ海道開通。欧州に新通貨ユーロ誕生、前回の「兎年」である2011年は東日本大震災・原発事故で甚大被害、歴史的円高で一時1ドル=約75円等を記録しています。▲卯年生まれの人は、穏やかで優しく、かつ優雅。礼儀正しいので、様々な人から信頼されますが、警戒心が強い一面もあり、他人へ心を開くことに消極的。やや飽きっぽい部分があると言われますが、どう思います?▲「ことわざ」としては、「二兎を追うものは一兎をも得ず」、「兎の昼寝」は亀との競争に負けた話から油断しないこと。▲何より所沢教会は伝道開始60周年「還暦」です。跳躍の年になれば幸いですが、コロナの穴から出て、主の恵みの豊かさを告げ知らせたいものです。(献)

2023年01月01日

12/26~2023/1/1 特別版(メッセージなし)

12月26日(月) 聖書:イザヤ書9章5~6節 「平和のみどり子」 
今日の祈り:鹿島教会(佐賀県)。①万人祭司の教会の実現。②離れている会員の信仰の回復。③牧師の健康が守られるように。牧師:玉置 行

12月27日(火) 聖書:ルカ福音章2章15~21節 「母の思い巡らし」
今日の祈り:バプテスト北九州地方連合。①宣教支援センターへの8年間の連盟全国支援感謝。4月からの連合独自の運営が守られますように。会長:谷本 仰(南小倉教会牧師)

12月28日(水) 聖書:ルカ福音書2章22~35節 「シメオンの祝福」
今日の祈り:連盟「ハラスメント対策委員会」。①対策委員会の取り組みのために。ハラスメントで苦しむ悩む人々に適切な解決が与えられるように。委員長:城倉 由布子(泉教会員)

12月29日(木) 聖書:ルカ福音書9章46~48節 「いちばん偉い者」
今日の祈り:日本バプテスト連盟「宣教研究所」。①新任牧師・主事研修会の準備と参加者のために。②宣研の研究・研修・情報発信等のために。③運営委員会及び宣研スタッフの働きのために。運営委員長:高橋 秀二郎(広島教会員)、所長:朴 思郁(西川口教会協力牧師)

12月30日(金) 聖書:ルカ福音書10章21~24節 「幼子のような者に」 
 教会の祈り:日本バプテスト連盟と北関東地方連合の働きのため。
今日の祈り:協力・友好団体を覚えて。①日本バプテスト同盟(理事長:大谷誉生)、②沖縄バプテスト連盟(理事長:渡真利 彦文)、③日本キリスト教協議会(NCC 議長:吉高 叶 <連盟 市川八幡教会牧師>)

12月31日(土) 聖書:ルカ福音書2章39~40節 「幼子の成長」
 教会の祈り:1年の恵みを感謝して。
今日の祈り:連盟引退教役者の方々を覚えて。濱田 隆氏(熊本県在住)、濱中恒雄氏(福岡県在住)。 

2023年1月1日(日) 聖書:ルカ福音書2章41~52節「十二歳のイエス」 
 教会の祈り:新年の教会と教会員、ご家族の歩みが祝福されるように。
今日の祈り:佐賀新生教会(佐賀県)。①牧師亡き後の当教会成長のために。②後継者K神学生の健康御守りのために。③タイの森田覚偉霊宣教師のために。 代表執事:河野 正成

2022年12月25日

12/25 ルカ福音書2章1-20節 「愛のない時代のクリスマス」

 イエスが生まれる頃、ローマによる人口調査が行われ、人々は故郷に帰り、登録する必要があり、人の移動が多く、宿屋はどこも一杯。そのため家畜小屋でイエスが生まれました。人々の心もまた、多忙と自分の生活のことでいっぱいで、身重の夫婦を心配し配慮する余裕はありません。もちろん、その原因はローマの占領下だったこともあります。マザー・テレサは語ります。「母マリアにはイエスを産む宿すら与えられませんでした…クリスマスは小さく無力な、愛を必要とする子どものようにやってきます…もしマリアとイエスが宿を求めているとき、あなたの家庭を選ばれるでしょうか」。クリスマス2022,おめでとうございます。このページをご覧のあなたの上に、そして、世界の人々に平和と愛がありますように!新年はぜひ所沢キリスト教会においでください。今日はK・Tさんの誕生日、そしてイエスさまの誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 嬉野基督教会。「基督」は「キリスト」と読みます。古い教会では今だにこの名称を使っている教会があります。佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2350-22にあります。「嬉野」は名前がとても良いですね。温泉やお茶が有名ですし、私が大好きな漫画「美味しん坊」で、嬉野温泉の温泉を使用した「温泉湯豆腐」、とても美味しいです。もう70年以上の歴史を持つ教会です。私も時々、引退後はどうしようかなーと考えることが多くなりましたが、暮らしやすい地方で、バプテスト教会の近くで、教会のお手伝いしながら過ごしたいと考えることです。まぁ、実際、数年後から10数年以内で、生きており、健康がある程度守られていることが前提ですが。そう思い通りはいかないかもしれませんが、たまに考えると楽しいです。話がずれていきましたが、嬉野教会の祈りの課題は以下です。①処女降誕のキリストを信じる信仰。②聖霊により、神を父と呼ぶ信仰。③救霊のため兄弟姉妹皆共に祈り励む。牧師・藤野 慶一郎、協力宣教師・車 孝振、金 恩妃、祈祷主事・相原 和子、伝道主事・橋爪 義行

2022年12月19日

12/24 ミカ書5章1-3節 「小さき者に注がれる恵み」

 ミカは紀元前8世紀、第一イザヤと同時代の預言者。社会・政治・宗教的に堕落の道をたどる神の民に対し神のさばきが来ることを告げると共に、続く神の赦しといやしを語りました。また偽りの敬虔や偽善にも立ち向かい、神の願いを告げ知らせました。エフラタとベツレヘムはいずれも地名で、小さな町からイスラエルを治める者が出るのですが、時代的にダビデ王のことではなく、キリスト預言と考えられます。「出生は永遠の昔」なので、通常の人間としては考えられません。2節は「捨てられた」とされたような人々が再び集められ、群れを養なう真実の王として、大いなる者となるのです。聖書は常に「小さい群(者)」に注がれる恵みを語っていることを感謝です。今日は「クリスマス・イブ」。この夜はたくさんの思い出がつまった日だと思います。私もいろいろ思い出すことの多い日です。どうぞ、皆様に素敵なイブが訪れますように。当教会のイブ礼拝は19時半~約1時間行われます。ZOOMでも中継しております。ただ、ZOOMは音楽には良くないので、都合のつく方は教会においでください。まだ12席ほど空きがあります。トップページをご覧ください。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 佐世保キリスト教会。長崎県佐世保市熊野町186にあります。佐世保中央公園の中にあるような教会です。こっちの教会だったけなぁ、よく絵画で題材とされる教会は、、、。残念ながらまだ行ったことのない教会です。ホームページは欲しいですね。この教会の鮫島牧師は、かつては「パチプロ」(パチンコのプロ)から転機を得て、牧師になった方です。当教会でも十数年前にお話をしてくださいました。祈りの課題は以下です。①ウィズコロナ社会の実現。②隣接する佐世保中央公園来園者が教会につながるように。③神の国の拡がりを体験。牧師・鮫島 則雄

2022年12月19日

12/23 イザヤ書11章1-10節 「主の平和を祈りつつ」

 「エッサイ」とはユダヤ統一王国二代目王「ダビデ」の父で、ベツレヘムに住んでいました。イザヤ書は王国分裂後の時代なので、「エッサイ」を根(ルーツ)とする若枝とはイエス・キリストを指すと解釈されます。そしてこの方のもとで正義が行われ、平和な世界が訪れるのです。4節の「唇の勢いで…死に至らせる」とは、怖いように感じますが、主の言葉に逆らう者は、主イエスが殺すというより、自分で自分の首をしめるのです。ネットではプーチンが逃亡を準備していると伝えられますが、どうして彼が生き延びることができるでしょう。主の平和が実現しないのは主イエスを人々が求めなかったから。我らは希望を捨てずに「神の国」の実現を祈り続けます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 相浦光キリスト教会。長崎県佐世保市新田町276-2にあります。この教会は赤い玄関が印象的です。ホームページでは以下のように案内がされています。「相浦光キリスト教会は、佐世保市が誕生した百数年前に、時を同じくして開設された佐世保市中央公園の中にある佐世保キリスト教会を母教会として、1967年(昭和42年)に相浦・真申の地に伝道所として開設されました。1999年(平成11年)に相浦光キリスト教会として教会組織し、2002年11月に相浦・新田の地に新会堂を建設し、移転しました。現在この地で、教会設立理念「キリストの愛を伝える」に基づき、教会活動を続けています。」ということです。最寄り駅は「松浦鉄道」の「上相浦」駅のようです。この地域は「九十九島」という小さな島がたくさんあるところに近いですし、確か「ハウステンボス」等もあったと思います。もう20年前位か、家族と両親とでハウステンボスで遊んだあと、九十九島の見えるところに泊まったのですが、温泉がすごく良かったです!もう一度行きたいと思う場所でもあります。祈りの課題は以下です。①礼拝者として生きる日々。②高齢者の信仰が支えられるように。③東アジアの平和を祈り続ける。牧師・武林 真智子

2022年12月19日

12/22 詩編27編 「主を待ち望め」

 「主はわたしの光」。今日は「冬至」です。日が短い時、今年の歩みを思い起します。コロナが引き続き、ロシアのウクライナ侵攻が始まり、物価高が襲いました。ウクライナの厳しい冬を思えば、その辛さ、いかほどでしょう。そしてクリスマスもまた暗い季節が選ばれました。闇の中でこそ光を望みますし、その闇に「光」として生まれた主イエス。その平和の光が世界に等しく輝くようにお祈りします。個人としては今日の四節を願います。そして、社会においては11節を覚えて祈ります。「平らな道」、それは平和の道です。人間の英知や政治は争いの準備を始めようとします。必要なのは「平和」の備えです。「地球規模」が叫ばれる時代、世界と協調の時代を願うのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 大村古賀島キリスト教会。長崎県大村市古賀島町300-23にあります。アクセスは大村ICから車で約8分※駐車スペースあり、JR 諏訪駅から徒歩約20分、長崎空港から徒歩約15分ということです。何十年も前に、この教会で行われた連合少年少女大会に招かれて伺ったことがあります。「大村」は湾に面した静かな地という感じですね。また、長崎空港のすぐ近くですし、近くには運転免許試験場や自衛隊の大村駐屯地があります。川久保牧師はまだ若い牧師で、埼玉県出身、神学校に行かれる前は連合での交流がありました。祈りの課題は以下です。①求道者の神との出会いのために。②一人ひとりの神との対話のために。 ③相互理解という「平和」のために。牧師・川久保 拓也

2022年12月19日

12/21 ルカ福音書13章22-30節 「生活を整えること」

 「救われる人が少ないのか?」との弟子の質問に共感します。多くの人々に教会を案内し、主イエスを伝えても信仰に入る人はとても少ないのです。時に私は「伝道する力がないのでは」と牧師としての進退を悩んだ時もありました。主イエスは狭い門であることは認めつつ、その要因と結果を語ります。門を閉める時間は決まっていたでしょう。しかし、用意を整えず、他のことに時を用いて間に合わなかったのです。美味しい店で食べるために何時間も前から並ぶ様子が紹介されますが、そこまでせずとも、礼拝や主の働きを覚え、時を備え整える生活が嬉しい、安定した生活なのです。時と順番を誤った時、人がいくら後悔しても、時を取り戻すことができないのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 諫早キリスト教会。長崎県諫早市上野町17-2にあります。「上野町公園」に隣接して建てられている教会はよく絵画の風景になるようです。祈りの課題は以下です。①将来を見据えた教会形成への導き。②一人ひとりがより大切にされる教会。③地域に開かれたより活発な教会へ。牧師・向山 満

2022年12月19日

12/20 ルカ福音書9章57-62節 「優先順位を考えること」

 主イエスに自分から従いたい人、あるいは主が「従いなさい」と招く人々があります。従おうとする人に「…枕する所もない」、つまり、その多忙さを語ります。その後は記されませんが、多分「ではやめます」だったのでしょう。主イエスが招いた人は「父が高齢なので、落ち着いてから」とか、家族と「いとまごい」(=別れを告げて)と断ります。まぁ、人間はよっぽどの気持ちがないと先延ばしにします。主イエスにとっては「先延ばしできない、大事なこと」で、温度差があります。でも断った人の気持ちは良く分かります。私も優先順位を日々決めて生きてますから。でも、時々、「この順番が最善なのか」と考えてみたいものです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 長崎バプテスト教会。長崎市片淵1-1-4にあります。1896年創立で、先日120周年記念の礼拝等が行われました。長崎っていう町は本当に山が迫って平地が少ないのですが、その中で、町の中心に近いところにあります。アクセスは・長崎電気軌道「諏訪神社前」電停下車、地下道に降りて右へ、2Aの出口より出ると、親和銀行前に出ます。その右手、川向こうに教会が見えます。ということです。「諏訪神社」はよく聞きますね。この教会では「幼児教室光の園」や「ゴスペル活動」「ハングル語講座」等も行なわれていますし、何より特徴的なのは日曜の第二礼拝が11時02分から始まることです。その意味をこう伝えています。「1945年8月9日午前11:02、長崎市に一つの原子爆弾が投下され、7万人を超える人が死に、多くの人々がその後も放射能と被爆によって身体的、精神的、社会的そして霊的な苦痛を受けました。私たちは二度とこのような悲劇がこの地上に起きることがないように、教会は毎週日曜日の礼拝の度ごとに、まことの平和を覚えて祈ります。」この時間、「鐘」が鳴りますが、この鐘はキムさんから献げられたもの。そのことは長崎バプテスト教会のホームページをご覧ください。祈りの課題は以下です。①120周年記念の納骨堂建築・ノーザンクロス(北部伝道)のために。②教会内の組織改革のために。 委牧師・曺 銀珉、副牧師・田口 圭子、音楽主事・嘉手苅 夏希、教育主事・竹内 洋美

2022年12月19日

12/19 フィリピ書2章1-11節 「へりくだる態度」

 パウロは「あなたがたに幾らかでも」と書きます。分派争いや対立がある教会に少しでも主イエスの思いがあれば、ということですが、それが教会に必ず必要なのですし、そうでなければ教会は教会となり得ません。「励まし」等いろいろ記しつつ、まさにそれはキリストの姿だったよね、とキリストに学ぶことを伝えるのです。「へりくだる」姿はキリストの姿。それは「神」である方が、私共と同じ姿で同じ地上を歩まれたこと。そして、何ら自慢することもなく、私達と同じ目線に立ち、話を聞き、慰めと励ましと力をくださったのです。「私は偉いんだ」という空気を漂わせる方があります。一方で自分を受け容れる態度で接してくださる方もあります。その時とても安心します。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 多良見キリスト教会。長崎県諫早市多良見町市布1272-45にあります。「たらみ」という名前に何となく親しみがあるのは「ゼリー」等で「たらみ」という会社をきくからですね。多分、その町にある企業なのでしょう。元々「みかん」の産地ですし。現在牧師がおりませんので、そのことを祈っておられます。代表役員代務者の松本さんは、連盟の理事や、日本バプテスト連盟に連なる教会・伝道所が支援しているインドの「プリ・キンダーガルテンスクール」の「里親の会」の世話人代表をしてくださっています。「プリ・キンダーガルテンスクール」はインド オディシャ州プリというベンガル湾の海岸都市で貧困ゆえに教育を受けることができない子どもたちの教育支援を行なっています。50名の収容人数で年齢は3歳~6歳です。当教会も里親会に月千円という金額ですが、祈って送金しております。関心のある方はこの学校のホームページ(英語)をご覧ください。教会の祈りの課題は以下です。①牧師招聘のために。②礼拝を大切にする群に。ポスト・コロナの活動のために。代表役員代務者・松本素代美

2022年12月19日

12 月12日~18日 祈りの課題 特別版

12月12日(月) 聖書:ルカ福音書11章27~28節 「幸いな人」 
教会の祈り:新年度執事選挙と立てられる方々のために。今日の祈り:八代伝道所(熊本県)。①新来者が与えられますように。②信仰の喜びを分かち合い伝える教会に。③恐れずあきらめず伝道に取り組む教会に。牧師:桑原 伸良

12月13日(火) 聖書:ルカ福音章12章35~40節 「人の子を待つ幸い」
 教会の祈り:新来者・求道者・決心者が与えられますように。今日の祈り:種子島伝道所(鹿児島県)。①後継者が早く与えられますように。②世界宣教のために祈り続ける教会。③沼田牧師の健康のために。 牧師:沼田 俊昭

12月14日(水) 聖書:ローマ書12章9~15節 「共に喜び、共に泣く」
今日の祈り:菊池シオン教会(熊本県)。①コロナの中での礼拝・諸集会が守られるように。②集う方々とご家族の健康が守られ、日々の必要が満たされるように。③これからの教会形成と成長のために。牧師:濱川 耕一

12月15日(木) 聖書:詩編34編2~11節 「共に主をたたえよ」
 教会の祈り:U・Aさんの誕生日おめでとうございます!今日の祈り:東熊本教会(熊本県)。①「共に」礼拝を行うための取り組みが、充実し、広がっていきますように。 牧師:三上 充

12月16日(金) 聖書:詩編25編1~5節 「わたしの魂は仰ぎ望む」 
今日の祈り:有明教会(福岡県)。①平日宿題会に福音を。②キリストの弟子の歩みを。③会堂建築のビジョンを。 牧師:田中 文人

12月17日(土) 聖書:サムエル記上2章1~10節 「ハンナの祈り」
 教会の祈り:クリスマスの準備が整えられますように。今日の祈り:大牟田教会(福岡県)。①礼拝、集会が祝福されるように。②高齢者・病床者の守りと癒しのために。③光の子幼稚園が祝福されるように。 牧師:浦 肇

12月18日(日) 聖書:ルカ福音書1章39~56節
 「マリアとエリサベト」 
教会の祈り:O・Yさんの誕生日おめでとうございます!今日の祈り:五島教会(長崎県)。①求道・受浸者が与えられますように。②地域に開かれた教会となれるように。③更に教会員が与えられますように。 牧師:中村 清架

2022年12月10日

12月5日~11日 祈りの課題 特別版

12月 5日(月) 聖書:エフェソ書1章1~9節 「御子による恵み」 
今日の祈り:人吉教会(熊本県)。①日々、みことばに接し、祈る。②与えられた所で主を証しする。③日々の恵みに感謝し献げる。牧師:永渕 一隆

12月 6日(火) 聖書:エフェソ1章10~14節 「救いをもたらす福音」
 教会の祈り:H・Cさん(誕生日)。今日の祈り:熊本南教会(熊本県)。①地域に開かれた教会となるように。②福音を伝えるクリスマスの準備のために。③賛美チームの働きのために。 牧師:朴 哲浩

12月 7日(水) 聖書:マタイ福音書 1章18~25節 「主の天使とヨセフ」
教会の祈り:M・FさんとH・Hさん(各誕生日)。今日の祈り:羊の群れ伝道所(熊本県)。①時世代の聖書教育のために。②もっと安定して集会場所が与えられること。③各地での家庭集会の開始を目指して。牧師:朴 哲浩

12月 8日(木) 聖書:創世記 18章9~15節 「主に不可能はない」
 教会の祈り:K・Tさん(誕生日)。今日の祈り:東熊本教会(熊本県)。①「共に」礼拝を行うための取り組みが、充実し、広がっていきますように。 牧師:三上 充

12月 9日(金) 聖書:ルカ福音書 18章24~30節 「神による救い」 
今日の祈り:豊岡伝道所(熊本県)。①教会の歩みのために。②教会財政の祝福。③病気療養中の方々のために。 代表者:工藤 信也

12月10日(土) 聖書:ヨブ記 42章2~6節 「人の知識と神の経綸」
 教会の祈り:K・Tさん(誕生日)。今日の祈り:山鹿新生教会(熊本県)。①御言葉がしっかり語られるように。②コロナ感染が終息しますように。③日本の教会が復興しますように。 牧師:船越 哲義

12月11日(日) 聖書:ルカ福音書 1章26~38節 「イエス誕生の約束」
 今日の祈り:熊本愛泉教会(熊本県)。①早く牧師が与えられますように。②教会員の霊性の向上と健康の守護。③八代、種子島の伝道所の御守護。代表役員代務者・田中 芳樹

2022年12月06日

12/4 ルカ福音書1章5-25節 「沈黙の中で来るべき時を待つ」

 ローマ帝国からユダヤ一帯の支配を任されたヘロデ王は紀元前37年~紀元4年まで在任。その子で同じ名前の領主ヘロデはバプテスマのヨハネを殺すことになります(ルカ3章19節以下、マルコ6章参照)。当時の神殿には24組、約2万人の祭司がいたといわれますが、実際はもっと少なかったでしょう。それでも、聖所で勤めをする当番に「くじ」で当たるのは生涯でも数少ないことでした。高齢の祭司ザカリヤは当番に当たり、緊張の中、儀式を行います。ところがそこでびっくり!天使が出てきてザカリヤに子どもが与えられる等語ります。ザカリヤはすぐに受け止め信じられなかったので、口がきけなくなります。沈黙の中で神の時を祈り、御言葉を信じ、待ち続けたのです。今日はアドベント第2週に入ります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 天草中央キリスト教会。熊本県天草郡苓北町富岡3708-1にあります。南牧師が、切支丹殉教者の記憶が残るこの場所に「教会」を建てる!とビジョンをもって始めましたが、うまくいくのかとても心配していました。でも主の導きによりその地に会堂が建てられ、35年以上を経た今も南牧師が牧師として歩まれています。「天草の乱」で知られる天草四郎等の働きは、決して切支丹弾圧に対してだけの反抗運動ではなく、聖書から学んだ「ひとりひとりの命の価値」とその平等が守られること、城主によって経済的にも苦難する人々を助ける「民主運動」であったと思います。世界中でなお「民主化」を求めては殺されていく人々をみて、ひどい政府があると思いますが、天草も同じだったのですし、私どもが得ている「民主政治」を守るために日々の私ども国民主権を政府に訴え続けることが必要です。「民主政治」はそれほど簡単に手に入るものでないことを歴史から学ぶ必要があります。祈りの課題は以下です。①キリストの弟子となれるように。②御霊の実を豊かに結べるように。③聖霊の一致が教会にあるように。牧師・南 圭生

2022年11月28日

12/3 マラキ書3章13-24節 「旧約から新約への道筋」

 マラキ書は旧約聖書最後の書であり、実際には紀元前400年後半、捕囚から帰還し、神殿もでき、人々の関心は神から離れ、律法も形骸化した時代に活動した預言者マラキによりますが、マラキについてはほとんど解っていません。そのような時代で信仰の回復を語ったのです。今日の箇所でも、神に対する批判的な態度が記される一方で神を畏れ敬う人への恵みと主が愛してくださることが記されます。そして「主の日」の預言が告げ知らされ、新約へとつながります。23節以降の言葉が明日学ぶバプテスマのヨハネの父となる祭司ザカリヤへの天使ガブリエルの言葉に引用されます。ここでの「エリヤ」は大昔の人なのでまさかその「エリヤ」ではなく、預言者として出現するバプテスマのヨハネを示しています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 延岡キリスト教会。宮崎県延岡市中川原町4-5063-1にあります。「延岡」はいわゆる企業城下町です。ただ、交通の便は大変悪かったのですが今はどうでしょう。大分と宮崎の中間です。昔、宮崎にいたころ、延岡の少し南から山越えの国道があって、そこを走ったのですが、これが本当に「酷道」。軽自動車で行ったのですが、車一台しか通れないような山道が続き、舗装がされてないようなところもあり、苦労しました。ちなみに、「延岡」は「鮎」がとても美味しいですよ。「鮎寿司」が名物でしたね。祈りの課題は以下です。①コロナの中健康が守られるように。②新来者が与えられるように。③みことばによく従えるように。牧師・松田 良明

2022年11月28日

12/2 イザヤ書49章9-16節 「あなたを手のひらに刻み付ける」

 「シオン」は神殿建築後のエルサレムを指しますが、広い意味でユダヤ人。特にイザヤ書等では「敗戦し、神  殿は破壊され、捕囚された民」のことであり、「飢え」や「渇き」はユダヤ人の現実。その中で牧者なる主が平和と回復を導くとの約束が語られます。十四節等は神が母親の姿として語られます。旧約は「父」的な神のイメージが強いのですが、ここでは「愛」の具現として「母」のイメージで語られています。私が若い頃よく読んだ遠藤周作は「母なる神」の姿を聖書の中に見いだし、そのありかたを日本でキリスト教を伝える大事なポイントと考えていたと考えます。「母親」はやはり特別です。ロシアやウクライナで我が子を失う悲しみや痛み、そのため権力に反抗する力はまさに「愛の痛み」なのです。そして、主なる神は母親が忘れようともなお、あなたを忘れません。「あなたを手のひらに刻みつける」。痛みを伴う愛の深さ…

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 高鍋伝道所。宮崎県児湯郡高鍋町北高鍋3242にあります。昨日も記したように、私の最初の赴任地は児湯教会で、住んだのは高鍋町でした。最初は一軒の古い家を借りてくださって住んでいました。隣の家には「牛」が飼ってあったり、大きな梅の木があって、季節には梅の実が落ちる音がすごいこと!また「薪」でお風呂を炊くと本当にお湯が柔らかいのにびっくりしました。その後、高鍋伝道所(当時は「高鍋会堂」)の境内地に牧師館を建てていただき、そこで生活いたしました。高鍋町は田舎といえば田舎ですが、とても心地よい歩みをさせていただきました。宮崎県などはそれぞれの町々村々に必ず「みそ」や「焼酎」の工房があるのですが、高鍋にあった「黒木酒造」は今や入手困難な焼酎を製造しています。いかん、つい長くなった。祈りの課題は以下です。①次世代を担う20名の信仰者が与えられますように。②教会員の健康が守られますように。牧師・児玉 一郎

2022年11月28日

12/1 使徒言行録26章12-23節 「パウロの語りから学ぶ」

 今日登場するフェストゥスはローマのユダヤ州総督で、アグリッパはガリラヤ地方等の領主。ベルニケはその子。総督に会うのは有名になる一つのチャンスでした。そしてユダヤ人から訴えれているパウロについては無罪と考え、弁明の機会を与えます。パウロはその時を「証し」する時と捉え、かつてはイエスを信じる者達を迫害していたけれども、その中で主と出会い、キリストを信じ、伝道することになった歩みを語ります。ここで「天」と書いているのは「神」とか「主」と語ると見解の相違による問題が生じる可能性のゆえ。故中村哲氏がアフガニスタンで活動していた時、「天、共に在り」と語ったのは、イスラム世界であえて「主」や「神」と言わない理由(イスラム世界で「クリスマス」という言葉も控えなければなりません、また、他宗教・他民族との関係性では「クリスマス」とは言いません、別の言葉で表現する)と同じです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト児湯(こゆ)キリスト教会。この教会は「広域伝道圏伝道」といって、広い地域に3つの会堂を持ち、牧師が巡回しています。西都市南方にある「穂北会堂」境内地に牧師が居住しています。私の最初の赴任地で、私は「副牧師」として故山下俊郎牧師と歩ませていただきました。都市の教会と異なり、農業をされている方や、その関係の方々が信徒にもおられました。ここでの体験と出会いは今でも大きな宝物であり、またその出会いが続いていることを感謝しています。語り出したらきりがないので、今週は超多忙なゆえ、書きません。祈りの課題は以下ですが、特に年間主題の言葉が「新生讃美歌」の歌詞からとられているのに「やられた!」と思いましたし、感謝でしたし、素敵ですね。このアイデアは来年度、所沢教会でも候補でだしてみようかなぁ。「まぼろし示されつつ招きに応えて歩む群」との主題のもと、今後の教会について話し合っています。 牧師・徳渕 敬尚

2022年11月28日

11/30 ルカ福音書24章13-23節 「主の言葉を聞く心」

 主イエス復活の日、主は生前、復活を語っていましたが、主の復活を信じられず地元に帰る二人の弟子。イエスを埋葬した墓に遺体がなく、天使が「イエスは生きている」と言った話を聞いて信じる人は居ないですよね。「天使」は「メッセンジャー」で神の言葉を取り次ぐ存在ですが(頭の輪や羽は多分ないし、どうやら成人男性?のように感じます)、私も見たことありません。この二人は天使を見たわけでも墓に行ったわけでもありません。ただ、不思議な思いはありました。そのような二人に主は近づき、共に歩き、そして、旧約の預言がイエスによって実現したことや、主の働きを語り、二人の心は熱くなりました。そしてイエスに気付いた時、その方は見えなくなりました。主は見えなくともそのように我らに御言葉を通して語ってくださるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟引退教役者を覚えて。野村 義雄氏(横浜市在住)、浜崎 英一氏(大阪府枚方市在住) 

2022年11月28日

11/29 フィリピ書2章12-18節 「『従順』について考える」

 この箇所の「従順」という言葉が気になります。本来は主イエスが己を低くして私共と同じ目線に立って下さり、御心を行う戦いをしつつ、十字架の道を選びとったことが「従順」なのですが、ポイントがずれていきます。多分、フィリピ教会の信徒はパウロが頼んだ奉仕をしなかったり、教会や信仰のことで反対や、不平不満を言われたり、相互に思いの食い違いがあったのでしょう。では、ここをどう読むのか。御言葉に従うと思いながら、それがなかなかできない現実があります。自分の意見が教会で通らないこともあります。神の言葉に完全に聞き従うのは無理、また、自分の考えは常に正解ではありません。主イエスを目標とし主と仲間と対話しつつ、少しずつ歩むことです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「ろう伝道委員会」。①各教会のろう伝道の働きが祝されますように。②ろう伝道委員会の働きが導かれ用いられるように。委員長・宮井 武憲(福岡城西教会牧師)

2022年11月28日

11/28 ルカ福音書1章1-4節 「ルカの働きと研究によって」

 福音書著者ルカは異邦人でユダヤ教徒からキリスト教徒になった人。「医者ルカ」と呼ばれるのはコロサイ書4章1節が根拠。宛先のティオフィロはローマ帝国高官と考えられています。異邦人に向けて記されたゆえ、旧約聖書の引用は控え目なので、私共にも解りやすいのです。加えて「祈りの福音書」として祈りの場面を多く伝え、「女性の福音書」として女性が登場する物語を多く採用し、「讃美の福音書」として讃美の言葉も多く残しています。ルカが参考にした主イエスに関する文書(例えば「イエスの言葉集(Q資料)」、マルコ福音書、その他地域に残る話)を収集し、順序を立て並べ、編集したのです。その熱意ある研究と執筆によって私共は他の福音書と共にイエスの姿を知り得ることが感謝です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「専門委員会議・地区宣教主事会議」。総務、地区宣教主事、国外伝道、青少年伝道、教会音楽、賛美歌検討、『聖書教育』編集、教会教育、『バプテスト』編集。坂本牧師は「賛美歌検討委員会議」の委員をしています。

2022年11月28日

11/27 ルカ福音書4章16-30節 「主イエスの宣教を憎む人々」

 主は故郷ナザレの会堂で聖書を読み、説教する働きを与えられます。その時に示されたのはイザヤ書61章です(この時代は章・節は書いていない)。主は読み、解き明かしをします。22節の「皆はイエスをほめ」は実は「困惑や怒りの感情」の言葉が本来(元々似た言葉であった)。そうでないと後の人々の憤慨や殺そうとすることにつながりません。理由は旧約の預言者が信心深いと思い込んでいるユダヤの人々のところにこなかったこと、つまり、「自分達だけが救われた者と思うな」ということであり、イザヤ書を読んだ時、上記2節の言葉「神が報復される日を告知して…」を読まなかったこと。それが人々の期待と異なったのです。今日から一週間は「世界バプテスト祈祷週間」です。また、本日から「アドベント」という、クリスマスを待ち望む期間に入ります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟「ホームレス支援特別委員会」。連盟理事会のもとに置かれている特別委員会のひとつです。祈りの課題は以下です。①コロナ危機における困窮者の暮らしの守り。②諸教会が困窮者支援に関われるように。③ホームページ作成が守られるように。委員長・麦野 達一(福岡西部教会牧師)

2022年11月22日

11/26 マタイ福音書4章12-22節 「主は協働者を探します」

 主イエスの宣教の開始、「公生涯」の始まりです。主はこの働きを一人で行うことではなく、協働者を必要としました。それは学び、育てるためでもあります。ガリラヤ湖のほとりで漁をしていた二人の兄弟に「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と。私は多分、この二人はそれ以前にイエスの話を聞いていたと思います。でも主イエスの選びの基準は何だったのでしょうか。大学卒とか、品行正しいとか、雄弁だとか、律法に詳しいとか、ではありません。主と出会い、そして主の招きに応えることがただ一つの基準です。人間を「とる」は良い表現とは思いませんが、これは旧約の預言の成就(エレミヤ書16章16節)ですが、目的は「救い」です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 中国・四国バプテスト教会連合。日本バプテスト連盟加盟教会の地域連合体です。このエリアは大変広く、四国から瀬戸内海を超え、日本海まで達します。祈りの課題は以下です。①今年度主題「共に喜び、共に泣く」・中国・四国連合19教会1伝道所の宣教が共に恵まれるように。会長・梶井 義郎(高松常磐町教会牧師)

2022年11月22日

11/25 マタイ福音書4章1-17節 「試みの中で確かにされること」

 主イエスの受けた「試み」。一つ目は「石をパンに変えて食べよ」。主は石をパンに変えることが、人間を助け育てるのではなく、人間がパンを分かち合う世界こそが目的であり、「人はパンで生きるものではない、神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と提案を退けます。二つ目は「神殿の屋根から飛び降り、人々の賞賛を得よ」との試み。奇跡的なこと、人が驚くパフォーマンスが伝道の成功に導くとの提案も御言葉をもって拒否します。三つ目は世の国々と繁栄を見せ、「ひれ伏してわたし(サタン=神の御心を行うことを邪魔する働き)を拝むならすべて与えよう、政治も権力もお前のものだ」との誘惑。政治権力が信仰を生むのではありません。主はその提案も退け、自らの宣教を確かにしました。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 宮崎丸山町キリスト教会。宮崎市丸山2-33にあります。住宅地の一角にありますが、すぐ前の小児科医院が有名です。私の宮崎時代、子どもの病気で宮崎市に出ることがよくあり、一日くたびれて、帰りに丸山町教会に寄って、金子ご夫妻のところで休憩したり、いろんな話をして過ごしたものです。今は貢司牧師がひとりががんばっておられます。この方は体育大学がそのような学部で学んだ方で体力はありそうです。また、ギターを弾いて讃美歌を歌ったり、とても素敵な方です。祈りの課題は以下です。①新会堂建築が実現しますように。②礼拝時に十分な感染対策が確立できますように。牧師・金子貢司

2022年11月22日

11/24 マルコ福音書1章9-20節 「主はあなたを招いておられる」

 主イエスは十代の頃、父ヨハネが亡くなり、大工(内装や家具製作)の仕事を受け継ぎながら様々な律法学者や学びの団体に所属したと思われます。そして洗礼者ヨハネとの出会いは決定的でした。ヨハネよりバプテスマを受け、そこで自らに与えられた使命を完全に自覚したのです。バプテスマは私共も「入学式」と考えますが、主はその後「試み(テスト)」を受けます。内容はマタイ等参照。その試みを通して主イエスの思いが深められていきました。洗礼者ヨハネが捕らえられ、主イエスは宣教活動に入ります。「時は満ちた」は「スタートした」意で、「神の国は近づいた」のです。主イエスが人々を神の国へ招き、招きに応える者は、自らの手を主に差し出し、主と結ばれることが必要です。そこで「悔い改め」、つまり自らの体の向きが変わるのです。今日はS・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 宮崎教会青島伝道所。宮崎市青島5-7-20にあります。「青島」を含む宮崎は1950~1960年代は新婚旅行のメッカとして多くの新婚カップルで賑わっていました。今は観光地としても余りさえなくなりました。そのように地域が賑わっていた時代につくられた伝道所です。礼拝の時間等は宮崎キリスト教会にお尋ねください。祈りの課題は以下です。①青島の福音伝道のために。 

2022年11月22日

11/23 マルコ福音書1章1-8節 「福音、喜びの訪れ」

 マルコは四福音書の中で一番古いもの。1節の「初め」は冒頭部分を指すのか、福音書全体を指すのか意見が分かれますが、十字架と死と復活を含めたものと考えます。そして、福音書にはすべて「旧約」と「新約」の橋渡し部分がありますが、マルコはイザヤ書を引用し最後の預言者、洗礼者(バプテスマの)ヨハネの活動をもって繋ぎます。ヨハネのような「悔い改め」を求める運動(リバイバル運動)は各時代に様々に起こされたようです。どの時代でもユダヤ人は常に律法に熱心であったわけではありません。「聖霊のバプテスマ」は誰でもない神自らが救いを与えることです。水でも儀式でもなく、神の愛と救いよる招き、「福音」が告げ知らされるのです。今日はI・Hさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 宮崎キリスト教会。宮崎市吉村町北原甲1405-15にあります。この教会を母体とする認定こども園「みくに幼稚園」があります。私も宮崎県が最初の赴任地でしたので、この教会は幾度も訪れました。最近は「宮崎餃子」が流行っているとのこと、私の時代にはそうではなかったのですが、色々流行もあるのですね。宮崎に行ったらまた食べたいのが「クロダイ」のお店。チキン南蛮も宮崎発祥と聞きます。祈りの課題は以下です。①信仰決心者が与えられるために。②キリストの平和の実現のために。③みくに幼稚園の働きのために。牧師・中條 信治、中條 邦子

2022年11月22日

11/22 イザヤ書60章1-7節 「起きよ、光を放て」

 この聖句を読む度に背中をまっすぐにしたくなります。「闇は地を覆い、暗黒が世界を包む」のは、人間のどの時代もそうでしたし、私共は依然、闇の中に立っています。そこでの希望は「主の栄光が現れる」こと。2節の「主が輝く」は太陽が昇って万物を照らすとの言葉で、神は御自分をもはや隠しておられないことです。5節の言葉、「畏れつつも喜びに輝き…」はなんという喜びの到来の表現でしょう。「ミディアン」は士師記7章でギデオンの勝利ですが、これは人間の力に頼らず、神の力に依り頼んだことによるもの。「エファ」はミディアン族の一部族。「シェバ」は列王記上10章のいわゆる「シバの女王」。「ケダル」「ネバヨト」はアブラハムの子孫(創世記21章等参照)。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 都城キリスト教会。宮崎県都城市早鈴町2-16にあります。この教会を母体とした社会福祉法人「相愛会」には「相愛保育園」「ひめぎ保育園」があります。この教会の牧師の妻が保育の世界ではとても有名な指導者だったこともあります。とっても元気のよい保育園だったことを覚えています。祈りの課題は以下です。①協力牧師が与えられ感謝します。②毎週の礼拝が守られますように。③教会員の信仰をお守りください。協力牧師・立花 一志

2022年11月19日

11/21 イザヤ書56章1-8節 「福音の拡がり」

 旧約聖書においては「血(縁・族)」の繋がりが大事にされ、異邦人に対して神殿礼拝等で制約や差別がありました。勿論、完全に民族の「血縁」を守るのは無理な話で、歴史の中で様々な民族の血が混じっております。これは「天皇」も同じで、歴史の中では大陸から皇后を迎えたこともあるので、「純血族」は幻想です。しかしイザヤ書等になると「異邦人の救い」が語られ、バビロン捕囚等を通して、民族の閉鎖性並びに神殿第一主義では歩めなくなった背景があります。3節の「宦官」は王や女王の側近として仕える者で去勢されることが多かったのです。それが「枯れ木」の意味。捕囚後、異邦人にも律法の厳守が、求められましたがこの閉鎖性は主イエスにより解放されたゆえ世界的に広がり、我らにも届きました。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 バプテスト川内(せんだい)キリスト教会。鹿児島県薩摩川内市平佐町2934-1にあります。この教会は学童保育も行なっていましたが今はどうでしょうか。祈りの課題は以下です。①互いに愛し合う。②正しくみことばを学ぶ。③み言葉を聞くだけでなく、行う。協力牧師・立島和史

2022年11月19日

11/20 ネヘミヤ記12章27-43節 「主をほめたたえて生きていこう」

 エルサレム城壁の完成を祝い、式典が行われます。エルサレム周辺で生活していた人も城壁が完成したことで、生活再建へ向かいます。さらに重要なのが神との関係再建であり、礼拝再建なのです。礼拝の喜びが満ち、喜びの声は遠くまで聞こえました。それは声のみならず、様々な楽器の音であり、祈りの声であり、感謝の叫び、主を喜ぶ響きなのでした。その喜びに至るまでは、苦しみの時がありました、神を忘れて自分のことだけしか考えられない時、礼拝できない時、神を恨む日々もあったでしょう。それは私共の歩みの姿に他なりません。また完成を見届けられず、世を去った人も沢山います。それらの歴史を背負いつつ、我らは生きる限り主をほめたたえるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 枕崎バプテスト伝道所。鹿児島県枕崎市住吉町123にあります。鹿児島本土の南端、「枕崎」は漁業の町であり、何より「かつお節」が有名です。町に入ると「かつお節」の香りがした記憶があります。伊集院教会の伝道所で、かつては日曜の夕方から礼拝をしていた時期もありますが、今はどうでしょう。枕崎の方はぜひこの教会に行って、この教会の働きを支えてくだされば嬉しいです。祈りの課題は以下です。①礼拝、祈り会に多くの方々が来られるように。②市民の魂の救いのために祈っています。主任牧師・馬渡健太郎、協力牧師・麦野 賦

2022年11月19日

11/19 ヨハネ黙示録22章1-11節 「希望と救いの約束を信じて」

 黙示録は1世紀のキリスト教迫害下にある教会に対し慰めと励まし、希望を記して諸教会に回覧されたもの。迫害下なので、実際の名前を書くとばれるので、ドラマ仕立てでメッセージを送りました。「黙示」とは閉ざされていた事柄が開かれるとの意味。終末を描いた文章(その内容も一部含む)より、現実の困難の中で希望と未来を語り励ますのです。特に20章から患難は終わり、「新しい天と地」と「キリストの再臨」は真に希望と喜びに満ちた世界の到来であり、これはすべて生きる者の希望です。今日の箇所では8節でヨハネが天使を拝もうとした時、たしなめられたのは「天使礼拝」への批判、加えて、秘密にせず公開することは、危機や困難の中でも救いを伝えること。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト伊集院キリスト教会。鹿児島県日置市伊集院町下谷口1520-4にあります。伊集院町は小さな町ですが、鹿児島藩主がフランシスコ・ザビエルに布教の許可を出した地でもあります。そして、この教会の幼稚園は伊集院でも歴史ある幼稚園で、多くの人材を育ててきました。「伊集院幼稚園」の園長さんは若い時代、宮崎にいたころから存じ上げている方でお元気で活躍していることを感謝です!祈りの課題は以下です。①新来者・受浸者の賦与。②伝道開始百周年記念準備のために。③霊とまことの礼拝へ百人出席。主任牧師・馬渡健太郎、協力牧師・麦野 賦

2022年11月19日

11/18 ルカ福音書24章36-53節 「復活の主との出会いと準備」

 復活の主イエスは弟子達が隠れていた場所に現れます。「恐れおののいた」とありますが、幽霊!と思った以上に、裏切った自分たちへの罰を恐れていました。しかし、主は「平和があるように」、つまり「安心せよ」と赦しを語り、幽霊でないことを示すために、焼き魚を食べます。そしてエマオ途上で弟子に語ったように、聖書から、ご自身について預言されている箇所を示し、聖霊が降る日、証人として語り出す時まで待つことを語ります。その後、神殿に絶えずいて、神をほめたたえますが、他の福音書を読めば、様々な思いと行動があったことを知ります。いずれにせよ教会の誕生のために思いを整え、祈る時が必要でした。今日はI・Rさん、T・Rさん、T・Hさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト鹿児島基督(キリスト)教会。鹿児島市籠池2-23-17にあります。九州新幹線開業によって福岡-鹿児島はとても便利になりました。この教会は認定こども園「めぐみ幼稚園」の母体です。1902年からの百年以上の歴史を持つ教会です。市内「中山(ちゅうざん)町」にも児童クラブがあり、日曜の夜は礼拝が行なわれています。祈りの課題は以下です。①会堂リフォームの守りと導きのために。②求道者の守りと浸礼決断の導き。③幼稚園と学童クラブの働きと守り。師・田渕 亮

2022年11月13日

11/17 詩編148編 「こぞって主を讃美する」

 「詩編」を閉じる5つの「ハレルヤ詩編」の第3番目。「主を讃美せよ」で始まり、終わるだけでなく、一旦この讃美の叫びをあげると、何度も繰り返されます。これが詩の目的であり、全被造物に対して主への讃美に加わるように手を差し伸べ招くのです。8節は他の訳では「いなずま、雹、雪、雨、風、それに霧よ、神様の指図に従え」。11節は地上の王や指導者に向けての言葉。自分が支配者と思う者は神を讃美する必要がないと思うのでしょうが、実は、自分の命も、自然に対しても無力であることを知ることが横暴な振る舞いをせずに歩む道と思います。14節の「角を上げる」の「角」は力を象徴するもので、「力強く生かす」との意。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> バプテスト国分キリスト教会。鹿児島県霧島市国分姫城3053-1にあります。いつも書くのですが、この教会の隣には公衆温泉があり、日曜は午前は礼拝、その後、午後はゆっくり温泉につかるのがベストな生活です。マウマウタン牧師はミャンマー出身の牧師で、現在のミャンマーの状況に心痛めております。ミャンマーのバプテスト教会は普通でも数百名集まるというのでびっくり!日本での伝道の難しさを知りつつ、この地に根をはって歩まれています。祈りの課題は以下です。①コロナ危機の中で教会員と教会の歩みが祝福を受けられること。②ウクライナとミャンマーに平和と自由を。牧師・マウマウタン、協力牧師・立山 泰士、協力宣教師・テモテ・ボード

2022年11月13日

11/16 詩編19編 「エルサレムの平和を創り出そう」

 巡礼の歌、共に神殿へ行く喜びがあります。エルサレムこそ世界の人々の中心であり、世界の人々が結ばれる場所と歌います。賛同しますが、今を生きる我らには別の響きが聞こえます。「エルサレムの平和」。「シオニズム」という保守的な人々はエルサレムをキリスト教、あるいはユダヤ教の聖地として、支配権を主張します。しかし世界三大宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)の聖地であるため、土地の支配を巡るパレスチナとの対立や戦争が続いています。背景には観光客や巡礼者による経済効果があります。エルサレムの平和を願うなら、宗教が世界をつなぐ役割として開かれた地域にすべきであり、我らはエルサレム=聖地の概念を持つ必要はありません。今日はM・Aさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 西原新生バプテスト教会。沖縄県中頭郡西原町大字内間27-2にあります。昨年、この教会の協力牧師の柏本さんのお名前を見つけたので少しここで書いたらメールをくださいました。感謝です。沖縄に平和がないとき、それは日本本土も決して平和ではありません。お働きが守れらますように。祈りの課題は以下です。①伝道開始五十周年、主に栄光を帰す。②新生の民としての原点を忘れない。③沖縄における主の平和の実現。協力牧師・柏本 隆宏

2022年11月13日

11/15 詩編48編 「死を超えてなお我らを導く方」

 主は、世とそこにあるすべての国々の上に君臨される大いなる王、と告白されます。シオン(神殿建築後のエルサレムの別名)の都と神殿、城郭はあくまで主を指し示すものであり、そこにおいて、高らかな讃美をもって「礼拝」し、「主の正義」と「主の慈しみを思い描く」ことが目的。城壁も城郭も素晴らしい構造物ですが、それは決して永遠に続くものでなく、実際、崩壊と再築、そして再び崩壊するものです。ゆえに、神殿が神ではないこと、特に捕囚を経て、神は神殿に固定されず、偏在される方であるがゆえ、主が礼拝されるところに、主は共におられるのです。語り伝えるべきは、神は永遠であり、私共の限界である死を超えてなお、我らを導かれることです。今日はT・Sさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 那覇新都心キリスト教会。沖縄県那覇市銘苅3-21-46にあります。この教会のミッションステートメントは「イエスキリストにあって(1)隣人となり地域に仕える。(2)沖縄、他都道府県、アジアの平和と和解の架け橋となる。(3)キリストの平和を実現する人々を送りだす。」。バナナの木があって実がなっているようです。祈りの課題は以下です。①コロナ危機において、ミッション・ステートメントを共に生きる。②沖縄平和センター設立のビジョン。③牧師招聘。牧師・岡田 右介、岡田 富美子

2022年11月13日

11/14 ネヘミヤ記9章1-6節 「『血統』『血縁』を超える救い」

 8章で伝えられている「仮庵祭」、これはユダヤの民がエジプト脱出の時、荒野で天幕(羊皮で覆うテント)に住んだ生活の中において主の守りがあったことを記念する祭りです。それが八日間続き、わずか一日を経て、雰囲気は一転し、悲嘆に満ちた「悔い改め」の儀式が行われます。異教民族との訣別というテーマはエズラ記9~10章と共通しますが、エズラでは外国女性の妻帯者が槍玉にあがりますが、ここでは異教徒全般が問題にされています。旧約聖書では「血族」が問題にされますし、これは諸外国でも日本でも「血縁」が資格や後継者において守るべきとされます(「天皇」等も)。実際には様々な民族の血が混じっているわけで、新約の時代はその束縛から解かれます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 旭川バプテスト教会。北海道旭川市8条西1丁目1-11にあります。閑静な住宅地に立つ教会のように記憶しています。HPはないようですが、facebookで毎週牧師の短いメッセージがはいっています。祈りの課題は以下です。①教会組織から77周年を感謝して。②祈祷会再開の道が拓かれるように。③先住民アイヌの権利回復のために。牧師・田森 茂基

2022年11月13日

11/13 ネヘミヤ記7章72-8章12節 「主を喜ぶことがあなたの力の源」

 エルサレムの城壁再建には多くの困難がありましたが、ついに完成の時を迎えます。城壁再建はまさに生活や政治の再建でもありました。城壁完成感謝礼拝で人々が集い、まず律法書が読まれ、その解説がなされます。そしてネヘミヤとエズラによって「今日は主にささげられた聖なる日(主への感謝が満ちる日)…主を喜び祝うことこそ、あなたがたの力の源である」と語り、民は共に食事を分かち合うのです。ここの言葉こそが、ネヘミヤ記の存在の根源といっても良いでしょう。主を喜ぶ、それは自分が歩んだ人生の中に主の導きや助けを見出し、主に感謝すること。主が共にいまし、愛し、助け、励まし、導いてくださるとの認識が、明日へと歩み出す力の源なのです!今日はK・MさんとO・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 旭川東光キリスト教会。北海道旭川市東光11条3丁目1-4にあります。この教会はもう15年位前に家族で伺ったことがあります。教会と牧師館が道路で隔たれていました。そして、旭山動物園にも行きました。それから数年前にはツアーで三浦綾子の小説の舞台や背景を学ぶことで行きました。有名な「塩狩峠」の現場や三浦綾子さんの住んでおられた場所、三浦綾子記念館等に行きました。いずれももう一度行きたいですね。祈りの課題は以下です。①教会周辺に福音が届きますように。②教会の礼拝に喜びが溢れますように。③高齢者の生活がささえられますように。牧師・桐本 恒雄

2022年11月08日

11/12 ルカ福音書24章13-35節 「御言葉に心燃やされる時」

 主イエスの復活の日の午後。イエスの弟子だった二人は主イエスがよみがえった話は聞いたけど信じられず、地元に帰っていく途中、いつの間にか、主イエスが共に歩まれ、彼らに旧約聖書からのメシア(=キリスト)預言を説明し、その時、失望の中にあった弟子達の心は再び燃えていったのです。夕刻、食事の時、イエスがパンを裂き、彼らに渡した時、彼らの目が開け主イエスと承知しました。しかし、同時に主イエスは見えなくなってしまいました。でも彼らは喜び、エルサレムの仲間のところに向かうのです。聖書を読んで「心燃やされる時」があり、また「涙を流す時」があります。その時、主が語ってくださっているのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 釧路バプテスト教会。北海道釧路市若竹町6-16にあります。この教会の奥村牧師夫妻とは、私が神学校にいく前からいろいろお世話になり、当時、奥村牧師が就任されていた姪浜教会では奉仕神学生(今は出席神学生という)をさせていただいたり、福岡有田教会時代にはいろいろ遊んだり、教えてもらったり、紹介してもらったり、ご馳走になったり、ありがとうございました!今、釧路ではいくつかの地域に拠点をおいて奥村牧師が飛び回って礼拝や集会のご奉仕をされています。また、釧路でお会いし、美味しい食事をいただきながら楽しい話を共にしたいものです。facebookやYouTubeで説教等が配信されており、まだ閲覧する人が少ないみたいで、とりあえず「いいね」をがんばって押しています。もっと閲覧者が増えて当然なのにね。祈りの課題は以下です。①「四つの礼拝」が守られるように。②食料無料配布プロジェクトのために。③教会の復興が着実に進むように。牧師・奥村 敏夫、宣教師・マシュー・チン・メイ・マン、ダイアナ・ウォン・サン・サン

2022年11月08日

11/11 申命記26章5-11節 「神に与えられているすべてを感謝」

 「嗣業の土地」、「嗣業」は「神の恵みによって与えられた」との意味で、エジプトにいたユダヤ人が母国に帰り「約束の地(カナン・乳と蜜の流れる地)」に入る時の礼拝について記されます。「このように告白せよ」とありますが、ユダヤの民の過去において神がどのように導き助けてくださったかという感謝をもって礼拝を献げるのです。「賜物」は神の恵みで、自分の努力や頑張りで得ていない事実や具体的な物品になります。個人の能力や才能を「賜物」と表現することがありますが、それらはすべて神様が与えてくださったという理解は正しいです。「寄留者」はユダヤ人以外でユダヤ人を頼って共に生活する者ですが、そのような者を除け者にしないのが礼拝。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 帯広バプテスト・キリスト教会。北海道帯広市東9条南8丁目1-3にあります。北海道には何度が行ったことがありますが、まだ帯広は未踏の地です。HPには以下のような案内があります。「「教会」も「イエス・キリスト」も皆さんにとって縁がないように思われるかもしれません。足を踏み入れずらい場所かも知れません。しかし、教会はどなたでも歓迎します。疲れた時、生きにくいと感ずる時、仕事のこと・病気のこと・人間関係・・・様々な出来事で悩むとき、どうぞお気軽に教会に足を運んでください。聖書の言葉、牧師のアドバイスでなにかヒントが与えられるかもしれません。当教会では川内裕子(かわち・ひろこ)牧師と川内活也(かわち・かつなり)牧師の二人の牧師が様々な相談に応じます。秘密は守られますので安心してお電話、メールください」とのこと。それぞれの牧師の紹介もとても面白いです。そういえば、私が福岡有田教会の牧師をしていたころ、福岡空港近くのバプテスト教会でお二人の結婚式に参加したのを思い出しました。祈りの課題は以下です。①信徒・教会が主にならい成長するように。地域プログラムが、福音の広がりに用いられるように。牧師・川内裕子・川内克也

2022年11月08日

11/10 詩編119編169-176節 「御言葉はわたしの道の光」

 詩編119編は先日の「夏期学校」のテーマ聖句も含まれています。全体が「御言葉=主の教え=律法」を語っています。「タウ」は「アレフ(アルファ)」から始まる(旧約聖書が記された)ヘブライ文字22文字の最後です。すべての文字を用い、律法の包括性を示します。「律法」は本来は良きものですが、人間の解釈とその用い方によって命を失ってしまうことになりました。主イエスが語ったように律法の本質は「神を愛すること、人を愛すること」です。今日の箇所は素直に語っています。「御言葉をあるがままに理解させてください」とは、まさに素直な理解でしょうが、それは対話を重ねることが大事です。「祈り」は「叫び」でもあります。「仰せ」は「約束」との訳が良いです。今日はT・Kさんのお誕生日おめでとうございます

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 小樽バプテスト教会。北海道小樽市奥澤1-22-22にあります。小樽は名だたる観光地で、倉庫の町や繁華街からは少し離れた場所にあります。様々なSNSで情報発信されています。牧師の愛さんは、幼い頃から知っておりまして、米国で歌やピアノを学んだと思いますが、とても素晴らしい賜物をお持ちです。説教はまだ聞いたことがないのですが、YouTubeで公開されているので、観ればよいのですが。近く見ましょう。祈りの課題は以下です。①子どもたちをキリストのもとへ。②地域に仕える教会へ。③礼拝と祈祷会を引き続き大切に。牧師・エイカーズ・愛

2022年11月08日

11/9 詩編19編 「主の教えのすごさ」

 すごいイマジン。天は神の栄光を物語り、昼や夜は(神の願いを)「語り伝え」応唱され、聞こえなくとも、偉大な響き、讃美の響きが世界に広がるのです。さらに世界が喜びの祝典の場所とされ、そこで伝えられるのがこのように語られる「主の教え(律法)」の素晴らしさ、尊さ、恵み深さ、望ましさが強調されます。一方「教え」を示されても人間は上手に用いないばかりか、主が願うように皆が生きたら良いのに、人は教えを裏切り反抗することにおいて世界を歩むのです。それゆえ、主の教えを賛美しつつ、詩人は「驕り」から自由を得、「言葉」もその根源である「心」も御心に適うように「贖いの主」に祈るのです。今日は今、高齢者施設にいらっしゃるS・Hさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 札幌新生キリスト教会。札幌市北区拓北7条2-1-23にあります。HPではこのように案内されています。「札幌新生キリスト教会は札幌市北部に位置し、JR学園都市線拓北駅から歩いて5分程の場所にある家庭的で暖かな雰囲気の教会です。忙しい日常を離れて、ゆっくりと穏やかな時間を教会で過ごしてみませんか?ほっとできるような時が、自分を見つめ直す時が教会にはあります!どなたでも大歓迎いたします!ぜひ、お立ち寄り下さい!」とのこと。野球部や絵本読み聞かせコンサート等の催しものが行なわれています。祈りの課題は以下です。①教会の復興。歴代誌下7章13~14。②福音書の弟子から使徒言行録の弟子へ。③新教会堂の建設。ユースパスター・田中満矢、牧師インターン・三浦皇主郎、協力主事・結城勝吾、協力牧師・田中 博

2022年11月06日

11/8 ネヘミヤ記5章1-19節 「神を畏れる政治家」

 昨日は他民族からの攻撃ですが、今日の箇所は同胞の訴え。ネヘミヤが来たのはユダヤ人の捕囚解放帰国から約百年後で、その間、前任の総督と繋がる貴族・役人が権力化し、人々から搾取が行われています。権力を持つと搾取に走り私腹を肥やすのは人間の罪の本性なのです。ネヘミヤは集会を開催し、それらを戻すようにします。ネヘミヤは12年間、給与を受け取っていないことも報告します。もちろん生計について総督を含めて衣食住は保証されていますが、それ以上は受け取らないのです。それは「神が見ておられる」との畏れを持つ行為。日本の政治家を思います。税金から生活が支えられながら、なお私利私欲を求め、政治を歪めることに深い悲しみを覚えます。今日はI・Mさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 札幌バプテスト教会。札幌市中央区南22条西14丁目1-28にあります。札幌市にはいわゆる「チンチン電車」が走っていて、その「車庫」の手前の駅でおります。すぐ先には「車庫」が見えます。もう10数年前でしょうか、新しい教会堂になりました。パイプオルガンがあり、講壇の後ろはガラスで、ガラス越しに「モイヤ山」が見えます。この教会は地域の方々への食料支援等地域につながるお働きをたくさんされています。また学校法人「ひかり幼稚園」の母体でもあります。祈りの課題は以下です。①弱音を吐ける居場所として教会が用いられますように。そこで御言葉が起こされますように。牧師・西本 詩生、石橋 大輔

2022年11月06日

11/7 ネヘミヤ記4章1-17節 「共に生きる世界構築とは」

 2章11節から文章が「わたしたち」となり、ペルシア王に願い、認められて総督となったネヘミヤの記録とわかります。ここは「城壁」の再建が課題。私は「神殿」が先だろうと思いますが、「城壁」で町を囲み、安全圏を確定しなければ中の工事もできないのです。鎌倉でも小田原でも城と城下町を自然の地形をも利用して要塞化するのがポイントでしたからね。今日の箇所は城壁再建を拒もうとする人々への対処が記されます。城壁外に武器を持つ戦闘員を配置し、城壁工事をする者も片手も武器を持つ中での工事。土地を巡る争いを含む歩み。今なお争いが世界各地で続くことを思うと複雑な気持ちになります。世界が互いに豊かさを保持するシステムができることを祈ります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 西野バプテスト教会。札幌市西区西野3条2丁目2-26にあります。前任牧師であった故中田昌夫牧師の時代にお伺いしたことがあります。夏の夕暮れ、でもとても爽やかな風が吹いていて、そこで美味しい天ぷらをいただきながら故中田牧師といろいろお話したことは今、とても美しい思い出です。現在の岩本牧師、説教動画を見てくださいとのこと。与えられた時数で書くコーナーなのですが、足りないのは当たり前。そこで文字表現で訴えるのだと思いましたが。祈りの課題は、①(記入欄が)短く過ぎてお伝えできないので、YouTubeで岩本義博を検索して説教動画をご覧ください。牧師・岩本 義博

2022年11月06日

11/6 ネヘミヤ記2章15-23節 「良い企てへの備え」

 ネヘミヤ記は元来エズラ記と一つでしたがある時期から分離されました。ネヘミヤはユダヤ人でありながらペルシア王アルタクセルクセス1世の献酌官という王に近い側近の一人でした。エズラと共に捕囚帰還後のエルサレム城壁再建や宗教改革運動をした人です。故郷エルサレムの窮状を聞き、心痛めたネヘミヤの様子を知った王が、エレミヤの帰国並びにその後、ユダヤ地区総督の地位を与えました(1~2章)。今日の箇所はネヘミヤが最初の帰国をし、エルサレムの状況を調査した場面です。城壁再建(=町の再建)を心に決めたネヘミヤを嘲笑うのは捕囚中にエルサレム地域に入ってきた人々。連盟「聖書教育」誌では11節の「三日」に注目して黙想しています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 平岡ジョイフルチャペル。札幌市清田区里塚3条1丁目7-5にあります。この教会の三上牧師についてHPから紹介しますと、1994年3月 東京大学大学院修士課程(西洋古典学専攻) 修了(文学修士)、1997年3月 東京大学大学院博士課程(西洋古典学専攻) 単位取得満期退学、2016年3月 文学博士(筑波大学)。東大の西洋古典は多くの神学者や神学教授を輩出しているところです。そのような背景があって、「『書物としての聖書』をはじめ、『書物としての仏典』や世界の名著を 日本語訳または原語テキストで自主独立に共同学習いたします。
それによりパイデイア παιδεία (“教育・教養・文化” を意味する古典ギリシャ語) をつちかうことが私たちの願いです」とあります。「学術的に読む」という言葉になんとなくひっかかります。もちろんどのような方法で聖書を読んでかまわないし、私も批判的方法で聖書を読みながら、その先に語りかけてくる言葉を聞き取ろうとしている者ですが。祈りの課題は以下です。①日曜の「学術的聖書講話」のために。②木曜の「学術的聖書購読」のために。③ヘブライ語とギリシア語聖書購読。牧師・三上 章

2022年11月01日

11/5 ヨハネ福音書2章13-22節 「三日で神殿を建てるとは」

 ヨハネは宣教活動を始めた主イエスが神殿に行ったことを記録しますし、事実でしょう。この記事で主イエスは暴力的に見えますが、当時は商人と神殿が結託して、神殿で神殿保証付きの供養物を高価販売し、神殿が利益を得ていたので、人間の宗教心を利用する商売が神殿でなされることに怒ったのです。また、そのことを支持する一般人も多かったと思います。宗教が経済と結びつくこと、特に信仰や救いが金銭で買えると思うことがおかしいのです。同時にお金が救いになるわけでもありません。18節で「しるし(=証拠)」を求める話がありますが、この「しるし」はヨハネ福音書のキーワードの一つ。神殿は救いの根拠でも永遠でもなく、主イエスにのみ救いがあります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> オープン・ドア・チャペル。札幌市豊平区福住2条7丁目12-17にあります。この教会は英語での礼拝もあるようです。ホームページでは次のように案内されています。「オープン・ドア・チャペルは国際的な信仰の家族として札幌にいてイエス・キリストの福音を実現することを目的としている教会です。見学に来てくだされば、暖かくてリラックスした「アットホーム」な雰囲気の中で賛美し、聖書を学び、そして霊的に成長できるところだと分かると思います。教会員の多くは日本人ですが、様々な文化背景をもっている人々もいます。私たちの大切な使命のひとつは(名前の通り)すべての人に開かれた教会としていることです。言語、年齢、宗教背景は何であっても、オープン・ドア・チャペルにあなたの居場所があります!オープン・ドア・チャペルに足を運んでいただき、直接お会したいと思います。お待ちしております。」。祈りの課題は以下です。➀各教会員の平安と祝福のために。②各家庭の平安と祝福のために。③各教会の平安と祝福のために。牧師:佐々木俊一、協力牧師:ジェームズ・E・アリソン

2022年11月01日

11/4 ルカ福音書2章41-52節 「神殿で三日過ごす少年イエス」

 ルカは主イエスの幼少期を教えててくれます。主イエス12歳の時、神殿に行きますが、多分毎年1回は家族や親族と参拝していたでしょう。13歳の「成年」の年は3回神殿に行く習わしもあったようです。イエスの家族は通常の地域の礼拝だけではなく、エルサレム神殿に行き、祈りと献げものをすることにより、「真の神によって生きる」ことを伝えたのです。「エホバの証人(=ものみの塔)」のごとく「鞭」で子どもを打つことを推奨するなど聖書には有り得ない話。今日の箇所で感心するのは、少年イエスの質問に学者たちが丁寧に対話していることです。親はここでイエスを見失いますが、子育ての経過の中で、自分の手から離れることも親は覚えるべきです。今日はK・Cさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 平岸バプテスト教会。札幌市豊平区平岸4条2丁目1-19にあります。HPを見ようとしたら出るのは「平岸いづみキリスト教会」ばかり。早くホームページを開設したらよいなぁと思いました。全先生はここですでに25年以上はいらっしゃるのではないでしょうか。韓国出身の方々も多いようです。祈りの課題は以下です。①教勢が恵まれますように。②バプテスマを受ける人が起こされますように。③宣教師の方々と協力して伝道を進めていけますように。牧師・全 皓燮

2022年11月01日

11/3 Ⅰコリント4章1-5節 「神の恵みの管理者として」

 1節の「わたしたち」は文脈上ではパウロ、アポロ、ケファ(=ペトロ)。「秘められた計画」は「秘密」ではなく、すでに同1章等で明らかにされている「すべての人を救いへ導く神の業」。管理者は指導者のみではなく、すべてのキリスト者に与えられている使命。ただし、管理者は「人の罪を裁く、あるいは赦す」決定権は持ちません。それはただ神の御手にあり、主に委ねていくことです。ただし、神の御心は「愛すこと、赦すこと、平和をつくること」なので、その御心に従って生き、そのように世界を整える働きがあります。「闇」や「隠す」という言葉が出ます。都合が良いと利用し、都合が悪くなれば隠す、子どものような政治家やプーチンが世界を守り整えることは無理!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 室蘭バプテスト・キリスト教会。室蘭市知利別町1-8-11にあります。アクセスはJR東室蘭駅から1km(徒歩13分)、バス停「東通」から100m(徒歩1分)、駐車場もありますとのこと。若い吉田牧師が活躍されています。祈りの課題は以下です。①体調を崩されている方々の癒し。②転入会式に向けての歩み。③コロナ、戦争、内戦の終息と平和。牧師・吉田 尚志

2022年11月01日

11/2 ローマ書3章9-31節 「神の義」

 パウロはまず、ユダヤ人だけが「選民」として神の愛の導きにあるのではないと告げ、全ての人間は罪があるのだと語ります。最近「清め/浄め/聖め」という言葉を考えていて、人類には共通して「きよめ」を求める意思や宗教としての表現があることを感じ、「生きる」ことは誰かの犠牲の上にあるゆえに、あるいは過ちを犯すことを知っているがゆえに、人は「きよめ」を求めてきたのだと思います。その「問い」を解決するのが「主の赦し」であり「神の義」です。「義」の漢字は「我」の上に「主」があります。ところが人間は反対に、神をも自分の召使としました。そうではなく、神の愛、神の赦し、神の忍耐が我らを主の道に戻し、命の道を教えるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 苫小牧バプテスト・キリスト教会。北海道苫小牧市日吉町2-4-20にあります。苫小牧(とまこまい)は一時は産業が盛んでしたが、今は減少しているような感じがいたします。でも水もおいしいところです。教会はJR糸井駅より徒歩8分、新しい素敵な会堂ができています。今、専任牧師がおらず、函館美原教会の福田牧師が月に一度行って、礼拝や役員会や信徒会などを行ない、これから向かう道を考えておられます。祈りの課題は以下です。①求道者、働き人、牧師が与えられ、②地域に根ざし、③福音の種が広がるように。代務者・桜井 明、助言者・福田雅祥(函館美原教会牧師)

2022年11月01日

11/1 詩編33編 「平和を幻想としない道」

 詩編には昨日のような嘆きも、今日の詩編のような希望と喜びに満ちた讃美もあります。いずれにせよ、詩編は基本的に人間の祈りであり、それがゆえに、様々な状況での祈りが残されているのです。私共の世界はそれぞれの思惑や計画が交わり、ぶつかり、現実が引き起こされていきます。自らの考えが完全であり、正解でもありません。その中において「御心」、つまり神の思い、神の計画があることに心を向けることがあなたを様々な囚われと迷いから自由にすると思います。16~19節はまるで現在の言葉。人間が知恵と莫大な金を使って次々と人間を殺す兵器が生まれていることにぞっとします。軍事が平和を創るなど幻想です。命を得させる主の声を聞いてほしいのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 函館キリスト教会。函館市柏木町16-38にあります。この教会には古くからの知人である方がつくられた!パイプオルガンが設置されています。どのようなものか実物を見て、音を聞きたいのですが、いつか行きたいです。それから、函館っていうのは「温泉」が町中いたるところにありましてそれもいいなぁと思います。雪もそれほどでないみたいなので、住むには良いところかも。祈りの課題は以下です。①み言葉と祈り、主の愛と聖霊充満。②イスラエルの祝福と、世界の平和。③連盟・連合との連帯と協力伝道。牧師・本多 啓示

2022年11月01日

10/31 詩編6編 「床に涙が溢れる夜」

 この詩編は死が近いことを感じる病や苦悩の中で疲れ切り、主に向けられた祈り。3節の「骨は恐れ」、は日本語表現では余り見ませんが、固い部分である骨と、4節の「魂は恐れ…」と対をなし、心と体はつながるもので、双方が傷んでいます。「主よ、いつまでなのでしょう」、この辛さや痛みが数日で無くなると思えば我慢もできますが、それがわからないゆえに不安が襲い、痛む度に「もう終わりなのか」と思わざるを得ないのです。5節の「立ち帰る」の言葉は通常、人が神の前に立ち帰るのですが、ここは、神が自分に目を注ぐことを訴えます。この詩人の言葉に共感する人もいましょう。私や他人があなたの痛みを引き受けることはできませんが、ただ、あなたを覚えて主に祈りますし、共に教会も祈ります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟引退教役者の方々を覚えて。内藤 淳一郎氏(東京都在住)、鍋倉 勲氏(福岡県在住)

2022年11月01日

10月23~30日 聖書日課と祈りの課題(特別版)

10月24日(月) 聖書:哀歌2章8~12節 「エルサレムの荒廃」 
今日の祈り:カルバリ教会(青森県六戸町)。①地域へキリストの愛を持って伝道する教会。②牧師・家族の霊、肉、魂の守り。③信徒がみ言葉にかたく立ち、主にある喜びを持って信仰のレースを生き抜いていけますように。 牧師:デヴィニー・ジェームス

10月25日(火) 聖書:哀歌3章16~27節 「苦渋と欠乏の中で」
 今日の祈り:青森教会(青森市)。①雪害を受けた屋根の張り替え工事がスムーズに進みますように。②コロナ危機から教会員・関係者、幼稚園・関係者が守られますように。③教会の地域に福音宣教が前進しますように。 牧師:角本 尚彦、協力牧師:佐々木 昭正

10月26日(水) 聖書:ルカ福音書 21章20~24節 「エルサレム滅亡の予告」
今日の祈り:函館美原教会(函館市)。①開かれ柔らかな心で神さまのお働きに従っていくことができるように。②苫小牧教会との協力が祝されるように。牧師:福田 雅祥

10月27日(木) 聖書:ルカ福音書 21章25~28節 「解放の時が到来の約束」
 今日の祈り:バプテスト連盟関西地方教会連合(32教会5伝道所)。①無牧師と休止中の群れを覚えて。②教会間協力伝道が進むように。③全世界に主の平和が満ちるように。 連合会長:鮫島 泰子(神戸伊川教会牧師)

10月28日(金) 聖書:ネヘミヤ記 1章1~3節 「エルサレムの現状」 
教会の祈り:バプテスマ決心者・転入会者が与えられるように。 今日の祈り:連盟「部落問題特別委員会」。①差別のない社会であるように。②石川一雄さんの無罪が確定するように。③当委員会の働きのために。 委員長:片桐 健司(品川教会員)

10月29日(土) 聖書:ネヘミヤ記 1章4~11節 「ネヘミヤの祈り」
 今日の祈り:連盟「総会役員会」。①厳しい状況を見据えつつも、集まることができなくても、希望の主に信頼し、共につながる総会になるように。議長:松坂 有佳子(青森県・八戸教会牧師)。

10月30日(日) 聖書:ネヘミヤ記 2章1~10節 「エルサレムへの想い」
 教会の祈り:福永保昭牧師と恵泉教会を覚えて。 今日の祈り:連盟「社会福祉事業団体連絡協議会」。差別、抑圧され、生き難さを抱える人たちの生命と人権が尊ばれる「共に生きる社会」の実現に向けて。<事務所>福岡県大牟田市「社会福祉法人キリスト者奉仕者会」内。5団体で結成。

2022年10月23日

10/23 エズラ記8章8-23節 「エズラ達の旅立ち」

 7章後半から文章が「わたし」「わたしたち」と変わり、エズラが記した文書になります。改めて、エズラがバビロンからエルサレムへ帰還する様子がここにあります。「アハワ川」とは同名の川か運河沿いに位置していたバビロンの町で場所は確定できていません。しかし、銀22トン、祭具と金は3、4トン、旅路は最終的に百日に及ぶものですから、その間の危険を考えるとまさに祈らざるを得ません。通常なら兵士を連れていきたいのですが、エズラは「神を尋ね求める者には、恵み溢れるその御手が差し伸べられる」と語っていた手前、断食して祈ったのです。断食は祈りに集中する姿勢です。祈りの中で「幼い子」を特に覚えているところにエズラの思いを感じます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 三沢バプテスト・キリスト教会。青森県三沢市東町2-2-2にあります。三沢市は米軍基地があった関係で米国の方々が多くおられ、その意味ではとっても開かれたしゃれな町です。この教会の福田牧師は、実は三沢市にある有名な眼科医の院長です。きっとこの教会では「心の目、信仰の目」が開かれることを伝えてくださっていると思います。祈りの課題は以下です。①ウクライナ戦争の終結のために。②経済とエネルギー不安解消のために。③信徒らがコロナに罹患しないために。牧師・福田 敦

2022年10月17日

10/22 ルカによる福音書14章15-24節 「主イエスを陥れる食事会」

 この箇所はまず、主イエスが語った状況を理解することが必要。1節にあるように、この食事会はファリサイ派という「自分達は律法を守って救われている」と思っている人々の集いであり、同時に主イエスを陥れるために裕福な議員の家で行われた陰険な食事会でした。その場でまず病気の人に対するイエスの態度を調べ、七節では上席に招待を受けた者の態度を(多分、地位があり、当たり前のように上席に座るが、主イエスは上席ではなかった)見て語るのです。15節では、宴席(神の国)の招待を受けたのに、当日に様々な理由をつけて断る人々が描かれます。自分は救われていると思うけれども、他者や社会的弱者への愛や共感を伴わない議員やファリサイ派への批判。今日はS・Tさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 八戸バプテスト教会。青森県八戸市類家1-8-38にあります。facebookによる教会紹介では「八戸バプテスト教会は、国道45号線類家1丁目交差点を臨む丘の上に建つキリスト教会です。毎週日曜日小さい子どもからお年寄りまで集まって礼拝をしています。どなたでも歓迎いたしますので、お気軽にお越しくださいませ。聖書や賛美歌は貸出用もございます。駐車場あり。」。何と1882年に始まった教会です!すごい歴史をもった教会です。この教会の松坂牧師とは以前、福岡連合での交流があり、お嬢さんがお生まれになった時も家族で病院にいってお祝いしました。祈りの課題は以下です。①宣教140周年、歴史に学び、新しい時代に生きる群れとなっていけるように。つながってささげる礼拝の充実。牧師・松坂 有佳子

2022年10月17日

10/21 ローマ書12章1-8節 「礼拝者としての招き」

 1節の「こういうわけで」はここまでパウロが語ってきた内容。それは3章23節のように「イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされる」等です。神の義と愛を自分の事柄とし、感謝を持って受け止める者の歩みを12章以下で示しています。「自分の体を神に喜ばれる生けるいけにえとして献げなさい」は、決して死をも厭わないような殉教精神、殉教覚悟で従うことではありません。「いけにえ」という言葉が激しいのですが、それは死ではなく、礼拝者として生きる道。具体的には「(日々)心を新たに…主の御心を求め自分を変えること」であり、自らが御心を世に示す一部分として奉仕であれ教えることであれ、神と人に仕える生活です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 鮫バプテスト教会。青森県八戸市鮫町忍町30にあります。以前は「鮫」「忍」等の言葉から海沿いの隠れた場所のような印象を持っておりましたが、まったく違います。JR「鮫」駅から徒歩5分です!ホームページには教会近くの名所・観光スポットが紹介されています。教会の案内にはこう記されています。「鮫バプテスト教会は八戸バプテスト教会の松田正三牧師が鮫在住の求道中のメンバーの依頼により1949年3月3日に伝道が開始されました。現在伝道開始から70年以上が経った事になります。最初の頃は教会員のお宅や八戸港湾会社の施設をお借りしたりして集会を行なっていました。1955年から現在の場所に会堂を建てて教会の活動を行なってきています。初めの頃から幼稚園の活動をしていましたが、現在は休園しています。1996年には建築後40年以上経った会堂を壊して新しく教会堂を新築しました。創設時のメンバーの多くは天の御国に凱旋しましたが、現在はその子供たちが教会の主力メンバーです。そしてそのまた子供も今は若いメンバーの主力として活躍しています。これからも先輩方の信仰を受け継ぎながらこの鮫の地で教会として立ち、主イエスキリストを証しし続けていきたいと願っています。今までがそうだったように。」とのこと。祈りの課題は以下です。①地域にキリストを伝える教会になれるように。②牧師招聘が叶えられるように。③誰でも集える教会に。代表役員代務者・鈴木 勉

2022年10月17日

10/20 エズラ記7章27-8章14節」 「主がなされることを仰ぎ見よ」

 エズラ帰還にあたって王の文書には神殿に仕える者は非課税とされ、エズラに「立法」「行政」「司法」の三権が与えられています。特に「死刑」は大きな権力で、合法的に人を殺すことであり、その権利を与えることは昔もそして、今なお、真剣で大事な課題。それらの付与をエズラは「(主が)心を王にお与えになり」と告白します。まさにそれらは神の働きになしには有り得ぬことでした。榎本保郎氏は語ります。「友よ、今あなたを悩ませている問題は何か。…天を創り、地を創った神の前でもう一度それらの事を見直してみよ、すべての人を照らすまことの光の前にそれをたずさえ出てみよ…そのとき、あなたの上に主の御手がおかれていることをあなたは知るであろう」。主が栄光を示してくださいますように。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 盛岡バプテスト教会。岩手県盛岡市天神町10番14号にあります。ホームページはまだつくっていないようで残念ですが、facebookで教会のことを知ることができます。ステンドグラスの光が入ってくるとても素敵な会堂です。祈りの課題は以下です。①主のみ旨をあらわす礼拝。②求道者のバプテスマ決心。③沿岸地域を覚える。牧師・小川 紋子

2022年10月17日

10/19 詩編34編 「あなたの貧しさはどこに?」

 3節の「貧しい人」、これは主イエスの言葉でマタイ5章の「貧しい人」をルカ6章では「心の貧しい人」と記し、経済的な貧しさだけではなく、経済が豊かな人でも「心」「貧しい」場合を示します。いずれにせよ人は様々に「貧しい」部分、「不足」を持ちます。その意味で自分には関係ないと読み飛ばせないところです。「豊かさ」それは、何よりどんな時にも主が共にいることを感謝し、ほめたたえ、礼拝し、讃美するところにあるのです。さらにこの詩編は自分と神との関わりを感謝し、人々に主と共に歩み道を示します。9節の「味わい、見よ…」、主の恵みを、眺めているのではなく、実際に体験してほしいのです。15節は現代、全ての人間が求めるべき言葉ですし、世界の平和こそが、自国の繁栄を生むのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 秋田バプテスト教会。秋田県秋田市泉中央3-2-1にあります。教会のホームページでは以下のように案内があります。「わたしたちの教会の歩みは、この秋田市内において1957年4月から55年にわたる教会の歴史が積み上げられてきました。その間、1963年に教会を組織し、1975年にひかり幼稚園を併設し37年にわたる幼稚園の歴史も積み上げられてきました。全国に325か所、全都道府県に加盟している教会と伝道所を持つ日本バプテスト連盟に加盟している教会です。聖書に基づく信仰を大切にし、民主的な教会運営を大事にしているプロテスタントの教会です」。また、「認定こども園 ひかり幼稚園」の母体です。数年前に幼稚園、教会ともに改築されてとても素敵な空間が拡がっています。祈りの課題は以下です。①地域の祝福の源となりますように。②地域の教会・幼稚園となりますように。③教会の園・園の教会となるように。牧師・村上 悦二

2022年10月17日

10/18 ルカによる福音書10章38-42節 「心乱れる時」

 有名な姉妹(この家には多分、マリア、マルタ、ラザロの2女、1男がいたと思います)の話。自宅に主イエス一行を招き、集会をして、宿泊も提供したのでしょう。マルタは集会中も腕をふるって食事の準備をします。忙しいのに、妹のマリアは手伝いもせずイエス様の話に聞き入っています。頭に来て、そしてマリアが信頼しているイエス様に叱ってもらおうと思ってイエス様にマリアへの不満を告げます。でもイエス様は「マルタは多忙で心乱している、マリアは必要なことを選んだ」と語ります。マルタは自分の料理を精一杯することが彼女の大事な奉仕であり、、妹を叱る必要はありません。マリアにこの時必要なのは主イエスの言葉を心に満たすことでした。自分の思いや都合を人に押し付けるのではなく、人が何を求めているのか推し量ることできないのが「心乱れる」時です。今日はM・Hさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 大富キリスト教会。宮城県富谷市日吉台2-1-5にあります。仙台に近いベッドタウンだと思います。ホームページには次のような案内が記されています。「わたしたち大富(たいとみ)キリスト教会は、神の恵みにより導かれ、イエス様を主と信じる教会です。1992年に宮城県の仙台市北部に位置する富谷市に建てられました。礼拝参加する来会者は、宮城県域のプロテスタント系のミッションスクール(尚絅学院、宮城学院、東北学院など)の在校生・卒業生が多く集まっています。各集会は堅苦しくなく、アットホームな雰囲気です。どのプログラムも普段着でご参加ください、小さいお子様同伴も歓迎です。イエス様を信じている人も、そうではない方も、みな一様に歓迎します。ぜひお気軽にお立ち寄りください。」。小田牧師の趣味は図画、工作、真空管ラジオ、おもちゃの修理など多数、とのこと。おもちゃが壊れたらお訪ねしてみたらいいですよ!祈りの課題は以下です。①主に愛されている恵みを覚えて。②主にある祈りと感謝を覚えて。③コロナ下、互いの健康を覚えて。牧師・小田 衛

2022年10月17日

10/17 エズラ記7章1-26節 「諸宗教に対する態度」

 エズラの帰還並びに帰還に伴う王の書簡が記されます。アルタクセルクセス王はペルシア歴代王の中に同じ名前が三人あり、その中のどの王なのかは議論があるところです。兎にも角にも王がエズラを信頼し、好意的に神殿建築に協力する態度、それが対ユダヤだけでない点に諸宗教に対する畏怖の念をみます。もし悪いことをすればペルシアに不幸が襲うという恐れもあったのでしょうが、各宗教を大事にする態度は現代的。もちろん非人道的な宗教は強く批判すべきです。ロシア正教会がプーチンの政策を支持している事に怒りを持ちます。それは政治に取り込まれた宗教の成れの果て。宗教は政治と分離し、批判的であるべき。批判的とは自身の態度を明かにした上で、是と非を根拠を明確にして明らかにする見方です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 仙台長命ヶ丘キリスト教会。仙台市泉区長命ヶ丘3-2-17にあります。かつては「仙台北教会」と言ってましたが、街の名前がとても素晴らしいゆえでしょうか、「長命ヶ丘」の名前に変更しました。長命は感謝ですね、そして主なる神さまは「永遠」へと導いてくださる方です。この教会の金丸牧師は若い頃、バンドでベースを弾いておられ、プロデビューの可能性が多いにあった方です。素敵な感性の持ち主ですし、非常勤で教えておられる学校の学生が多数教会に来ておられます。何てすばらしいことでしょう!金丸牧師の授業が学生にしっかりとわかりやすく伝えられているのだと思います。祈りの課題は以下です。①コロナの中で教会の歩みが守られますように。②暴力が人を支配することがないように。③原発事故の収束。牧師・金丸 真

2022年10月17日

10/16 エズラ記6章13-22節 「神殿完成は一つの経過点」

 捕囚帰還後の神殿建設工事は様々な困難に直面しつつ、遅々とした歩みでした。途中の中断のため、神殿ができたのは定礎から20年と言われます。その間、人々生活基盤の確立や政治・経済の確立もありますし、外部からの圧力もありました。でも歴史の流れから思えば20年はそれほど長くもありません。そして民が心も体も疲弊した時には預言者が励ましの言葉を送り、遠方からの助けもありました。完成した神殿もソロモン神殿から見れば規模も見栄も劣ります。建物ができればそれでよいのでしょうか。一瞬にして壊れることもある建物の完成時もそれは経過。建物建築を通して、民が形成され、一人一人の能力が生かされ、共に喜び、共に生き、互いに祈る歩みが育まれるのが一番大事なのです。今日は、私、坂本は川越キリスト教会で礼拝のメッセージをするために行きます。所沢教会は浅見祐三牧師のお話です。浅見祐三牧師は年に3回程度メッセージをしていただいています。めったに聴けませんからぜひお楽しみに!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 南光台キリスト教会。仙台市泉区南光台5-5-5にあります。私も行ったことがある教会で、木材を用いて円(サークル)のような建物がとても教会の個性を表明しています。この建物ができたとき、お金が足りなくて、ガスはプロパンガスになったのですが、震災の時、近隣のみなさんのガス供給が止まり、この教会でお風呂や食事作り等で大変用いられたとのこと。祈りの課題は以下です。①主題「希望によって歩む」(ローマ書5章5節)。②礼拝と交わりが守られますように。③福音宣教の業が祝されますように。牧師・田中 信矢

2022年10月14日

10/15 詩編127編 「あなたの働き」

 この詩編は異なる二つのテーマから成り、前半は「むなしさ」、後半は「子ら」。家を建てること、町を守ること、日常の労苦といったような努力も、その業が主の業(主の願い、主の伴い、主の導き、主の愛)と対応していないならむなしくなります。何のために家を建て、働くのか、自分の仕事が主の願いと結びついているなら、虚しくなりません。神がくださった命はそれぞれ素晴らしい可能性に満ちたものです。建築工事で汗流す人が、面倒だけどこれをしないと食えないから、と仕事するのか、この建物で歩む人のことを考えて仕事するのかで価値が異なります。後半は辛い言葉になる危険がありますが、どうか主がどんな状況でもあなたに祝福を与えてくださいますように。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト仙台基督(キリスト)教会。仙台市青葉区木町通2-1-5にあります。この教会はとても便利がよいです。仙台駅から地下鉄に乗って、なんとかという駅で降りて、地上に上がるとすぐにあります。「ルージュの教会」といわれる教会のデザイン、ぜひみてください。また、この教会には「仙台バプテスト幼稚園」を付設しており、都会の真ん中ですが、子どもたちがのびのびと育っています。この教会の牧師さんは、何と、かつて歯科医を目指し、免許ももっていたように思いますが、牧師の道を志して、ずっと牧師をされています。牧師っていう仕事は、もうかるとか考えると絶対無理です。まぁ、もうかるから歯科医になろうという人の医院には行きたくもないですけど。祈りの課題は以下です。①地域の方々の拠り所となれますように。②世界が平和になりますように。③幼稚園の働きが祝されますように。牧師・宇都宮 毅

2022年10月14日

10/14 ルカ福音書6章46-49節 「み言葉に根を張って」

 主イエスが建物の土台から人生の土台を語っています。地面を深く掘り下げ、岩に基礎を据えることが丈夫な建物に必須。私共において「掘り下げる」とは、自分の命が与えられている意味を考え、その命が守られるために、主の言葉によって人生の歩み方、人や家族との関わり方、人生の目標を定めていくということでしょう。人生を掘り下げていくと、過去、このような導きがあった、ここで助けを頂いた、誤ったこともあったけど、修正できた、そのような導きや備えを改めて見いだすかもしれません。しかし、人生はまだ完成しているわけではありません。今もこれからも困難がありましょう。しかし、主イエスに自らの根を張ることがあなたに幸いと希望を与えるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 山形キリスト教会。山形県山形市緑町2-12-34にあります。この教会は当教会の前任牧師であった杉山修一牧師が昨年度?までお働きになり、その後、若手の宮田牧師が就任いたしました。杉山牧師の時代に老朽化していた教会堂を新たにしました。この教会は聖歌隊も盛んです。山形は自然豊かで、美味しいもの、美しい景色があるのですが、まだ個人的には行ったことがなく、行きたい場所のひとつです。祈りの課題は以下です。①求道者の方々の信仰決心のために。②ご高齢の方々の守りのために。③子どもたちの活動の祝福。牧師・宮田 祐亮

2022年10月14日

10/13 ゼカリヤ書6章9-15節 「遠くより協力者が与えられて」

 エズラ記5章に登場する預言者ゼカリヤ(「主は覚えてくださる」の意)はハガイと同時期で、活動時期はダレイオスの2年(前520年)から始まり、再建された神殿の奉献(前516年)以後も活躍し、祭司としても働きました。今日の箇所はそれまでの八つの幻と関連し、締め括りとして、また現実の出来事として記されています。神殿建築を推進してきたゼカリヤにとって新たな帰還者達の資金的協力は大きな喜びであり、感謝でした。感謝の印として冠を与え、宣言の言葉があります。「若枝」は神殿建築を「木」に見立て、完成へと至らせることでしょうが、より大きな意味では、神の平和の計画のために神ご自身が「若枝」を用意することでキリスト預言とも感じます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 福島主のあしあとキリスト教会。現在、教会建築を目指して、土地探し等をされています。前「ふじみ野バプテスト教会」牧師であった大島牧師が就任しておられます。大島牧師のいる所にはいつも笑いが絶えないような、気さくな牧師です。また、教会にあるバンド(コンテンポラリー・ゴスペル・グループ)は自分達で作詞作曲した讃美歌をはじめ、自分達の思いを素直に歌にしており、とても素敵です。CDもありますのでぜひ教会にお問合せください。集会場所等はお問合せください。電話024-563-3222(大島)です。祈りの課題は以下です。①仮会堂での諸活動の祝福。②教会員とそのご家族の守り。③会堂建築の祝福と守り、導き。牧師・大島 博幸

2022年10月08日

10/12 エズラ記5章17-6章5節 「歴史の確認と記録を残すこと」

 今日の箇所を理解するためには4章から読む必要があります。ただ、ペルシャ王の順序はクロス、カンビュセス、ダレイオス、クセルクセス、アルタクセルクセスなので、エズラ記の記録は誤りがありますが、中心は神殿建築に反対し邪魔するサマリア系の人々が、旧南ユダ族等を反逆の民、ペルシャに損害を与えると直訴したことで工事が中断。そこで主なる神は預言者二人を送ります。彼らの指導でペルシャ王の最初の意向を確認する文書をペルシャ側に送ったのです。行政でも、人間関係でも約束を交わし、その上で記録を残すことが未来への責任です。歴史は人々の心と決断、行動の積み重ねであり、勝手な変更や紛失等が真実を曲げます。存在した文書が「ない」というのは都合悪い事実を隠すこと。今日はA・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> あゆみの家キリスト教会。1997年、旧福島旭町教会から分かれて歩み出した教会です。礼拝堂や土地を持っていませんが、「教会」は「(主なる神さまに)呼ばれ、集められた人々」の群れなので、礼拝堂があるとか、土地があるということは基本的には関係ありません。もちろん、集う場所としては決まった場所があるほうが良いのですが。その関係で礼拝等を行う場所は変わりますので、参加したい方はお電話してください。また、コロナ危機の中ではそれぞれの信徒の方々が牧師から来る書類を読み、自宅等で礼拝をされているようです。090-2993-7720(渡辺)です。祈りの課題は以下です。①書類を用いて行っている家庭礼拝のために。②時々集まる礼拝のために。牧師・渡辺 政友

2022年10月08日

10/11 ハガイ書2章1-9節 「預言者ハガイ」

 ハガイ書は旧約聖書の終わり部分の13小預言書のひとつです。「小」は分量で決まります。ハガイは「祝祭」という意味のへブル語「ハグ」に関係し、「私の祭」「主の祭」等の意味があります。捕囚帰還時の預言者で、ハガイ書以外にエズラ記で触れられる以外はわかりません。ハガイ書は日付が特徴的で、9月24日(10節)は捕囚帰還民により神殿の基礎が据えられた日です。その前の7月の預言ですが、神殿の基礎をつくりながら、建築する人々は様々な「恐れ」があったとエズラ記三章は告げています。建物の建築においても、人生の計画においても、完成に至る前は不安や思い違い、変更等揺れ動きます。また周辺からも文句もでましょう。その時、主が「わたしはあなたがたと共にいる、恐れるな」と主が良しとされるあなたの歩みなら、主は励まされるのです。今日はS・KさんとN・Aさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 郡山コスモス通りキリスト教会。福島県郡山市中野2丁目57にあります。まだ行ったことのない教会ですが、多分、今頃、コスモスが美しく咲いているのでしょう。前牧師であった金子千嘉世牧師が召され、しばらく専任牧師が不在でしたが、今は長い牧師経験を持つ蛭川牧師が就任されています。祈りの課題は以下です。①礼拝に繋がる方が増えますように。②他で新生活を始めた方のために。③原発課題のために。牧師・蛭川 明男

2022年10月08日

10/10  エズラ記4章1-5節 「新たな計画を邪魔する人々」

 「ユダ(族)とべニヤミン(族)」は旧南ユダ王国の民族。「エサル・ハドン」は北王国を滅ぼしたアッシリアの王の後継者でサマリアを中心とする旧北王国に異邦人を多く移住させ、混合種族政策をとったと言われます。旧北王国はサマリアに神殿をもっていたので、その信仰を継承していた人々が、エルサレム神殿建築に協力を申し出たのです。一見、良い話に見えますが、統一王国分裂後、新たな南北関係において国や神殿の主導権を旧北王国側が持つことを考えてのことです。新たな計画が起こる時には、反対や、この機に乗って勢力拡大しようとする人々もいます。これも今の政治と同じですね。また反対の動きは捕囚期に入った人々や旧南王国の人々を恐れてのものでした。今日はS・Cさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 新潟主の港キリスト教会。新潟市東区下木戸2-4-12にあります。教会のすぐそばは大きなスーパーマーケットがあり、便利な場所です。今はコロナでわかりませんが、平日にもいろいろ参加しやすい集まりが場所提供がなされています。旧新潟教会等2教会1伝道所が合併してうまれた教会です。中の雰囲気も素敵なので、ぜひお気軽に行ってください。祈りの課題は以下です。①新潟の地に主イエスの権威を宣言しつつ、力強く福音を伝える教会へ成長していけますように。主任牧師・福久 織江、協力牧師・篠谷 輝俊

2022年10月08日

10/9 エズラ記3章1-13節 「周囲への心遣いと心配の中で」

 「民は…一人の人、のようになった」との印象深い言葉によって、神殿建築が始まり6章までの工事期間を過ごします。「第七の月」は現在の9~10月。かつての神殿があった場所に簡単な囲いや祭壇が置かれ、礼拝を始めます。「その地に住民に恐れを抱く」との言葉は捕囚期に移り住んできた住民の反対運動や捕囚から帰国した人々の中で生活が苦しい人々からの反発を恐れていたのです。「シドン人とティルス人」についての言及はそれぞれ良質の木材の供給地の人々であり、彼らへの代価や現地労働者の労賃が支払われたと記述することは後のトラブルへの対処。関係者や周囲の人々に気を使うことがどんなことでも大事です。そうしながら基礎の完成時、叫びと涙が響きます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 宇都宮キリスト教会。栃木県宇都宮市京町15-24にあります。私はこっち(北関東)に来るまでは「宇都宮」は「浦和」の隣くらいに考えていましたら、随分遠いのでびっくりでしたが、そりゃそうですね。宇都宮教会さんにはいろいろ思いがありまして、連合の教会交流プログラムで一度お訪ねしたのですが、教会のすぐ近くに幹線道路があり、ロッテリアがあります。幹線道路から入ってすぐに教会があり、教会の前はスーパーマーケットがあるというとても良い立地です。この教会の天野牧師は当教会出身牧師です。日本バプテスト連盟では「ハラスメント防止」委員会の委員として素晴らしいお働きをされています。また、電気に詳しく、料理も上手で素晴らしい牧師さんです。祈りの課題は以下です。①教会員の健康と霊性のために。②教会の働きのために。③求道者の方々の健康と救いのために。牧師・天野 英二、協力牧師・高橋 つる

2022年10月04日

10/8 詩編136編 「神に感謝せよ」

 この詩編は礼拝の中で司式者の言葉に対し会衆が「慈しみはとこしえに」と交唱するもので、その伝統は現在の礼拝の「交読」に引き継がれています。ここを読みながら、現代の私共は「エジプトの初子を打った」「軍隊を投げ込んだ」「王たちを撃ち、滅ぼした」等の言葉に素直に共感できないと思いますし、当然な思いでしょう。でも、我らもまたロシア軍が滅ぼされることを願い、プーチン王が滅びることを願っているのです。それは戦争において巻き込まれ、同国民が殺されている厳しい現実の中で、自分たちの救いを願い、敵の滅びに感謝する感情とつながります。新約で、剣を捨て、暴力を拒否した主イエスに従いつつ、戦争を起こさない世界を創ることが現代の使命です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 太田ビジョンキリスト伝道所。群馬県太田市下浜田町1085-50にあります。この教会は太田市でも割と町中にあります。すぐ隣に学校がありました。一度、「教会間交流」で伺ったことがあります。牧師とその夫は韓国の方で、韓国語教室や絵画教室(牧師さんが美術学校も出ておられる)等を行なっていますが、コロナの影響はどうでしょうか。そのようなことで、教会のメンバーも韓国とつながりのある方々が多いです。祈りの課題は以下です。①愛を分かち合える教会。②伝道を通じ弱者を救える教会。③太田市民2千人への伝道。牧師・李 姫周

2022年10月04日

10/7 詩編107編1-32節 「主の恵みを想起しつつ」

 歴史を回顧しつつ、繰り返す歴史に礼拝者の人生を重ね合わせ、「主に感謝せよ。主は慈しみ深く…驚くべき御業を成し遂げられる」との信仰告白が何度も語られます。4節から9節は「出エジプト記」の記事を想起させますし、23節から31節はガリラヤ湖で主イエスが乗っている船を襲う嵐の出来事(マルコ4章)を想起します。この詩編を読みながら私共は自分の人生に与えられた主の恵みを思い起すことができるでしょうか?主は何も恵みを施して下さらなかったと感じる人でも、それぞれの人生を振り返り黙想し主の導きと恵みを思い起すことができたら感謝です。そして、神様に対してのみならず、親や家族に対して感謝を探し語る今日一日でありますように。今日はN・Sさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト前橋教会。群馬県前橋市昭和町3-12-6にあります。教会のすぐ近くに「群馬大学医学部病院」があります。かつては「幼稚園」を運営しておりましたが、今はその名残があります。卒園された方々、ぜひこの教会をお訪ねください。年を経て、いろいろな苦労や辛い思いをされている方々もいらっしゃいましょう。その時、ぜひ教会に行ってみてください。この教会の礼拝堂は二階にありますが、エレベーターもあります。そして今、前牧師、現協力牧師の奥田牧師が沼田市にお住まいで、お住まいの家を教会の集会所として用いています。名前がすばらしいのよ!「沼田ロマンチック街道キリスト教会」といいます。奥田牧師は畑もやっていて今年は300キロ以上のジャガイモの収穫があったとのことです。田代牧師はまだお若い牧師です。祈りの課題は以下です。①主題:時が良くても悪くても主を宣べ伝えよう。②活動の柱:沼田伝道所開設に向けての推進。牧師・田代 仁、協力牧師・奥田 稔

2022年10月04日

10/6 コリントの信徒への手紙2 9章6-15節 「献金について②」

 主イエスは貧しいやもめがその日のわずかな生活費を献げたことを誉めました。金額ではなく献金する心が大事で、金額の大小で恵みを分け隔てる我らの神ではありません。ゆえに今日の6節はパウロの言い過ぎ。「惜しんで」とは献金額を減らす計算に心使う人のこと。不承不承でなく、心で決めた額でよいのですが、献金は決めた額をまず取り分けることを勧めます。日本でも昔から仏壇等に備えるごはんは最初に取り分けるのが神さまに対する礼儀でした。そして金額の大小に関わらず、感謝をもってお献げすることです。「献金」をしすぎて、生活が破綻することはキリスト教会では聞いたことがありませんし、ノルマもありません。ノルマがある時点で「おかしい宗教」です。今日はT・Tさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト太田キリスト教会。群馬県太田市薮塚町1122-1にあります。私もこっち(北関東)に来て知ったのですが、太田市は「スバル」の工場等があるのですね。この教会は少し街はずれにありますが、かつての「鰻屋」を改装して教会にしています。教会の裏には単線の電車の線路があり、「薮塚」は温泉もあります。「薮塚温泉」のホテルで一度、北関東地方連合の「牧師・主事会」で宿泊研修をさせていただきました。祈りの課題は以下です。①祈りと支えを必要としている人たちのために。②地域と共に歩む教会として。③協力伝道を共に担う教会として。牧師・林 健一

2022年10月04日

10/5 使徒言行録4章32-37節 「献金について①」

 教会では集う方々が自主的に自由額の金額を献げるので「会費」ではありません。献金は旧約聖書時代から続く伝統ですが、歴史の中では税金から宗教団体にお金が行くことがありましたし、現代日本ではそのことに危い点があり、(玉串料の支出等)政教分離の原則に反します。教会には強制的な献金はありませんし、教会の会計も教会を構成する会員皆で決議します。また多く献金したら後利益があるとか、教会の中で優遇されるなどあってはならないことです。「統一教会(協会)」はキリスト教系とされますが、内実は全くの別物であり、宗教的な営利団体。今日の箇所で財産共有の話があります。「共産主義」の原点ですが、後の諸教会には引き継がれませんでした。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 高崎バプテスト教会。群馬県高崎市中居町4-31-11にあります。前も書きましたがこの教会の森牧師は「東北学院大学」を出て「西南学院大学」で学び、東西南北をすべて制覇したという方です。キリスト教教育にも造詣が深く、日本バプテスト連盟では「聖書教育」という教会学校の参考本つくりに貢献してくださっています。とても穏やかな方です。私が群馬県にある古墳の調査をしたいとお話しましたら快く連れていってくださいました。高崎教会は「木」が豊かに使われており、豊かな空間です。祈りの課題は以下です。①年度標語「共に生きる~キリストにつながれて~」を覚えて。②お互いはキリストの体の一人ひとりとして。牧師:森 淳一

2022年10月04日

10/4 エズラ記2章36-58節 「祭儀職に関わる人々」

 昨日に続く帰還者のリスト。歴代誌上23章以下に定められている分類に従って祭儀職に携わる人々の名前が挙げられています。祭司は出エジプト時代に定められたアロンの子孫、レビ人はアロンの末裔かレビ部族の成員であり、祭司の補佐役や詠唱者や門衛等の働きが与えられます。「門衛」は門番ですが、門の前で儀式等を行いました。59節からは先祖の由来が不明者の扱いが記されます。捕囚時代、辛酸をなめた者もいたし、バビロンの人と結婚した人や、バビロンとの関係の中で「バビロンに残りたい」と感じ、不満をもった人々もいて決して一色ではないのです。「ウリムとトンミム」は祭司が事の是非を判断する道具。「聖なる食べ物」とは至聖所に供えられたものです。今日はF・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 水戸バプテスト教会。茨城県水戸市元吉田町2158-2にあります。水戸市の少しはずれ、でも幹線道路から入ったすぐの所に広い駐車場と広い教会堂がある教会です。古くから北関東の中心の教会の一つでした。数年前から若い牧師が就任しており、これからも楽しみな教会です。日曜日は、広い庭のあるこの教会で親も子どもさんも楽しく過ごせると思います。祈りの課題は以下です。①礼拝に主のご臨在があるように。②教会に霊的な一致があるように。③ファミリー層の方々への伝道。牧師・服部 紘司

2022年10月02日

10/3 エズラ記2章1-35節 「先達の歴史を背負いながら」

 バビロンから解放された帰還者のリスト。大体、読み飛ばして良いのですが、最初に帰還した人々は共同体のアイデンティティ確立の重要な要素です。この第一陣の指導者は2節の「ゼルバベル」と「イエシュア」。ゼルバベルはダビデの家系に属し、後に彼らが新しい神殿の創設と完成において大きな役割を果たします(3章2節、4章3節、5章2節)。そしてこの名簿の名前は捕囚の時から生き残っている人は極少なく、二世、三世の人々ですが、家族の記憶、歴史を刻んできた人々です。「ファミリーヒストリー」というテレビ番組がありいろいろ先達の歩みを思い起し、その歩みがあって我らが今あることを感じます。我らも、この人々も、それぞれ先祖の歴史、苦難をと希望を背負って歩み出した人々です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 東海バプテスト教会。茨城県那珂郡東海村須和間2000-1にあります。新しい住宅街の入口、かつては住宅を販売する事務所だったところを今、教会として利用しています。何より、「みぎわ幼稚園」が有名でしょう。音楽等を通した情操教育、そして、ミッションスクールとしてキリスト教を基盤とした幼稚園です。この幼稚園の母体であり、祈りで支えているのがこの教会です。前牧師が突然召されびっくりしました。そして今、前「水戸バプテスト教会」牧師であった加山彰一牧師が就任されています。加山牧師は讃美歌の作曲などもされる先生です。私には最近「水戸黄門」の顔とだぶって見えます。祈りの課題は以下です。①主日礼拝、教会学校、祈り会の充実。②成熟した信徒づくりのための訓練。③近隣の方々と教会、幼稚園の子どもたちの救い。牧師・加山 彰一、協力牧師・諏訪 泰子(学校法人「みぎわ幼稚園」園長)

2022年10月02日

10/2 エズラ喜1章1-11節 「宗教改革者エズラ」

 エズラ記はネヘミヤ記と一つの書物でした、エズラは系図や出生は解りませんが、律法学者であり祭司の系統(学者とも呼ばれる)でイスラエルの民がバビロン捕囚から解放され(70年はヨシア王の死を起点)、帰還した者たちに対して祭儀上の改革をなすことであり、実際にエズラが舞台に出るのは期間後50年を経てからです。紀元前538年のペルシャ、キュロス王による解放は喜びに満ちていましたが、実際には捕囚民が帰還しても、すでに他の人々が支配しており、その中で土地を確保し、食料等の供給をして生活再建するのは大変なことでした。「エレミヤの口によって約束」はエレミヤ書25章11~、29章10節~等)。「シュシュバツァル」はペルシャの総督。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日立バプテスト教会。茨城県日立市中成沢町3-17-9にあります。こちらに来て日立市に行ったら、本当に日立という企業城下町でびっくりしました。日立バプテスト教会は一度お招きを受けて行って、礼拝のお話をさせていただきました。こじんまりした家族的な暖かい教会です。少し場所がわかりづらいですが、探していく価値はありますから、ぜひ行ってください。もし、かつてクリスチャンで今は教会に行っていない方も、ぜひこの教会で嬉しい仲間と歩み出してくださればうれしいです。祈りの課題は以下です。①教会員の家族と会友の救い。②聖霊の風を受け世に用いられる教会。石田政美・横浜JOY教会派遣牧師と高齢者の霊性と体調の守り。主事・井伊 肇

2022年10月02日

10/1 歴代誌下36章17-23節 「一番残酷な動物は人間」

 「カルデヤ人」は創世記11章から名前が出ますが、ここではバビロン帝国を構成する民族と考えて良いです。また今日の記事は26日の箇所との並行箇所。また「サムエル記~列王記」と「歴代誌」は内容が重複する点がありますが、列王記の方が王等に対する批判もあります。歴代誌は神殿について等が詳しいのは、著者も時代も異なる理由で、我らは複眼で歴史を見ることができます。しかしながらバビロンによるエルサレム攻撃、若者も老人も殺され、神殿の宝物も奪われる、本当に人間こそ世で一番罪深く、残酷な動物ですし、そのような歴史を我らも引き継いでいるゆえ、倫理(主の道)が必要です。イスラエル(南ユダ国)が滅び、「安息」の時を得たとの言葉は意味深く、「繁栄」の意味も考えます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 筑波バプテスト教会。茨城県つくば市稲荷前23-2にあります。「つくば」は研究機関等が多く、その関係者や、研究のため滞在している時にこの教会に行っていたという方もおられます。先日まで高橋秀二郎牧師が就任されていましたが、年齢のことがあり、引退で広島に移りました。クリスマスは当教会の浅見祐三牧師が御用をすることになっています。ぜひつくばの方、この教会に行ってください。駐車場も広くてよいですよ。祈りの課題は以下です。①無牧師期間中も教会が守られるように。②コロナ下、高齢の教会員と家族の健康が守られるように。主事・前村 俊一

2022年10月02日

9/30 イザヤ書44章21-45章1節 「ペルシャ帝国の覇権」

 「第二イザヤ」(28日当欄参照)の箇所。「思い起せ」と始まります。「思い起せ」とは捕囚の苦難の中で主への礼拝や主の導き、臨在を忘れている人々への言葉。「贖い」は本来、代価を払って買い取るとの意で、聖書では人間を赦し、解放を与え、神の愛する存在として下さることです。26節の「ユダ」は「南ユダ王国」のこと。「キュロス」への言及があります。ペルシャ帝国初代王キュロスは前539年に新バビロニヤを滅ぼし、捕囚民をそれぞれの国に帰しました。帝国は当時、世界最大でした。イスラエルの民にも帰還後の生活や神殿再建に対して寛容な政策を行いました。もちろん、キュロス王は一時の助け手でありましたが、所詮、支配者は移り変わり、永遠の支配なぞ人間にはできないのです。今日はN・Nさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟引退教役者の方々を覚えて。堤 正信氏(神奈川県在住)、友納 徳治氏(福岡市在住)

2022年09月24日

9/29 エゼキエル書40章1-5節 「どうしてこの箇所が選ばれたのだろう?」

 エゼキエルは前597年、宗教指導者としてバビロンに捕囚、5年後に預言活動を始めます。彼は南王国の滅亡とエルサレムの崩壊は神の審判と預言。加えて捕囚の苦しみに生きる同胞に対し新しいイスラエルが起こる時、あなたがたは「残れる民」とされると預言しました。今日の箇所は捕囚後の、新たな神殿の幻が与えられ、告げられた箇所。「アンマ」は聖書巻末の換算表では1アンマは45センチ(=キュビト)。問題はサイズが詳細に示されている意味で、多くの議論があります。材料が示されていないのでキリスト共同体は神の地上における神殿との説に賛同ですが、でも解釈に無理な点があります。今日はI・Rくんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟宣教団。日本バプテスト連盟宣教団は米国南部バプテスト連盟が各国に宣教師等を送っている国に設置されている団体です。戦後は米国南部バプテスト連盟から何千人という宣教師が送られ、多くの日本での教会の礎となりました。祈りの課題は以下です。①心を同じくする教会と共に、日本全土へ救いの福音を伝えられるように。この使命に応えられるよう、私たちのため、また良きパートナーとなる教会が与えられるようにお祈りください。代表理事・マシュー・サージェント

2022年09月24日

9/28 イザヤ書40章1-11節 「心静め、声に耳を澄ませよ」

 預言者イザヤは南王国で紀元前742年に召命を受け、約40年預言活動を行い、その活動は「第二・第三イザヤ」へと受け継がれます。変わらないのは、激動の只中で神への信頼をもって「静」を求め、時代の先に主の憐みと希望を見、真の王が与えられる「メシア預言」が記されること。39章での捕囚の預言の後、40章から捕囚期の「第二イザヤ」に入ります。ここはヘンデル曲「メサイア」で序曲のあとに最初にテナーが歌う重要な箇所でもあります。2節で「エルサレム」は女性名詞のゆえ「彼女」と記されます。「声」は見えず、触れられず、消えるもの。ゆえに心澄ませ激動の中でも、日常でも心静かに求め、心に刻むのです。今日はF・Cさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト女性連合。日本バプテスト連盟に加盟する教会の女性たちの連帯で運営されている団体です。祈りの課題は以下です。①総会議案説明・懇談会(10月15日)と、オンライン信徒大会(10月29日)の祝福。②歴史に感謝しつつ、これからの女性連合の歩みが整えられ開かれていきますように。会長・吉高 路(市川八幡教会員)、幹事・米本裕見子(東京北教会員)

2022年09月24日

9/27 エレミヤ書30章1-11節 「悲しみの預言者」

 エレミヤは南王国の滅亡と捕囚の中で預言者として活動しました。後にエジプトに連れて行かれ預言者活動を行った後、エジプトで死去したと言われます。エレミヤは当時の同胞に歓迎されない抵抗ことの無益を訴え、国の滅亡と捕囚を預言するので人々から厭われましたが回復の希望も預言しています。7節の「ヤコブ」の言及は、ヤコブが苦悩の中から傷を受けながらも和解を得た(創世記32~33章参照)こと、またその苦難を通して「イスラエル」と呼ばれるようになったことから10節以降は個人ではなくイスラエル民族のことです。国の滅亡は政治の失敗であり、厳しい試練と代価を払った民に主は希望を語るのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟「日韓・在日連帯特別委員会」日本バプテスト連盟理事会のもとに設置されている「特別委員会」のひとつです。祈りの課題は以下です。①「外国人住民基本法」、「人権差別撤廃基本法」が一日も早く成立するように。②外国籍住民の良き隣人として歩めますように。委員長・松坂 克世(静岡教会牧師)

2022年09月24日

9/26 列王記下24章1-21節 「語り、触れ、立ち起こさせる方」

 紀元前1020年から約百年続いたイスラエル統一王国はソロモン王の死後、南北に分裂。その後、イスラエル民族の歩みは下降線をたどり、335年後に滅亡します。その波瀾万丈の時代は列王記、歴代誌、預言書に歴史が刻まれます。北王国は超えた平地に農業が発達し、古代から交通の要所であることが外部からの攻撃を招き、先に滅びました。南王国は山岳地帯や荒れ野が広がり文化的に遅れていたことや、南側の砂漠の存在、ユダ族を中心として宗教が守られたことが長く続いた要因。しかし、時代の流れ、周辺国の影響(宗教も含む)により次々と王が交代し、戦争が続きついに紀元前五九七年、バビロンにより倒されたのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 中部地方バプテスト連合。「中部連合」は石川県、富山県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県、各県の日本バプテスト連盟に加盟する教会・伝道所によって構成されています。13教会、1伝道所です。祈りの課題は以下です。①13教会の福音伝道と協力伝道の成長。②北陸3教会と無牧師の2教会の歩み。③連盟機構改革と連合・地域の協働。会長・鈴木直哉(東山キリスト教会牧師)

2022年09月24日

9/25 ダニエル書12章1-13節 「途上を生きる歩み」

「かつてなかったほどの苦難が来る」、どの時代も「今が終末」だと思う人がいましたが、歴史は続いてます。苦難があります、「しかし」、この「しかし」、が信仰の世界。「しかし、その時には救われるであろう。お前の民、あの書に記された人々は」と。「あの書」とは「いのちの書」「神の国籍がある者のリスト」です。ダニエルは「いつまで続くのか」と問います。「一時期、二時期」や「1290日」は神の時であり、人間には隠されているゆえ、数字に惑わされない方がよいです。「ダニエルよ、もう行きなさい」、これは「あなたの道を行きなさい」。あなたの道が、神様から離れる一歩ではなく、神様に近づく一歩を選び取っていっていくことです。主の約束を望み見つつ困難も抱えつつ、途上にある今日を歩み出すのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 上尾キリスト教会。埼玉県上尾市小泉36-66にあります。「上尾」はまだ行ったことのない場所ですが、埼玉の中心に近く、ベッドタウンとして人気の場所です。秋山牧師がもう長く牧師としていらっしゃいます。この教会では「東京バプテスト神学校」の教会共同受講などを行なったり、様々な方を招いての集会をしておられます。元気な教会というイメージがあります。また、北関東地方連合の教会音楽委員長をしておられる武さんがいらっしゃる教会で、いろいろお世話になっております。祈りの課題は以下です。①大切ないのち 誰も殺さない。②バプテスマ者が与えられるように。③献身者が与えられるように。牧師・秋山 信夫

2022年09月20日

9/24 マタイ福音書28章16-20節 「主が共におられるから」

 議員ニコデモとの「夜の対話」を通して「新たに生まれる」ことを主が伝えます。それは「輪廻転生」でなく、今、生きている命を風(神の息吹)の注ぎを受けることによって新たに生き直すこと。この時、ニコデモは理解できなかったようですが、後、主イエスの隠れた弟子となりました。16~17節は「小聖書」とも呼ばれます。主イエスがこの世界を歩まれ、今もなお、あなたに語っておられます。そして主の願い、目標は「世(人間、あなた)を裁くためではなく、世が救われるためである」この言葉に私は感謝をもってすがる者です。都合悪いこと、悪を隠す世界は持続不可能。光のもとに晒されることは恥ではなく、そこに持続可能な希望の世界が生まれます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大宮バプテスト教会。埼玉県さいたま市大宮区浅間町2-214にあります。「大宮」は埼玉県内で最も人口が多く、大宮駅には新幹線も止まります。また大宮といえば、実は「盆栽の町」としても有名です。大宮教会は大宮駅から徒歩で行けますし、神社の参道を通れば、それはとても綺麗な道です。大宮教会の回りには「盆栽」を作成?販売しているお家がありますし、駅前には大規模ショッピングモールもあり、日曜は教会で礼拝をして、その後、ショッピングモールに寄れば、みんな大喜びですね。大宮教会は二階が礼拝堂ですが、エレベーターもあります。長くこの教会の牧師をされていた永町牧師が若松に行かれ、今は専任牧師がいませんが、教会員のみなさんでいろいろ力と祈りを合わせて活動しております。祈りの課題は以下です。①教会の働きを主が用いてくださいますように。②心に痛みを覚える方々のために。③世界に主の平和が来るように。

2022年09月20日

9/23 ヨハネ福音書3章1-21節 「新たに生きる~持続可能」

 議員ニコデモとの「夜の対話」を通して「新たに生まれる」ことを主が伝えます。それは「輪廻転生」でなく、今、生きている命を風(神の息吹)の注ぎを受けることによって新たに生き直すこと。この時、ニコデモは理解できなかったようですが、後、主イエスの隠れた弟子となりました。16~17節は「小聖書」とも呼ばれます。主イエスがこの世界を歩まれ、今もなお、あなたに語っておられます。そして主の願い、目標は「世(人間、あなた)を裁くためではなく、世が救われるためである」この言葉に私は感謝をもってすがる者です。都合悪いこと、悪を隠す世界は持続不可能。光のもとに晒されることは恥ではなく、そこに持続可能な希望の世界が生まれます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 宮原キリスト教会。JR「宮原」駅から歩いて少しです。近くには「聖学院大学」等もあり、学生さんや若い方々も集っておられます。足立牧師は、かつてはホンダで車の内装デザイン等を担当されていました。仕事に追われる中で様々なことがあり、キリスト者、そして牧師へと導かれた方です。なお、飯能教会の足立和子牧師とは名前は一緒ですが、兄妹とかそんな関係はありません。小さな教会(建物)ですが、ぜひ多くの方々が集っていただきたいと願います。祈りの課題は以下です。①新来者の方々の定着と信仰の成長。②教会に集う方々と、ご家族の健康。③以前のような礼拝、集会、交わりの再開。牧師・足立 智幸

2022年09月18日

9/22 ヘブライ書3章7-19節 「信仰から離れる時もありますが」

 ヘブライ書は旧約聖書の伝統に生きてきたクリスチャンに向けて書かれたので、旧約の引用が多く、主イエスを「大祭司」と表現します(5章)。今日の箇所は信仰を保ち続けられない時を生きる私共に語っています。信仰の道から外れる時は「反抗心で、心が頑固」だと語ります。親子関係でも反抗や自分の頑固さで争い、後に考えてみればそれほど頑固になる必要はなかったと思うこともあります。主や教会から離れて良いことがあるのかしら、と思いますが、多忙や関心の有無で離れてしまうことがありましょう。でも、離れても再び戻ってきてほしいし、それを主は望んでおられます。教会の礼拝や祈祷会で祈り、御言葉を聴くこと、それはあなたの人生を豊かにします。今日はO・Kさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト浦和キリスト教会。埼玉県さいたま市浦和区常盤7-2-14にあります。京浜東北線等で「北浦和」駅から徒歩5~7分で着きます。大きな道路沿いにあります。北関東でのセンターチャーチで第一礼拝、第二礼拝あわせて150名ほどが参加しております。また、教会附属幼稚園がありましたが、本年度より「社会福祉法人 浦和ぶどうの樹 浦和バプテスト保育園」を新たな建物ができて運営しています。この教会はロボット掃除機も活躍しております。またいろいろな団体、合唱団やブラスバンド等の練習会場として、また、コンサート会場としても利用されています。廣島牧師は同じく日大出身でかつては外資系の企業で半導体の研究開発をされていましたが、ある時から教会に行き、癒しと力を受け、西南学院大学神学部で学んだ方です。祈りの課題は以下です。①認可保育園と教会の新しい歩みに。②最も小さい者と共に歩む教会の働きに。③戦禍の中で苦しむ多くの方々のために。牧師・廣島 尚

2022年09月18日

9/21 ヨハネ黙示録3章5~15節 「黙示録を読んでみた」

 「黙示」とは「隠されていたものが示される」との意で、特に「世の終わり」という、誰もまだ知りようがないことを示しますが、ヨハネの黙示録は禁教令の中、実名を出すと危険な故、ドラマ(劇やオペラ)仕立てで諸教会とキリスト者に励ましと希望のメッセージを送ったのです。ゆえに、読む人は言葉を劇の場面に置き換えることが必要。あまり細部の説明にこだわると本筋を逃す危険があります。今日の箇所では、禁教の困難の中で、誰もがその信仰を失いそうになりますが、悔改めることを促します。また、苦難の中で信仰を守り通している人を模範的に捉えています。思想信仰の自由が奪われる時は恐ろしい時代。命の自由と尊厳が守られる世界を今日、祈ります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> ふじみ野バプテスト教会。埼玉県富士見市ふじみ野東2-14-3にあります。「富士山」が見えるところには「富士見」がつく地名が多いのですが、ここはまた、「富士見市」「ふじみ野」と並んでいますので間違える人が多いでしょうね。東武東上線で「ふじみ野」だったっけ、その駅でおりたら、そこはたくさんのマンションや住宅が並ぶ地域です。幹線道路沿いにこの教会はあります。ただ、教会のすぐ横は道路が上がっているか、下がっているところ。この教会の山下牧師はまだ若手ですが、しっかりされておられる方と思います。「がんカフェ」など様々に地域とつながっていこうとされています。すばらしい!祈りの課題は以下です。①教会に連なる一人ひとりの声が互いに聴かれ、これからの教会の姿が具体的になっていくように。牧師・山下 真実

2022年09月16日

9/20 ユダの手紙17~20節 「迷い星のごとく生きつつ」

 ユダ書は1章しかないので、章立てにはなっておりません。ユダは信仰の道から外そうとする存在や、信仰から外れ、裁かれる人々について記します。話の引用が「天使」のことなど「何これ?」と思うこともあります。12節等は自分達のことが言われているのかしら、とも思います。「裁き」より主による「救い」が万事において先立つものですが、教会から様々な理由で離れていく方々への心配と愛がこのような言葉になったのでしょう。17節を見ると、この文書は後期の「ユダの名による書」であるとわかります。中心は常にキリストの信仰に立ち続けること、祈り続けること。「肉によって汚れてしまった…」とありますが、キリスト者は聖なる者ではなく、完璧でもありません。ゆえに常にみ言葉を心に刻む生活を願うのです。今日はU・Rくんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト川越キリスト教会。埼玉県川越市石原町1-32-3にあります。住宅地の中にあるので、道路から入るところが迷いやすいですが、大きな道路に案内看板が出ていますので、それを見つけたらほぼ大丈夫です。教会は山小屋風のおしゃれな建物で、木材を沢山つかい、ガラスも広く、寒い時は薪ストーブがたかれます。とっても落ちつく礼拝堂ですし、オルガンも電気ですけれど良い音がします。丸山牧師はキリスト教放送局FEBCで働いておられ、その中で東京バプテスト神学校に通い、この川越教会牧師に就任されました。とっても楽しい方ですし、声が良いです。でも、私は知りました。お連れ合いの方もとても声が良くて、私はYouTubeで何か番組をつくったほうがよいと進言しました。がんばってください。それと、今年、つまり2022年、10月16日(日)、その日は「川越まつり」という人気でたくさん人が集まるイベントがあるそうですが、それに対抗して、この川越教会で、わたくし、坂本 献が礼拝のお話をいたします。多分、観光客等もたくさんおいでになるかもしれません。心配な方は教会に電話かメールをして席を確保しておいたほうがよいと思います。日本バプテスト川越キリスト教会で検索したら良いと思います。丸山牧師はその日、沼田ロマンチック街道キリスト教会でお話をされます。シャインマスカットでもお土産に買ってきてほしいなぁ。いや、冗談です。本気にしてもよいけど、、、。祈りの課題は以下です。①コロナの中、バプテスマ者が起こされ感謝。②キリストの真の癒しに共に与れるように。③教会学校の再開のために。牧師・丸山 勉

2022年09月16日

9/19 ダニエル書10章1-21節 「語り、触れ、立ち起こさせる方」

 ダニエル書ではダニエルが何度も神の言葉(思い)を受け、それを語っています。ここは今までと異なり、超自然的、超人間的、だけど一人の人の存在が示されます、まさしくこの方こそ共なる神です。ここにはいくつかの段階が記されます。ダニエルがその方を見て、意識を失います。次にその方の一つの手が触れ、ダニエルを引き起こします。内容が語られつつ、ダニエルは言葉を失います。するとその方が唇に触れ、ダニエルは対話できるのです。しかしその方は怖がらせることではなく「立ち上がらせ、愛する者と呼び掛け、励ます方」なのです。こうしてダニエルは神の言葉を語る器として、主に導かれていきます。それは人間と神との出会いの段階をも示しています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会。今日は当教会のことを全国の仲間が覚えてくださり感謝です。祈りの課題は以下です。①命の自由と尊厳を守る世界。②CS充実、福音発信と痛みの受信。③若年者伝道と高齢者の護り。牧師・坂本 献、協力牧師・浅見 祐三、中田 義直

2022年09月16日

9/18 ダニエル書9章1-19節 「悔い改めとは」

 ダレイオス王は紀元前550年頃即位といわれます。この時、ダニエルが読んでいたのはエレミヤ書で13日の本欄参照。ダニエルは主の預言を頂いたもの、どう解釈し、伝えるのか考え疲れ果てていた姿が八章に記されます。主の御心を探り知るのは時に難しいことですが、ある時、御言葉を通して「合点!」と知ることもあるのです。解放の時を知り、ダニエルは「断食、荒布をまとい、灰をかぶり祈る」のは悔改めの祈りの伝統的作法です。今でもレント(受難節)に入る日にこのように悔い改めの祈りをする場合があります。「悔い改め」は「食い改め(おかわり)」ではなく、後悔でもなく、自分に向いていた、心と体の向きを神に向けることであり、新たな道の始まり。なのでとてもポジティブなことなのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 飯能バプテスト教会。埼玉県飯能市岩沢241-1にあります。当教会から入間・飯能へ新しい教会をつくろうということで、元岩波牧師と教会員の方々が15~20名分かれて始まりました。現在、飯能教会は大きな道路から狭い道を入っていくのでわかりにくい場所にあります。大きな道路にある看板を見つけてください。教会は民家を改築したもので、芝生なども植えてあります。そして飯能は今注目の場所です。ムーミン谷パークという自然豊かなテーマパークや市内にも良い場所がいっぱいあり、住んだり、子育てをするのに良い環境です。足立牧師は少しムーミンの香りがするような素敵な方です。祈りの課題は以下です。①神さまの光と福音に満ちた教会。②30名礼拝の実現。③私たちが主の平和を愛する働き人に。牧師・足立 和子

2022年09月15日

9/17 申命記7章6-11節 「常識に逆らう愛の奇跡」

 「申命記」はモーセの遺言、「申命記」という言葉は漢語訳聖書からきています。7世紀にはシルクロードを通して中国までユダヤ教やキリスト教が入っており、いわゆる「仏教」の中に聖書の思想が見受けられるものがあります。今日の箇所でユダヤの民を「聖なる民(神の民)」「宝の民」とされたとあります。その理由は何か特別に優れているとか、神に喜ばしいことをした、等ではなく、「どの民よりも貧弱で、数も少ない」からというのです。ここに神の愛があります。その逆説は新約にも引き継がれ、そのメッセ―ジは「能力や力がある、美しく賞賛すべきことの有無」で評価する常識の中で、弱く小さな貧しい者を愛し給う愛の奇跡です。今日はO・Rさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 西川口キリスト教会。埼玉県戸田市喜沢1-2-13にあります。この教会は立地がとても素敵で「桜並木」の道路に沿い、建物はクローバの形のようで、礼拝堂は柔らかな円状にされています。かつては幼稚園も運営していましたので卒園生の方々はぜひ、この教会を再びお訪ねください。祈りの課題は以下です。①主任牧師招聘の学びのために。②転換期の中で、教会のすべての働きが導かれ、守られるように。代表役員代務者石井 鉄也、協力牧師・朴 思郁、教会学校スタッフ・戸田 浩司、教会音楽スタッフ・山嵜 美奈

2022年09月15日

9/16 ハバクク書2章1-4節 「神に抱けれる者」

 ハバククは南ユダ王国滅亡の頃の預言者で名前の意味は「神に抱かれる者」。3章しかないので一読してみてはいかがでしょう。「歩哨」とは軍隊で、警戒・監視の任に当たること。また、その兵。4節の「幻(=神の言葉)」を「走りながらでも…」とはそれ程大事な内容ということ。この書の凄さは「神に従う人は信仰によって生きる」という言葉。この言葉がローマ書1章17節、ガラテヤ書3章11節等で引用され「信仰義認」の根拠の一つとされます。岩波訳ローマ書では「信仰によって義とされた者は生きるであろう」。つまり、「信仰」は「神の真実」であり、人間の行為に先立ち、神のみが与える救いを感謝して受け止めることが救いの唯一の道なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 朝霞キリスト教会。埼玉県朝霞市根岸257-1にあります。1947年に創立された歴史ある教会です。特に故江川博和牧師が米軍基地があった朝霞で、行き場のない、混血の子どもをかかえたお母様とお子さんを深く覚え、幼稚園の働きを始めたり、「自閉症」児童の教育について学びと実践は日本で先進的な働きをされました。現在も幼稚園の「百合学園」、自閉症児・情緒障害児幼稚園の「ヨルダン学園」が運営されています。江川博和牧師が召されたあと、教会の礼拝はごく少人数で持たれています。祈りの課題は以下です。①体と心の健康が保たれますように。②笑顔の家庭が築けますように。③子どもたちが健やかに成長しますように。現在無牧師。

2022年09月15日

9/15 列王記上8章46-61節 「ソロモン王の祈り」

 ソロモン王の神殿献堂式での祈り。46節の「罪を犯さない者は一人もいません」はソロモンを含め、王も預言者も全てが主によってのみ生かされる表明であり「聖人」は有り得ません。また「人間の罪(不正、悪)の表明」に主は耳を傾け憐みを施すとの言葉は、罪や悪を隠すのが常識の世界で真に求められ、主が願う人間の歩みです。隠すことは健全で平和な世界を築けません。56節以下は圧巻です。「主の恵みの言葉は、一つとしてむなしいものはなかった」。今、あなた自身の歩みを「むなしい」と感じる方はいらっしゃるでしょうか。そのような者こそ主の言葉を聞こうではありませんか。そして「神と心を一つ」にする道を進みましょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 常盤台バプテスト教会。東京都板橋区常盤台2-3-3にあります。戦後に関東のセンターチャーチとなるように建てられました。幼稚園も長い歴史を持ち、多くの卒園生が誕生しています。規模も大きな教会でメンバーの中にはオペラ等で活躍している人も見受けられます。私が日大時代に通い始めた教会で、この教会で信仰や教会のこと、教会音楽のことなど深く学ばせていただきました。不思議と私の西南学院大学同期の仲間がこの教会の牧師になり、かつては中田義直牧師、また、現在の友納靖史牧師も同期です。祈りの課題は以下です。①新様式に基づく礼拝「信仰 being」。新たな教会教育と交わり「学び knowing」。③今可能な伝道と多様な奉仕「奉仕 doing」。 牧師・友納 靖史、協力牧師・渡部 信。

2022年09月11日

9/14 マタイ福音書6章5-15節 「赦さないと赦されないの?」

 主が教えて下さった祈り。9節には「天」という距離的な「遠さ」にも関わらず、「父(アッバ・幼児語)」という近さ、親しみがあります。12節は「我らの罪(=負い目)の赦し」を求めますが、「我らも赦しました」との言葉には毎週戸惑いを感じる方もありましょう。神の赦しが無条件であり、徹底的なものと主は命をかけて示されました。順序として、自分が赦したから、赦されるのではなく、赦されたから赦しへと向かうのです。しかし、人は主の赦しを既得権のように見なし、自分の赦しを恵みと語りつつ、一方で人を赦そうとはしない(赦しは簡単でないゆえ、赦さない気持ちは理解できます)人間の狡さ、卑小さを主はご存知で「赦していない」自分を知るように招き、マタイは強調して伝えます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 赤塚バプテスト教会。東京都板橋区赤塚1-18-7にあります。ここも常盤台バプテスト教会から生まれた教会です。ホームページにはこう記されています。「日本バプテスト連盟に所属する当教会は、2019年に創立60周年を迎えました。日本バプテスト連盟に所属する当教会は、2019年に創立60周年を迎えました。初代児玉振作牧師の後を受け、2001年9月より二代目石堂雅彦牧師が就任。どなたでもおいでいただける、地域に開かれた教会となることを目指しています。はじめての方も歓迎いたします。どうぞ、お気軽においでください。」とのこと。この教会の石堂牧師は私が西南学院大学で学んでいる時に、確か2年後輩で学士入学しました。石堂牧師はこう書いています。「1965年に北陸の金沢で生まれ、父の仕事(牧師)の関係で、鹿児島、福岡、札幌と移り住みました。高校時代、イエス・キリストを救い主と信じバプテスマを受け、大学時代、ある先輩との出会いをきっかけに牧師として献身を決意し、福岡の西南学院大神学部に進学しました。卒業後は東京・板橋の常盤台バプテスト教会の副牧師、北海道の釧路キリスト教会の牧師、2001年9月から赤塚バプテスト教会の牧師としての働きをしています。」。もの静かな方との印象をもっておりますが(なので、祈りの課題も言葉数が少ないようです)、もう長くこの教会で主に仕えておられます。祈りの課題は以下です。①地域伝道の活性化。②次世代への伝道、育成。教会の諸活動の再開。牧師・石堂 雅彦

2022年09月11日

9/13 エレミヤ書29章4-14節 「災いの計画ではなく」

 「涙の預言者」と呼ばれるエレミヤ。孤独でありましたが、神の真実を聞き取り、神の言葉が彼の内に燃えます。今日の箇所はバビロン捕囚の最初頃に捕囚された人々に送った内容。7節は驚くべきことに、敵地の平安を求め、祈りなさいと語ります。敗戦民として屈辱や差別を味わう中で「無理」な話と受取られますが、実は将来への布石。それは我らが望まない環境で生活すべき時にも道標となります。そして、70年後には再びエルサレムに帰還する約束が伴います。11節の言葉は当時において、また、病や心配、辛い状況に置かれて喜ばしくない歩みをせざるを得ないあなたにも力を与えます。主の計画を望み見よう。それは「平和の計画、将来と希望を与えるもの」です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 東京韓日バプテスト教会。東京都板橋区板橋4-1-6 バプテストビル にあります。「バプテストビル」ってなんかすごいなぁ。名前にもあるように韓国の方々が多いかもしれません。でもぜひ礼拝に行ってみてください。祈りの課題は以下です。①福音センターとして使命を果たす。②家族の救いと健康が守られるために。③1年の間に1人が1人を伝道する。主任牧師・李 島鎮

2022年09月11日

9/12 Ⅰペトロ1章3-12節 「喜びの救いを聞き取り語ること」

 主によってもたらされる「救い」がどれほど喜びと希望に満ちたものかを語ります。そしてその救いが旧約の時代から探求されていたことは多くのメシア預言から伺い知ることができます。例えば詩編22編、詩編110編やイザヤ書52~53章等。何よりここでは、宣教者・伝道者に対し「すばらしい、しかし、まだ完全には見えていない救い」を喜びをもって語ること、そしてそのために聖霊の働き、聖霊の息吹を求め、聞き取り、語ることが願われています。「天使」について現在は語られることは余りありませんが、ペトロの時代は神の言葉を伝える「天使」が生活に身近だったようです。ここでは教会の語るメッセージを神の使い(天使)も聞いていますよとの意。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 志村バプテスト教会。東京都板橋区前野町4-13-6にあります。この教会は常盤台バプテスト教会を母教会として生まれた教会で、前野町はときわ台の隣のような感じです。ホームページを見ると、十字架の塔があり、そこに時計がついていました。案内にはこうあります。「教会は乳幼児から年長者まで年代を超えて共に集まるところです。心を合わせて神様を礼拝し、聖書を学び、日々成長しながら愛に根ざす生活を追い求めます。どなたでも、お気軽にお出かけください。心より歓迎いたします。」とのこと。祈りの課題は以下です。①一人ひとりの平和のために。②地域に根ざし新来者を招く教会となるように。③バリアフリー建築のために。 牧師・常廣 澄子、協力牧師・永田 邦夫

2022年09月11日

特別版 9月5日~9月11日まとめてです

<今号は牧師休暇に伴う特別版です>
9月5日(月) 聖書:列王記上8章28節 「今日ささげる叫びと祈りを聞き届けてください」 教会の祈り:K・Nさんのお誕生日おめでとうございます! 今日の祈り:大泉教会(練馬区)。①地域に根ざした伝道のために。②高齢者。ご病気の方々のために。③教会学校の働きのために。代務牧師:芦沼光雄、協力牧師:松村誠一。

9月6日(火) 聖書:エステル書3章1~6節 「ひざまずかないのが気に入らない」
教会の祈り:礼拝委員会の働き。 今日の祈り:東京北教会(北区)。①全国支援・地域協働プロジェクトの歩みの祝福、②高齢会員、弱っている会員の癒しと回復。③推薦神学生の学びと生活の守り。牧師:魯 孝練(ノ ヒョリャン)、細井留美、協力牧師:米本裕見子、宣教師:郭 修岩

9月7日(水) 聖書:エステル書 3章8~15節 「王をそそのかし、勅令を発布する」今日の祈り:茗荷谷教会(文京区)。①短縮礼拝解除と教会学校再開のために。②各会活動の交わりを深めるために。③宣教団との協働のために。 牧師:平尾 輝明。

9月8日(木) 聖書:Ⅱテモテ書 4章17節 「主が獅子の口から救われました」
 今日の祈り:目白ヶ丘教会(新宿区)。①感染症下に守られていることへの感謝。②教会施設の補修が導かれるように。③付属幼稚園の保育が支えられるように。牧師:野口 哲哉、副牧師:内藤 幹子。

9月9日(金) 聖書:詩編 37編5~6節 「あなたの道を主に任せよ」 
今日の祈り:東京ジグチョン教会(新宿区)。①主の知恵でコロナに備えよう。②み言葉に従い歩む日々になるように。③全民族を癒し、この世を変えるるように。 主任牧師:許 碩真(ホ ソクジン)、元老牧師:金 東源(キム トンウォン)、副牧師:柳 智仁(ユ ジイン)、伝道師:金 景鶴(キム キョンハク)、協力宣教師:秋 淵淑(チュ ヨンスク)

9月10日(土) 聖書:Ⅰテモテ 4章10節 「救い主である生ける神に希望を置く」
 今日の祈り:蓮根教会(板橋区)。主任牧師:髙木 康俊、高齢・病床者担当牧師:金香 秦誠(かねこひろのぶ)、協力牧師:片岡 順子、牧会担当牧師:小勝 琢生(おがつ たくお)、協力牧師:鈴木 ケン、牧会主事:中地 芳子。

9月11日(日) 聖書:ダニエル書 6章10~29節 「獅子の洞窟の中で」
 教会の祈り:H・Nさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:東京愛の伝道所(新宿区)。 牧師:教会が復興し、この世の塩と光の使命を果たすように。②聖徒たちの信仰が成長するように。③聖徒と家族の健康のために。牧師:権 赫烈(クォン ヒョクヨル)。

2022年09月04日

9/4  ダニエル書3章1-24節 「命の尊厳を守るため」

 ネブカドネツァル王は金の大きな像を礼拝するようにダニエル達にも命じますが、礼拝を拒否します。王の怒りを買い、燃え盛る炉の中に投げ込まれるのです。炉を覗き見た王は驚きます。その炉の中を四人の者が自由に歩いているのです。その四人目はまさに主と理解されてきました。人間は何と残酷な生き物でしょう。遠藤周作の「沈黙」は厳しく恐ろしい弾圧の中の切支丹を描きました。日本占領下の韓国では天皇を神と礼拝することを命じられ、礼拝しない者は殺されました。暴力的支配は人の尊厳や自由を認めません。時に親子や夫婦の中にも支配構造が生まれます。今日の物語を「英雄や神の勝利」と読むのではなく、すべての命が守られることこそ主の願いと覚えます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 東久留米バプテスト教会。東京都東久留米市新川町1-16-4にあります。現在、専任牧師は不在です。この教会をお訪ねしたい方は当教会までご連絡ください。連絡先をご案内いたします。音楽牧師のジョン・チャヌ市は東京のプロオーケストラでコンサートマスターを務めたほどのヴァイオリンの名手ですが、現在はいろいろな教会でヴァイオリンやお話を通して神さまの福音を伝えておられます。CDもありますので関心ある方は検索してみてください。祈りの課題は以下です。①牧師が与えられますように。②主日礼拝が守られますように。③ジョン・チャヌ音楽牧師の活動。音楽牧師・ジョン・チャヌ

2022年09月03日

9/3 ルカによる福音書22章31-32節 「主はあなたのために」

 「サタン」についてはいつも記すように「神の思いに反抗する力」であり、また「試みる者(心見る)」の意味がありますが、いずれにせよ、サタンは神の支配下におかれるべき存在です。「(神がサタンに対して)試みる事を許可された」という表現は旧約でも見ることができます。でもサタンであろうがなかろうが、私共は日々試みられていますし、試みるのは助けるためであり、地獄に落とすことではありません。ゆえに主は「試みられる、裏切る、しかし再び立たされる、そして仲間を励ます」。失敗も、過ちも私共は繰返します。ゆえに主は日々あなたのために祈ってくださっているのです。その失敗も過ちの体験も主は祝福し、あなたを誰かと共に生きるように導いて下さるのです。いや、そうしてほしいのです。今日はS・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 新小岩バプテスト教会。東京都葛飾区新小岩4-11-10にあります。1950年に誕生した教会です。祈りの課題は以下です。①聖書に聴き従います。②キリストの弟子となります。③新小岩から全世界へ伝道します。牧師・川口 義雄、音楽主事・川口 由子、宣教師・李 ヒソック

2022年08月27日

9/2 イザヤ書45章18-25節 「救いについて考える」

 「混沌」という言葉が二度使われています。18節は「何もない空間を創造したのではない」。19節は「空手形で約束しない」という意味。21節は前節を受けて、木にすぎない偶像神を担いで来た者はそこにどんな利益や効能があったのか、集って議論してみなさい、と語ります。そして地の果てまでのすべての人々が主を礼拝し救いを得よとの約束が告げられます。「救い」という言葉は大変広く、また受けとる人によって異なります。祈りは何を祈ってもよいのですが、お金を無駄使いして、それを神が補填するのは救いとはいえないでしょう。神によって嘘がばれなかったのも救いとはいえません。そこに正義や公平はありませんから。より根源的な生きる意味や力と喜びを与えられることなのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 篠崎キリスト教会。東京都江戸川区南篠崎町1-28-15にあります。この教会の川口牧師は「東京バプテスト神学校」でもいろいろな働きをされています。そして素晴らしいのがホームページで川口牧師の礼拝メッセージや「聖書の学びと祈り会」での「聖書研究」のメッセージが収録されていることです。信頼できる牧師なので、時々読ませていただきます。ありがとうございます。祈りの課題は以下です。①家族で礼拝に参加できるように。②若い人たちが定着できるように。牧師・川口 通治

2022年08月27日

9/1 詩編23編 「主の家にわたしは帰り」

 ここで何度も扱った有名な詩。古代近東では羊飼いの役割と称号は、国や民族の指導者も意味していました。国民や民族は「羊の群れ」であり、王は羊が生活する面倒を見る役割ですし、一匹の羊を探す主イエスの姿は真実の「民に仕える王」を示します。それは牧会者の姿であり、政治家の働きです。この詩の背景には出エジプトの旅の記憶が反映されています。出エジプトの旅で民は不足なく、民は回復を与えられ、民は荒野の中で食卓が整えられたのです。この詩は葬儀の時にも用いられます。人生という旅を歩んできた人。人々は「まだ滅ぼされていない敵=死」があると思いましょう。でもその時、最後の敵に対し、痛烈な信頼の言葉、「永遠の家への導き」を我らは語るのです。今日はH・Zさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 市川八幡キリスト教会。千葉県市川市八幡2-1-10にあります。NPO法人「ガンバの会」の母体です。「ガンバの会」はホームレス者支援や生活困窮者支援等を行なっており、コロナ危機の中で多くの働きをされ、理事長の方を何度もNHK等のニュースでお見受けいたしました。教会の祈りの課題は以下です。①生活困窮者の暮らしと健康。②アトゥトゥミャンマー支援会の働き。③ウクライナ戦闘状況の収束・終結。牧師・吉高 叶

2022年08月27日

8/31 詩編32編 「主を見出せる時に」

 3節から5節の告白は詩人が困窮に置かれた時。「御手が…重い」とありますが、困窮は神さまとの関係だけではないでしょう。「言葉が出せない、出してもすぐに反撃される」、「絶え間ない呻き」は自らの失敗か、他者との関係か、親のこと、子どものことかは解りません。ただ詩人は歩みの中で主の心を大事にしなかった、つまり、主の心は早期の解決を目指し、対話を繋ぎ、改めることは改めることですが、人はかたくななゆえに、相手を変えることに熱心で、自分が変わることを「損・負け」として選ばないのです。しかし心改め、自らの歩みを改めていく時、「目覚めと、行くべき道(自分がすべきこと)」を理解し、救いの喜びが伴います。「主を見出しうる間」、それは「今」主と歩むこと。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟引退教役者の方々を覚えて。中條 儀助氏(宮崎市在住)、千綿 一哉氏(京都市在住)

2022年08月27日

8/30 イザヤ書46章1-13節 「初めから終わりまで」

 イザヤ書40章からはバビロン捕囚後期に記された「第二イザヤ」と呼ばれます。バビロンの神々であるベルやネボは倒れるのに、そのような神々を拝んでいる国も当然倒れると主は語ります。そして人間によってつくられた偶像と主なる神との違いを語ります。「お前たちは胎を出た時から、白髪になるまで主は担い、背負い、救い出す、なぜなら、わたしはあなたを造ったゆえ」と励ましと希望の言葉を語るのです。9節には「思い起せ、初めからのことを」は、主によって守られ支えられたこと、さらにはイスラエルの民全ての歴史を想起せよと語るのです。今、見えている現実を越え主の恵みが起こされます。「心かたくなな者」とは主の恵みを否定する我らの心です。今日はI・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 学校法人「西南女学院」。福岡県北九州市小倉北区にあり、「西南女学院大学」では「保健福祉学部」「人文学部」「助産別科」、「西南女学院大学短期大学部」には「保育科」があります。また、幼稚園(シオン山幼稚園)、西南女学院中学校・高等学校からなります。バプテストの信仰から生まれたキリスト教ミッションスクールです。2022年に創立100年を迎えます。祈りの課題は以下です。①創立100周年に感謝しつつ、建学の精神「感恩奉仕」のもと平和を創り出す人材を育成できますように。院長・田中綜二、キリスト教センター長・東 彩子

2022年08月27日

8/29  イザヤ書36章1-22節 「心理戦」

 この欄では何度か記しておりますが、改めて紹介すると、ヒゼキア王は南王国ユダの最後の王(紀元前597~587)。アッリシア軍に包囲され、軍使ラブ・シャケが降伏を促します。7節の「高台と聖壇を取り除いた」とは、列王記下18章4節にあるように、アシュラ像等を壊したこと。ラブ・シャケはさらにエジプトも頼りにならない、試しにユダへ2千頭の馬を与えても良いが、それでも我らの一番弱い部隊にも勝てない。さらに「お前らの神を頼っているが、何の力があろうか、他の国もそうだったし、アッシリアに従うのが一番良い道だ」と。屈辱的な言葉を聞きながらもユダの民は主の命令により押し黙ります。戦争には心理戦もあります(もちろん、様々な軍事的威嚇を含めて)。ロシアを見ているみたい。今日は、O・Yさん、S・Mくんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「障がい者と教会委員会」。①小さくされた人たちの視座から学ぶ。いのちでつながる教会であるように。③委員一人ひとりの働きのために。委員長・水野 英尚(かたえ教会牧師)

2022年08月27日

8/28 ダニエル書2章1-24節 「解決へと導くもの」

 ネブカドネツァル王の見た夢を明かせと知者等を呼びます。王自身は夢の内容は語らずに、その内容と解釈を求めるので、これは通常は無理な話。実際には彼らはできませんし、それができるのは神々しかいないと語ります。その話を聞いたダニエルは「できます」と語り、まず祈ります。加えて、知者らを殺す命令を受けていたアルヨクに知者殺しを止めるように語り、王の前に出るのです。何よりダニエルは「思慮深く賢明に対応し」「仲間に相談した」とあります。暴力や殺戮を防ぐのは知恵(神の恵み)と共に生きる仲間の協働なのです。夢の解釈が詳述されていますが、何より王が納得して、次の行動に移ったことに目を向けましょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「公害問題特別委員会」。連盟理事会のもとに置かれている「特別委員会」の一つです。かつて起こった「森永ヒ素ミルク中毒事件」を契機に生まれた委員会です。祈りの課題は以下です。①原発再稼働推進の欺瞞性に気づき、脱原発への扉を開いて、被造世界の管理者の務めを正しく果たせますように。委員長・野中 宏樹(鳥栖教会牧師)

2022年08月26日

8/27 イザヤ書40章1-11節 「キング牧師の夢」

 28日の「聖書教育」の箇所はネブカドネツァル王の見た不吉な夢を解釈できる者がいないので、知者や学者を皆殺しにするという話が出てきます。自分の思い通りにならない役立たずは殺す、とは否定されるべき思想です。でも今日、私共が真に見るべき夢を考えましょう。米国のバプテスト牧師故キングはワシントン広場で「私は夢を見る(I Have a Dream)」と演説しました。「私には夢がある。それは、…『すべての人間は平等に作られているということは、自明の真実であると考える』というこの国の信条を、真の意味で実現させるという夢である…あらゆる谷が高められ、あらゆる丘と山は低められ…、神の栄光が啓示され…神の栄光を共に見ることになるという夢です」。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 西関東地方連合(9教会2伝道所)で構成。静岡県、山梨県、長野県を地域としています。祈りの課題は以下です。①各教会の宣教の働きが守られますように。②連合内の教会間の交わりが深められますように。会長・宮西 宏明(富士吉田教会牧師)

2022年08月26日

8/26 列王記上8章27-43節 「神はどこに住まわれるのか」

 統一王国第三代王ソロモンがダビデ王時代からの約束であった神殿を13年かけて建築し、竣工感謝礼拝でのソロモンの祈り。長い祈りですし、この祈りは教会堂等の竣工の祈りで参考にされてきました。27節の「神は…地上にお住まいになるでしょうか」。この言葉が重要。古今東西に「神殿」があります。非常に豪華な建築がある=信頼できる立派な神、と人は認識するようです。永遠に立ち続ける神殿はありません。聖書が伝える神は、我らのみすぼらしい心の中に住んで下さる方ですし、どこでも礼拝できます。ゆえに教会堂は「集う場所」であり、礼拝者がどのような心を持っているのかが大事です。39節「あなただけがすべての人の心をご存知だからです」。今日はH・Sさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 市川大野キリスト教会。千葉県市川市南大野1-11-28にあります。この教会は、当教会協力牧師であり、連盟常務理事の中田義直牧師が常務理事になる前、牧会しておられた教会です。すぐ近くに小学校があり、中田牧師はそこで「読み聞かせ」のボランティア活動をされておられてとても感心した記憶があります。祈りの課題は以下です。①地域の教会としての歩みのために。②コロナ危機の中で集会が守られる。③主にある教会として立ち続けていくために。牧師・富田 愛世

2022年08月26日

8/25 ヤコブ書1章2-21節 「疑いながらも対話によって」

 ヤコブ書は特に注意深く読むべき書。2節の「試練」は「試練の実体は何か」を考えるべき。自分の失敗なのか、ハラスメントなのか、病気なのか、子どもが荒れているからか?一括りに「試練」とせず、「忍耐」だけではなく、必要な対応が必要な時があります。ヤコブが語る試練はキリスト信仰に対する誤った考え方を持つ人々から受ける試練。6節の「疑う者」は「神の働きや存在」を疑うことですが、疑って構いません。でもきちんと聖書を読みながら疑いつつ、結果的にみ言葉と対話することが大事です。完全な信頼は親子、夫婦、人間関係、社会でもあり得ぬゆえ、話し合い、理解し合うこと。13節の「誘惑は神から来ない」には納得。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト船橋教会。千葉県船橋市市場1-2-8にあります。祈りの課題は以下です。①急激な時代の変化に対応した教会の変革が主の御心にかなったものとなりますようお祈りください。牧師・松田 裕治、協力牧師・ンバコアジセイ パトリック、名誉牧師・三ツ木 茂

2022年08月26日

8/24  マタイ福音書1章18-24節 「夢を実現すること」

 新約のヨセフも夢を見る人。天使(=神の言葉の伝達者)がヨセフにマリアの子を受け入れよと語ります。また、後には夢で見たお告げによりエジプトに逃避します。「夢」は眠っている時に見る夢、そこで御心が語られる時もあるのです。他方「夢」は人がまだ実現していないけれど現実したいと考え、目標とされる時もあります。どちらも将来のこと。創世記のヨセフは「夢は神からのお告げ」、それに対して行動することを王に告げます。これが「夢」の使命かも。私共が夢見るのは大事なこと。でもその夢が何をもたらそうとするのか、自分や社会に有益か、御心なのかを見極め、自分の行動と結びつく時、「主の御心の実現」となるのかもしれません。今日の夜、19時半~約1時間、教会とリモートの併用での「聖書の学びと祈り会」です。もし21日発行の「週報」をお持ちでない方は教会までメールでご連絡ください。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 津田沼キリスト教会。千葉県習志野市鷺沼4-8-9にあります。〒番号は275-0014です。ホームページの案内にはこう記されています。「小さな子どもからお年寄りまで、毎週日曜日に集まって礼拝をささげています。礼拝や教会のイベントにはいつでも参加いただけます。初めての方でも、クリスチャンでない方でも大歓迎。アットホームな教会なので、気軽にお越しください。」とのこと。京成津田沼駅から徒歩:約15分ということですが、他にもバスを使った行き方などホームページで紹介されています。祈りの課題は以下です。①50名礼拝の実現のために。②新来会者、働き人、同労者が与えらえるように。③ジョイフルキッズにつながる親子の救いのために。牧師・大塚 恭一

2022年08月21日

8/23 創世記41章1-16節 「夢解釈をするヨセフ」

 父祖ヤコブの末子は兄弟から恨まれ、エジプトに売られました。そのころ、エジプトの王ファラオはひどく胸騒ぎがする夢を見ます。そして夢の解釈を様々な当時の専門家に託そうとします。「夢」で未来を知らされるという話は今でも聞きます。「夢」で未来を知ることができるかは懐疑的。でも聖書に出て来るし、世界中の物語でも登場しますので、何かの力を感じていたことに違いありません。そしてエジプトには専門家もいたようで、未来を考える方法でもありました。元々「夢見る者」とあだ名をつけられていたヨセフは夢を解釈する能力があり、牢獄でヨセフに夢解きをした経験を持つ者が王に進言し、ヨセフが王の夢を告げ、解釈し、王は納得し、新たな歴史が始まります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 千葉・若葉キリスト教会。千葉市若葉区千城台東2-28-8にあります。ホームページでは「私たちの教会は、千葉モノレールの終点千城台駅から徒歩15分の住宅街の中にあります。教会の裏手に駐車場もありますので、自家用車でもお越しいただけます。」とのこと。写真で見るととても素敵な会堂ですね。田中牧師は「筑波教会」で30年過ごされた中で神学校に通うようになったとのことです。北関東の仲間だったのですね。祈りの課題は以下です。①コロナ収束と諸活動再開のために。②み心に適う将来計画設定のために。③木更津伝道所・相互支援のために。牧師・田中 宜之

2022年08月21日

8/22 エレミヤ書27章1-22節 「戦争するな、との声あり」

 今日の背景は南王国ユダの最後の王(紀元前597~587)の就任時です。ゼデキヤ王は当時の近隣諸国のエドム、モアブ、アンモン、ティルスと同盟を組んで覇権を狙うバビロン帝国に反逆・抵抗して国を守ろうとしました。しかし、その動きに主なる神は忠告します。「バビロンの覇権は神の計画である」と。ここはなかなか理解できない点があります。「神の計画」と言うよりも、ここで神が願ったのは、強敵バビロンの前に勝ち目の無い戦いをしても犠牲者が増え被害が広がることであり、それゆえの反対であり、この試練を越えて神が再建の道を示してもいるのです。戦争に勝利し得ないと思っても、「面子」(メンツ)を保つために継続し被害が莫大になった日本の姿を想起します。あと1カ月、3カ月、早い決断をしていれば沖縄地上戦も原爆もなかったかもしれません。そうして、遅れることによって自らの首をしめていったし、多くの子ども、若者の命が守られたのです。今日はK・Tさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 木更津伝道所。千葉県木更津市新田1-1-33 カサデロサ101号にあります。この教会は行ったことがありませんので、ほとんど情報を持ち得ませんが、ホームページを見ますと8月21日から木更津市朝日2-2-13で礼拝がおこなわれます。行きたい方はホームページを参照してください。木更津駅から900mで、時間は日曜14時からの礼拝になります。祈りの課題は以下です。①障がい者・高齢の人々に光を。②教会組織・会堂獲得に導きを。③木更津以南の伝道が進むように。牧師・井本 義孝、高市 和久

2022年08月21日

8/21 ダニエル書1章1-12節 「アイデンティティの危機」

 ダニエル書はバビロン捕囚(15日当欄参照)中の預言や状況を伝えますが、執筆年代は捕囚から2~300年後なので名前の記述等不正確な点があります。捕囚の記録を記しつつ繰り返す歴史の中でこの文書はどの時代にも不変の希望と力となりました。捕囚民の中で優秀な者はネブカドネツァル王に召されます。しかしそれは今までのアイデンティティを否定し、信じてきたものを捨てるような良心への挑戦でした。この並列を現代史の中に置けば、大東亜戦争(太平洋戦争)の中で皇国日本は天皇崇拝が強制され、キリスト者や戦争反対者らも迫害を受け、ある人々は殺されました。朝鮮半島において酷い皇民化政策を進めたことを想起します。今日は氷川神学生を招いての礼拝、フレッシュな聖書からの学びを楽しみにしています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 千葉バプテスト教会。千葉県市原市五所1540にあります。最寄りは八幡宿駅とのこと。ホームページでは詳しく迷わないように案内がしてあります。この教会はいろいろ縁があって、二度伺っています。二度目は私が所沢に来てから特別集会の講師としてお招きをいただき伺いました。この教会は会堂がコンクリート打ち放しで、残響がとても長いのです。それは良し悪しあります。ドラムは響きが難しいかなと思っていたら随分いろいろな手を入れて音響をおさえる工夫がされていました。その時はまだ敬愛します故矢野満牧師が癌治療の中でしたが、共に礼拝できたのは本当に思い出に残っています。矢野由美協力牧師は満牧師のお連れ合いでしたが、今でも共にいろいろお働きできるのを感謝です。そして、澤田ルツ子音楽主事、音楽の賜物をいかして活動されている素敵なお方です!元川牧師はまだ会ったことがないので、あまり語れなくてごめんなさい。呼ばれたら太鼓もっていきます。祈りの課題は以下です。①人々のいのちと生活が守られますように。②礼拝・奉仕の輪が全年齢層を包摂しますように。牧師・元川 信治、協力牧師(兼教育主事)・矢野 由美、音楽主事・澤田 ルツ子

2022年08月14日

8/20 マタイ福音書4章1-11節 「持続可能な世界(SDGs)」

 主イエスがバプテスマを受けた後、荒野に導かれ、悪魔の誘惑を受けます。「悪魔」は「神の心から離そうとする力(ここは『誘惑する者』と言い換え)」と私は説明しますが、もう一つの意味は「試みる者」です。「試みる」とは「心を見る」との意で困難や試練の中に現れるその人の「本質」や「素の心」が見られるのです。主イエスへの試みは「食べ物」「名声」「権力」であり、確かに人はそれらの力に弱く失敗を重ねます。今日は四節が中心箇所。パンは一時的でありすぐに消費され、次のパンが求められます。主イエスは「神の口から出る言葉で我らは生きる」。御言葉は一時的ではなく、人が生き続ける道、維持可能な道を開きます。それは神の創造世界と向き合い、分かち合う世界です。今日はU・Rくんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 茂原バプテスト教会。千葉県茂原市六ツ野3394-5にあります。私は「もはら」と今まで読んでいましたが「もばら」なんですね。まだ行ったことのない教会のひとつです。ホームページ等詳しいですが、なぜか「地図」が表示されませんでした。また「英語・スペイン語」でも見られるのは特徴的ですね。祈りの課題は以下です。①多様な人たちと一緒に礼拝ができますように。②隣地をお与えください。③次の世代の姿をお示しください。牧師・塩山 宗満

2022年08月14日

8/19 詩編73編 「ああ、自分は愚かだった…」

 アサフはダビデ時代「歌うたい」として活躍し、子孫は神殿礼拝の賛美の職務を継承しました。2節等は神に逆らう人が安泰なのを見て、うらやんだ等正直な告白があります。さらに、自分は一生懸命神の前に正しく生きようとしたのに病気になった、その中で自分がうらやんだ道は一瞬にして崩れ去ることに気づきます。そこで自分を省み、主が私を導き、神が近くにあることを幸いとし、主の御業を語り伝える決心が与えられました。「ああ、自分は愚かだった」という言葉に共感。なお、常に語ることですが「神が滅ぼす」とか「神が絶たれる」との言葉を読む時、新約の主の光に照らして自らの罪深さを認識し、罪人にも救いの道が開かれたことを覚えるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 富里キリスト教会。千葉県富里市七栄171-6にあります。アクセスは京成成田駅中央口からバス住野経由八街行きで富里高校下車。進行方向の小道へ。徒歩5分とのことです。教会案内にはこう記されています。富里キリスト教会の歴史は、1978年の成田空港開港にまでさかのぼります。「国際色豊かに発展する成田・印旛地区にキリストの光を!」という日本バプテスト連盟津田沼キリスト教会の幻により、1979年津田沼キリスト教会の一家庭集会として産声を上げました。1980年にまず現在地に590坪の土地が与えられ、1984年12月に津田沼キリスト教会の伝道所として宣教が開始されました。そして1987年9月に現在の会堂が建築されました。2000年3月、日本バプテスト連盟所属の「富里キリスト教会」が誕生し、現在に至っております。とのこと。土地が広いのはすばらしい!車が便利かもしれません。牧師の趣味に「ジャンベ」とあったにで何だろうと思い、調べてみたら「ジャンベは西アフリカ起源の太鼓で、打楽器のひとつ」だそうです。私もできるかもしれません。ギターはFで行き詰まりましたので。祈りの課題は以下です。①キリストにつながり愛の実を結ぶ。②病を抱えている方の癒しを覚えて。③求道中の方々の魂の救いを覚えて。牧師・武井 誠司

2022年08月14日

8/18 詩編9編 「主の名は力、御顔は臨在」

 「ムトラベン」とは「子どもの死」の意味があり、曲名を表現していると言われますが詳細不明。この詩は「感謝」から始まり、14節からは敵の攻撃に伴う苦しみの中にあって、主の救いを祈る内容に変化します。その「間」に何があったのかは読者の想像に任せる他はないようです。ちなみに9編と10編は元々一つの詩であったと推定されます。確かに近い内容が繰り返されています。この詩では「御名」、つまり神の名。そして「御顔」(神の顔)という言葉が印象的。「名」に「力」があるのは、「サイン」を記すようなものです。サインがなければ効力がないように、神の名は神の力。「顔」は臨在や「神が目を向ける」ことの表現。「御名」を讃美し、「御顔」を求める詩人の祈りです。今日はM・Jさんのお誕生日おめでとうございます。元気にお過ごしでしょうか?

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 栗ヶ沢バプテスト教会。千葉県松戸市小金原2-1-12にあります。場所は「北小金」駅 南口より(JR常磐線/東京メトロ千代田線乗入)バスがおススメのようです。ホームページには以下のように教会案内されています。 栗ヶ沢バプテスト教会は、千葉県松戸市、小金原2丁目の「あめりか楓通り」に建つ教会です。街路樹の美しい広々とした通りに、街並みにとてもマッチした佇まいをみせています。礼拝堂はコンクリート打ちっぱなしの剛健なイメージですが、教育館とホールは木造建築で柔らかく仕上がっており、芝生の中庭を取り囲むように建てられています。庭の真ん中には、初代牧師が植樹した欅の木がみごとに枝を張り、私たちの集いを包んでくれているようです。2014年2月には「温かいおもてなしと開放的な雰囲気があふれる街が誇ることができる教会建築」として、松戸景観大賞を受賞しました。栗ヶ沢教会は1969年にこの地での伝道を始め、50年が経過しました。私たちは、これからも、この街、小金原を愛し、キリストを愛し、根を張り、福音の種を蒔いていきたいと願っています。ぜひ、HPだけでなく、私たちの教会をお訪ねください。教会員一同、心よりお待ちしています。(引用終わり)「あめりか楓通り」って何か素敵!一度宣教奉仕のために伺ったことがあります。なつかしい方にも思いがけずお会いできて感謝しました。祈りの課題は以下です。①ウクライナに平和が戻るように。②バプテスマ決心者が与えられますように。③地域に根付いた教会となるように。牧師・木村 一充

2022年08月14日

8/17 サムエル記上16章1-13節 「主は心によって人を見る」

 「サムエル記」とありますが、「サムエル」は王国樹立前の最後の「士師」(しし/政治的・軍事的リーダー)であり、最初の「預言者」。内容はサウル王の樹立からダビデ王の働きを語ります。初代サウル王が過ちを犯したゆえ次の王を主の言葉に従ってベツレヘムのエッサイ家に求めます。王としてふさわしい者を探し、最初は長男のエリアブに目が留まります。身長が高く、立派な姿だったからでしょう。しかし主は「私は人の目に映る点ではなく、その心を見る」と語り、エリアブを退けます。最後に末子のダビデが連れてこられた時、主は王就任の儀式としての「油注ぎ」を命じます。ダビデはまだ少年の羊飼いでしたが主はその心を見られたのです。サムエルは相変わらず表面だけを見ていたようですが。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 花野井バプテスト教会。千葉県柏市花野井103-11にあります。JR「柏」駅が最寄りのようです。ホームページにはこのように教会案内がされています。「県道我孫子関宿線、花野井入口バス停側にある三階建の教会、それが私たちの花野井バプテスト教会です。日曜の礼拝には、40~50人が集っています。顔ぶれは生まれたばかりの赤ちゃんからご年配の方々まで老若男女バラエティに富んでいていつも賑やかです。我孫子側から車で来ると、元電気屋さんの建物のため、なかなか教会だとわからずに通り過ぎてしまうかもしれませんが、十字架を目印においで下さい。日曜日は最大25台分の駐車場を確保しております。どなたでも出入り自由のオープンでアットホームな教会です」とのこと。祈りの課題は以下です。①世界の平和。②教会堂建築による地域への福音伝道。③コロナ収束(平穏な日常)。牧師・古賀公一

2022年08月14日

8/16 詩編137編 「バビロンの流れのほとり」

この詩編はバビロン捕囚時(紀元前587~538年)の詩であり、「詩編」は何度か改訂されたことを知らされます。また森有正著の「バビロンの流れのほとりにて」(1957年)は「西欧文明との接触により著者の内面にもたらされた変化を凝視した記録」とされます。バビロン捕囚の民は異文化の中に置かれ、様々な問われ方をしたでしょう。4節の言葉は切ないです。連れ去られた地でどうして母国の歌を敵に聞かせなければならないのでしょう。そのように気楽に「故郷の歌を歌え」という言葉を私共が語る時、あなたの歴史観が問われます。沖縄の方に「沖縄いいね」と簡単に語れないのと同じです。もちろん、信頼関係があれば大丈夫ですが、誰でも常に理解しておくべき背景があります。9節は嫌な言葉ですが、バビロン軍が行った蛮行が想起されています。でも仕返しは負の歴史を繰り返すことです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大久保バプテスト教会。東京都新宿区新宿7-26-22にあります。JR「新大久保駅」からまっすぐに歩いて大きな道を越えたらあります。ここはかつて「日本バプテスト連盟」の事務所があり、数度訪れたことがあります。まだ連盟事務所があった時代は、静かな住宅街を15分位歩いていきました。ところが最近の新大久保はびっくり。ここは外国か?と思うような感じですが、少し海外旅行気分にもなる街です。祈りの課題は以下です。①ウクライナとミャンマーのために。②主題「主の恵み深さを味わうため」。③礼拝と証しを大切に生きる教会に。牧師・河野 信一郎、副牧師・石垣 茂夫

2022年08月14日

8/15 歴代誌下36章5-21節 「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」

 日本バプテスト連盟発行の教会学校教案・参考誌の「聖書教育」では8月21日から9月一杯「ダニエル書」を学びますが、所沢教会では行事のため2~3回程度の取り扱いです。さて、南王国ユダは新バビロニア帝国のネブカドネツァル王によりエルサレムは紀元前587年に陥落、ソロモンが建てた神殿等も破壊され、3回にわたる捕囚により主要な人々はバビロンに連行されました。その後70年後に再び旧ユダ国に戻ることができたのです。これを「バビロン捕囚」と言い、旧約聖書時代の大事な出来事です。そして今日は敗戦後77年目を迎えました。この77年、世界は様々な変化が起こりました。日本は戦争体験から「平和憲法」と民主的政治が生まれました。しかし今、その意味が問われるし、問い直されています。我らは加害者であり被害者である「原点」に立ち戻ることが大事だと思います。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 中野バプテスト教会。東京都中野区中野3-23-8にあります。1956年から始まった歴史ある教会といえましょう。協力牧師の稲垣氏はオペラ歌手としても知名ですし、著書もありますので文章も上手な方なのでしょう。祈りの課題は以下です。①求道中の方々がバプテスマへと導かれますように。②休止中の子どものための集会が再開できるように。牧師・青木 竜二、協力牧師・稲垣 俊也

2022年08月14日

8/14 マタイ5章1-12節(中心9節)「平和を実現するために」

 今日は「平和祈念礼拝」です。「平和」は自転車のように、いつも平和を求めて動いていないとすぐに倒れてしまいます。私はいつもこの箇所で「消極的平和」と「積極的平和」について語ります。「消極的平和」は、単に戦争や暴力の行使が」ないこと、うわべだけ治安が保たれている状態のこと。「積極的平和」は、人間の解放と自由を実現するために、平等や社会的正義を貫徹することを基準とし、すべての人が階級や人種、国籍、皮膚の色、宗教、性差等すべての差別をこえて、等しく人間らしく生きる希望と能力を育む社会をつくることです。神学者バルトは言いました。「かつては平和を望むなら戦争の用意をせよ、だった、否、戦争を回避するために平和の準備をせよ!」。今日はN・YさんとN・Sさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 三鷹バプテスト教会。東京都三鷹市下連雀4-18-3にあります。ホームページの案内では以下のように記されています。以下引用「キリスト教を知りたい」「キリスト教を研究したい」という方が沢山おられます。私たちはそういう方々に対して「キリスト教を知りたいなら、先ず礼拝に参加してみてください」とお勧めしています。キリスト教は「観念」でもなく「心の持ちよう」でもありません。キリスト教は、この生身の体をもって、イエス・キリストを信じ、従うことです。先ず体を運んで、教会に来てみてください。そして、礼拝を体験してみてください。そうすればキリスト教がわかります。わたしたちの教会では毎日曜日。雨が降ろうと、槍が降ろうと礼拝をしています。」引用終わり。今日の上記メッセージからすれば、槍が降る前に槍が降らない世界を祈り求めることですね。槍が降る時は三鷹中、被害者続出する状況ですから。JR「三鷹駅」から徒歩で行けるようです。祈りの課題は以下です。①2022年度標語「招き合おう 神の家族に」を与えてくださった主に感謝し、歩めるように。牧師・秋山 献一

2022年08月11日

8/13 ヤコブ書3章1-18節 「上からの智恵を求めて」

 ヤコブ書は全体に言葉がきつくて、読むのにつらいですが時折、良い言葉もあります。1節は「教師になってはいけません」。そう言われても教師(ここでは専門職)は必要ですし、もちろん、自分がふさわしいと思った時にそれは道から外れることを理解している教師が願われます。「唇」の話は共感。13節も厳しいけど「知恵と分別がある」と自分で言ったりして天狗になることの注意。15節の「悪魔」、意味としては「神の心から離れさせる力」ですが、まず自分自身の悪魔性を知ることが肝要。「上」とは神さまのこと。「上からの知恵」は「上智」。18節「義の実」。「義」は神が良しとすることで、祈りの中で生まれる愛や行動です。今日はM・HさんとI・Cさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 仙川バプテスト教会。東京都三鷹市中原1-24-8にあります。京王線仙川駅より徒歩13分、つつじヶ丘駅より徒歩15分です。2008年度から現在の山岸牧師が就任しております。ゴスペルフラ、ゴスペル、フードサポート、子ども食堂等様々な活動が行なわれている教会です。祈りの課題は以下です。①喜びも悲しみも分かち合い共に祈り合う。②主に結ばれる場づくり。③一人ひとりが霊的成長をし献身者となる。牧師・山岸 明

2022年08月11日

8/12 コロサイ書1章9-23節 「罪の理解なく赦しは成立しない」

 「あなたがた」(=我ら)を覚えてパウロが祈り願っています。ここには「主イエス」がどのような方であり、故に我らがどのように歩むのかと語ります。この中で、例えば21節の「悪い行いによって…神に敵対していました」という言葉がどうしたら人々に届くのだろうと考えます。主イエスの「いやし」や「願いを受け入れて下さる方」、「愛の規範」は通じるかもしれません。でも「神に敵対するほど自分は悪いことをしていない」むしろ自分は「いじめられ」たし「良いことをしてきた」と捉えていましょうから、「赦し」や「和解」が他人事になります。「血による平和」も生臭くて理解厳しい話かも。いかにして喜びの福音を伝えるのか、常に悩んでおります。今日はM・Nさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 調布南キリスト教会。東京都調布市国領町5-15-31にあります。ホームページで前田牧師は以下のようにお語りになっています。「私は1978年、33歳でクリスチャンになりました。 人間嫌いの私ですから、なりたくなくて礼拝に行っておりましたら、イエスさまに見つかってしまったのです。それから10年間、教会学校や聖書の学びのリーダーなどをさせてもらっていましたが、遂に牧師の道へと押出されたのです。最高であり、最悪でした。皆さん、そんな思い、されたことあります?でもイエスさまは素晴らしい。彼に愛されない人などいない、のです。神学校、私は牧師にならないけど、今日まで面倒かけてしまったイエスさまのお顔を立てるべく、行っていたのです。思えば最悪の神学生でした。でも、イエスさまは私の心を整えてくださり、牧師にまでさせてしまわれたのです。1994年からこの教会で働かせてもらっております。世にも珍しい人間嫌いの牧師も、今ではすっかり飼いならされて、とっても人間好きな者となりました。」とのこと。ゴスペルの活動等もこの教会で行なわれているようです。祈りの課題は以下です。①コロナ危機後に向かい活動再開!②伝道養育は常に聖書が根幹。③教会法人化のために。牧師・前田 重雄

2022年08月11日

8/11 イザヤ書9章1-6節 「激動の世界に響く希望」

 イザヤは南王国ユダに現れた最初の預言者。時はアッシリア国の侵略で混乱し、北王国は滅亡、南王国も何度も危機に直面していました。その混乱の中に「大いなる光」の約束、平和が来る言葉を伝えたのです。5節の「みどりご」はイエス・キリストの誕生において実現したので、「メシア預言」の一つです。イザヤの預言から六百年といえば遥かに長い気持ちがしますが、その間もここでの光景の実現を人々は描いて歩んだし、その希望は人々を支えたのです。5節の括弧内はヘンデルのオラトリオ「メサイア」でも歌われます。英語では「驚くべき指導者」は「ワンダフル!カウンセラー」。カウンセラーは「顧問・相談役」の意味ですが、原語では「(助けるため)傍らに立つ者」。今日はC・Aさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 調布バプテスト教会。東京都調布市野水1-4-3にあります。中央線武蔵境駅より西武多摩川線に乗り換え「多磨」駅下車徒歩約600mとのこと。ホームページにはその他いろいろな行き方が掲載されています。祈りの課題は以下です。①教会員の健康が守られますように。②新来者や青年が与えられるように。③長期欠席者が教会に戻られるように。牧師・文 廷翼、協力宣教師・岡田 千尋

2022年08月11日

8/10 詩編37編 「豊かな御言葉(聖書の言葉)に触れよう」

 いわゆる「いろは歌」なので文章全体が長くなりますが、一貫して流れているのはどのような状況においても「いら立つな」「主に信頼し、委ねよ」「うろたえるな」「主を望みとせよ」との言葉。「無垢」(18、37節)は仏教的な言葉で「煩悩を離れて汚れがない」という意味ですが、私は「主の目に適うように祈り歩むこと」と考えます。「地を継ぐ」という言葉が何度も出てきます。これは「救い」の表現のひとつで具体的には「神の恵みによりこの地で生きながらえ、子孫も繁栄する」ような意味。私なら「神さまの恵みを受け、永遠の希望をもって自分と家族等が歩む」と表現します。この詩編の中で「いいね!」という言葉に赤線を引き、ノートに記せばなお良いです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟府中キリスト教会。東京都府中市幸町1-9-7にあります。府中駅出口5出口から徒歩約9分ということです。この教会の長尾なつみ牧師は、私が彼女が中学生の頃から知っております。西南学院大学神学部で学んでおられる時は、当時、私が就任していた「福岡有田バプテスト教会」に奉仕神学生としてきてくださって、うちの娘たちもお世話になりましたし、日曜の夜はみんなでご飯を食べに行ったり楽しかったですね。今やとってもすばらしい牧師になりました(ごめんね、何か上目線で…)。祈りの課題は以下です。①礼拝と再会した教会学校の充実。②新会堂・牧師館建築のために。③長尾基詩神学生の学びのために。牧師・長尾 なつみ

2022年08月06日

8/9 箴言12章 「心のツボを刺す箴言」

 日本バプテスト連盟発行「聖書教育」誌での今日の箇所は20節だけですが、せっかくなので章全体を読みます。20節についていえば、「悪を耕す者」。英語カルチャーは「耕す」が元と聞きますが、相手を陥れ、裏切るため、悪意に同意する仲間を集め、武器を用意するのは人間の悲しいあり様。平和や相互の喜びのために汗水流して耕すことを主は願っています。良き未来を描き、固い土や頑なな心を耕すことは何と希望に満ちているでしょう。中村哲氏を思い起します。9節は「?」と思います。この場合は他の訳を見ます。最新の「聖書協会共同訳」は「軽んじられても自ら働く者は、重んじられていながらパンを欠くことにまさる」(!)。これで意味がわかりました。ヘブライ語の翻訳は本当に難しいのです。18、19節は共感。今日は長崎に原爆が落とされた日です。11時5分、この時を覚えて長崎バプテスト教会では日曜の礼拝が11時5分の鐘の音から始まります。核のない世界を祈っています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 花小金井キリスト教会。東京都小平市花小金井1-26-33にあります。「西武新宿線花小金井駅から徒歩5分です。駅北口の道をまっずぐ北へ向かい、右側にあるヤザワ電気店の手前の道を右折すると、すぐに看板が見えます。どうぞお気軽にお越し下さい。」とホームページに記載されています。会堂も新しく活気のある教会です。藤井牧師は、かつては自衛隊音楽隊でトロンボーンを吹くプロでした。親の離婚、また三浦綾子との出会いを通して、教会に行くようになったという方です。ぜひこの教会をお訪ねください。祈りの課題は以下です。①「バプテスト」の学びを深める今年度の歩みのため。②聖書を土台に、教会が常に新たにされますように。牧師・藤井 秀一、牧会スタッフ・中根淨

2022年08月06日

8/8 詩編28編 「『平和』を語る悪しき者」

 「至聖所」とは神殿の一番奥で「十戒」の入った箱が置かれ、大祭司等しか入ることができません。しかし、何よりこの詩人は神に向かって祈ります。それは悪事が起こされている中で自分も組みされているのです。願っていないのにその状況に陥れられているのです。「平和のため」だと言いますが、それが真実でないことを知っています。このような事態は繰返されます。「違う」と思うのに抗うことができないのです。そして時が経て、6節からは感謝と喜びが語られるのです。そこで何がどのように起こったのかはわかりませんが、悪の計画は阻まれたのです。8節の「油注がれた者」とは王、あるいはメシア(=キリスト)を意味しますが、ここはダビデ王の経験を語り伝えています。今日はK・Nさんのお誕生日おめでとうございます

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト立川キリスト教会。東京都立川市柴崎町2-22-13にあります。専任牧師が不在のことのためか、ホームページも更新されていないようです。祈りの課題は以下です。①牧会者が与えられますように。②若い求道者が与えられますように。③高齢者の健康が支えられるように。名誉牧師・大川 博之

2022年08月06日

8/7 エフェソ書6章10~20節 「神の武具とは」②

 「悪魔の策略に対抗して…血肉を相手にするものではない」。「悪魔」とは神さまの良き力に対抗し、神の思いを実現させないようにする力です。「血肉=人間」に対する争いではなく、人間を愛と平和に生きる者としてではなく、争いや妬み、憎しみ、差別へと向かわせる政治や社会制度、経済問題や差別問題等が改善されていくことが大事です。神の「武具」とありますが、そのような武具は売っておりません。武具の代わりに御言葉に生きる歩み、神さまに心から従うこと、他者を援助する余裕、誰かと友人になること、共に泣き、共に喜ぶという、イエス様に従う歩みは「丸腰」ですが、それで良いのです。祈り、愛と人権保護と相互の尊敬で世界は結ばれていくべきです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト 多摩みぎわキリスト教会。東京都多摩市連光寺6‐4‐8にあります。ホームページには「京王線聖蹟桜ヶ丘駅より06永山駅行き、または永山駅より06聖蹟桜ヶ丘行きバスにて約12分。東部団地入口下車。バス停より徒歩約5分。バスを降りたら、坂を上ってください。鉄工所の看板がありますので、そこを左に入って3軒目です。教会から送迎もできますのでご気軽にご相談ください。」とのことです。ホームページを見るとコロナ下の中、YouTube配信をされていて、立派なマランツのマイクの写真が掲載されていました。そう、マイクが良くないと、すばらしい説教も辛い説教になるのよね。祈りの課題は以下です。①新しい仲間がたくさん与えられますように。②早く集まっての礼拝ができるように。③土地、建物の購入。牧師・石井 規之、主事・斎藤 美津栄

2022年08月05日

8/6 イザヤ書59章9-21節 「神の武具とは」①

 16節を他の訳は「また、だれ一人あなたがたを助ける者がなく、ただの一人も間に立とうとしないのを不思議に思いました。 そこで、ご自分の大能の力と正義をもってあなたがたを救い出そうと、割り込んで来られたのです。」と記し、主の姿を武人の姿をあてつつ、「恵の業」「救い」「熱情」等を主は身につけると記されます。「報復」「報い」は、新約聖書で主イエスにより破棄されています。私どもも「報復」を望む時があるでしょう。憎らしい者に「呪い」を神仏にかけるのが人間の姿。そこで「報復」をするなら、再び憎悪の鎖がつながれます。では「和解」の道を開くことができるのか?それが神が願い、人間ができる業なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 多摩ニュータウン・憩いの家教会。この教会は建物を持っていませんので、場所を借りて礼拝されています。参加したい方は電話 080ー7849ー6406(春木)にご連絡ください。

2022年08月05日

8/5 箴言26章(中心18~19節)「合点!と思う箇所がありますか?」

 旧約聖書は3千年前の言葉、写本による違い、へブル語自体の難しさから翻訳は苦労します。今日の18~19節、口語訳「隣り人を欺いて、『わたしはただ戯れにした』という者は、燃え木または矢、または死を、投げつける気が変な人のようだ。」が良かったです。人から欺かれて、大変なショックや家族等からも酷いことを言われ、さいごに「あれは冗談だよ」と言われるたことがあり、その場合、怒りや失望、時により憎しみが生まれます。11節、我が家のトイプードルも吐いたものを再び食べるので「汚い、止めよ」と言いますが、繰り返します。そのように過ちを繰り返す人間は犬並みに愚か。いつになったら不毛な非人間的争いを止めるのでしょうか。  

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 八王子めじろ台バプテスト教会。東京都八王子市めじろ台2-15-2にあります。京王線めじろ台駅から徒歩8分とありますので割と便利ですね。30数年前に伺ったことがあります。その時は「平良仁志」牧師の時代でした。祈りの課題は以下です。病気・高齢の方々への癒しと守り。②長欠者の教会への復帰のために。③新会堂建築ビジョン作成のために。牧師・小河 義伸。協力牧師・北島 靖士
 

2022年08月05日

8/4 詩編18編17-46節 「旧約聖書で気になること」

 旧約聖書を読んでいると武力的な表現、「万軍の主」や「盾」「弓」「滅ぼす」「砦」等の言葉が沢山出てきて個人的には「嫌い」です。でも「鎌倉殿の13人」ではないけど、戦国時代の争いにおいて、兄弟同士で殺したり、一族皆殺しは当然でした。聖書でもそのような歴史背景があるゆえ「神」に対する表現や「救い」の表現が「軍事による勝利」や「武器」で示されるのです。当時の「常識的な希望」が神の名を語るのに使われたのです。現代でも世界中で暴力が繰り返されています。もちろん、旧約聖書自身にはそのような軍事力を否定する言葉もあります。我が連盟もかつては「総動員伝道」等戦時の言葉が用いられたのは反省すべき点です。どのような言葉が神をふさわしく表現するのか、常に問われますし、今の時代、今の言葉で平和を考えることです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 昭島めぐみ教会。東京都昭島市郷地町2-20-5にあります。この教会の牧師は「虎之助」というので、ご高齢の方とおもっていたらとんでもない!若い牧師の方でした。祈りの課題は以下です。①子どもたちが元気に成長できるように。②教会が礼拝者で満たされるように。③福音が広く届けられますように。牧師・石橋 虎之助

2022年07月30日

8/3 イザヤ書52章1-10節 「喜びを知らせる者」

 「シオン」とは神殿建築後のエルサレムの別称で、人格的・文学的な表現で「娘」と呼ばれます。「無割礼の汚れた者」とはユダヤ民族以外(ここでは特にアッシリア人、地域は現在のイラク北部ですが、歴史の中で定義は変わる)を指しますが、エルサレムを攻撃する力を表現しています。大事なのは、敵に奪われた民族が再び主によって元の場所に戻ることです。新約を知る我らは「神が我らを無償で救いへと招き入れ、神の国、神の愛の支配の中に生きる希望」と読みます。7節の「福音を伝える者の足」は、主の到来と救いを告げる者の姿。テレビやラジオが無い時代、伝令が告げる言葉を人々は期待して待っていたのです。その「喜び」を我らも持ちたいですね。さきほどの「シオン」で補足しますと、現代では「シオン主義」「シオニズム」等の言葉があり、これは保守的な立場の方々を指しています。つまり「エルサレム」はユダヤ教の場所であって、他の宗教の聖地であっても認めず、緊張が生まれています。私はエルサレムは「平和の都」という意味であり、その場所で対立や差別、戦争が生まれていくことは大変悲しいことです。そこにはそれぞれの宗教で「聖地」と呼ばれ、多くの巡礼者や観光客が来るので経済が潤うことで、覇権争いをするのです。中立地としてすべての宗教にも世界にも開かれた場所になってほしいというのが祈りです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 福生バプテスト・キリスト教会。東京都福生市加美平1-24-17にあります。この教会の稲見牧師の歩みがHPにも記載されていますが、北海道酪農学園大学で学ばれ、そこがミッションスクールだったことを知らずに入り、その後、クリスチャンに導かれた方です。面白いので読んでみてください。大工が得意なようで、それは私も関心あります。祈りの課題は以下です。①3名のバプテスマが与えられること。②牧師夫妻の健康が守られますように。③礼拝堂の拡張願い。牧師・稲見 元彦
   

2022年07月30日

8/2 イザヤ書11章1-10節 「来りませ、平和の主」

「エッサイ」はユダヤ統一国家の二代王、ベツレヘムに住むダビデ王の父。「株(ルーツ)」とは子孫。ただこの章はメシア(救世主)預言の箇所で、真実の王の出現を預言し、その王は主イエスと理解されます。また、施政者に求められるべき姿であります。3節の「目」や「耳」は「知恵」と「識別」と結びつき、4節の「口」「唇」は「言葉」のことで「思慮」と「勇気」と結びつき、暴力に訴えないこと。6~7節等は「子ども」や「幼子」が危険から守られて平和に過ごす世界が描かれています。今、子どもが襲われ、殺される時代、暴力の時代に我々はこの箇所が現実となることを祈ります。今日はS・TくんとS・Hさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 関東プレインズ・バプテスト教会。東京都羽村市双葉町2-10-7にあります。附属幼稚園として「羽村善隣幼稚園」があります。「プレインズ」ってどういう意味かと調べてみると「平野」のことで「関東平野教会」ととてもビジョンが大きいですね。多分、米国にも「…プレインズ教会」というのがあるのですね。祈りの課題は以下です。①2022年6月、ディビッド・ローナン牧師就任。感謝。②教会員同志の交流が深められるように。③地域宣教が進められるように。牧師・ディビッド・ローナン、執事長・熊手 祥之

2022年07月30日

8/1 ローマ書13章1-12節 「権威について考える」

 この箇所は課題が多いです。まず「権威」と言う時、パウロが何を想定していたかです。「すべての権威が神に由来し、従うべき」とありますが、ここでは「権威者は神に仕える者」という前提が必要だと考えます。その前提なくして全ての権威に従えということは有り得ないし、それほどパウロは愚かではありません。ただし、ここでパウロの権威者に対する姿勢は、逆らうことが良い結果をもたらさないと考えていたり、権力側に忖度した可能性はありましょう。本来「権威」は素晴らしさを認めて自ら従いたくなる存在。今の政治や政治家にどれほど権威ある人がいるでしょうか。特に現在は「神が立てた」のではなく「主権在民」であり、国民のための政治が必要とされます。今日はS・RさんとD・Aさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 板橋伝道所。東京都板橋区仲町23-17にあります。板橋区には日本バプテスト連盟に加盟する教会は他に5教会あります。ぜひお近くの教会に行ってみてください。祈りの課題は以下です。①誰でも参加できる休める教会。②20人礼拝ができるように。③隣人に関心を持てますように。牧師・新保 雅雄

2022年07月30日

7/31 エフェソ書5章1-20節 「光の子として」

 「光の子として歩みなさい」、ゆえに、キリスト教主義幼稚園では「光」が付く名前が多くあります。私が園長として奉職した神戸教会を母体とする幼稚園は「光の丘幼稚園」でした。聖書には「光」のイメージが創世記から、新約に至るまで表現されています。思い起してみましょう。光の子として歩むのは「賢く(自分自身の考えだけでなく、聖書からの導きを求めて)歩む」「気を配る(愛と配慮をもった人間関係形成)」「時を用いる(神から与えられている時間の用い方)」「御心を求める」「神の心(思い)が自分の中に満ちる」「詩編や讃美歌を引用しつつ互いに主について語り合い」「礼拝する」「感謝する(神の恵みを思い計る)」ことと記されます。ちなみに十四節の括弧内は当時の讃美歌の歌詞の引用です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟引退教役者の方々を覚えて。田口昭典氏(金沢市在住、現在、金沢バプテスト教会から生まれた幼稚園の園長をされています)、田代 敬氏(さいたま市在住、東京北教会で様々な奉仕もされておられます))

2022年07月30日

7/30 使徒言行録20章25-38節 「あなたを造り上げるみ言葉」

パウロがエルサレム教会に行く前にエフェソ教会の長老(執事)達を招いて挨拶をしています。これが最後になるとの思いでパウロは語ります。特に32節の言葉に感動いたします。私自身も多くの牧会者や伝道者、先輩信徒の方々に信仰を育てて頂きました。それら多くの方々にいつも感謝しています。その人の言葉や行動、祈りに時に助けられ、時に励まされ、時にはお叱りを受けながら。そして私自身も牧師として立たせていただいています。でも、信仰や人生を真に導くのはただ「み言葉」です。「この言葉があなたがたを造り上げる」、み言葉への信頼こそ私の受けた最大の恵みです。「草は枯れ、花はしぼむ、…神の言葉はとこしえに立つ」(イザヤ書40章)。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「靖国神社問題特別委員会」。連盟理事会のもとに設置されている特別委員会です。①あらゆる紛争・暴力がなくなり、すべての人権が守られるように。教会がそのために用いられるように。委員長・松藤 一作(川崎教会牧師)

2022年07月30日

7/29 Ⅰヨハネの手紙5章13-21節 「罪を犯さざるを得ない人間」

 「永遠の命」はヨハネ文書で特徴的な言葉で、「救い」の表現の一つ。「死に至る罪」と「死に至らない罪」があり、その違いについて様々な議論があります。私の結論としてはそれを定めるのは神ご自身であり、人間がそれを規定することこそ自らが神となる「死に至る罪」でしょう。そして、何よりヨハネ文書が語っているように「神の愛」によって私共は赦しを得ることを第一に考えるべきです。神の意思は罪に定めることではなく、愛と赦しにより人を救うことですから。「神から生まれた者は罪を犯しません」は、「罪を犯さないよね」との願いの言葉。「罪を犯さない」ことを求めても人は罪を犯す存在であり、だからこそ主の導きと守りを願い歩むのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 第60回全国青年大会。日本バプテスト連盟に加盟する教会・伝道所に所属または通っておられる方々の自発的な集まりで、もう60回を数えます。年一度の「大会」で実行委員会等が決まり、運営されています。今年は福岡市中央区にある「大名クロスガーデン(平尾バプテスト教会)」で対面とオンライン併用で8月11日~13日まで開催されます。当教会からも一人参加予定です。祈りの課題は以下です。①初めての対面とオンラインの併用開催での「全国青年大会」が守られるように。より多くの青年が導かれますように。実行委員長・津留崎 憲史(仙川教会員)

2022年07月24日

7/28 アモス書5章10-15節 「亡国に向かう中で」

 預言者アモスは紀元前8世紀に滅亡が近づく北王国イスラエルで活動。「預言者」は神の言葉を預かり、その言葉や意思を人々に伝える働きです。北王国は、周辺民族の支配と貿易に支えられて裕福になりますが産業の変化で、国民の経済格差が拡大、兵役等の労役と重税が人々を苦しめます。アモスはその中で支配者層に対する厳しい言葉を語りました。13節の「知恵ある者は…沈黙する」の「知恵ある者」とは正しく国を導こうとする心ある者達ですが、国や国家宗教に対する批判ができない状況、つまり、言論封殺。アモスも最後には追い出されます。支配者はさらなる富を求め、苦しむのは一般庶民だし、それは亡国へ進む道。我らは現代の警告として聞くべき言葉です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 全国壮年会連合。この連合体は日本バプテスト連盟の加盟する各教会・伝道所の各「壮年会」の連動体です。働きとしては牧師・伝道者になろうとして学んでおられる方々への奨学金を担当しておりますし、そのための献金を呼び掛けて運用しています。また、年に一度は「総会と全国大会」を行なっています。祈りの課題は以下です。①8月26~27日の全国大会in北海道が祝されるように。②伝道者養成の新たなビジョンが示されるように。会長・山田 雄一(大井バプテスト教会員)

2022年07月24日

7/27 ルカ福音書7章36-50節 「罪深い人って誰?」

 「罪深い女」は「遊女」と思われます。でも何か変。「遊女」を成立させる相手がおり、「遊女」へと追い込む社会的背景こそ「罪ある社会」。この女性は人々から「罪人」と呼ばれ、見下され、命に誇りを持てなかったのです。でも主イエスの話を聞き、自分の命の尊厳を見出し、彼女の命を肯定する主の「赦しの言葉」に心揺さぶられ、その感謝をもって主イエスのもとに来て香油を注ぐのです。そしてこの女性は主に従う人になりました。人々から差別され赦しに出会わなかった人は、主の赦しが新しい命と愛に生きる道となったのです。差別する人こそ自分だけは正しいと思うがゆえ、実は神の赦しが必要な「罪人」なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神奈川バプテスト連合。神奈川県にある20教会・伝道所で構成される地域連合です。祈りの課題は以下です。①20教会・伝道所の福音宣教の祝福。②教役者とその家族、教会員一人ひとりの健康。③東京バプテスト神学校とのこれからの歩み。会長・堀野 浩嗣(横浜戸塚バプテスト教会牧師)

2022年07月24日

7/26 フィリピ書4章2-9節 「喜びがありますか?」

 フィリピ書は「喜びの手紙」と呼ばれるほど「喜び」への招きが多く記される書です。4節で「喜べ、喜べ」と言います。「喜び」とは「好ましいと思う状況や、それを思い起す時に生じる感情」です。「好ましい状況」は人によって違いますし、その人自身が選択することもできます。今のあなたの状況はどうでしょうか?「喜びがある」なら幸いです。感謝です。でも「喜びなんて見つからない」時もあります。「見つからない」ならそこからどうしたら良いのかを「感謝を込めて祈りと願いをささげ」考えることです。神さまは何かアドバイスを下さるでしょう。ここでは「喜び」は「広い心」と関連付けられています。「広い心」は自分や他者や状況を広い視野で見直すことです。今日はM・Hくんのお誕生日おめでとうございます。いよいよ来春から高校生です!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 東京西バプテスト教会。礼拝場所は決まっていないので、電話:042-544-6770(福田) でお尋ねください。祈りの課題は以下です。礼拝場所の継続確保のために。②宣教者が継続して与えられること。③求道者が与えられること。代表執事(郵便・事務連絡先)・福田 佑次

2022年07月24日

7/25 Ⅰヨハネの手紙4章7-21節 「神は愛なり」

 ここはとても大事な箇所なので手書きで写したりするのに良いです。「神は愛なり」のゆえ、「愛」と「神」を言い換えて読むのもおすすめ。17節後半の「わたしたちもイエスのよう…」となれば良いですね。貧しくとも醜い者でも小さなイエスとして歩めたらこれ以上の幸いはどこにありましょう。「兄弟を憎む」、もちろんここの「兄弟」はすべての人との関わりにおいてです。「相手がこうしてくれたら」と私共が願うのは当然です。でも誰かが始めないことには歯車は動きませんし、「損」と思わないであなた自身が始めることです。ただし「どのように愛するのか」は神様の導き、そして主の言葉と行動に学ぶことが必要です。「欲望」を「愛」と勘違いする危険が多いからです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 恵約宣教伝道所。礼拝は日曜のみ渋谷区渋谷2-22-16 hi.b.aセンターで行なわれています。学生などを中心に礼拝が行なわれているようです。時間:毎週日曜日 11:00より。詳しい情報はホームページや以下のメール等でご連絡してください。email:info@keiyaku-senkyo.org
 Facebook: http://fb.com/CovenantOfGraceChurch.org  言語: 日本語、英語(通訳)祈りの課題は以下です。①共に礼拝ができるように。②霊的に成長するように。③新来会者が与えられるように。牧師・藤原 淳賀

2022年07月24日

7/24 エフェソ書4章17-32節 「心込めた言葉と行動を」

 「異邦人のように歩んではならない」の描き方に反対。キリスト者以外を「愚か」「放縦」と単純に批判できません。立派な人々もいますし、断言は真似すべきでありませんし、自分の過ち弱さとしてしか語り得ないはず。言いたいのは23~24節。25節以下は具体的で共感も反発も心に響きましょう。26節の「怒り」は「激怒」。いずれにせよ、怒りを持ち続けることは自分にも相手にも良くなく、早い解決を求める必要があります。「盗み」は実際に教会の中でも起こっていたのでしょう。二九節の「人を造り上げるのに役立つ言葉」は大事。否定する言葉の前に、祈り考えて、その人が成長できるような、心がこもった言葉を語りたいです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> ライフチャーチ。礼拝は日曜のみ、東京都三鷹市下連雀3-32-15 CCC学生会館で行なわれています。大学等が多いので学生などに向けての集会をされているように思います。HPでは以下のように案内があります。「ライフチャーチは大谷信道牧師とマーク・バスビー宣教師によって2011年10月に開設されたプロテスタントのキリスト教会です。はじめて教会に来る方、聖書に興味のある方など、どなたでも参加しやすいフレンドリーな雰囲気を大切にしています。また、海外滞在経験のある方や海外からの方が多く来られている国際性も特徴の一つです。」祈りの課題は以下です。①偉大な戒め(マタイ22章37~40節)、大宣教命令(マタイ28章18~20節)に忠実な教会であり続けることができるように。
牧師・大谷 信道

2022年07月21日

7/23 申命記15章1-11節 「共に生きるために」

 「申命記」は律法書の一つでモーセの遺言とされます。ここは「同胞」であるユダヤ民の適用が前提ですが、経済的貧困者がいる時、貸し与えること、七年毎の負債免除が近づく時に不払いを恐れ、貸ししぶりをしないように記されます。「心をかたくなにしない」「手を大きく開き」「未練なく」等の言葉は苦しむ者に目が向かない我らの心を知るような言葉ですし、経済的苦しみだけではないあらゆる関係性の言葉でしょう。今、自分達は「貧しくない(与える)立場」に立ってここを読んでいると思います。しかし、自分もすべてを失う時が来るかもしれません。そのことを思いつつ、ここは同胞への言葉ですが、世界中に広がるべき考えです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 青梅バプテスト教会。東京都青梅市梅郷3-904-3にあります。「青梅」は本当に「梅」の産地らしく、特にこの教会が立つのは「梅郷」って何だか素敵ですね。青梅はそれほど遠くないので、一度行ってみたいと思います。この教会は学校法人「青梅あけぼの幼稚園」の母体でもあります。ここで育った子どもたち、ぜひ、大人になってこの教会をお訪ねください。みんな大喜びで歓迎してくださると思いますし、何か困ったことや悩んだことがあってもこの教会をお訪ねください。祈りの課題は以下です。①コロナ危機もやわらいだところで私たちも心を一新し「新しい教会を目指して」の全教会員の祈りと協力の招集。牧師・大谷唯信、副牧師・森元國文

2022年07月21日

7/22 マタイ福音書4章12-25節 「主イエスの眼差しと招き」

 主イエスの伝道の始めの「悔い改めよ、天の国は近づいた」。「悔い改め」は「心と体の向きを神の方に変える」という意味。「天の国(=天国、神の国)」は神の救いがあなたのすぐ近くにきたけれど、その人自身が自らの意思で受け入れなければ繋がりません。主イエスは協働する弟子を招きます。「人間をとる漁師」はエレミヤ書16章に出て来ますが、主イエスは同じ言葉をもって、喜びと救いへの招きとしています。「人間をとる漁師」はそれで儲けるのではありません。人を生かすための働きであり、弟子の中に実際の漁師がいたのでそう表現したのです。ただ「漁師」は時々テレビでも紹介されるよう「忍耐」と「時を読むこと」、「知恵」が必要なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 渋谷バプテスト教会。東京都渋谷区桜丘町14-5-105号です。祈りの課題は以下です。①病気や治療療養中の方の癒しのために。②地域と世界宣教の働きが祝福されるように。③働き人が与えられますように。牧師・金 未仙、伝道師・林 雄植

2022年07月21日

7/21 ローマ書12章1-21節 「神さまが求める歩み」

 「万民の救い」を語り、「こういうわけで」と新しい歩みをパウロは語ります。「自分の体を…献げなさい」の言葉は最近の「元 統一協会(教会)」報道ではすべて献金することが目標と報じられます。通常の宗教団体は献金を求めて活動するのではありません。神を愛し、人を愛する生活は、社会において公正で安全で、相互の人権を大切にし、平和をつくり、共に生きる社会を実現することです。それは各人の自由の中で行われますし、誰かを束縛してはその時に愛は失われています。そして何より政教分離、宗教と政治が結びつく時に双方共に腐っていくのが人間の歴史でありました。16節の「身分の低い人」との言葉は当時の社会的背景からの言葉ですが、「身分の差」をつくる社会構造をなくすことが今も課題です。今日はK・Aさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 幡ヶ谷バプテスト教会。東京都渋谷区初台1-9-7 初台T&Tビル201号にあります。この教会は渋谷教会の幡ヶ谷伝道所として1993年に礼拝を開始し、場所を移転しながら現在の場所で礼拝等の集会をされています。交通機関としては、京王初台駅から徒歩4分、小田急参宮橋駅から徒歩10分という便利な場所のようです。祈りの課題は以下です。①初台地区の福音宣教のために働き手が与えられますように。牧師・山川 眞司

2022年07月16日

7/20 ローマ書6章1-11節 「赦された者として」

 聖書の「神の赦し」を語る時に思い起すのは元西南学院大学青野太潮教授の論文のひとつ。有名な「罪と罰」(ドストエフスキー)という小説から引用し「赦されるならあれもこれもしてよいのか」との言葉に「赦されていることを知る者は決してそのようなことはしない」という内容。「罪」について理解が難しいと思う人も多いでしょうし、「お前は罪人だ」とは我らは言い得えないのは、自らが罪人であるから。人間は生きている限り、悪意や妬み、他者を断罪し、馬鹿にし、裏切る思いから自由ではありません。ゆえにすべての人間は「罪」を感じるがゆえに「清め・浄め」等を宗教に求めましたと思いますし、それは世界共通のように感じます。主イエスは徹底的な神の赦しを語り、「赦された者」としての希望と真理、そして人間が歩み道を確かな形で示されたのです。今日はC・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 恵泉バプテスト教会。東京都目黒区中目黒3-13-29にあります。JR等の「中目黒」駅から、少し歩いて、坂を上っていったら左手にあります。教会附属幼稚園として「めぐみ幼稚園」を運営しています。この教会の福永牧師は、神学校の少し先輩です。作詞・作曲・演奏とされる方で、日本バプテスト連盟発行の讃美歌集「新生讃美歌」にも福永牧師の曲が入っており、とても人気ですし、私どももよく歌わせていただきます。今年、2022年10月30日には当、所沢キリスト教会で特別礼拝の講師としてお招きしております。開催できますようにお祈りください。松見牧師は日本バプテスト連盟「宣教研修所」の所員として私ども「北関東地方連合牧師・主事会」の研修会等にご協力いただいたりしています。祈りの課題は以下です。①一日も早い戦争の終結のために。②み心に従う組織改革と成熟のために。③子どもの信仰が育まれますように。牧師・福永 保昭、協力牧師・松見 享子

2022年07月16日

7/19 ヨハネ福音書14章1-14節 「生きる道を選べ」

 先週水曜(7月13日)にも触れた主イエスの告別説教より。主イエスが「(死なれ)あなたがたの場所を用意する」との言葉にトマスが問います。トマスは「主のためなら自ら命がけで戦うし、それで死ぬなら本望」と散り際を大事にし、天国や死後の世界は考えない人。武士精神というか、主君やお国の為には玉砕も良しとする精神構造を見ますが、その精神、死で完結する人生観はどのように形成されたのかは興味があります。トマスの「死で完結する」考えを主は訂正されます。「わたしが道、真理、命、わたしを通る(わたしが開く道により、あなたの命の意味と死の意味、命の行き先が示される)こと」を示します。死に急ぐことなく、聖霊と共に主が与えられた命を生きる道を語ったのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 泉バプテスト教会。東京都世田谷区下馬1-20-4にあります。地域では特色ある教育方針をもった「いづみ幼稚園」が知られているかもしれません。城倉牧師はとにかく色々なことに詳しいし、へブル語の本などを出版しておられます。また日本バプテスト連盟でも「機構改革」に伴う「総会・選挙改革」で大きなお働きをなさっています。村上牧師は日本バプテスト女性連合で長年幹事として働かれ、その後、栗ヶ沢教会牧師を経て、現在は「東京バプテスト神学校」の事務を担当されています。祈りの課題は以下です。①子どもたちのために。②病気の人々のいやしのために。③武力によらない平和のために。牧師・城倉 啓、協力牧師・村上 千代

2022年07月16日

7/18 詩編85編 「正義と平和の口づけ」

 この詩編は三部に分かれます。最初は過去の主の恵みと導きを想起、次に現在の苦難の状況を訴えます。「なぜ」との問いは様々な危険や苦難に遭遇する我らにも生まれます。ここでの「苦悩」は具体的には示されませんが「神がいない」と感じる状況。8節と9節の「間」は決して短いものではありません。苦難の中から、神の言葉を聞き、自分の歩みに光を見出します。「平和の宣言」とは「恐れるな、私が主であり、私が平和(平安)を与える」との言葉。「愚かなふるまい」は「神が共に在るのに、それを忘れ、御言葉への信頼を失った自分達の歩み」。「栄光」は神の臨在。そして主を信頼して再び歩み出すのです。「正義と平和の口づけ」はまさに世界と主なる神さまが求めるべき命と愛の連帯です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 品川バプテスト教会。東京都品川区西品川2-12-18にあります。交通機関としては、R山手線「大崎駅」から徒歩14分、東急大井町線「下神明駅」から徒歩10分、都営浅草線「戸越駅」から徒歩12分、東急池上線「戸越銀座駅」徒歩14分とのこと。山中牧師はなんと東大で美学を学び、その後、俳優をして、その後、米国で教会音楽等を学んできた方です。作曲、演奏、指揮、役者等の才能をもった、大変尊敬している牧師の一人ですし、声がでかいので、高齢者にも優しいですね。音楽主事の岸本さんも以前より日本バプテスト連盟のいろいろな集会等でご一緒にお働きをさせていただきました。祈りの課題は以下です。近隣伝道の前進のために。②平日ミニストリーの充実。③信仰決心者が与えられるように。牧師・山中 臨在、音楽主事・岸本 敬子

2022年07月16日

7/17 エフェソ書 3章1-14節 「パウロの祈り」

 「すべての家族がその名を与えられている」、別訳(リビングバイブル)では14~15節「神様のご計画の知恵深さと広大さを思う時、私はひざをかがめて、神の大家族〔その中のある者はすでに天国におり、ある者はまだ地上にいます〕の父なる方に祈ります」、これが解りやすい。「内なる人」の反対は「外なる人」でパウロは「土の器」「死すべき肉体」とも言います。「内なる人」は三つの視点から考えてみましょう。「理性」…道理によって物事を判断する心の働き。論理的、概念的な思考。「良心」…善悪・正邪を判断し、正しく行動しようとする働き。「意思」…思考と判断を行動へ移行する働き。それらを合わせた「魂」は神様と響き合い、人間を形成します。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大井バプテスト教会。東京都品川区大井5-10-12にあります。1931年の開始ですから、長い歴史を持ちますし、日本バプテスト連盟を代表する教会の一つです。交通手段として鉄道では「JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線 大井町駅下車 徒歩15分 JR京浜東北線 大森駅 下車 徒歩15分 京浜急行線 立会川駅 下車 徒歩12分」ということです。昨年、新しい会堂が竣工しました。設計する段階で教会に来る人が増えて(いわゆる一般のキリスト信者でない方)、少し予定より大きくなったのでしょうか?どうでしょうか? この教会の加藤誠牧師は、前、日本バプテスト連盟常務理事で、現在は日本バプテスト連盟理事長の働きを担ってくださっています。加藤牧師は北海道大学を卒業後、教員をしたのち、西南学院大学神学部で学びました。神学部では年は私より上ですが、学年は下です。はい。でも家族寮の隣に住んでおられましたのでそれ以来、親しくさせていただいていますし、いろいろお世話になりました。また、音楽主事として菊地るみ子先生がおられます。本来はピアノ専攻でしたが、指揮者、オルガニスト、ソロハンドベルと大変卓越された方です。「あけぼの幼稚園」を併設しています。祈りの課題は以下です。①新礼拝堂が与えられ感謝。私たち教会の「再構築」の時。世界の課題に向き合い、聖書に聴き、伝道に励みたい。主任牧師・加藤 誠、牧師・広木 愛、音楽主事・菊地 るみ子

2022年07月13日

7/16 イザヤ書55章 「心が渇いていませんか」

 なんと喜ばしい歌。「渇きを覚える者」の渇きは心の渇き。熱中症は「渇き」を感じないまま体調が悪くなるように、私共も心の渇きを感じないで過ごしているかもしれません。その時は心がいらつき、否定感情に支配され、笑顔はありません。でも自分では気づかないのです。あなたの心は渇いてませんか。もしそうなら、御言葉を頂きましょう。主を尋ね求めましょう。御言葉の泉、御言葉の雨はあなたの心を潤わせ、蒔かれた種は芽出し、実りを得ることです。12節で描かれる情景はとても嬉しい平和の景色。この世界こそ私共が主にあって求める世界。「おどろ」は草木・いばらなどが乱れ茂っている様。「ミルトス」は「祝の木」で花は芳香を持ち、果実は鎮痛効果があります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト東京第一教会。東京都世田谷区瀬田2-11-11にあります。「瀬田」は「世田谷」の由来かもしれませんね。米国では多くの町に「第一バプテスト教会」(First Baptist Chirch)があり、とりあえず、その教会に行くとよいです。旅行者や留学生でも困ったら行ってみてください。そんなことで、東京ファースト・バプテスト・チャーチがこの教会ということでしょう。私はまだ行ったことがないのですが、神戸バプテスト教会の「光の丘幼稚園」の園長時代は、夏に日本バプテスト保育連盟の研修会があり、東京第一教会の「こひつじ幼稚園」の先生方の元気なにこやかな姿を見て印象的でした。今はどうなのでしょうか?園長でやはり雰囲気が変わったりすることがありますね。岡村直子牧師は、神学校で1~2年一緒に学んだ方ですし、神戸にいるころは、宝塚教会の牧師をされていましたので、いろいろ交流いただき感謝です!コロナでなかなか就任式ができなかったようですが、最近行われたようです。祈りの課題は以下です。

 

2022年07月13日

7/15 フィリピ書4章2-14節 「どんな状況でも主がおられるから」

 この手紙でも「喜び」の勧めがあります。教会の二人の女性を巡っては喜べない状況があります。でも課題がある時、それは新たに人間関係や問題の発端や環境を考える機会となるのです。「思い煩っている」だけでは解決は見いだせず、そこから祈り、平和をつくる道へ歩み出すのです。9節の「わたしから学んだこと…」はパウロの自信過剰ではなく、パウロが教えた主イエスの教えとの思いからです。10節からはフィリピ教会からの支援に対する感謝が述べられています。感謝しながらも、パウロは自分の置かれた状況を受け入れ、そこで適切に暮らす術を持っています。不足があってもそれが人生を決するのではありません。必ず生きる道を主が整えて下さいます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 経堂バプテスト教会。東京都世田谷区桜1-64-30にあります。経堂教会は、「小田急線経堂駅から徒歩8分程の距離にある、世田谷のプロテスタント教会です。若い人からお年寄りまで、様々な人が集まるアットホームなキリスト教会です。1967年から開始されました」とHPに紹介されています。入口には長い階段があるのですが、裏口の方は入りやすいとのこと。祈りの課題は以下です。①地域の方々が、導かれるように。②礼拝、諸集会が祝されるように。③祈りが、いつもあるように。牧師・藤原 靖彦

2022年07月13日

7/14 Ⅰヨハネ4章1-21節 「情報リテラシーをみがくこと」

 ヨハネ福音書と手紙は兄弟のような関係。4章は「愛」のシンフォニーです。まずは「愛」という言葉を数えてみましょう。1節の「どの霊も…」は大事なこと。真の神の教えと、神の教えもどきの言葉があります。その中で真実を見極める力を磨く必要があります。最近「インターネット(IT)・リテラシー」(読み書き能力)とのいう言葉を聞きます。インターネット上は真も虚も、あいまいな言葉も溢れています。間違った情報を鵜呑みにして拡散したり、誤情報に騙されることが多く、その情報が真実で適正か否かを判断する力が求められています。キリスト教関係のサイトでも危険な考えや偏り過ぎる考えが見受けられ、判断できない時は信頼できる牧師に尋ねて下さい。今日はS・Nさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 多摩川キリスト教会。東京都狛江市岩戸南4-2-5にあります。「狛江市」とは私は全然知らない場所ですが、ホームページを見ると、小田急線の「狛江」または「喜多見」が最寄りのようです。礼拝もYouTubeで配信されています。また、日本バプテスト連盟インドネシア派遣宣教師である野口日宇満氏、野口佳奈氏の支援窓口教会です。祈りの課題は以下です。①祈りの家、聖霊の満ち溢れる教会。②十字架の愛と赦しに生きる教会。③世界宣教と信仰継承。牧師・末盛 桜子、宣教師補・久米 麗

2022年07月13日

7/13 ヨハネ福音書16章1-15節 「聖霊の約束と働き」

 弟子達の足を洗い、その後ユダが出て行き、ペトロの離反を予告し、14章から続く主イエスの告別説教です。「あなたがたを殺す者が神に奉仕している」とは主イエスの福音を伝える者達が誤った神理解者によって殺されること。神を真実に理解することは、命を大切にし、共に生きる世界でありも関わらず、独善的理解や神の言葉を自己利益のために利用することの警告。プーチンがキリスト者とは誰も思いませんし、彼からは何のキリストの香りは見出せません。人心の掌握のためにキリスト教を利用している以外に何がありましょう。さて、主イエスが天に昇った後の聖霊の約束を語ります。法廷用語だった「弁護者」は別の訳では「助け主」とされ元来は「あなたと共に立ち、助け守る方」。「真理の霊」であり、聖霊の働きを語っています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 川崎バプテスト教会。神奈川県川崎市中原区新城5-8-27にあります。昔、まだ現在の教会堂でない時に連盟の音楽研修会で伺ったことがあります。松藤牧師は数年前は日本バプテスト連盟の宣教部、宣教部長等をされていました。細くてカッコ良い牧師さんですよ。大事なのは牧師の宣教や牧会ですが、それはぜひあなたが行ってみてください。祈りの課題で「受信」という言葉、とてもよいなぁと思い、所沢教会の祈り(9月)にとりいれました。祈りの課題は以下です。①新しい時代の新しい川崎教会を共に建て上げよう。②交わりの充実。③仕える教会(受信の場として)。牧師・松藤 一作

2022年07月08日

7/12 Ⅰテサロニケ書5章16-28節 「喜ぶことへの招き」

 「いつも喜び…」の箇所は有名ですが、反発する人も多く。「いつも喜べるわけない…」と言います。苦しみや悲しみ、痛みの多いあなたを主はご存知です。その中で「喜び」と言う表現を言い換え「希望」「感謝」「恵み」を想起することへ招いています。それらの発見のために「祈る」こと、祈りは苦しい時にまず必要です。「感謝」も必ず見つかるはずです。「喜べない時」、何が不満なのか、何が喜びを消しているのか、そのことを考える静寂の時を頂きたいものです。「霊の火」は旧約に由来し、神殿で常に火が輝いていたこと、それは神の存在を表現していたことです。「欠け」の言及についてもは「欠け」あるところに主の恵み注がれることを確認いたします。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 百合丘キリスト教会。神奈川県川崎市麻生区百合丘1-12にあります。よく名前を聞く教会で、トップページに案内している伊藤真知子さんや、私が知っている方も通っておられます。「百合丘めぐみ幼稚園」も併設しております。とにかく「百合丘」という名前が良いですね。「百合」は伝統的にイエス・キリストを表現する植物とされています。祈りの課題は以下です。①福音宣教と教会形成のために。②幼稚園の今後のために。③教会幼稚園の方々の健康と安全。牧師・川井 信雄、協力牧師・宇野 雄司、牧会主事・宇野 澄江、音楽主事・宮原 淑子

2022年07月08日

7/11 ユダの手紙 「神の愛により守られ」

 ユダの手紙は礼拝でほとんど触れることがありません。17節が語るように主の弟子のユダの名を冠した後継者による百年頃の手紙と推定されます。ただし、主イエスを裏切った「ユダ」ではなく、ヤコブの兄弟であるユダですが、さきほど記したように、自分は「使徒」つまり主イエスの直弟子ではありません。旧約外典の「モーセの昇天」、「エノク書」からの引用が特徴。執筆目的としてはキリストの復活等を認めない団体とその周辺思想をもって教会を引き裂こうとする人々への忠告。そして「最も聖なる信仰をよりどころとしなさい」と語りますが、その内容は今も伝わる主イエスとその言葉への信頼です。それが神の愛によって生きる者として歩むこと、永遠の命への導きを感謝し、他の人々のことを覚え祈ること等です。「肉によって汚れた下着」は今では意味不明です。24節以下は当時の礼拝での「祝祷定文」の一つでしょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 横浜ニューライフバプテスト教会。神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南3-18-39にあります。割と若い人が多いのじゃないかなぁと思います。祈りの課題は以下です。①イスラエルと国々の一致。②天城山荘の再建。③牧師スタッフ招聘。④神学生&卒業演習。⑤家族の救い。牧師・田坂 元彦

2022年07月08日

7月4日~7月10日 特別版

7月 4日(月) 聖書:詩編 118編22節 「退けた石が隅の親石となった」 
教会の祈り:礼拝奉仕者の方々を覚えて(司式、宣教、奏楽、受付、生花、プロジェクター作成・投影、配信担当者、週報等作成・印刷等) 今日の祈り:洋光台教会(横浜市磯子区)。①隣人と共に生きる教会として。②福音に生きる群れとして。③CSが、より祝されるように。 牧師:萩原 永子。

7月 5日(火) 聖書:コロサイ書1章20節 「ただ御子によって和解させられました」
 教会の祈り:信徒委員会の働き。 今日の祈り:鎌倉台伝道所(鎌倉市大船)。①早くコロナが、収束するように。②高齢者の健康が守られますように。③与えられた信仰生活を生かすように。 牧師:岡坂 建史。

7月 6日(水) 聖書:ルカ福音書 6章37節 「人を裁かなければ」
 今日の祈り:横浜戸塚教会(横浜市戸塚区)。①信仰決心・バプテスマ決心者が与えられるように。②教会員としてコミットする人がさらに起こされるように。③内田泰亮協力牧師の働きを覚えて。 
牧師:堀野浩嗣、協力牧師:内田泰亮

7月 7日(木) 聖書:ヨハネ福音書 13章35節 「互いに愛し合うならば」
 教会の祈り:M・Mさんのお誕生日おめでとうございます。 今日の祈り:横浜大和町教会(横浜市中央区)。①求道中の方に信仰が与えられますように。②教会員の霊的・肉体的な健康が守られますように。③地域の伝道のために用いられますように。 牧師:鉄井 三千夫。

7月 8日(金) 聖書:Ⅱペトロ書 3章18節 「イエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい」 今日の祈り:日野神明伝道所(東京都日野市)。①求道者がバプテスマの恵みに与る。②子ども礼拝を通して信仰継承。③地域伝道を通して人々との関係構築。 責任者:三木 朋実。

7月 9日(土) 聖書:フィリピ書 3章20節 「わたしたちの本国は天にあります」
 今日の祈り:青葉教会(横浜市青葉区)。①教会メンバー同士の交わりの充実。②家族伝道の祝福。③教会経済の守り。 牧師:三宅 真嗣、副牧師:三宅 友子。

7月10日(日) 聖書:エフェソ書 2章14~22節 「かなめ石はキリスト」
 今日の祈り:横浜JOY教会(横浜市旭区)。①教会員の健康、霊性のために。②会堂に集えない方々のために。③教会の働きのために。 牧師:坂西 恵悟、名誉牧師:石田 政美、教会主事:澤田 猛

2022年07月05日

7/3 エフェソの信徒への手紙 1章1-14節 「私共への手紙として受け取る」

 紀元1世紀の初期教会は「手紙」が重要な伝達手段で、リモート等ありません。加えて人の往来ですが、コロナの今も昔も制限があります。ネットでも「手紙」は丁寧に書き読みしたいです。4節の「天地創造の前…」の言葉はキリストが天地創造の前から神と共にあったことを告白しています。「聖なる者、汚れのない者」とするのは人間の努力ではなく、ただ神の意思によるものです。人間自身は自らを「聖」とできませんし、人間が「これは聖なるもの」と決めることは、人間が神となることです。「聖霊」が保証、とは解り難いですが、「私たちと共にいる」ことにおいて約束の実現です。7節の「血によって贖われ」は「主イエスの死によって」であり「血」が人の罪を贖う(あがなう・買い取るの意味から赦しの意味)のではありません。「血」はキリストの死を象徴しています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 港南めぐみキリスト教会。神奈川県横浜市港南区日野南5-33-21にあります。昔、福田雅祥牧師(現在は函館美原教会牧師)がおられた時に一度伺いました。その時はまだ新しい会堂で、住宅地の中ですが、すぐ近くには国道1号線が走るところでした。祈りの課題は以下です。①教会員の高齢化に対応できるように。②ホームページやブログによる宣教への導き。③求道者がバプテスマに至るように。牧師・古家良子、古家克務

2022年06月26日

7/2 Ⅰペトロの手紙 3章13-22節 「注意して読むべき言葉」

 13節の「善いことに熱心であるなら…」は楽観的に聞こえます。この場合は「教会内」とか、ある程度、同じ方向を向いている人々の中での論です。20節のノアの箱舟と救われなかった人々への言及は、キリストが「陰府(よみ 死者の世界)」に下ったということと整合性がなく、言葉足らずですが、「キリストの復活によって(現在の)あなたがたがをも救う」との言葉はその不足を補っています。「バプテスマ」は「肉の汚れを取り除くのではなく…」は正論です。バプテスマという儀式は信仰告白が先立ち、新しい命に生きていくことを示す象徴的なものであり、儀式や水が人を救うのではありません。22節の「権威や勢力」は「世の権威」ではなく「神の権威、勢力」です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 横須賀長沢キリスト教会。神奈川県横須賀市長沢1-31-1にあります。この教会もまだ行ったことはありませんが、「ヨコスカ」のイメージは歌等で強いですね。どんな街なんでしょう。祈りの課題は以下です。①コロナが収束しますように。②信仰と健康が守られるように。③礼拝と宣教活動が守られるように。牧師・大須賀 真人、大須賀 綾子

2022年06月26日

7/1 ヘブライ書10章19-25節 「『清められる』ということ」

 ヘブライ書はユダヤ人キリスト者が対象読者で、旧約の表象を用い、旧約の偉人を模範と示したり、旧約の民を反面教師として提示します。22節の「清められ」等の「きよめ」と「けがれ」は多くの宗教や人種が持つ共通の認識で、人間が生きるとは罪を犯し続けると意識されます。キリスト教の場合、それは一方的な主の赦しに根拠を置き、一度バプテスマを受けたらすべてオッケーなのではなく、日々、罪を犯さざるを得ない自分を認め、日々、御言葉と主への祈り、悔改めをもって歩むことが大事です。25節の「かの日」は終末の日ですが、それを決めるのは主のみです。我らは日々励まし合い、今日の命を赦され生きる者として神の御心に沿うように生きるのです。今日はK・Tさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 藤沢バプテスト教会。神奈川県藤沢市本鵠沼5-10-29にあります。先日、この教会の牧師として就任された伊藤牧師の就任式があり、リモートで参加させていただきました。伊藤牧師のお母様、真知子さんはフェリス女学院短期大学音楽科を卒業、その後、東京バプテスト神学校で学び、米国バージニア州プロヴィデンス・バプテスト教会日本語部協力牧師、越谷伝道所(現在はありません)、町田伝道所牧師を歴任されました。連盟の音楽関係の働きでご一緒させていただいた先生です。しかし、2018年5月乳癌ステージ4を告知され、闘病生活に、昨年2月には夫が自転車事故で頸椎損傷し、夫婦二人で介護生活になりました。夫は150日入院、その間、詩編を一編ずつメールで送ったのですが、それが所属教会の方々の助けを得て本になり、出版されました。「今日も生かされて~詩編の贈り物~一日一編」という冊子です。当教会に伊藤真知子先生のご厚意で15冊程ありますので、ご希望される方には差し上げます。話はお母様のことになりましたが、藤沢バプテスト教会の祈りの課題は以下です。①伝道開始60周年感謝と今後の伝道。②若い世代と高齢信徒のために。③湘南藤沢の地の開かれた教会に。牧師・伊藤 真嗣

2022年06月26日

6/30 ヨハネ福音書15章11-17節 「愛され、愛するために」

 今日の箇所は13章からの主イエスが「愛し抜かれた」、「洗足」に続く宣教なので、全体を読むことを勧めます。12節の「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」との「大きな愛」は主イエスのみができることです。Ⅰコリント13章参照。主は誰もが生きることを望んでいますし、人が誰かのために死ななければならない状況を社会は決して作り出してはいけません。犠牲者を生み出す社会、教会はすでに神の国にふさわしくないのです。14節の「わたしの命じること」は13章14節以下、34節以下を示します。16節の「わたしがあなたがたを選んだ」、人間は自分が選んだから、自分が捨てることもできると思います。でもその選びは罪ある者、不信人な者を選ぶ主の愛に由るのです。今日、手術される敬愛するIさん、そしてご家族を覚えて祈ります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟引退教役者を覚えて。副田一郎氏(千葉県在住、NPOホームレス自立支援ガンバの会理事長)、高橋恒雄氏(東京都在住)

2022年06月26日

6/29 詩編5編 「完全でないゆえに礼拝するのです」

 2節「つぶやきを聞き分けてください」とは、私共が主に不満や不公平、悩み、苦しみを訴えます。しかしその不満や苦しみが正しい訴えなのか、本来や自分の責任や思い込みでないのかと主との対話の中で示されるのです。詩人は礼拝します。しかし、常に神の前に正しく生きられるか不安を持っています。正しく生きようとしても、自分を「陥れよう」とする人々との関係の中で自由ではなく、揺らぎます。誰もが知ってか、知らずにか、神の意思に反する、悪に加担する可能性を持つのです。そのような我らであることを知るからこそ、礼拝が大事なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> ■学校法人「西南学院」。①西南学院が、神さまのみ旨に沿って教会の使命を全うし、平和を尊ぶ人を育むことができますように。 学院長・今井尚生 ■西南学院大学神学部/専攻科/大学院。①平和の神の国を求める神学教育。②教会に仕える働き手を求めて。③「新しい皮袋」となれるように。神学部長・濱野道雄 「西南学院」は福岡市にあるバプテストの精神で建てられたミッションスクールです。保育園・幼稚園、小学校・中学校・高等学校・大学・大学院等数万人の学生が学んでいます。特に大学の「神学部」並びに「神学部大学院」は日本バプテスト連盟の教派神学校として、牧師・伝道者の養成機関の働きをしています。私も西南学院大学神学部で学びました。娘たちは西南学院の保育園で育ちました。

2022年06月26日

6/28 詩編104編 「創造主に生かされる我ら」

 詩人が主をたたえる、つまり礼拝します。それは主の創造の業を観察し、圧倒されたから。15節の「パン」を思う時、パンの背後に創造主、太陽、風、雨、農業者の働き、穀物の輸送者、パンを作る人の手が想起されます。その一つでも失われてはパンができませんし、それらの関わりを失わせるのは主の御心ではありません。20節の「レビヤタン」は多分想像上の海獣で「龍」のようなもの。29節は神が息を与えられることにより人や動物は生き、息吹を取り去れる時は死を意味します。生きていても神の息吹を求めない限り、人は死んだような存在です。そして、命与えられた者は主を讃美しつつ歩みます。「主に逆らう者」とは主の創造の業を破壊する者です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟「神学教育に関する委員会」。①神学生の学びのために。②バプテスト教会の形成に仕える三神学校・宣研・連盟の良き協働のために。委員長・中田 義直(連盟常務理事・所沢教会協力牧師)

2022年06月26日

6/27 Ⅱコリント2章1-6節 「人間関係が崩れた時」

 悲しみに暮れるパウロ、それはコリント教会で起こり、起こっている出来事のゆえ。パウロは教会の人々に傷つけられ、侮辱され、中傷されました。それは容姿や話、使徒職への疑問にもなり、更に教会に分派争いが起きているのです。ゆえにコリント訪問の延期を決め、涙を流しながら手紙を記しました。会って解決する問題もあれば、会うことによって憎しみや怒りが倍増する事があるのもパウロは知っております。多くは一方的な誤解ですが、「怒り燃える」人々の前に行く危険を避け、「時間」の中で手紙を通して理解できるように考えたのです。問題解決にはいくつもの道があることを覚えます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「監事」。①新規程で機構改革が整えられるために理事会と各理事の働きを覚えて。②協力伝道の業が進められるように。監事・小河義伸(主任・八王子めじろ台教会牧師)、加藤英治(四日市教会牧師)、廣島 尚(浦和教会牧師)、森 恭子(高崎教会員)。

2022年06月26日

6/26 コロサイ書4章2-6節 「閉ざされた門が開かれるために」

 「キリストの秘められた計画」は、「キリストの奥義」「キリストの良い知らせ」等訳されます。「キリストの福音」で良いのですが、「門が開かれる」との言葉やパウロが鎖でつながれ閉じられている、との言葉と対照され、秘められたものは明らかにされる神の現実を想起しているのです。そして「計画」はパウロ自身の歩みに留まらず、世界中に福音が、主による救いが達成されることです。そのためには協力・協働する祈りが必要ですし、それは今も要請されています。「時を用い」「人々との関わりは知恵を用い」と勧めます。「時が良くても、悪くても」必ずそこに道は開きます。知恵は、猪突猛進ではなく、対話によって導かれます。さて、今日から日本バプテスト連盟 全国壮年会連合が行なっている「神学校週間」です。私ども、日本バプテスト連盟には教派神学校として「西南学院大学神学部」、連合立神学校(夜間・通信)として「東京バプテスト神学校」、「九州バプテスト神学校」があります。いずれの神学校でも入学者が減少し、このままでは10年後に、牧師が不足すると思われます。牧師を志す人が与えられること、神学校への入学者が与えられますようにお祈りください。また、献金は主に神学生の奨学金として用いられています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 東京地方バプテスト教会連合。(49教会、5伝道所)。①加盟教会伝道所の祈りの課題共有。②TBA(東京連合)宣教センタープロジェクトの充実。③全国壮年大会(東京)の準備支援。 会長・篠 松次郎(常盤台教会員)

2022年06月19日

6/25 ローマ書12章9-21節 「人間としての規範」

 今日の箇所、12節は当教会の本年度(2022年度)聖句ですよ。覚えてくださったでしょうか。13節の「聖なる者」は伝道者等専ら教会に仕える「教役者」のこと。どの時代でも「儲けよう」と思う教役者は立ち続けられません。16節の「身分の低い人々と交わりなさい」は上から目線に思えますね。当時の社会にそのような身分や格差があり、奴隷もいました。そのような社会からパウロは完全に自由ではありません。しかし、当時の「交流してはならない」という意識からは脱しようとする言葉です。互いに愛し、相手を優れた者と思え、迫害者のために祈ること、復讐はしない、うぬぼれるな、敵が飢えていたら食べさせよ、平和をつくれ、等の言葉に主イエスの思いが響きます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 湘南台バプテスト教会。神奈川県藤沢市湘南台1-11-8にあります。教会はビルだということです。祈りの課題は以下です。①土地購入新会堂建築のために。②学習支援活動等地域の方々と共に。③次世代の働き人育成のために。牧師・坂元 俊郎

2022年06月19日

6/24 マタイ福音書5章13-20節 「『地の塩』、『世の光』」

 ここの「塩」は死海等産出の岩塩。放っておれば、塩分は溶け出し、使いものになりません。でもここでは「あなたがた」が「地の塩」。ここをある人が「だから自分は人にしょっぱい言葉を言うのだ」と多少自慢気に話しておられ、「違う」と思ったことがあります。本来は塩で味付けされ、人が喜ぶものとなるように、世界を整え、喜ぶ働きです。「光」は隠しません。光は見えない世界を照らし、識別させ、すべてを可視化させ、真実を見て人が行動するため。もし、暗い世界で苦しみ悩む人がいるなら、その人々が明るい世界で顔を輝かせるように行動を引き起こすのが「光=良い行い」です。さらに「神の光」はあなたの暗い心の隅にも恵みの光を与えるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 逗子第一バプテスト教会。神奈川県逗子市3-3-13にあります。「逗子」ってよく聞きます。一度行ってみたい地です。この教会の杉野牧師は、公立学校の教員をされていました、たしか、社会科だったかなぁ?途中で仕事を辞め、西南学院大学神学部で学んでおられる時、私が当時赴任していた福岡有田バプテスト教会の祈祷会(日曜は北九州市の教会に行かれていた)に参加してくださいました。祈りの課題は以下です。①年間標語「キリストに根ざして成長しよう」。②教会の将来展望が開かれるように。③主の平和の実現。牧師・杉野 省治

2022年06月19日

6/23 コヘレトの言葉3章1-15節 「時を間違える我ら」

 「コヘレト」とは「伝道者や集会」の意。ここに「様々な時」が記されます。神が定め(願う)時と、私共の「時」がずれたり、タイミングが悪かったり、急ぎすぎたり、遅すぎたり…。時を見極めるのは難しいゆえ、われらは「感情的」でも「打算的」でもなく、神の思いを探し、時を見極めて行動することです。ただし、「生まれる時、死ぬ時」は人間が決められない、決めてはいけないこともあります。また「黙する時」にわめき語り、「語るべき時」に逃げてします我らの姿も思い起すのではないでしょうか。「行動(語ることを含め)」の前に祈る時を持つことができるのがキリスト者です。「永遠を思う心」とは「永遠なる神を思う心」。そして時を誤り、追いやられても神が尋ね求めます。今日は「命どぅ宝」の日を覚えて祈ります。「命どぅ宝」の日について記します。

◆琉球の島々は、数百年の間、アジア諸国と貿易を行いながら平和に栄えた国でした。◆しかし1879年、日本は琉球王国を併合(琉球処分)。同化政策を行い、琉球の文化や言語を止めさせました。◆琉球王国の尚泰王が追放された時、彼が残したのが「命どぅ宝」という言葉。◆「お金やどんな所有物よりも大事なものは命である。失うと、二度と手に入らない」という意味。◆沖縄戦は、太平洋戦争末期に米軍を主体とする連合軍と日本軍との間で行われた戦いでした。◆1945年3月26日の上陸から始まり主要な戦闘は沖縄本島で行われ、約3カ月に及ぶ激しい地上戦が行われました。◆兵士のみならず一般人まで全体で20万人を超える死者が出て、県民の4人に1人、約12万人が亡くなったとされます。◆中には人々が逃れていたガマ(洞穴)で「集団自決」を迫られ、行われた悲惨な場所も多くありました。◆平和祈念公園の「平和の礎(いしじ)」には沖縄戦で命を落とした台湾や朝鮮半島など旧植民地出身者や、米英兵らの名前も刻まれています。◆6月23日は、日本軍の組織的な戦闘が終わった日とされ、沖縄県はこの日を「慰霊の日」と定めて休日にし、毎年、糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園で追悼式が行われています。この日は「命どう宝の日」とも呼ばれています。(献)

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 平塚バプテスト教会。神奈川県平塚市豊原町4-5にあります。建物はコロニアルスタイルです。特にコロナの中、「子ども食堂」等を積極的に行なっています。祈りの課題は以下です。①こどもを大切にする教会の実現。②こひつじ食堂を通じた地域協働の活性化。③共食の運動が広がるように。牧師・平野 健治

2022年06月19日

6/22 Ⅱコリント書2章12-17節 「キリストを知る知識の香り」

 Ⅱコリント書は五つの手紙の集合体で、五文書が編集されて今の形になったと推定されます。13節は7章5節につながり、そこを読めば「合点」と思いましょう。14節は中心的な文書の始まりです。「キリストを知る知識の香り」、「香り」は見えないけど感じるもの。ある人の香りを印象的に覚えていて、再びその香りに出会った時、色々な思いが交差します。「キリストの香り」はきっと「信仰を思い起こさせ、その香りに再び包まれたいと感じるもの」でしょう。「香り」は旧約で献げ物を焼く香りが天に届き、その香りを神が喜ばれた」という表現もあります。「香り」を売り物にしない、誠実な歩みにキリストの香りが漂うのです。あなたはどんな香りでしょう?

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 座間・バプテストキリスト伝道所。神奈川県座間市入谷東3丁目42-10にあります。1976年から開始された教会で、伝道所なので母教会である「日本バプテスト相模中央キリスト教会」のもとにあります。行ったことのない教会です。最初は座間バプテスト教会の日本人集会から始まり、現在の内藤牧師は1991年からです。祈りの課題は以下です。①礼拝出席者が増し加えられますように。②礼拝出席者の健康が守られますように。③奏楽者のお働きが祝されますように。牧師・内藤 玲緒奈

2022年06月19日

6/21 ローマ書15章22-33節 「祈りの友になってください」

 ローマ書はパウロが計画しているイズパニア(スペイン)伝道の途中でローマ教会に立ち寄り、そこで今後の伝道に対する話し合いを願い、パウロの信仰を表明しているものです。ただし、その前にエルサレム教会に行き、話し合う課題と異邦教会からの献金を届けるのですが、それが受け取られるかどうかは簡単ではありませんので、その不安も記します。30節は「聖霊が導く愛の働きによって」、「祈りの友」になってほしいと願っています。祈りの内容は、敵対者からの守り、エルサレム訪問の祝福、ローマ教会での豊かな交わりのことです。この祈りは形や対象を変えて今も祈っている事柄ですね。そして「平和の源」。神がおられるところにこそ平和があふれ、流れます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト相模中央キリスト教会。神奈川県大和市中央林間4-245-6にあります。昔、旧会堂のときに訪れたことがあります。今は立派な会堂が立ち、パイプオルガンも設置されています。なので、一度その音を聞きたいと願っています。この教会には音楽主事(音楽牧師)がおられます。私も日頃お世話になっている江原先生は日本バプテスト連盟の「教会音楽室」の室長をされています。ズームを使った「教会カフェ」や「新生賛美歌研修会」などを行なってくださっています。また吉田牧師は連盟の副理事長として現在、連盟の機構改革の働きをたくさんなしてくださっております。教会も多忙でしょうが、副理事長の働きも大変だと思いますが、ご健康が守られますように。祈りの課題は以下です。①世界の平和、コロナ危機の終息を願い、「み言葉による信仰と希望をもって、つながり歩む」(2022年度主題)。牧師・吉田 真司、音楽主事・江原美歌子

2022年06月19日

6/20 Ⅱコリント書1章3-11節 「『慰め』と『希望』のリング」

 Ⅱコリント書の冒頭は筆者と宛先が記され、3節で主をほめたたえ、4節からは「慰めのリング」が語られます。苦難に際し、神が我らを慰め、その慰めはあらゆる苦難にある人々を慰める力となり、そこに生まれる希望は我らに希望を与え、礼拝へ向かうのです。それこそ「苦しみと慰めを共にする主の在り方」の実現。どうか、お一人で苦しむのではなく、我らは共に苦しみたいと願います。我らの苦しみはあなたには不十分に思えるかもしれませんが、主のみがその道を確かな希望に変えてくださるでしょう。パウロは自分の体験を語り、自分の力に依らず、神に頼むことを知ります。そして、共に祈ってくれることを要請します。祈りの要請こそ主にある交わりの恵みです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 綾瀬小園キリスト教会。神奈川県綾瀬市小園南2-18-6にあります。ここもまだ行ったことのない教会ですが、この教会の牧師さんのFacebookを見ると、色々珍しいお菓子や食べ物が紹介されています。祈りの課題は以下です。①新来者・求道者が与えられるようひ。②一人ひとりが守られますように。③経済的必要が満たされるように。牧師・岩瀬 礼

2022年06月19日

6/19 コロサイ書3章5-17節 「新しい人として生きる」

 大変厳しい言葉で迫ってきます。「不潔、情欲、悪い欲望、貪欲」等の言葉は現代ではもう少し柔らかい言葉で語りかけないと理解される前に反発や拒否にあいます。より伝えるべきは十二節以下です。この言葉を結婚式で読むこともありますが、まさに様々な人間関係に生きる中での至極の目標です。それらの実行は簡単でないので、祈りつつ、神さまと教会の励ましの中で取り組んでいきたいものです。「平和」の言及は、「平和」をすぐに壊し、壊される我らだから。自分と他者との平和を維持するためには、キリストの言葉を常に宿らせ、教え合い、学び合い、讃美歌を心から歌い礼拝する歩みしかありません。「主が赦したように…」「愛はすべてを完成する絆」、今日の宝の言葉です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> ふじみキリスト教会。神奈川県平塚市真田4丁目26-8にあります。まだ行ったことのない教会ですが、犬塚計契牧師とは、昔、全国小羊会キャンプ等でご一緒にお働きをさせていただきました。ある年の「全国小羊会キャンプ」で朝の礼拝のとき、「犬」の着ぐるみを着て登場したときは感動いたしました。今年の全国少年少女大会の講師をされます。祈りの課題は以下です。①置かれた地域でふさわしい礼拝を、集められた礼拝者と心を込めて続けられますように。牧師・犬塚 契、協力牧師・犬塚 修、草島 豊

2022年06月19日

6/18 コロサイ書3章1-11節 「神の内に包まれ守られて」

 コロサイ書2章6~7節にあるように「キリストと結ばれ、キリストに根を下ろして造り上げられる生活」が具体的に記されています。もちろん「具体的」なことは当時の文化や社会の中での「具体」なので、その点は今の時代状況から読み替えていく必要があります。そして今日の3章。「上にあるもの」とは「神と神の支配」を示します。3節の「あなたがたは死んだ」はバプテスマを受けることで、古い自分が死に、主と共に新しい命を頂いていくことです。「あなたがたの命は…隠されている」というのは「包まれている」という言い方や翻訳が良いです。あなたの命は今や神の愛の中に守られており、キリストが再びこの世界に来られる時、その包みも解かれるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大秦野バプテスト教会。神奈川県秦野市ひばりが丘1-15にあります。この教会の日高各牧師は、かつて連盟派遣宣教師としてタイで活動されていました。日高嘉彦牧師は、タイの神学校でへブル語等を教えたり、「タイ-へブル語辞書」を作成された方です。秦野市は行ったことがないのですが「ひばりが丘」の名前から自然も豊かな場所かなと思います。祈りの課題は以下です。①高齢者・病床者の健康の守り。②おやこ広場の子どもたちの喜び。③礼拝を通しての伝道。牧師・日高 龍子、協力牧師・日高 嘉彦

2022年06月11日

6/17 Ⅰコリント書13章1-13節 「我らが求める最高の道」

 キリスト者に与えられている様々な働きが神の恵みの賜物(ギフト)として挙げられ、13章でそれらを超え、すべての人が求める「最高の道」が示されています。第一は「愛」。「誇ろうとしてわが身を死に引き渡す」は「殉教」のことが頭にあるのかもしれませんが、「殉教」してはいけません。「生きる」ことを主は求めています。ここで「どら」や「シンバル」という楽器が登場し、私はどちらも持っていて、「愛のある音」と「愛のない音」を実演できます。聞きたい方はお申し出ください。そして、愛の在り方が語られます。ここはチェックシートとして、自らを確認してほしいものです。「信仰」「希望」「愛」という神の恵みと導きを我らの中心におきましょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 松本蟻ケ崎キリスト教会。長野県松本市蟻ケ崎6-4-3にあります。1959年に生まれた歴史ある教会です。松本市の文教地区にあります。川井牧師もご高齢になられ、次の牧師を教会は祈っております。一方で、今、牧師を目指す方が大変減っているのは大変なこと。日本バプテスト連盟関係でも「西南学院大学神学部」へ入学する方は2~3名レベルですし、夜間や通信の「東京バプテスト神学校」や「九州バプテスト神学校」も入学者の獲得が難しいのです。ぜひ、牧師の道を考える人が興されますように。でもまずは教会に行ってください。祈りの課題は以下です。①次期牧師が主に導かれるように。②青少年への宣教が道開かれるように。③音楽指導者が興され賛美の群れに。牧師・川井 高雄

2022年06月11日

6/16 ガラテヤ書5章16-26節 「聖霊が結ぶ果実」

 「肉と霊」。「肉」とは人間の考え方であり、特に「霊」(神の思い)と対置されます。すべて人間の考えが悪いのではなく、人間の思いや行動の中で憂慮すべきことを取り上げます。人間の考え、肉の思いの中でも霊の思いと対立するのが十九節で具体的に示されています。「酒宴」は羽目を外した宴会。「酒宴」を利用してハラスメント等が行われたのは昔も今も同じ。何より「霊の結ぶ実」、つまり、神さまが導き与えて下さる果実が22節に列挙されていますし、そこにおいて、神が望むこと、人間が目指す歩みが示されます。「肉を欲情や欲望もろとも十字架につけた」と自分は簡単に言えないですね。私共はそれらを「引きずって」しか歩めないし、そこで主の導きを求めるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大和愛宣教伝道所。神奈川県大和市大和東1-4-7 栄光堂ビル3階にあります。14日にお祈りした「松本福音村バプテスト教会」の伝道所です。祈りの課題は以下です。①主日学校教育の正常化のために。②下半期からはじまる開拓伝道計画。③新しい伝道方策のために。牧師・李 東柱、主事・郭 淑

2022年06月11日

6/15 ガラテヤ書3章26-29節 「神に大事に創られた命」

 「信仰により」、ここは主語が二つ必要。「キリストが私を愛し、赦し、神の子としてくださる真理」と「私の救い主としてイエス・キリストを信ずる」ことです。その二つが結ばれる状況(呼び掛けと応答)が「信仰」なのです。「キリストを着る」表現は面白いですね。でも「脱ぐ」自由と選択もあります。脱いで、再び着ることもありましょう。「一生信じ続けなければ駄目だ」と私は申しません。さらに「ユダヤ人もギリシャ人もなく…」と語られます。国籍や皮膚の色、社会的に作られた地位、性別、それらを用いて人間は人を差別し、支配する構造をつくりました。多くは人の選択ではありません。あるのは神の創られた人間。すべてに等しい価値があります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 相模原希望伝道所。神奈川県相模原市中央区相模原2-3-16 山崎ビルA-202にあります。「伝道所」といっても活動は「教会」とほとんど変わりありません。昨日お祈りした「松本福音村バプテスト教会」の伝道所です。祈りの課題は以下です。①希望を与える教会になりますように。②信徒の信仰成長と養育のために。③主の望みが私の望みとなりますように。牧師・李 在浩

2022年06月11日

6/14 エフェソ書2章14-24節 「共に学び育つために」

 キリスト教信仰は「罪深い、ありのままの自分」が受け入れられている認識から始まりますが、同時に歩みの中で信仰が育てられることが大事です。学びと祈りを深めていくことは、自らの人生を深く学ぶことになります。中途半端な、聞きかじった教えを振り回す人もいますが、それが真理なのか、違うのか見分けることが大事ですし、見分けるためにも信仰がみ言葉によって育てられる必要があるのです。また、成長は自分一人のことではなく「体」、つまり、キリストの体である教会の働きを造っていくこと、これが大事。教会、そして更なる拡がりとしての世界は結ばれ、共に成長するべきなのです。24節の「正しい清い生活」は「清貧」とか「禁酒禁煙冗談も言わない」人のようなことではなく(まぁ、禁酒禁煙は健康のためによいということですが)、キリストを土台とした歩みや言葉で、表面的な姿ではありません。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 松本福音村バプテスト教会。長野県松本市大手5-6-3にあります。「福音村」という村や住所ではありません。韓国から来られた牧師さんが中心に始まったと思います。祈りの課題は以下です。①家庭集会に大きな恵みがありますように。②聖書勉強会の活性化のために。③回転資金の返済が月々うまくできるように。牧師・黄 基英

2022年06月11日

6/13 コロサイ書2章6-19節 「宗教でない『霊的』なもの」

 コロサイ書の成立は紀元60年代前半と推定されます。当時、教会にパウロが伝えた福音とは異なる教えを伝える人々がいて、その影響を排除することが必要でした。出て来るのは「哲学」(すべての哲学ではない)。「祭りや新月や安息日」の「祭り」は神殿等の宗教行事、「新月」は「星占い」(占星術)で人間の行動を誘導するもの、「安息日」はユダヤ律法を守れというもの、「天使礼拝」は「○○天使」を守護神とするようなもの。「宗教ではない『霊的』なもの」はどの時代も人の心を動かします。人間の「不安」「心配」の解決策として体系化・組織的された宗教を嫌い、特別なものを求める人の心理を突くのです。16節の「批評されてはなりません」は「さばかれてはならない」こと。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 山梨バプテスト教会。甲府市朝日5-13-12にあります。アクセスはJR甲府駅より車で約5分 (駐車場あり)※教会前の道は東→西方向への一方通行ですのでご注意下さい。山梨交通バス「朝日5丁目」バス停より徒歩2分 、とのこと。甲府駅から歩いてもいける距離で季節の良い時は歩いていくと健康にもよいと思います。おすすめのパターンは、日曜、山梨駅より歩いて教会に行って礼拝等に参加。今は昼食がないので、お弁当を持っていくか、我慢する。そして教会からすぐの「喜久乃湯温泉」でゆっくり過ごします。本当は冷泉ですが温めています。1926年創業の歴史ある銭湯です。太宰治も通ったという名湯は源泉掛け流し。カランもシャワーも全て源泉のお湯を使用しています。その後下り道なので、ゆっくりと甲府駅に向かいつつ、甲府市の名物のひとつ、焼き鳥やモツ煮、お蕎麦などを食べておうちに帰ります。佐藤牧師は、一見「怖い人」と感じるかもしれませんが、実は小心で、毎日「ファンタジー」を読んで涙しているといわれていますので、ご安心ください。現在は教会を学生さんの「勉強室」として解放しておられるようです。祈りの課題は以下です。①コロナが収束し、多くの人と会堂に集まって礼拝できるように。また、新来者が与えられるように。牧師・佐藤 浩

2022年06月11日

6/12 使徒言行録28章17-31節 「終わらない神の働き」

 使徒言行録の終頁。ローマに着いたパウロは裁判されますが、証拠文書も整ってません。問題はユダヤ人のキリスト教やパウロに対する誤解であり、そのためにパウロは日々宣教します。ある人は受け入れ、ある人は信じません。この正直さが好きです。引用されているイザヤ書については九9日分を参照。31節はローマで語り続けられた、で終わります。なぜならここにおいてルカの著作目的は達成したので。しかし、現実には続きがあります。ルカもテオフィロも、私もパウロがローマで殉教したことを知っています。でも「神の働きは終わっていない」のです。パウロが受けた何千倍もの苦難を教会は与えられます。でもなお、「主の働き」は全世界と教会とあなたを通して続いているのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 富士吉田バプテスト教会。山梨県富士吉田市上吉田5-5-15にあります。この教会は富士山のふもと、そして「富士山神社」の参道に沿って立っています。広い敷地と教会堂があり、教会堂等の教会施設では教会のキャンプ等にも利用されています。ちなみに「富士急ハイランド」も近いです。私も所沢教会壮年会で伺ったことがあります。その時食べたのが「吉田うどん」。少し不思議なうどんでした。キャベツが入っていて、腰の強い麺だったと記憶しております。そろそろまた食べにいきたいなぁ。若い素敵な牧師二人です(夫婦)。祈りの課題は以下です。①主を共に礼拝し、祈り合い、地域・世界と連帯して、年主題「みんなで描こう『主にある希望』」を実現できるように。牧師・宮西 宏明・宮西 千晴

2022年06月08日

6/11 Ⅰコリント書12章1-11節 「世界を益に導く聖霊の働き」

 今年はこの前の日曜、6月5日がペンテコステ(聖霊降臨祭=教会が誕生した日)でした。その折にも「聖霊」の働きを語りましたが、この箇所も「聖霊」の豊かな働きを語っています。「聖霊によらなければイエスは主と言えない」。直接会ったこともないイエスを「主」(救い主、助け主、慰め主等多様性のある表現)と告白できるなら、それは神の働きかけが必要なのです。また「霊」あるいは「聖霊」は「全体の益」となるために用いられます。それぞれ「賜物」=「神から与えられた各人の恵みによる働き」を受けています。それを主イエスの働きのため、教会の働きのために献げていくことで全体が益を受けます。そして最終的には「全体」は「全世界」を包括するものですし、その「恵み」を主は世界中の教会に与えています。本日は教会では「東日本大震災被災地」を覚えてお祈りいたします。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 三島バプテスト教会。静岡県三島市徳倉4-34-9にあります。三島は新幹線も止まります。私ども日本バプテスト連盟がもっていた研修宿泊施設「天城山荘」で総会や大会、いろいろな集会が行われたのですが、三島から「伊豆箱根鉄道駿豆線」に乗って終点「修善寺」まで行き、そこからバスにのって「天城山荘」に行っておりました。それで「三島」はよく行ったのですが、三島バプテスト教会にはまだ行ったことがありません。三島駅より車で10分、バスでの行き方もホームページを見ればよくわかります。この教会の本多牧師は長い経験を持つ方で、とても穏やかな方です。三島から伊豆箱根鉄道に乗って、次の駅ではいつも「鰻」の良い香りがするのです。ある日、こちらの「鰻」を食べました。美味しかったです!三島は「水」の町で、良い水が鰻を美味しくしているのですね。祈りの課題は以下です。①新来者の来会を祈る。②高齢者の健康と生活に主の守りを。③世界の平和とコロナの終息。牧師・本多 栄一郎

2022年06月08日

6/10 Ⅰコリント書9章1-18節 「陰口が命を奪うこともあります」

 「坊主憎けりゃ袈裟(けさ)まで憎い」。何故、僧侶が憎いかと言えば、江戸幕府の「寺請制度」で寺が幕府の出先機関で汚職等があったため。パウロも陰口を言われます。伝道者として謝礼を受け、妻帯して歩いていることで陰口を叩かれたようです。そのことに対しパウロは反論いたします。現代、偽情報や悪意をもって非難する言葉が一人歩きし、時には情報被害者が生きることができなくなる報道が流れます。悲しいですね。日々、私どもの回りに流れる情報の正確さを問い、その内容は適切なのかを考えることが必要。通常の共同体では本人に直接聞き、役員会等の組織があればそこに尋ねること。そのような過程を経ない、気ままな情報発信は自由で健全な関係性を維持させません。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト静岡キリスト教会。静岡市葵区安東東2-12-39にあります。ホームページが大変充実している教会です。礼拝の様子が動画でも文章でも見ることができるし、静岡駅から教会へのバスの案内等も詳しく安心していくことができます。松坂牧師は芸人の誰かに似ているなぁ、といつも思っています。この教会では長らく幼稚園を運営しておりましたが、現在は廃園となっております。そのため駐車場は広く確保できております。駿府城の近く、落ち着いた文教地区に教会は立っています。15-6年前にお招きいただき、礼拝でのお話や教会研修会でのお話をさせていただいた思い出のある教会です。教会の近くの小さな見せで「静岡おでん」も食べました。個人的には普通のおでんが良いかなと思いますが。祈りの課題は以下です。①70周年行事(10月)のすべてが主に喜ばれるように。②礼拝に集う一人ひとりがみ言に生かされるように。③地域と共に育ち合う教会へ。 牧師・松坂 克世

2022年06月08日

6/9 イザヤ書6章1-13節 「預言者としての招き」

 紀元前742年、預言者イザヤの召命(主の働きに呼ばれること)。「セラフィム」は天使のような存在。ただ聖書で常に大事なのは「姿」より「言葉」。イザヤは神の言葉を民に語るには自分は罪深く、弱い存在という認識があります。しかし、火(ここでは神の赦し、熱意、臨在の印)が唇に触れたことによって神の呼びかけに応えて生きる決意が与えられたのです。9~10節は解釈が困難な箇所のひとつ。「逆説的な頑迷預言」と言われ、なぜ、「いやされることがないように」語るのかと思うでしょう。本来は「いやされるため」だったけど、結果的に人々が悔改めなかった歴史の反映、あるいは伝承の過程での誤記。でも神の心は救いに向けられているのは間違いありません。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 清水栄光キリスト教会。静岡市清水区矢坂西町15-5にあります。住宅地の中にある教会です。この教会のホームページをのぞいてみると、駿府の切支丹のことがしるされており、以下の文章を石渡牧師が記しておりました。「牧ヶ谷の耕雲寺。静岡の街中から離れた、静かな山間にあるお寺だ。かつて、家康の家臣だった原主水(はら・もんど)は、キリシタンであることをやめなかった為、両手足の指と、足の節を切られた上、額に十字架の烙印を押されて、安倍川の川べりに捨て置かれた。そんな主水を助けて介抱したのが、耕雲寺の住職である。耕雲寺の僧侶たちによって命長らえた原主水は、不自由な体のまま江戸に出て布教し、捕えられて処刑される。耕雲寺は、悪しきキリシタンを匿った罪のゆえに廃寺。住職もまた処刑された。」。様々な思いをもってこの文書を読みました。祈りの課題は以下です。①教会員の互いの賜物を見出し、賜物を生かす教会。②教会が出会いと交わりの場として祝福されるように。③教会会計の祝福。牧師・石渡 修司

2022年06月08日

6/8 ローマ書15章1-13節 「命の根源から力を得て」

 ローマ書はパウロがローマに行く前に記した手紙であり、パウロの溢れる信仰の思いが注がれています。パウロは「自分の満足を求めるのではなく、隣人の喜び」を第一としました。ここで我らは人が何のために生きるのかを教えられます。パウロの歩みに、また我らの歩みの中で我慢できないことが沢山起こります。でも怒って解決できることでもありません。その時、主と聖霊の働きによって「忍耐」することへ導き、怒りや失望の中にある時にも「慰め」(主が私の傍らにいてくださる)を与え、明日へと生きる力を注ぎます。「忍耐と慰めと希望の源」なる神は一致と礼拝へ導き、互いに受け入れる(共感と愛と祈り)世界へ誘い「喜びと平和」の道を示すのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 川根バプテスト教会。静岡県榛原郡川根本町徳山845にあります。地域では「学校法人 かわね学園 さゆり幼稚園」の方が知られているかもしれません。「川根」はかつては林業やお茶生産で栄えたところですが、現在、過疎化が進み、教会も幼稚園も大変苦労されています。ぜひ、川根周辺の方々は応援してほしいですし、教会にもぜひ行ってください。祈りの課題は以下です。①世界の平和を求める教会の祈り、主イエスが為政者たちに働きかけ、神の愛によって悔い改めさせてくださいますように‼牧師・松下 正巳

2022年06月05日

6/7 使徒言行録28章11-16節 「人生の海の嵐の中で」

 冬をマルタ島で過ごし春に再出発します。「ディオスクロイ」は当時の船乗りの守護神「双子の神」、船には彫刻がついています。「プテオリ」はローマの港、。念願のローマに入りました。「兄弟たち」はその地域のキリスト者で話は尽きなかったでしょう。アッピア街道のアピイフォルムはローマから70キロ地点の町、そこから北西16キロのトレス・タベルネという町からローマ教会のメンバーが迎えにきたのです。パウロの波瀾万丈の旅は常に聖霊が導く旅であったゆえに守りの中にありましたし、何よりその旅で主は様々な人々を用いたのです。「トラベル」は「トラブル」でもあります。今、人生の旅路を振り返る時、主の導きと主にある友を備えて下さったことを感謝します。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 浜松バプテスト教会。静岡県浜松市布橋2-1-9にあります。「浜松」は楽器メーカーが多く、一度お訪ねしたい町ですが、まだ行ったことのない地です。祈りの課題は以下です。①主に仕える教会としてください。②聖霊による信仰覚醒を与えてください。③主イエスに出会う人を起こしてください。牧師・伊藤 勝彦

2022年06月05日

6/6 使徒言行録27章39-28章10節 「生かす世界と殺す世界」

 パウロがローマ連行の旅は詳述されます。暴風で漂流した船は入り江を見つけ、錨も捨てて上陸を目指します。囚人が船にいたので被害を恐れて殺そうとしますが、パウロの存在で皆、助かります。人を簡単に殺すのは1世紀も21世紀も同じですね。命は虫けらのよう。二七六名が助かり、マルタ島に漂着したことがわかりました。一方、上陸した人々を温かくもてなす人々がいました。まさに人を生かす世界と人を殺す世界が同居しています。なぜ、人を殺す世界を選ぶのでしょうか?そして私共はどの世界を目指すのか?答は簡単なはずです。9節に「病人がいやされた」とあります。これは「医師の手当を受けた」の意で医師であった福音書と使徒言行録の記者ルカの医療伝道とも考えられます。今日はS・Sさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 金沢キリスト教会。石川県金沢市笠舞2-6-5にあります。数年前に新しい教会堂が建てられました。幼稚園はすでにもう20年程前に新しくされています。現在の牧師は、所沢出身の杉山望牧師です。元牧師の田口先生は「学校法人 金沢めぐみ幼稚園」の園長をされています。6月19日(日)午後はコロナでのびのびになっていた杉山望牧師の就任感謝礼拝が持たれます。祈りの課題は以下です。①カーソン&ローラ・フーシ―両フィールド・パーソネルとの協働のために。②金沢めぐみ幼稚園のために。③北陸三教会の協働・復興のために。牧師・杉山 望

2022年06月05日

5月30日~6月5日 聖書日課特別版

5月30日(月) 聖書:使徒言行録 27章39~44節 「全員無事に」 
教会の祈り:礼拝奉仕者の方々を覚えて(司式、宣教、奏楽、受付、生花、プロジェクター作成・投影、配信担当者、週報等作成・印刷等) 今日の祈り:日本バプテスト連盟医療団(「日本バプテスト病院」「バプテスト老人保健施設」等・京都市)を運営。①隣人愛に基づく全人医療実践のために。②変動する医療情勢にチャレンジしていく医療団の働きの上に。 理事長:尼川 龍一、牧師・チャプレン:宮川 裕美子。

5月31日(火) 聖書:使徒言行録 28章11~16節 「ローマ到着」
 今日の祈り:連盟引退教役者の方々を覚えて。杉嶋 輝静 氏(広島県在住)、杉野 榮 氏(京都府在住)。

6月1日(水) 聖書:ルカ福音書 18章31~34節 「主イエスの姿に重ねて」
 教会の祈り:教会教育委員会の働き。 今日の祈り:岐阜教会(岐阜市)。①主体的な教会形成をみんなで担う。②多様性を大切にする。③周りの方々とのつながりを深める。責任者:浅野 陽子、清水 一樹、
松原 達夫

6月2日(木) 聖書:イザヤ書 6章8~10節 「預言者イザヤを通して」
 教会の祈り:T・Nさん(誕生日)。 今日の祈り:各務ヶ原教会(岐阜県)。①多言語共生教会の主にある一致。②オンラインによる伝道集会のために。③礼拝における主に向かった讃美。牧師:後藤 寿

6月 3日(金) 聖書:Ⅰコリント書 9章1~12節 「キリストの福音を妨げず」
 教会の祈り:M・Yさん(誕生日)。 今日の祈り:各務ヶ原教会 豊田伝道所(愛知県)。現在活動休止中です。牧師:後藤 寿

6月 4日(土) 聖書:Ⅰコリント書 12章1~3節 「聖霊によらなければ」
 今日の祈り:福井教会(福井県)。①多くの人と作る新会堂建設の夢。②地域と協働の夕焼食堂・温もりカフェ。③バプテスマ決心者が与えられる。牧師:平良 憲誠

6月 5日(日) ペンテコステ(聖霊降臨祭=キリスト教会の生まれた日) 
聖書:使徒言行録 28章17~31節 「聖霊は語り続ける」
 今日の祈り:富山小泉町教会(富山県)。①コロナ後の新たな宣教活動のために。②疲れている方々の信仰回復のために。③み言葉を生きる教会であるように。牧師:閔 丙俊(ミン ビョンジュン)

2022年05月29日

5/28 ルカ福音書22章14-23節 「主イエスの死を覚えて」

 ルカ版、最後の晩餐(主の晩餐)の様子。主イエスが「過越しの祭り」に御自分が犠牲の小羊になると語り、記念とすべく弟子達に教えます。ルカでは杯→パン→杯の順。「神の国で過越が成し遂げられる」「神の国が来るまで」は主イエスの復活の時迄と私は考えます。裂かれ分かち合われるパンは主イエスの死、そして新しい契約の血としてのぶどう酒は主イエスが流す血(=死)を意味します。席上には直後イエスを裏切るユダ、さらに弟子達は全員、主イエスとの関係を自ら断ち切る者ですが、主イエスはそのことを知りつつ、なお彼らに伝えます。その後、弟子達は誰が裏切るのか、という話から誰が一番偉いのかと論じます。それは「仕える者」と主イエスは教えるのです。そして教会でも「主の晩餐式」を行ないますが、そこで主イエス・キリストの歩みを覚え、また、従う者としての思いを新たにするのです。「主の晩餐式」は少なくとも二つの意味があります。一つは、主の歩み、主の受難を覚えながら、主に従う者として歩んでいくことを想起すること。もう一つは、主の恵みと愛を覚え、共に感謝と喜び、希望をいただくことです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「回転資金委員会」。私も経験してわかったのですが、教会や寺社等は銀行の融資が難しいことが多々あります。教会などで、昔からあるところはその土地の価値は大きいのですが、「担保」にするのは嫌がります。そのためか「回転資金」があり、低利で教会は貸付を受けることができますし、その判断や管理をするのがこの委員会になります(最終的には理事会責任ですが)。祈りの課題は以下です。①回転資金を必要とする教会の計画が整えられ、相互活用を通して伝道の喜びを分かち合えるように。委員長・二見 眞義

2022年05月21日

5/27 ルカ福音書9章10-17節 「パンを分け合う仲間」

 「五千人の給食」のルカ版。「ベトサイダ」は「漁師の町」の意味でガリラヤにある町。弟子達をねぎらい、休む予定でしたが、人々は主イエスを探し求めて来たので、主イエスは御言葉を伝え、必要な人には」「癒し」を与えます。夕刻になりお腹も減ります。弟子達は集会をお開きにしましょう、と伝えます。主イエスは弟子達に「あなたがたがパンを与えよ」と言いますが、弟子達にはどう考えても無理な話。ただ、五つのパンと二匹の魚がありました。主イエスは人々をグループに分け、そして祈り、パンを裂いては弟子から人々に配ります。初代バプテストの群れは自らをカンパニー(Company)と呼びました(後にその言葉は「会社」の意味にもなりました)。それはパンを分け合う仲間。パン(御言葉・食べるパン)を分かち合う世界は神の国なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 北関東地方連合。北関東地方連合は日本バプテスト連盟に加盟している、埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県・新潟県にある19教会と1伝道所で構成されています。距離はかなりありますが交流が盛んです。特に「牧師・主事会」が年二回行われますがほとんどの牧師や主事が参加して、研修や交流をしています。しばらくはリモートでしたが、今年度後半は共に顔を合わせて学ぶ時を祈っております。2022-23年度は私、所沢キリスト教会の坂本が会長となりました。共に地域での伝道や研修を考えていきたいと願っております。連合のホームページもあります。祈りの課題は以下ですが、これは、前会長の高崎キリスト教会牧師の森牧師が記したものです。異論ありません。①コロナ危機の中での連合の協力伝道のために。②無牧師の教会を覚えて。会長・坂本 献(所沢キリスト教会牧師)

2022年05月21日

5/26 マタイ福音書10章26-31節 「髪の毛さえ数えてくださる方」

 弟子達の派遣に伴う注意を主が語っている文脈。ここで「恐れるな」という言葉が繰り返されています。「恐れ」、世で一番怖いのが「人間」。人間は都合の悪い部分は隠します。そこでどれほどの犠牲が生まれようとも。そして事実が隠蔽され辛い状況の中に生きざるを得ない方々がおられます。主は「隠されているものを明るみにせよ」と語ります。勇気が要ることですが、そこで「体は殺しても、魂を殺すことのできない者」を恐れないで、と語ります。隠蔽する社会は病的であり、権力を握っているがゆえ悪魔的です。素直に語り合える時代をつくっていきたいですね。その人間関係や社会の基礎は、ひとりひとりの命は神様が大事に創られ、愛されている存在であることです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 豊橋キリスト教会。愛知県豊橋市向山東町4-1にあります。「豊橋」は色々話を聞くのですが、まだ一度も行ったことのない土地です。有名なのは「ナザレうどん」。ナザレとはイエス・キリストの育った地方の名前です。「ナザレうどん」の家で育った人が某教会の牧師をなされています。美味しいうどんに間違いないでしょう。きっとそこには深い愛が込められていると思いますから。祈りの課題は以下です。①東三河地区での福音宣教のために。②み言葉と幻の共有、主にある一致。③教会員と求道者の平安と祝福。牧師・小林 大紀

2022年05月21日

5/25 ローマ書5章1-11節 「パウロにとっての苦難」

 「苦難」は突然予期せずやってきます。原因の理解は難しく、続いている時、結末が見えないことが苦しみを増大させます。少し希望が見えてもそれは打ち消されます。苦難は、私共がいかに弱く無力な存在であることを明らかにし、私共を神に頼り、祈るように導くかもしれませんが、そう思えない時もあります。それは「あなた」自身の考え方や捉え方、結末の予測と異なる「ずれ」のゆえ。神はあなたの願い通りの結末を約束しません。でも、苦難は人によっては自分の人生を意味付け、苦難の理解が「誇り」、つまり、現在の自分を立たせ、生かしめるものと認識されます。あなたの「苦難」を教会で共に考えることができたら幸いです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト名古屋キリスト教会。名古屋市千種区今池1-6-25にあります。名古屋のセンターチャーチです。かつては「幼稚園」を行なっていましたが、今はもうありません。でも教会の幼稚園に通ったみなさんやご家族はぜひこの教会をお訪ねください。日本におけるバプテスト教会の建築スタイル「コロニアル・スタイル」を踏襲した礼拝堂ですが今後新たな建築がなされるかもしれません。「今池」は名古屋でも中心で行きやすいと思います。祈りの課題は以下です。①求道中の方が決心できますように。②病気の方々が守られますように。③教会建築ビジョンの共有のために。牧師・白石 久幸、協力牧師・池田 巍義、伝道師・西久保 健二

2022年05月21日

5/24 使徒言行録27章9-20節 「危機は忘れ得ない時となる」

 船は沿岸を航行しシドンに行きます。クプロ島の島かげを航行し、ジグザクに進路をとり、ミラに入港。そこでアレキサンドリアから大量の穀物を積む、イタリアに向かう船に乗り「良き港」に到着。ユダヤ教の「断食日」とは毎年10月頃。当時、9月以降の航海は厳しく、11月には運航不能となります。「良き港」は大きな町がなかったので、パウロの助言にもかかわらずフェニクス港へ向かうのです。ところが北風の暴風により北アフリカ海岸に流され暗礁に乗る危険がありますが、太陽も星も見えず漂流状況。積荷も捨てます。詳しい記述は臨場感があります。命の危険が迫る時は一瞬一瞬、一日一日が忘れ得ない時になります。あなたにもそのような記憶があると思います。それは良い記憶なのか、それとも、二度と思い出したくない記憶なのか、それぞれでしょう。ふり返る時があれば、それはいずれにせよ、あなたの人生の学びとなっているかもしれません。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 東山キリスト教会。名古屋市千種区穂波町2-50にあります。地下鉄駅を降りて、少し歩いたら着きます。鈴木牧師は福岡時代から友人で、とっても真面目な人なので、私はすぐにからかってしまいます。ドラムも少し習っていましたし、腹話術も学んでおられました。名古屋は数回行ったことがあります。「味噌煮込みうどん」は数回食べましたが、これを「美味しい」というのか否か、自分の中では結論が出ていません。うなぎの「ひつまぶし」は鈴木家でご馳走になりました。感謝です。また食べたいなぁ。あと、「きしめん」は食べましたし「スパゲッティ」も食べました。あとは「台湾ラーメン」を残しております。東山教会の祈りの課題は以下です。①60周年。み心に適った教会形成を。②教会学校再開。教会員の魂の牧会。③地域への伝道・奉仕。新会堂建築。牧師・鈴木 直哉

2022年05月21日

5/23 使徒言行録27章1-8節 「パウロを励ます人々」

 パウロがローマに連行される旅はパウロの最後の伝道旅行(とは普通は言いませんが)となります。27章からは「わたしたち」との文書になります。「わたしたち」文書とそうでない文書の存在は筆者の編集がわかる点です。パウロはこの旅でも励まされることがありました。一つは皇帝直属部隊、百人隊長のユリウス。ユリウスとパウロが出会った時、優秀で長い経験者ユリウスはパウロを敬意をもって扱いました。またアリスタルコはテサロニケ教会に属するマケドニア人で新約聖書に数か所名前がでます。例えばコロサイ書4章で「わたしと一緒に捕らわれの身となっているアリスタルコ」とあります。そのような「同労者」や「賛同者」がパウロの働きを可能にしたし、それは牧師も同様です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 平針キリスト教会。名古屋市天白区向ヶ丘1-617にあります。10数年前に新しい教会堂になりました。谷綛(たにかせ)とは読みづらい字ですが、英語も堪能な方です。祈りの課題は以下です。①キリストにつながる教会として。②互いを大切にする交わりのために。③祝福を分かち合う活動のために。牧師・谷綛 安雄

2022年05月21日

5/22 使徒言行録26章19-32節 「鎖につながれながら」

 聖書箇所としては今週木曜の続きでパウロのユダヤ総督の前での証言。パウロがキリストの復活を語ったところでフェストゥス総督は「お前は気がくるっている」と言います。領主アグリッパはかなり影響を受けたようです。パウロは鎖につながれていながらも、そこには主が共におられる喜びがありました。そこに集った人々は盛装し(25章)自分が最高と思う服を着ています。しかし、人は衣装ではなく、その心に何があり、何が魂の土台であるのかが問われます。人が神と共に生きる時、その姿は野の花のごとく美しいのです。結果的にパウロの無罪を確認しますが、上訴しているため、ローマへと連行されます。思わぬ形でのローマ行き。主はどう導くのでしょうか。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 瑞穂キリスト教会。名古屋市瑞穂区大喜町1-13-3にあります。この教会は35年程前、常盤台バプテスト教会の聖歌隊伝道旅行で伺った教会です。すぐ近くには商店街があり、「きしめん」を食べた記憶があります。その後、新しい教会堂が建てられましたが、最近、大規模修繕工事をしたとのこと。秋山牧師は40代?の比較的若い牧師です。祈りの課題は以下です。①子どもたち、保護者の入信のために。②大規模補修無事完了し感謝。創立60周年(2023年度)準備のために。牧師・秋山 義也

2022年05月17日

5/21 テモテへの手紙2 2章19-32節 「神の言葉も人も縛られない」

 2節は多少解り辛いですね。他の訳では「なぜなら、あなたには、多くの証人の前で、私から聞いたことを、ほかの人に伝える使命があるからです。 この偉大な真理を、信頼のおける人、すなわち、自分が信じるだけでなく、人にも伝えることのできる人に教えなさい」。つまり「強い」とは、他の人の助けを得られるようにすることなのです。この時、パウロは獄中でつながれていますが、「神の言葉はつながれていない」と語ります。思い出しましょう。ナチスに捕らわれ獄中で聖書の学び会をしたボンフェッファー牧師のことを。そして、「信教の自由を守る」ことや「戦争をしない」ことは人権を守る基礎であり、人が人を縛る世界にしてはいけません。ああ、主よ、導いて下さい。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 南名古屋キリスト教会。名古屋市南区戸部町4-5-1にあります。1969年からの歴史を持つ教会で、私の印象に残っているのは、原田達夫牧師の頃、この教会は多くの牧師を生み出したということです。現在は山川親子が牧師をしておられます。祈りの課題は以下です。①教会派遣宣教師第三期の祝福。②子どもたちの礼拝生活の祝福。③家族の福音完成。牧師・山川 明美、山川 高平

2022年05月17日

5/20 ルカ福音書21章5-28節 「決して滅びない主の言葉」

 「終末の徴」を主が語ります。主は「惑わされるな、戦争や暴動、地震や飢饉、疫病、それは必ず起こるが、おびえず正しく判断せよ」と言います。けれどもそのような「混乱」を利用し、いたずらに不安をあおる人々もでてくる危険も語ります。でも、我らはどんな時でも主の希望に立ち、福音に従って平和の道、いのちの道を証言するのです。そして主の約束は救いと解放なのです。また注目すべきは憎まれても戦うことではなく、暴力や軍事力に依存せず、「逃げなさい、また、身重の女性や赤ちゃんを持つ人は逃げるのに不利なので、それらの人々に安全を与えることを優先しなさい」と語っています。そして「天地(有限な世界)は滅ぶ」、しかし「主の言葉」=「救いと希望、神の平和」は滅びない、永遠です。 

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 愛知新生キリスト教会。愛知県西春日井郡豊山町青山東栄204にあります。昨年度までは吉村知子牧師がいらっしゃいましたが、現在無牧師です。ぜひ、クリスチャンの方で今、教会につながっていない方、応援してほしいと願います。でも礼拝メッセージのYouTube配信等行なっています。ホームページを見たら、塔のようなものがあるおしゃれな教会です。祈りの課題は以下です。①新しい牧師が与えられますように。②新来者が与えられますように。③主日礼拝が守られますように。

2022年05月17日

5/19 使徒言行録26章12-18節 「罪深い人間のゆえに」

 パウロは自分の消せない罪と、主との出会いを語ります。殺戮に加担した者が聞いたのは「闇へ強いられている人々に希望と命の光を与え、サタンに捕らわれている支配者を立ち帰らせ、赦しと恵みを分かち合う世界に導け」との主の願い。この願いは今、全世界が共有し、目的とするべきですし、それが「宣教」。「サタン」とは神の思い、願いに反抗し、対立する力です。断じて許せないプーチンの行動ですが、その報道を見て我々は「ひどい、動物以下」と思います。でも、日本も少なくとも百年前、東アジアを解放するとの名目で占領し、現地人を殺戮し、レイプし、子どもを殺したのです。まさに人間は罪を繰り返す存在であるからこそ、正しい倫理、福音が必要なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト四日市教会。三重県四日市市野田1-1-27にあります。三重県では唯一の日本バプテスト連盟に加盟している教会です。加藤牧師は法学を目指し学びながら、その後クリスチャンとなり牧師へと導かれました。お連れ合いの方は大学で音楽教育を学び、ピアノ等弾かれます。お嬢さんはもうずいぶん大きくなったことでしょう。ご夫妻の深い祈りを覚えます。祈りの課題は以下です。①2022年度の礼拝と働きのために。②教会の存在意義と使命が示されるように。③教会に集い関わる一人ひとりのために。牧師・加藤 英治

2022年05月17日

5/18 使徒言行録26章1-11節 「殺戮者の悔い改め」

 今日はパウロがフェストゥス総督下で上訴するための取調べの様です。パウロの証言経験は幾度もありますが、内容は常に変わりありません。証言が変わるのは信頼性に欠けます。しかしパウロに真実は一つ。証言の度にパウロは苦しみつつも自らの過ちを告白しなければなりません。それはかつて熱心な律法主義者でしたが、それは誤った道であったこと、そして、キリスト者と教会を迫害し、死刑や殺戮に加担したことです。罪なき者を殺していったことを語る度にパウロは自己嫌悪と後悔があり、そのようなことを繰返さない決意と、人々にさせてはならない思いがあります。これぞ「新しい人」の歩み。間違った熱意により殺戮に加わった者に対する救いの道です。今日はN・Yさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> びわこシャロームチャペル。滋賀県守山市ふけ町300-15-5-131にあります。桶田牧師は西南学院大学神学部に同期で入学した方ですが、その時すでに年齢はかなり上でした。祈りと讃美の人です。熱心さは人一倍です。祈りの課題は以下です。①滋賀県中に主イエスキリストの福音が評判となり、主イエスの救いを大勢の方々が家受けるように、他教会と共に。牧師・桶田 紀夫

2022年05月17日

5/17 使徒言行録25章13-27節 「フェストゥス総督について」

 フェリクス総督の後、フェストゥス総督に交代します。彼は2年間総督を任されますが、死亡により次の総督が立てられます。ユダヤ総督の官邸はずっとカイサリアです。「アグリッパ」はユダヤ・パレスチナの一部の地方領主で、ローマ権力によって生きることも殺されることもありました。地方領主はキリストに詳しく、パウロの再審が決まります。この時代のローマ皇帝をトップとするピラミッド構造こそ独裁政権の在り方で、上からの命令は下に向かう度、権力者の都合に合わせるし、権力がねじれて用いられ、反対者は簡単に殺されるのです。これは2千年前の話ではなく、今の世界を示しています。しかし、フェストゥスも保身第一ですし、「保身する心」が利用(悪用)されるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 須磨伝道所(ユース・ハーベスト・チャーチ)。兵庫県神戸市須磨区妙法寺トン松4-20にあります。この教会の特色は青少年にキリストの福音を伝えたいという願いから、その年齢層への伝道を大事にしていることです。どこの教会でも青少年に聖書のこと、キリストの福音のことを伝えたいと願っていますが、どうしてもポイントを青少年にのみ向けることは難しいです。そして、この青少年への教会が生まれたのは「神戸連続殺人事件」が起こったことに、深いショックを受けた谷口牧師がこの活動を始めたのです。青少年が教会に来て、聖書やイエスさまのことを知り、クリスチャンになっても、進学や就職で離れてしまう人も多いので、その点、教会を形成していく困難さがあります。ぜひ若い時に、聖書のこと、キリストのことを知ってほしいです。それはあなたの人生を深く成長させていきますから。ついでに、「妙法寺」という地名ですが、私が神戸にいたころ、神戸市私立幼稚園連盟の集まりがよくありました。幼稚園は「教会」から生まれた幼稚園もありますが、「お寺」から生まれた幼稚園も結構多いのです。「妙法寺幼稚園」の園長さんとお話をしていて「お寺と幼稚園と大変ですね」と言いますと、いや、幼稚園のある場所が「妙法寺」なのですと言われ、そうか、と思いました。祈りの課題は以下です。①小中高生の救いと信仰の成長。②大人の求道者の救いと信仰の成長。③教会員の信仰の成長。牧師・谷口 明法

2022年05月14日

5/16 使徒言行録24章24~25章12節 「フェリクス総督について」

 今日の箇所の背景は先週から語っている21章の「エルサレム訪問」からの続き。パウロは結果的に二年間捕らえられました。「フェリクス総督」は紀元52~59年在位のローマのユダヤ地方総督として、治安維持等を任されています。妻の「ドルシラ」の名前が出て来るのが面白いですね。ドルシラは領主ヘロデ王(使徒12章、ヤコブを殺害、教会の迫害者)の娘です。親子で考えが同じとは言えませんが、ここでは妻を同席させることでパウロに恐怖を与えようとしたのでしょう。フェリクス自身はキリスト信仰に関心はあったようですが、むしろ妻が怖かった可能性あり。フェリクスは物事を延期する癖があります。また「金銭欲」からも不自由な捕らわれた人なのです。今日はN・MさんとS・Kさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大津バプテスト教会 新田辺伝道所。京都府京田辺市東古森85-1にあります。祈りの課題は以下です。①多くの求道者が与えられますように。②教会の経済が満たされますように。③聖霊の御臨在が礼拝に満ちるように。牧師・永藤 裕幸

2022年05月14日

5/15 使徒言行録22章30-23章11節 「口を封じる世界、対立する世界」

 昨日の続き。ローマ千人隊長は真実を求め、祭司とユダヤ最高法院(議会)を開催。パウロが「神の前に良心に従って生きてきた」と語ると大祭司アナニヤ(在位45~56年)は口を打つことを命じます。真実を恐れる者は暴力で言葉を封じようとします。しかしパウロは「白く塗った壁…」と大祭司を批判します。この言葉は主イエスが律法学者等を批判した言葉(マタイ23章)と同じで、パウロは主イエスの言葉を知っていたのです。その後、パウロは議員に「死者の復活」の議論で対立するサドカイ派とファリサイ派がいるのを見て、「死者の復活の件で裁判されている」と言い、話が別問題に移り、結果、パウロは助かりました。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大津バプテスト教会。滋賀県大津市木下町9-5にあります。まだ行ったことのない教会ですが、多くの方々が集っておられます。上田牧師は神戸市の出身。大きいサイズの教会なので、地区や年齢層などにグループがあって活動されています。祈りの課題は以下ですが、「主イエスのキャラクターに似ていくように」という表現は、面白いですね。主イエスの姿、歩み、言葉にに学ぶ、等は今まで通常に言われてきた言葉ですが、少し新しい言い方です。こっちのほうが若い方々には解りやすいということなのでしょう。①一人ひとりが地の塩、世の光として用いられるように。②主イエスのキャラクターに似ていくように。③互いに愛をもって仕えていくことができるように。牧師・上田 益之

2022年05月14日

5/14 使徒言行録22章1-29節 「証しの準備をすること」

 11日の続き。エルサレム教会を訪ねたパウロは騒動に遭い、ローマ軍が介入し、パウロはローマ軍千人隊長と人々の前で話を始めます。かつてキリスト教徒を迫害していたパウロがキリストに出会い、異邦人伝道へ導かれた証し。ところが、リンチされて殺されたステファノの話をした時、その行為が明らかになるのを恐れた人々はわめきます。パウロの問題を探るためにパウロをローマ軍が縛った時、パウロは自分がローマ市民であることを告げます。ローマ市民権を持つ者に軍は手を出せません。この箇所で教えられるのは「証し」(キリストとの出会い、恵みを語ること)をすること。ぜひ、あなたにしかない「証し」を語れる場を望み、また文章にすると良いですよ。15日に宣教くださる浅見祐三牧師のこともお祈りしましょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 北山バプテスト教会。京都市北区上賀茂岩ヶ垣内町37にあります。京都市の植物園の真ん前、地下鉄から上ったらすぐにある便利な教会です。若い小櫻牧師です。また、前任の牧師で、現在、関西学院大学神学部で教員をされている新約神学者の木原桂二先生も教会員としていらっしゃいます。ぜひ、京都の方々、教会の礼拝に出席し、命を創られた神さまのメッセージを聞き、そのあとは神さまが創造されたすばらしく、ユニークな植物を見て学んではいかがでしょうか。祈りの課題は以下です。①高齢者や病床にある方のために。②こどもの安全・教育成長のため。③核と原子力からの脱却のために。牧師・小櫻 信

2022年05月14日

5/13 使徒言行録1章1-11節 「聖霊の力に押し出されて」

 ルカ福音書の続巻、使徒言行録は「聖霊行伝」とも言われ、主イエスが「父があなたがたに約束されたものをあなたがたに送る」(ルカ24章49節また、ヨハネ14章を参照)と約束した「聖霊」の働きによりキリスト教会の誕生と福音宣教の拡がりを伝えます。「聖霊」は神の息、神の風とも表現され、「風」は見えないけれども物体を動かすように、神の息吹が人を生かし、ヨハネ福音書にあるように、「すべてを教え、主イエスの言葉を思い起こさせる」力なのです。今日の箇所でイエスの姿は私共に全く見えなくなりました。しかし、神は見て拝む方ではなく、私共に語りかけ、私共を神様の働きのために用いようとされるのです。天を見上げ続けるのではなく、主が歩まれたこの世界に主と共に歩み出すのです。今日はH・Iさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 北白川バプテスト教会。京都市左京区北白川山ノ元町76-1にあります。昨日紹介した「日本バプテスト病院」のすぐ近くにある教会です。本来は「日本バプテスト病院」と連携した教会になってほしいのですが、現在、とても小さな規模集まりになっています(もちろん、小さいから「悪い」ことではありません。小さな集まりはじっくり聖書と向き合うことが出来ましょう)。ぜひ、日本バプテスト病院と関わりのあった方、この教会の礼拝に参加してください。祈りの課題は以下です。①教会員の健康のために。②主日礼拝が守られますように。牧師・軍司 康博

2022年05月08日

5/12 フィリピ書3章2-16節 「ソウル・サークル(命のみち)」

 パウロの「ライフ・サークル」と「ソウル・サークル」が語られます。「ライフ…」は生まれや生育環境、選び取った学校や仕事、信仰等。学歴や職歴にも表現されること。もう一つが「ソウル…」。「ライフ…」では決して満たされないものがあります。学歴が優れていても、裕福な家で育っても、それが心を豊かにし、平安を与えるものとは限りません。大事なのは「魂の歩み」です。キリストが我が内におられること、かつてはキリストと教会を迫害した自分にも関わらず、主の救いにより、主の復活の恵みに生きる希望が有限な命の中に響き、パウロを立ち上がらせるのです。キリストに捕らえられ、なおキリストの歩みを求めるパウロです。真の履歴書に記されるべきのは主の救いの歩みです。今日はY・Hさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト京都教会。鴨川にそってある教会です。京都市上京区荒神口通河原町東入亀屋町122-1にあります。1951年からの伝統ある教会です。京都では「バプテスト」という名前は少し有名かもしれません。「日本バプテスト病院」というのがあり、もとは米国南部バプテスト連盟の支援によって生まれた教会があるからです。「日本バプテスト病院」には「チャプレン」という「病院付牧師」がおられ、精神的・霊的ケアを行なっています。李牧師は日本バプテスト連盟の理事会のもとにある特別委員会のひとつ「公害問題特別委員会」の委員をされています。祈りの課題は以下です。①み言葉を生きる教会として。②教会の新しい信仰告白のために。③バプテスト関連施設を覚えて。牧師・李 海勲

2022年05月08日

5/11 使徒言行録21章27-36節 「悲しい人間の姿」

 誓願儀式中に騒動勃発。「トロフィモ」は異邦人で、パウロが異邦人を神殿の「異邦人の庭」を越えて連れ入れたと攻撃されます。本当はパウロを攻撃するためには何の理由でも良いのです。人を欺き、騙し、自己都合のために偽旗をつくるロシアのごとく。そしてパウロはエルサレム教会の助けもなく、引きずられ、暴力を加えられます。背景は複雑。エルサレム教会の罠、主イエスへの抵抗運動、異邦のユダヤ教会からキリスト教会に入る人がいることの怒り、あるいは政治に対する不満解消。エルサレムを管理するローマ側がは騒動が起こると罰せられるので軍隊が動きます。ローマという力の前でパウロへの暴力は止み、皮肉にもローマがパウロを助けるのです。でもそれはよくないよね。暴力の前に、できることが沢山あるはずです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 京都洛西教会。京都市中京区西ノ京馬代町16-9にあります。この教会が長く牧師をしておられた杉野榮さんは、京都におけるキリスト教の学びを長くしておられ、京都の切支丹のことなどの一人者です。切支丹が使っていた「魔境」と呼ばれる鏡(鏡を投影することで十字架等が映し出される」の再現もしておられ、私も一枚、小さいものですが。購入して持っています。祈りの課題は以下です。①霊肉共に健康で、恵まれる教会。②通常の礼拝と諸活動の回復。③伝道の実を結び、主のみ心にかなう教会。牧師・李 鎭鐵

2022年05月08日

5/10 使徒言行録21章17-26節② 「エルサレム教会が提案した取引」

 昨日と同じ個所。会議で非難に続き提案がされます。それは「誓願(ナジル人の誓い)」をパウロが行うことと4人の誓願希望者の費用をパウロが負担することでした。「誓願」は30日間に亘りいろいろな儀式や修行のようなものをして、さいごには小羊を奉げたりするのです。「誓願の誓い」は多分、誓願は何かの資格を得させるもので、パウロが誓願をすることで、エルサレム教会の許可を得ていることを証明するものですが、4人分プラス自分の費用を出させます。「お前達を認めてやるから、あれをして、これだけの金を出せ」との取引です。「誓願」は福音宣教に必要のないものですが、「上から目線」とはこのこと。脅しです。しかし今でも子ども騙しのような一時的解決は多く見られます。パウロは福音のため、異邦人教会のためにその取引に応じ、耐えるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 北大阪キリスト教会。大阪府守口市大久保町2-34-14にあります。この教会の古賀牧師、「囲碁」を上手になされる方と聞いてます。そして、一本指でパソコンのキーボードを操作されるのはほぼ芸術的です。さらに驚いたのは、毎日朝3時頃起きて、活動を始められるとのこと。私には信じられません。寝るのは多分、夜8時とかなんでしょうけど。祈りの課題は以下です。①コロナ影響で休止中の子ども集会の再開。②高齢者や病の中にある方が守られますように。牧師・古賀 昭範

2022年05月08日

5/9 使徒言行録21章17-26節① 「伝統に縛られる教会」

 パウロのエルサレムへの旅は、パウロ自身が予測するように、「投獄と苦難」あるいは「死」を覚悟するもの。エルサレム教会の中心である主イエスの弟子達(=使徒)との会議の核心は異邦人キリスト者の「律法問題」です。会議では儀礼的な歓迎を受け、異邦人伝道が実っている報告がされます。直後に律法問題、つまり、異邦人キリスト者に「割礼」や律法を守るように教えていないと抗議されます。この問題は以前に合議されながら、何度も出て来る課題。キリスト以前の旧約の伝統や慣習を破れない使徒達。主イエスの弟子でも難しかったのです。常にその時代で「福音」は何かを求め、福音に立つ自由を分かち合うのが主の教会。「伝統」はすべて良いとは限らないのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 南千里バプテスト教会。大阪府吹田市高野台3-10-8にあります。付近には巨大な千里ニュータウンが拡がる地域です。教会は山の上にあり、道路をずっと登っていった先に教会があります。蓮池牧師はもう大ベテランの方です。ぜひお近くの方、この教会に行ってみてください。祈りの課題は以下です。①教会近隣に住まわれる方々の救い。②クリスチャン家族の救い。③世界の平和、福音宣教への献身。 牧師・蓮池 昭雄

2022年05月08日

5/8 使徒言行録18章13-37節 「神とその恵みの言葉にゆだねて」

 パウロは五旬祭(キリスト教会ではペンテコステ、旧約聖書においてはモーセが十戒をシナイ山で受けた記念日)までにエルサレムに行こうとしています。その途中でエフェソ教会の役員等を招き、証しをします。24節のパウロの決意、召命の言葉に我らも姿勢を正さずにはおれません。加えてエルサレムに行けば二度と戻ってこれない可能性を語ります。一同はこの言葉を効き悲しみがあふれます。でもパウロは語ります。「神とその恵みの言葉とにあなたがたを委ねます…」。パウロは限られた人生。でも「御言葉」は永遠で、福音は蒔かれ、育ち、人に影響を与え、広がります。信仰は人によるのではなく、神の恵みの賜物です。神の導きと御言葉の力にゆだねるパウロでした。今日は母の日。米国の教会の一信徒の祈りからはじまったものです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 東豊中バプテスト教会。大阪府豊中市上野東2-11-48にあります。この教会の河野牧師は1987年就任なので東豊中で長くなりました。河野牧師は、印象として、連盟総会でも、連合の総会でも必ず発言される方です。時に勘違いのような発言もありますが、時には鋭い発言もされます。総会は賛否それぞれ活発な議論がなされて、深い総会になりますので、河野牧師の言葉はとても大事なのです。また、讃美歌の作詞を心がけておられ、日本バプテスト連盟発行の「新生讃美歌」には2曲の作詞されたものが取り上げられています。397番、427番。427番は「われらの主イエスよ」と初行であり、作品名とされています。讃美歌では初行を「歌詞名」とされることが多いのですが、初行だけでみると、その作品全体の内容とは違うことも多々あります。427番は河野牧師の友に対する祈りの歌です。「われらの主イエスよ 悩める友に 変わらぬ愛の手 差し伸べたまえ われら祈りぬ 友の救いを 朝に夕べに 神を仰ぎて」。教会の祈りの課題は以下です。①礼拝・集会の継続と信徒の宣教!②礼拝の独自自治と福音宣教協力!③聖書に聴き連盟の信仰宣言に学ぶ。牧師・河野 浩

2022年05月02日

5/7 使徒言行録21章1-16節 「パウロを襲う古い律法主義」

 パウロがエルサレムに向かう途中、各地で「弟子」=「クリスチャン」から「危険だから行くな」と言われます。「聖霊」と‶霊〟との二つの表現がありますが同じ神の働きです。エルサレム教会とパウロは律法を巡って初期から対立し、パウロの訴えに表面上は認めつつも絶対的反対者が指導層にいます。今回は募金を携えてきておりますが、やはり大変。エルサレムでの顛末は17節以降しばらく続きます。律法に生きてきたユダヤ主義キリスト者。自分が受けてきたことを守りたい、他者もそうすべきとの思いが深いのです。新しいぶどう酒を古い革袋に入れてしまい、破けてしまう状況がここにあります。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 和歌山中央バプテスト伝道所。和歌山県和歌山市東町釘貫1-2-1にあります。昨日お祈りした「大阪中央バプテスト教会」の伝道所です。伝道所も教会とほとんど活動は同じです。まだ伺ったことのない教会です。でも「釘貫」という地名には「へぇ」と感じます。まるで主イエスが釘で十字架に釘で打ち貫かれた光景を想像しますので。祈りの課題は以下です。①聖徒たちが聖書の勉強と祈りの生活を通して霊的に成長するように。②教会の建築のため、全聖徒たちが決意献金を決めることができますように。③教会にふさわしい建物と土地が与えられますように。担任牧師・河 亨植

2022年05月02日

5/6 ローマ書15章22-29節 「感謝と喜びを土台として」

 ローマ書は世界の中心地ローマの教会にイスパニア(スペイン)に行く途中でパウロが訪問することを念頭に記されました。ローマ教会で「共にいる喜びを味わう」ことが願われています。この「喜び」は本当。当教会でも他の教会に伺い、礼拝や交わりを共にすると励ましと恵みが与えられます。また、パウロはエルサレム教会に異邦人教会が喜んで献げた募金を携えていくことを語っています。「義務を果たす」という言葉が使われます。口語訳は「負債」。私なら「最初の教会への尊敬と感謝の念をもったお返し、援助」と訳します。献金や募金は義務ではなく、主の恵みに対する感謝の応答であるからです。今日はM・Sさん、M・Kさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大阪中央バプテスト教会。大阪市中央区島之内2-5-9にあります。大阪には韓国にルーツを持つ方々や韓国からおいでになった方々が割と多くおられ、主にそのような方々が集う教会ですが、もちろん、誰でも歓迎されます。ビルのような教会です。韓国語で礼拝されている思いますので、韓国に関心のある方、ぜひこの教会をお訪ねください。祈りの課題は以下です。①聖霊の力を受けイエスの証人となる。②イエスの証人となり救われる人が日々増し加えられる聖霊の共同体。牧師・威 光玉、蔡 永伊、文 連子、伝道師・崔 美敬、内藤 希代、渡辺 正

2022年05月02日

5/5/ エフェソ書2章11-22節 「平和を造るキリストの心」

 昨日の続き。キリストは平和を創る方。そのために律法が廃棄されました。なぜなら律法は本来の機能を人間が用いず、「自己」ではなく「他者」を裁く道具にしたからです。そしてキリストの十字架は和解を創る方。神ご自身が人間の罪を赦すことにおいて、人間は「赦し合う」ことだけへと招かれています。相手のために命を捨て、相手の身代わりとなるような神の愛に触れ、感謝することです。「赦し」が先立つ時にもはや誰も他人の身代わり、犠牲になる必要はありません。キリストは「敵意を滅ぼす方。「敵」をつくるのは人間の「意思」である「敵意」です。どうして「敵」をつくる必要がありましょう。皆が等しく命を尊び、愛の家族として結ばれる世界が求められています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 大阪旭伝道所。大阪市旭区新森4-1-5にあります。かつては「新森小路教会」がありました。現在は「平和の子保育園」となっていますが、本来は教会であり、そのことに思いがある中島牧師が礼拝を続けていました。現在、中島義和牧師は高齢で療養中のため、教会の活動は休止しています。副牧師は義和牧師の妻である中島久子牧師です。

2022年05月02日

5/4 エフェソ書2章1-10節 「わたしたちは神の作品」

 エフェソ書とコロサイ書は似ている点があります。また他のパウロ書簡より後期のもの。でも記憶したい言葉が沢山でてきます。中でも今日の箇所は「キリストと共に復活させる」「信仰は恵みであり、行いに因らず神の賜物(=ギフト)」は福音の中心的内容です。10節の「キリスト・イエスにおいて造られた」は口語訳(新改訳もこれに倣い「わたしたちは神の作品であって…」が見事な訳。「作品」とする訳はそこに込められた「神の思い」にも心馳せます。美術館でも、あるいは自然の虫や動物を見る時、そのユニークさに圧倒されます。すべての人間もそれぞれ人間の評価を超えた豊かな神の作品。「善い業」とは「良い行い」より「協力して歩む」(リビングバイブル)が適切です。今日はS・Mさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト大阪教会。大阪市天王寺区茶臼山1-17にあります。JR「天王寺」から、すぐ近くの動物園を過ぎ、徒歩7分くらいで到着します。数年前、新しい教会堂になりました。「難波」も近く、にぎやかな町ですし、少し歩けば「通天閣」もあります。また、この教会の近所は「お寺」がたくさんある「寺町」の風情。下川牧師は頭がつるつるで、お坊さんと見間違うことがありますが、牧師です。下川牧師ご家族が福岡県の某教会の牧師であった頃、私の家族とご一緒に「福岡ドーム」、今は「ペイペイドーム」かな、そこでホークスの試合を見たことがあります。はじめてプロ野球を球場で観戦しました。とても親しみやすい、素敵な牧師さんです。祈りの課題は以下です。①信仰の霊的給油所である主日礼拝と祈祷会を柱に据える。②諸教会と諸活動が再開できますように。牧師・下川 俊也

2022年05月02日

5/3 使徒言行録19章1-16節 「エフェソでのパウロ」

 パウロはエフェソで約3年伝道しました。エフェソ名物は「アルティミス神殿のお守り」で、旅行安全や恋愛運、仕事運等に効果があったとされます。旅も恋愛も仕事も、思い通りはならず「神頼み」する姿は昔も今も同じですが、人間がつくった「像」は神にあらず。神が創られたのが人間ですよね。エフェソには「ヨハネのバプテスマ」を受け、ある程度キリストの知識もありますが、その理解が不十分な信仰者達がいました。「主イエスの名によるバプテスマ」の他、「異言や預言」をしたとあります。「異言」とは「パラパラ」と意味不明のように聞こえる言葉をしゃべるのですが、パウロは「異言は一人の時に語るべきで、教会の徳は高めない」とあり、「異言」を求めるより「愛」を求めよと語ります。「預言」はキリストを証しするような言葉でしょう。そして、今日は「憲法記念日」です。戦後の日本が過去の歴史を見つめ直し、民主主義国家として歩むことを定めた「日本国憲法」。「憲法」は国民が政府に対して、政府がすべきこと、してはならないことを規定したものです。まずは、現行憲法を守らせることが国民の役割です。憲法を守れない政府が、新しい憲法をつくることは赦されません。「憲法」をつくるのは、税金を払っている(もちろん、理由があって税金を払えない方も大事に守るべきです。なぜなら、今は税金を支払っても、突然何かの理由であなた自身が税金を払えない状況が生じるかもしれません。他者を守ることは自らを守るのです)「主権者」である「国民」の役割ですし、我らは「主権者」として選んだ議員による国会が正しくその使命(憲法)を果たすように関与すべきなのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 田辺キリスト教会。大阪市阿倍野区播磨町2-6-12にあります。まだ行ったことのない教会です。この教会の喜多村牧師は、とても柔らかい方、そして小さなハープを演奏されます。先日の日本バプテスト連盟総会の副議長をされましたが、その関連での文章は心があふれる素敵な文章でした。祈りの課題は以下です。「井戸端」としての教会、とても素敵な言葉。この「井戸場」は誰もが楽しく語り合う場、としての意味とヨハネ福音書4章での「井戸端での主イエスとサマリアの女の出会い」のイメージが重なり合っていると思います。①福音が地域の人々に根付くように。②教会が井戸端となれるように。③段差なく入れる会堂を夢見ている。牧師・喜多村 やよい

2022年05月02日

5/2 Ⅰコリント書16章15-18節 「手紙の結び」

 新約聖書、特に書簡で人の名前が出て来ると嬉しくなります。その気持ちが良く理解できるから。私も幼い頃から今に至るまで多くの信徒の働きや祈りに支えられてきたからです。17節に出て来る3名は、パウロがいたエフェソまでコリント教会の現状や課題を伝え、相談に来た方々です。1章にはステファナ家の者にはパウロが洗礼(バプテスマ)を授けたことが記されています。課題や問題が教会にも起こります。その時、きちんと相談するシステムができていることが大事です。21節にパウロが自ら挨拶を記す、というのは、パウロは目が悪かったせいもあり、ソステネが口述筆記していたのです。「主を愛さない者は…」は厳しい言葉ですが、パウロは極端に語る傾向があり、当時の指導者がよく用いる言葉。今はそのようには語りません。今日はM・Yさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 平野バプテスト教会。大阪市平野区平野東4-4-13にあります。この教会が建つ周辺は大阪の下町で「おっちゃん」や「おばちゃん」が元気なところです。奥村牧師によって今の会堂が建築された時は「ペンシルチャーチ」という建物です。狭い空間ですが、教会の熱気が溢れています。もちろん、今はコロナの影響があり、フィジカルディスタンスをうまくとって礼拝されていることでしょう。高田牧師は元「国鉄」職員から牧師になった方です。とても優しい方ですし、気兼ねなくお話できる方です。祈りの課題は以下です。①新来者の方との交わりのために。②夜回り、お年寄りなど、地域との関わりのために。 牧師・高田 進

2022年05月02日

5/1 使徒言行録18章1-17節 「恐れるな、語り続けよ」

 コリントは港湾都市、物流拠点のにぎやかな都市。同時に多くの神殿とそれを支える商売や娼婦も多い所。パウロはここでアキラとプリスキラ夫妻に出会い、住まいの提供を受け、伝道します。ここでもキリストに批判的なユダヤ人による反抗や違法の訴えがなされます。ガリオンは正しく裁きますが、一方で暴力を黙認する人でした。主はパウロに「恐れるな」と語ります。それはパウロが困難や危険を強く感じていたからです。主の言葉と共に、パウロに日々協力者が与えられていきます。日々、ウクライナのことを覚え祈っていますが、ウクライナは東方教会が多いのですが、バプテスト教会は2800近くあり、30万人が礼拝に参加していたとのこと。ウクライナの仲間のことも強く祈っていきたいと願います。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 シオンの丘教会。大阪府藤井寺市藤ヶ丘1-7-12にあります。かつては「藤井寺教会」と言う名称でしたが、途中で今の名前に変更しています。一度、伺ったことがあります。初めて行ったのでよくわからなかったのです。それで「丘」というので、小高い丘の上にあるだろうと思っていたらどうもそのような丘はなかったのです。今回、どうして迷いそうになったのか検証するためにホームページを見ると3つの行き方が記されていました。もちろん、地図も見ることができます。■行きかた1(歩くの好きな方)近鉄阿部野橋駅から準急15分、藤井寺駅下車徒歩20分。■行きかた2(歩くの苦手な方)藤井寺駅南口より階段を下りてすぐの停留所から 近鉄バスに乗って3つ目の藤ヶ丘バス停下車、東側へ徒歩3分■行きかた3(自動車の方)教会に駐車スペースあります。とのこと。地図を見ると、なんと3つの前方後円墳に囲まれているような場所ではないですか。古墳好きな私とすれば、以前行ったときは準備不足でございました。坂田牧師は西南学院大学の1年先輩です。とても野性味あふれる人で、あるとき、いっしょに旅行していて、山の中で綺麗な川があったらすぐに短パン、Tシャツで川に飛び込んだのはビックリしました。また、私が福岡有田教会の牧師をしていた時、坂田せんせも近くにおられ、教会学校のお泊りキャンプのとき、坂田先生に案内してもらい、夜中、クワガタムシ等を捕獲に行きました。私は夜の山なんてとても無理なんです。お世話になりました。また、私が神戸教会時代は、丁度、坂田せんせも藤井寺におられ、一緒に釣りのできる居酒屋さんに行き、娘が魚をつまかえたことで我が家は大喜びしました。坂田家のお子さんたちも立派に成長されて、自分のことのごとく嬉しいです。祈りの課題は以下です。①一人ひとりのみ言への愛と理解が、さらに豊かにされますように。牧師・坂田 浩

2022年04月28日

4/30 マタイ福音書10章26-31節 「人を恐れないで」

 「人々を恐れてはならない」。なんと励まされる言葉。人間ほど悪魔的で、残虐な動物は世にありません。そのような人間を恐れてしまいます。でも人間の悪事は必ず明らかになり、裁かれます。恐れず、でも、その悪を勇敢に世界に伝えることが大事ですし、私共は今、そのような声に耳を傾けていくのです。巨悪でも「魂を殺すことができない!」、ロシアの人々が正しく情報を得ることができますように。そして我らは巨悪の前にハエのような存在ですが、祈りと支援を続けていきたいのです。29節の「お許しがなければ」は原文にはありません。「あなたがたの父なしには…落ちることがない」。こちらの方が明快ですが、英語でも言葉を補い、「同意なしに」等加えています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 国際協力団体を覚えて。◆世界バプテスト連盟 ◆アジア太平洋バプテスト連合 ◆コーポラティブ・バプテスト・フェローシップ(米国南部バプテスト連盟から別れた団体)

2022年04月28日

4/29 使徒言行録13章44~51節 「異邦人に広がる主の救い」

 アンティオキアでの宣教。ユダヤ人の反対や批判の中での言葉『』はイザヤ書42章5~7節の引用や56章参照です。今日の48節「永遠の命を…定められている人」。ここは神の救いに至る人は神に定められている、「予定説」という思想が見えます。私は「予定説」を退けます。すべての人を救うことが神の願いであり、招きです。「救われない」と神が決めていないし、「神が救うことを予定していない」とあきらめる必要は全くありません。20節の「弟子たち」は主の言葉を信じた異邦人のことです。今日はY・Sさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟派遣宣教師を覚えて。

■野口 日宇満・野口 佳奈宣教師(インドネシア)①コロナウイルスの感染が収まり、教会、神学校での宣教の働きが進むように。子どもたちの学びのために。

■嶋田 和幸・嶋田 薫宣教師(カンボジア)。①カンボジアのコロナ収束のために。②CBUオフィス教会にて、教会員が祝福の管となってゆけるように。②カンボジアでの生活、健康が守られるように。

2022年04月28日

4/28 Ⅰコリント書4章14-21節 「様々な意見と出会いから真理を見出す」

 昨日の続き。「恥をかかせるためではなく」というのは、パウロの語ることが真実であるし、そのことに改めて気づき、しっかりと立ってほしいという願いです。「養育係」、それは信仰の様々な導き手。多種多様な考えを聞きながら、確かなものを選び取ることが成長です。例えば学校の教師でもそうですね。色んな先生がいます。嫌な先生も、自分のことが理解されていないと思う先生もいますし、一方でその言葉や態度に感化を受けた出会いもあります。なので色々な教師の中で、一人でも影響を受けた教師がいたら幸いです。パウロは真の神の思いに従うように考えています。「私に倣え」とか「鞭をもって行く」は言い過ぎに感じますが、それは異なる福音への危機感の表れです。今日はO・Kさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 宗教法人 日本バプテスト連盟 理事会。日本バプテスト連盟の最高議決機関は「総会」ですが、総会で選出された理事によって連盟の運営がなされていきます。現在、「機構改革」を行なっている中、機構のスリム化などを提案してくださり、また実施していく大きな働きをされています。最近はコロナのためにリモートでの理事会がほとんどになりました。私も2期4年、理事をさせていただきましたが、理事会の資料は毎回百ページを超え、厚さは3センチくらいです。それを読んだうえで、連盟事務所(さいたま市南区)で二泊三日の会議をするのです。特に二日目は朝から夜9時、10時まで会議が続きます。それを年数回。あとは常任理事会等も行なわれています。一日2千円位(二泊三日だと4千円程度)の手当が出ますが、せっかく東京近郊に来たからのだと、ちょっと家族や教会にお土産を買えばマイナスです。でも、お金のためではなく、ボランティア精神と教会の使命に立ってみんな参加します。理事の皆様のご苦労、本当に感謝いたします。祈りの課題は以下です。①「つながって共に歩む」。さらに対話を深めつつ、機構改革の具現化に向けて、創造的に取り組む一年となるように。理事長・加藤 誠(大井教会牧師)

2022年04月24日

4/27 Ⅰコリント書4章10-13節 「肉体的苦しみを馬鹿にする人々」

 「わたしたちはキリストのため愚か者となっている」との言葉はパウロ達に対する一部の人々(「論敵」)の評価、言葉の引用です。その人々はコリント教会等に入ってきた「グノーシス主義者」。「グノーシス」は「知恵・知識」という意味です。詳述できませんが、彼らは主イエスの死を認めず、霊は生きていたとし、彼らの特別な知識と儀式により魂は浄化され、肉体的な罪があっても魂が浄化されている特別な人間と誇っていた人々です。主イエスの苦難や死、復活、贖いを語るパウロ達は「愚かで無駄な努力をしている」と馬鹿にされました。「いや、違う」とパウロは語ります。キリストに従う歩み、苦難の中にあっても主の恵みと力、喜びが与えられたのだ、と。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 東北バプテスト連合。青森県、岩手県、秋田県、宮城県、福島県にある日本バプテスト連盟加盟教会で構成されている地域連合です。15教会が所属しています。祈りの課題は以下です。①コロナ危機からの守りのために。②新年度に向けての希望のために。③互いの信仰と交わりのために。会長・小田 衛(大富教会牧師)

2022年04月24日

4/26 ローマ書16章1-16節 「教会の素敵なひとりひとり」

 パウロはローマ教会にコリント教会のメンバーを伝えます。「フェベ」は女性であり、女性達が教会の働きや活動を支えていたし、その中心人物の一人です。「プリスカとアキラ」は使徒言行録18章に最初に出てきます。ローマからユダヤ人が退去させられた後、コリントに住み、パウロと同じ天幕(テント)職人で、パウロを自宅に住まわせた他、コリント教会の創立に大きく関わり、働いた夫婦です。「エパオネト」は不明ですが、エフェソで信者になった人です。「アンドロニコとユニアス」夫妻はパウロより先にキリスト者となり、エルサレム教会との繋がりがありました。これ以上は紹介できませんが様々な背景を持った人々が教会を形成し、伝道したのです。嬉しいですね。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 北海道バプテスト連合。北海道にある日本バプテスト連盟に加盟している15教会で構成されている地域連合です。北海道はでっかいどう、なのですが、遠くとも、いろいろな集まりには積極的に集まってコミュニケーションや協力関係を築いています。祈りの課題は以下です。①一つひとつの教会が守られ、祝福されるように。②教会間の交流と協力が積極的になされるように。会長・福田 雅祥(函館美原教会牧師)

2022年04月24日

4/25 Ⅰコリント書2章1-5節 「福音を語ること」

 パウロは以前コリントに来た時「衰弱し、恐れと不安の中」にあったと語ります。その前にアテネで宣教した時、パウロは当時の哲学的な表現や理屈で人を納得させようとしたのですが、その試みは失敗に終わったのです。「世の知恵」を用いて「神の知恵」を語れなかった。それは「福音」が人間の思考を遥かに凌駕するからです。世の知恵では苦しみ、人に殺される神は理解できないのです。パウロはそのことに気づき、「十字架で死んだイエス」、「その愚かさの中に神の愛と恵みがある」ことを単純に語ろうと悔改めたのです。そのパウロの話は「雄弁で説得力」が感じられないと言った人もいました。人を信仰へと結ぶのは人の力ではなく、福音の力、聖霊の働きなのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 東大阪キリスト教会。大阪市花園東町1-20-19にあります。花園競技場の割と近くです。でもまだ行ったことがない教会です。この教会の柴田牧師は神学校の1年先輩で、最初の赴任地であった「郡山静町教会」に夏期研修でお世話になった思い出があります夏でしたが、夜はとても涼しかったのが印象的でした。その後、東大阪教会に赴任されています。中村尚子牧師は当教会の出身牧師で、12歳のとき、バプテスマを受けられ、短大を出て、幼稚園教諭、その後、神学校に入学されました。確か、1年か2年後輩になります。祈りの課題は以下です。①教会につながる仲間の健康のために。②コロナで中止している活動の再開。③新しく教会に加わる方々のため。牧師・柴田 良和、中村 尚子

2022年04月24日

4/24 使徒言行録17章1-8節 「届かなかった言葉」

 アテネは古代ギリシア世界で文化的達成をし、以後の西洋文明の礎となり、医師ヒポクラテス、哲学者ソクラテス(各前5世紀)等輩出しています。ローマ市民権を持つ者は日々哲学論議や文化を楽しみました。また、神話に基づく数多くの神殿がありました。アレオパゴスとは元会議場があった場所。そこに集う人々に演説(宣教)をいたします。パウロはローマ市民権を持っていますし、様々な学びを重ねていた人なのです。人々の関心はどこにあったのかわかりませんが、伝えられているのは「復活」の言葉を口にした時、人々は立ち去ったこと。しかしながら数名は信仰をいただきます。パウロにとっては失敗ですが、人の心を打つ言葉とは?と考えながら読みました。本日は当教会「会堂建築16周年記念礼拝」です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 関西黎明キリスト教会。大阪府東大阪市上小阪3-6-9にあります。21日の当欄で奈良教会の「里親」の働きを紹介しましたが、この教会の江田牧師も、ずっと前からご夫妻で里子を育てておられます。また、その運動を広めるための活動もされています。大変尊敬する牧師です。「里親」を考えておられる方は、ぜひ、お気軽に江田牧師に相談してみてはいかがでしょうか。祈りの課題は以下です。①教会の将来を担う次世代の信仰継承。②世界各地に派遣されている宣教師を覚えて。③子どもを療育するクリスチャン里親の増加。牧師・江田 治男

2022年04月19日

4/23 Ⅰコリント書15章12-28節 「キリストのよみがえり」

 キリストが死者の中から復活した、ということは、教会誕生後すぐから、信じられない人が多かったのは当然です。今でもそうです。実際に復活した主を見た人のことは記されますが、それ以降、「確かに見た」という人はいないでしょう。キリスト昇天後(マタイ福音書28章等参照)は死んだ人が棺に入りそのままの姿で歩み出した、という姿での復活ではないと思います。ただ、神の業は人間の想像できないものなので、私が断言できないことです。人間の知識の枠内を超えるのが神の働きです。「復活」は「神の言葉を聴く」ことと「祈りの中」において主が存在を現わしてくださいます。今もなお、姿は見えないけど、共にあり、共に苦しみ、御言葉をもって語りかけてくださる「わが主」です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 堺キリスト教会。大阪府堺市北区中百舌鳥町3-14-12にあります。アクセスは梅田からお越しの場合: 地下鉄御堂筋線なかもず駅下車4番出口から、徒歩 約12分、難波からお越しの場合
南海高野線白鷺駅下車 徒歩 約3分という場所です。この近くは多くの古代からの遺跡というか、古墳が多く、古墳ファンの方、礼拝に出席されて、それからぜひ「古墳」巡りをしてください。日本バプテスト連盟加盟教会の中で、親子で牧師とか、兄弟(弟妹)で牧師をされているケースがあり、平良牧師のご兄弟は現在、福井キリスト教会の牧師をされています。平良仁志牧師は長い白髪をたなびかせ、大体、黒い服をまとっています。かっこいい先生です。また、「靖国神社問題特別委員会」の働きを長くされており、深く学びと探求を続けながら「信教の自由」のことを語ってくださいます。祈りの課題は以下です。①「信教の自由」が確立されるように。②主日礼拝が守られるように。③平和・人権の確立のために。牧師・平良 仁志

2022年04月19日

4/22 ヨハネ福音書4章21-26節 「まことの礼拝」

 主イエスの時代、ユダヤは北と南に分かれ相互に敵対視し、神殿も北はゲリジム山、南はエルサレム。主イエスは北のサマリアで昼間、一人の女性と出会い、対話が進みます。その話は「飲む水」を巡る話から「魂を潤す水」の話へと進みます。この女性は心渇いていた女性でした。主イエスは「礼拝」、それは場所の問題ではなく、真の礼拝をすること、主イエスを礼拝することが父なる神を礼拝することであると告げます。そして礼拝に必要なのは「霊と真理」。「霊」は「魂」と言えましょうが、神とつながろうとする心であり、神を神と認識し、霊の導きにより主との対話へ向かわせます。「真理」は嘘、偽りのない心で主に魂を向けるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> みささぎ伝道所。奈良県奈良市山稜町850-6にありますが、お問合せや郵便等は昨日の祈りにあった「奈良キリスト教会」にお願いいたします。祈りの課題は以下です。①伝道所の、新しい拠点が見つかるように。②病の方、高齢の方、支えを必要としている方と共にあられるように。③祈りが、いつもあるように。伝道師・岡村 ゆり

2022年04月19日

4/21 使徒言行録17章1-26節 「み言葉によって導かれる教会」

 昨日の続きで、暴動が起こったことによりテサロニケ教会の人々の働きでパウロとシラスは約80キロ離れたべレアに逃げます。ここでもさっそくユダヤ人会堂で主イエスによる福音を語ります。人々はパウロの言葉が真実かどうか旧約聖書を参照して、確かめ、学び、主を信じる者とされます。ユダヤ人も異邦人もいました。ところが、テサロニケで暴動を起こした者がべレアにもやってきたので、シラスとテモテは残り、パウロは先に逃避します。パウロがべレアにいた期間はわかりませんが、ユダヤ会堂から家の教会へと発展していったことでしょう。私共も所沢で伝道をはじめて、来年60周年を迎えます。多くの苦労と祈りを重ねつつ、主が育てて下さったのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 奈良キリスト教会。奈良県奈良市学園南3-14-12にあります。小さな附属幼稚園「リトルファンファン」を運営しています。そして、特記したいのは、「障がい児の里親」をあっせんする「NPOみぎわ」の母体であり、代表はを奈良キリスト教会の牧師である松原氏が就任しています。このNPO法人は「大切ないのちを守ります。望まない妊娠で悩んでいるあなたへ。育ての親になりたい方へ。ダウン症、障がいを持った子どもの特別養子縁組、相談。」を行うとホームページに記されています。先日NHK、Eテレの「ETV特集 おうちへ帰ろう ~障害のある赤ちゃんの特別養子縁組~」が放送され、私も見せていただきました。松原先生自らダウン症のある赤ちゃんを迎え、命を守る日々を見つめる内容でした。松原先生とご家族や教会の方々、法人関係の方々のお働きにいろいろな涙がこみあげてきました。ささやかなお手伝いがきることを祈っております。祈りの課題は以下です。①コロナ危機でも礼拝が守られますように。②高齢者の方の健康が守られますように。③附属幼稚園の運営。牧師・松原 宏樹、伝道師・平山 利香

2022年04月19日

4/20 使徒言行録17章1-9節 「苦しみの中にも建てられる教会」

 使徒言行録にパウロらの3回の伝道旅行が記されます。「旅行」とは言え、数年に亘る旅、一箇所の長期滞在や、途中で投獄させられたり…。パウロは異邦人伝道を目指し使徒会議(15章)の決議を受け、第二次旅行に出発。意見の対立があり、バルナバとマルコは別行程をとります。伝道旅行は聖書巻末の地図を参照。今日は17章が日課として与えられています。パウロはまず各地のユダヤ人会堂で話をし、旧約聖書をもとに、約束されたメシア、主イエスの福音を語り、ユダヤ人や異邦人もキリスト者になり、協力者も与えられます。同時にユダヤ人からの反発や暴動も起こります。苦しみの中に教会は芽生え、育つのです。ヤソンはローマ書16章にも登場します。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 和歌山バプテスト教会。和歌山県和歌山市関戸1-2-31にあります。1958年から始まった教会ですが、地域の方々には「ひかり幼稚園」の方が馴染み深いかもしれません。2年程前だったかなぁ、新しい教会堂と幼稚園舎が完成しました。調牧師はお父様がかつてこの教会の牧師として就任されていた時代があります。和歌山は気候も良く、自然も豊かな場所で、「和歌山アドベンチャーワールド」はイルカショーはもちろん、なんと、ジャイアントパンダが7頭もいます。上野より、和歌山でゆっくりパンダをご覧になったらすばらしい思い出になると思います。私も家族と共に行ったことがあります。その時は、白浜温泉に泊まりました。古い町並みを散歩している途中で食べた「かき氷」、これがふわっとしたかき氷で大変感動いたしました。教会の祈りの課題は以下です。①子どもの奉仕による礼拝のために。②バプテスマ決心者が与えられるように。③キリスト教保育の働きのために。牧師・調 みくに

2022年04月19日

4/19 ローマの信徒への手紙 1章1-15節 「主に呼ばれた励まし合う仲間」

 聖書の言葉の中に一般的に解りづらい言葉が多々あり、その中の一つが「召され」です。「呼ばれ」「招かれて」という言葉がいいです。「僕(しもべ)」もそうです。「弟子」とか、「協働者」、がよいですが、「主に仕える者」です。でも最初の自己紹介は私共も用いたいです。5節の「恵みを受けて使徒とされた」。「恵み」とは相応しくない者、弱き者、罪人の頭のような者であっても、なお、主が愛し、用いてくださることです。12節の「信仰によって励まし合いたい」。一方が励ますのではなく、相互の励まし合い、それは御言葉を分かち、祈りや証しや共なる礼拝や讃美を通してなされます。教会、地方連合、連盟、世界中すべての教会が互いに励まし合う中で主が用いるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 豊中バプテスト教会。大阪府豊中市北条町1-28-9にあります。阪急宝塚本線 服部天神駅下車、徒歩12分です。住宅地の中にある教会です。阪神大震災で被害を受け、全国の支援もいただき、現在の教会堂ができています。1962年から始まった60年近い歴史を持つ教会です。今給黎牧師は、神学校の少し先輩です。鹿児島で「今給黎」といえばいろんな有名な人もいるようです。祈りの課題は以下です。①福音を喜び、福音に生きる群となっていくことができるように。②経済的な必要が満たされるように。牧師・今給黎 眞弓

2022年04月17日

4/18 Ⅰコリント15章1-11節 「聞いて信じたパウロ」

 3節の「最も大切なこと」は岩波訳では「第一に(最初に)私も受け継いだことを伝えた」とされます。このことは「使徒信条」にも言えることですが、ここで主イエスの語り行った福音の内容や働きが記されず、「死と復活」だけが記されます。もちろん、ここの文脈は「死と復活」であるからですが。なので、「最も大切」といえば誤解が生じるのです。ここは「信仰告白定型」とも呼ばれますが、「主イエスはこのように歩んだ」という告白も当然残っていたと思います。そして、パウロは「月足らずで生まれたようなは「未熟児のごとく」であり、キリスト教会を迫害した者であるにも関わらず、復活の主は現れたのです。でも、実際は「見た」のではなく「聞く」ことによってでした。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 宝塚バプテスト教会。兵庫県宝塚市中筋山手2-7-6にあります。ホームページを見ると阪急宝塚線中山観音駅下車徒歩9分とあります。「中山寺」はとても大きな寺社で、特に「初詣」では人があふれるほどです。そんな人混みに行かないで、ちょつと山手の方にあるけばこの教会があります。「小川のせせらぎと小鳥のさえずり声が聞こえる、国有林に囲まれた自然豊かな教会です。ほっこりできる環境ですので、お気軽にお立ち寄りください。」と案内がありますように、最初は場所が解りづらいのですが、覚えれば、本当に静かな環境で礼拝できます。「宝塚」は「宝塚歌劇団」が有名ですね。遠くの人はその公演にあわせて、近くの方は、心のオアシスである教会で落ち着き、聖書のお話を聴けばとても良いですよ。祈りの課題は以下です。①新しい方が信仰を持てるように。②食事をしながらの交わり再開。③皆さんの健康と笑顔があるように。牧師・南 雅夫

2022年04月17日

4/17 2022年イースター マルコ福音書16章1-8節 「ミステリと云う勿れ」

 安息日は土曜の日没で終わり、日曜の朝、主イエスの御遺体と最後の別れに来た女性たち。しかし、墓で見たのは天使、聞いたのは「イエスはよみがえった」との言葉。パニックです。「女性達は恐くて何も言えなかった」とありますが、どうしても人にしゃべりますよね。マルコ福音書の末尾が「恐ろしかったからである」で終わったのか否かは長年の論争があります。ここでマルコがペンを置いた説、残りの部分が最初の頃失われたか、誰かから盗まれ捨てられた等。先日「ミステリと言う勿れ」というドラマの最終回が解決せず終わったのがミステリーと言われます。マルコの最初の説なら、この続きは「イエスの業と言葉を知ったあなた」がこれからの人生で記すのです。今日はO・Kさんのお誕生日おめでとうございます。イースターの日に喜寿とのこと、すばらしいですね!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 伊丹キリスト教会。兵庫県伊丹市柏木町3-47にあります。阪急塚口駅の北出口をでて、阪急伊丹線の線路沿いを歩くと、右手に教会が見えます。徒歩約8分とありますが、実際はもっと近く感じます。線路のすぐそばが教会です。昔は幼稚園のようなことをやっていたので、幼い頃に通っていた方もありましょう。関西弁を絶対に習得せず、福岡の久留米弁を大きい声で話す内田牧師がユニークです。でもその姿に似合わず(?)コーヒーを上手にいれる方でもあります。どうぞお気軽にこの教会をお訪ねください。祈りの課題は以下です。①高齢者、病いの方の健康と平安。②日常生活が取り戻せますように。③新年度の歩みが導かれますように。牧師・内田 裕二

2022年04月10日

4/16 コリントの信徒への手紙 Ⅰ 1章18-32節② 「信じる世界への挑戦」

 「自分の知恵で神を知ることはできない」。神の教えやキリストの言葉と働きを信じない人が多いです。特に「復活など有り得ない」と言います。神を人間の小さい「知恵」や「知識」で理解するのは無理でしょう。でも、宇宙とか、人が生きること、人の心等不思議の限りですし、「どうして自分の命」があるのか、命の意味は子孫を残すことでしょうか?その意に立つ人はその価値観で人を裁きます。「信仰」は「信頼」。人を信じないのに「神」を信じるのは難しいでしょう。しかし、神があなたを愛し、命の意味を教え、罪ある者も赦すという、神の前に立って、信じてみよう、と「始める」ことが大事。ダメならやめていいです。しつこく追いかけるようなことはありません。教会はそれぞれの「自由」をまず保証しています!今日はU・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸新生バプテスト教会。神戸市東灘区鴨子ヶ原2-12-19にあります。ホームページには阪急御影駅か、阪神御影駅より19番か39番「鴨子ヶ原行き」に乗り、「鴨子ヶ原2丁目」下車。バス停前が教会です。とあります。御影からバスに乗って結構登っていきます。駅と教会では少し空気も違います。ここにはかつて日本バプテスト宣教団の「神戸フレンドシップハウス」があった場所です。この跡地にガラスの美しい教会堂があります。建築を学ぶ方々がよく見学に来られます。ぜひこの教会をお訪ねください。山からの景色もとてもよいです。祈りの課題は以下です。①主のみ声に常に心と耳を傾けられますように。②病の方、弱くなっておられる方に目を向けられる私たちでありますように。③主の働き人となれますように。責任者・舟橋 恵子

2022年04月10日

4/15 コリントの信徒への手紙Ⅰ 1章18-32節① 「十字架の言葉(真実)」

 「十字架の言葉」は勘違いされやすい。私もイエスが十字架上で語った「七言」と考えていました。「言葉」のギリシャ語「ロゴス」は「言葉、真理、真実、事実、論理、教義…」等広い意味を持ちます。また。ヨハネ書では「ことばは神→命→光→肉(イエス)」とありますので「十字架とその歩みにおいて現わされた主イエスの真実、救いを与える教え」とするのが正しいでしょう。イエスの宣教をある人は救いとして正しく受け、ある人は否定し、その事実を殺すのでした。殺される神は愚かと考えられますが、しかし、愛され、また憎まれた神は人間が神を殺す現実を超え、よみがえったのです。その神の救いは知恵や能力によらない、神の無償の愛による救いへの招きです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 尼崎バプテスト教会。兵庫県尼崎市宮内町3-124にあります。この教会は阪神電鉄「出屋敷」駅から徒歩数分で着く、便利の良い場所にあります。広い駐車場もあります。「出屋敷」は普通しか停まらないので、そこをご用心ください。1955年から始まった歴史ある教会です。でも今は集まる人が少ないのが残念です。教会のペンキ塗りも終わったみたいで、美しくなったことでしょう。ぜひお近くの方、「尼崎バプテスト教会」の礼拝にいってみてください。祈りの課題は以下です。①礼拝・祈祷会の充実、祝福のために。②新年度への良き準備のために。③教会・牧師館の塗装工事無事完了のために。牧師・長尾 知明

2022年04月10日

4/14 ガラテヤの信徒への手紙3章1-14節 「イエスが律法の呪いを受けたゆえ」」

 「物分かりの悪いガラテヤ人」とはキリスト教会に旧約律法主義の人々が入り込み、律法を守らなければ救われないという考えに影響された人々。キリストが十字架に架けられ、殺されたことについて律法では「木(=十字架)」に架けられた者は神に呪われるとあります。ならばキリストは呪われた者なのか。否、神ご自身が呪いの木に架けられることによって、律法による救いは終焉を迎え、我らのために死んで、復活されたキリストを信じ、受け容れることによるキリストと共に生きる道が新たな「救いの道」として示されたというのです。そこにおいて「救い」が異邦人を含めた全ての人間に対し、信仰によってのみ救われることを語るのです。そして「霊」は神の臨在です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 浜甲子園教会。兵庫県西宮市浜甲子園3-5-23にあります。その名の通り、「甲子園球場」が近くにあり、またこの地域は大きな集合住宅があり、教会の近くは住宅街です。また「灘の酒」は有名ですが、酒の工場などもあります。教会は、現在「会員代表」である森山さんが、この教会の牧師をしていた時、教会員が様々な働きをささげた教会形成、また、礼拝の宣教と呼ばれる、聖書からのメッセージを牧師が語るのではなく車座で一緒に聖書を読みながら思いや聞き取ったことを分かち合うような礼拝を目指しているようです。バプテスト教会として牧師のいない教会はひとつの理想としてありますが、英国国教会から独立していった最初のバプテストの在り方を、日本で行うことはとても価値あることと思います。祈りの課題は以下です。①全員参加の教会形成。②コロナ後の教会のあり様の模索。③聖書的対話集会の深化。会員代表・森山 一弘

2022年04月10日

4/13 Ⅰペトロの手紙3章18-22節 「死者の世界を歩む主イエス」

 ここでの特徴は「捕らわれた霊たちのところへ行って宣教された」。ここはキリストの教えに対するよくある疑問に答えます。つまり、キリスト以前に生きていた人々や福音を終生聞かなかった人々はどうなるのかという問い。主は死者の世界「陰府(よみ)」にも歩まれ、そこで人々に救いを伝えたということです。「全ての人が救われたのか」という問いに私は答えることができませんが、主の願いは「全ての人」が救いに入ることであることは確かです。また、バプテスマについても、バプテスマという儀式が人を救うのではなく、「キリストの復活」との一言に含まれる、キリストの歩み、贖罪の死、さらに死に打ち勝つお方は人間の死を超え、私共の救いのしるしとなったのです。そしてバプテスマを受ける者は新しい歩みを決断するのです。 

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸国際バプテスト教会。英語と日本語で礼拝を行なったいましたが、現在は活動休止中です。

2022年04月10日

4/12 使徒言行録2章22-36節 「神の力が注がれ、歩み出す弟子」

 主イエスの復活、そして昇天後、出弟子達に聖霊の力が与えられ、初代キリスト教会の宣教が始まり、最初の宣教が記されます。途中25節からの括弧は引用であり、詩編16編等参照。そして、キリストは今、「神の右に上げられ」は神と等しいことを意味し、主イエスの約束通りに聖霊を与えられ、「キリストを証しする言葉」を語り出したのです。34節は詩編110編からの引用です。まだ記憶も新しい主イエスは十字架上の死を通して、主とされ、救い主キリストであると高らかに証言したのです。このペトロの宣教はそれまでのペトロとは別人のようです。そのように人に命の息、力が与えられたのが聖霊の働き。それは人の努力ではなく神の恵みの賜物です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸バプテスト教会。神戸市中央区山本通1-7-27にあります。この教会は私が2012年度まで牧師として在任していました。神戸の中心は「三宮」で、JR,阪神、阪急、地下鉄各線が乗り入れています。三宮駅から山の方向に「北野坂」があり、それをずーっと登っていくと、「異人館通」とぶつかります。そこを右に曲がると神戸バプテスト教会です。歴史のある建物は、「異人館」と間違えて入ってくる人もいます。そして、平日ですと、北野坂を登っていく途中で元気な子どもの声が聞こえてきます。神戸教会には附属幼稚園があり、途中で学校法人となっています。園長も兼任しておりましたが、あのころ、ちっちゃな子どもたちも、中高生や成人になっていますね。みんな元気にしているかしら?神戸バプテスト教会の幼稚園「光の丘幼稚園」で学んだお子さん、ぜひ、困ったときでも、困らない時でも、教会に行けばきっと良い道が開けると思いますよ。ちなみに、神戸バプテスト教会は神戸で行われる「神戸ジャズストリート」期間、会場のひとつとなっています。コロナがあったので、しばらくやっていないかもしれません。祈りの課題は以下です。礼拝とひろばの充実と広がりのために。②教会長期計画のために。③築70年を迎えた教会堂の今後の計画のために。牧師・西脇 慎一

2022年04月10日

4/11 マルコ福音書15章42-47節 「主イエスは墓の住民となる」

 主イエスの遺体を引き取った議員ヨセフについてはすべての福音書が記録していますが、ルカ福音書では「同僚の決議や行動には同意しなかった」人と記されます。議員の中でイエスを理解していた人であり、廻りが反対するのに自分が違う立場をとるのは大変な勇気と主への信頼があったと思います。ヨハネ書では同じく議員ニコデモの協力も記されます。ヨセフは自分のために用意していた横穴式の墓に主イエスの遺体を包み、墓に埋葬します。そして、いつかはここで自分も主イエスと共に葬られることを考えていたでしょう。そして墓の穴は大きな石で閉じられます。主イエスは墓の中の住民となり、死の世界にも足跡を残したのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸西バプテスト教会。神戸市垂水区向陽3-2-3にあります。神戸市というのは海からすぐ山になるので、平地は少なく、坂を上り下りするのは大変です。でも健康にはよいかも。なので、この教会も少し坂を登っていかなければなりなせん。松本牧師はアメリカで生活していた時代もあり、最初は、神戸国際教会(現在は活動休止中)でお働きをされていたと思います。とてもすばらしい牧師でその落ち着きは学びになります。教会でも現在、今後の計画や祈りの課題に記されているように西神南(せいしんみなみ)地区での教会活動を模索されています。祈りの課題は以下です。①将来を見据える希望のために。②教会の「外」での出会いと福音の喜びの共有のために。西神南地区伝道と地域伝道。③教会間協力への導き。牧師・松本 理

2022年04月10日

4/10 マルコ福音書15章21-41節 「十字架上の主イエス」

 シモンというキレネ人は3月29日参照。十字架上の主の最後の聞き取れた言葉としてマルコは「わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」と記します。神にも人にも見捨てられた苦しみ、それは死に向き合う時の私共の思いでありましょう。でも「見捨てられたのか」と言えば、そうではなかったと考えます。ローマ軍百人隊長がイエスの傍でその死に様を見ていました。そして、「まことに神の子だ」と告白します。どうしてそのように思ったのか、聖書は十分に伝えません。ゴルゴタの丘から神殿の幕は決して見えませんので、まさに他の福音書が伝える十字架上での主の姿を見てそう示されたのです。我らもまた十字架上の主の姿と声に耳を澄ませてみましょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 神戸伊川キリスト教会。兵庫県神戸市西区南別府1-1232-1にあります。教会のすぐ近くにパチンコ屋か、カラオケ店があります。教会で過ごしたり、教会で歌ったほうがいいよ、とおススメします。祈りの課題は以下です。①皆で集まって礼拝、集会、讃美ができる日が一日も早く来るように。②新年度の諸活動が祝されるように。牧師・鮫島 泰子

2022年04月05日

4/9 ルカ福音書2章1-21節 「時を経て主と出合う」

 クリスマスに読まれる箇所。野宿をしていた羊飼い達に「天に栄光、地に平和」との讃美歌が響きました。逆に言えば、神が神として礼拝されない世界は平和が脅かされる世界なのです。名も知れぬ羊飼いが神の子に世界で初めて出会う喜びを与えられました。後の羊飼いを考えます。三十年後、主イエスは宣教を始めます。でもきっと彼らの中で若かった者は再び主イエスに出会ったと思います。私は思います。幼い頃とか、中高生の頃、教会の日曜学校や幼稚園等で主イエスの話を聞いた人、心の中に聖書や教会の記憶が残っており、数十年経て、再び教会に来る方があります。主はあなたと再び出会うことを望んでおられます。そして教会は今日もそのようなあなたを待っています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 明石バプテスト・キリスト教会。兵庫県明石市東朝霧丘24-29にあります。この教会は駅からは離れており、小高い山の上、住宅地の中にあります。かつては「幼稚園」があり、地域の方々が集う場所でした。現在も広い庭があり、幼稚園入園前の子どもと親の「子育てひろば」が行なわれていましたが、現在はコロナで休止されています。1995年の「阪神・淡路大震災」で教会と牧師館が破損しましたが、連盟と諸教会の支援で建て替えられました。現在の椿本牧師は、長らく島根県のキリスト教愛真高等学校(日本で一番小さい全寮制の高校)の教師をされていました。この教会は山の上にあるので、明石海峡大橋や淡路島が見える素敵な場所です。祈りの課題は以下です。①新来者が与えられますように。②教会が地域に開かれ用いられるように。③神の国が成りますように。牧師・椿本 博久

2022年04月05日

4/8 ルカ福音書2章1-21節 「主を待ち望んだ人々」

 今日の記事は主イエス生誕後、神殿で、今で言う「献児式」を行った時の様子。神殿で老シメオンがこの子こそ「救いを与える御子」と語った言葉は「シメオンの賛歌」と呼ばれます。そして母マリアに伝えます。それは「人を倒したり、立ち上がらせる、反対を受けるしるし」と。「倒す」というのは悔改めであり、人を新たに生かし、立ち上がらせることとセットです。同時に主の語る福音はある人々からは反対を受けるとはまさに受難を予言するものです。マリアは「剣で心を刺し貫かれます」。我が子が十字架に架けられる時、まさにその心は刺し貫かれたでしょう。また、老アンナもまさに待ち望んでいた救いがここに始まったことを感謝し人々に伝えたのです。」

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 姫路城西キリスト教会。兵庫県姫路市山野井町88にあります。「白鷺城」と呼ばれる大変素晴らしい「姫路城」の近くで、教会のすぐそばには「歴史資料館」か「文学館」のような建物があったと記憶しております。最近の「城郭」ブームでお城周辺もいろいろな施設ができてきました。祈りの課題は以下です。。①祈りとみ言葉に生きる喜びの教会。②新来者・求道者の救いの輪の拡がり。③コロナ危機にあっても家族伝道を。牧師・辻 眞理子

2022年04月05日

4/7 マルコ福音書8章31-38節 「自分の十字架とは」

 主イエスの受難予告に対し、ペトロは「イエスが殺される」等あってはならないし、排斥される人に従ったのではない、と主イエスを戒めます。ペトロの思いは主イエスの思いと反対です。そして主は群衆と弟子達に「自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」と語ります。「自分を捨て」とは、自分の願いを第一にするのではなく、神の思いをまず求めよ、ということでしょう。誰でも「自分」が一番大事です。仕方ありません。でも、自分が神様をほめたたえるために、何をするべきかと考えることです。「自分の十字架」は、私も解りません。「使命」、「自分の人生」、「救いの感謝と喜び」「病等の苦しみ」等と思いますが、今も考え続けています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 鳥取バプテスト教会。鳥取市東町3-151にあります。「鳥取城」のすぐ近くにあり、落ち着いた風情のある教会堂です。鳥取城の敷地に最近はおしゃれな店もあります。1957年から始まった教会です。祈りの課題は以下です。①求道中の方々が導かれますように。②皆さま方の心と身体の健康が守られますように。③礼拝を守る方が増えますように。牧師・横濱 峰二子、協力牧師・戸川幸子

2022年04月05日

4/6 フィリピ書2章1-12節 「主の歩みから学びつつ」

 パウロが獄中で記した手紙。場所はエフェソと考えられます。今日の箇所で「あなたがたに幾らかでも…あるなら」と綴ります。「あなたもキリストの救いと恵みを知っているよね?」と読者自身が、自分がどういう者であるのかをここで考えさせるのです。答えは「もちろん、知っています」。なのに今、教会で思いが一つになれず、分断し、裁き合うことが何故起こっているのかと問います。相手を優れた者と思い、自分のことだけでなく、他者のことを考えること、互いへの愛と配慮が欠けていました。そして我らの規範である主イエスの歩みから学ぶことを教えます。6節から「キリスト賛歌」と呼ばれる当時の讃美歌を引用しながら、礼拝する者の歩みを語るのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 松江バプテスト教会。島根県松江市東旭町9にあります。1956年に伝道開始された伝統のある教会です。JR松江駅から徒歩5分という便利の良い場所です。日本バプテスト連盟に加盟する教会の中で、島根県唯一の教会です。祈りの課題は以下です。①コロナ感染が終息し、通常の教会生活が戻りますように。②どんな時でも目を覚ましている教会でありますように。牧師・斎木 郷次

2022年04月05日

4/5 Ⅰテモテへの手紙6章11-21節 「若い伝道者を心配するパウロ」

 老パウロが若い伝道者テモテに送った手紙とされます。テモテはキリスト教徒第二世代で、幼い頃から親の影響で教会に来ていました。ものすごい経験と戦いを歩んできたパウロにとって、若い伝道者が心配です。当時は神学校もありません。でも信仰の先輩が若輩者を教え、祈り、支える中で人が育ち、教会は広がりました。イエスの姿をピラトの前での姿で描いているのが不思議です。多分、世の権力者に向き合うことを教えたのです。政治や権力に従う時に「助かる」と思うことがありますが、「折り合い」をつけれない時もあります。何より「福音」が優先されるべきなのです。20節の「知識」と呼ばれるのは「グノーシス主義」で、主の肉体の苦しみを否定するグループです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 岡山バプテスト教会。岡山市北区田町1-7-28にあります。岡山教会へは新幹線も止まる「岡山」駅から徒歩でも大丈夫です。教会の周辺には水路があり、美しい場所だったという記憶があります。故梅田環牧師の後、高橋牧師が就任されていますが、コロナのためなかなか「就任式」が出来なかったのですが、リモートも併用して行われるとのことです。①地域とのつながりの創出と継続。②教会ビジョンの推進と新建築事業。③牧師就任感謝礼拝(リモート併用・5月8日)の備え。牧師・高橋 周也

2022年04月05日

4/4 詩編2編 「キリストを預言する詩編」

 この詩編は神に立てられた王(油注がれた方)の讃美の歌ですが、主イエスの歩みと重ねるとメシア(=キリスト)預言となります。7節の「お前はわたしの子…」は詩編中唯一つ「油注がれた者」を「子」と告げていますし、主イエスがヨルダン川でバプテスマを受けた時、この言葉が響いたとマルコ一章で記されます。2節の言葉はイエス・キリストの受難と重なります。一方で、9~10節のように「鉄の杖で彼らを打ち…陶工が器を砕くように砕く」というあり方ではなく、主イエスが「打たれ、砕かれた」のです。10節からは「すべての王」への招きの言葉ですが、同時にそれは私共一人一人への言葉です。12節の「子に口づけせよ」とは、主イエスを救い主と認め、主に感謝と愛をもって応答することです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 福山バプテスト教会。広島県福山市沖野上町2-14-31にあります。3月までは向山満氏が牧師をされていましたが、辞任され、現在無牧師です。①喜びの賛美に満ち溢れる教会に。②喜びを人々に分かち合える教会に。③牧師招聘のうえに。

2022年04月05日

4/3 マルコ福音書15章6-20節 「非暴力と他者への愛を貫く王」

 ここはまたピラトの前の主イエス。頻繁に出て来る「ユダヤ人の王」とは、イエスは一言も自分をそのように言っていません。この言葉をある人々は「ユダヤ解放者」と考えて使いますし、権力側は時には現政治を脅かす存在と考えましたが、逮捕した以上、それは皮肉を込めた言い方です。このような呼称には多様な意味が含まれます。「王」は本来、人々を助け、守り、安寧秩序をつくる役割ですが、そのような王は滅多に出現しません。そして一般的に「王」は殴られ、殺されていく存在とは考えませんが、「主イエス」は弱さと苦しみを受けることにおいて、世の権力に蹂躙されることで「王」の姿を示しました。今、知るのは主に従う「非暴力」を貫く王が必要であり、その人によって導かれる「救い」なのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 緑の牧場キリスト教会。広島県東広島市西条町田口2799にあります。この教会も地名ではなく「緑の牧場」というあたたかい教会の個性を出している名前です。広島大学が移転したことに伴い、生まれた教会だと認識しています。1991年から酒井敬仁牧師が就任されていました。今年の3月末で酒井牧師は辞任され、4月より林(イム)牧師が就任されたとのことです。酒井牧師が富山教会(伝道所)にいらっしゃった頃、数名で訪問させていただきました。以前にも書いたのですが、酒井夫妻となる前、お付き合いされていることからの「交換日記」のノートが何冊もあり、まだ独身だった私はただ「すごいなぁ」と感心していました。いろいろな思いや、感想を言葉にしていくことは事柄を深めていきますね。もし、若い方がこの文章を読んでくださっていたら、ぜひ、多くの小説を読んで様ざまな「人間の心」に触れてほしいし、それは人格形成に大事です。もちろん、実際にいろんな人々と出会うことも大事ですが、出会う人は限られていきますが、その出会いのためにも多くの小説等に出会ってほしいです。なんだか、話が変わってきました。酒井牧師はこれからどうされるのかしら?さて、祈りの課題は以下です。①4月1日から牧師となられた林守鎮(イム スジン)先生とご家族、教会の上にさらなる父のお導きがありますように。牧師・酒井敬仁(2022年3月末辞任)

2022年03月30日

4/2 ルカ福音書23章1-25節 「暴力を生む悪意の共感」

 ここに出て来る「ヘロデ」は主イエス降誕時代の「ヘロデ大王」の子の一人で、洗礼者ヨハネを殺した者と同一。ガリラヤの領主で、8節にも「イエスを見て非常に喜んだ」とありますが、心の中には洗礼者ヨハネやイエスに対する関心が深かったのす。ただ、主がヘロデに対し何も答えなかったので、兵士らとイエスに対し暴力を振るいます。そして再びピラト(28日参照)の前に送られます。印象的なのは「この日、ヘロデとピラトは仲良くなった」。仲良くなるのは「共感」が一つの柱ですが、人は「悪意的共感・他者への攻撃性」でも仲良くなります。共通の敵を決め、仲良くなるのは、集団の醜さ。ハラスメントでもそこに組する者がいます。何を求めているのでしょうか。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト呉キリスト教会。広島県呉市本通4-4-10にあります。広島市より海沿いで、造船等が盛んで、かつては「戦艦大和」を作った工場もありました。あれだけの船をつくるのに、どれほどの悲しみや痛みが注がれたことでしょうか。今のロシア侵攻の姿、愛を注ぎ、育てられた青年が一瞬で、しかも数千という人が殺されるのは本当に耐えきれません。戦争を美化することが誰にできましょうか。祈りの課題は以下です。①牧師給与を増額できるように。②礼拝出席者がもっと増えるように。③バプテスマの決心者が与えられますように。牧師・浅海 郁典

2022年03月30日

22-4/1 マルコ福音書11章1-11節 「シンパにもいろいろあるけど」

 主イエスのエルサレム入城。ここで「葉の付いた枝」は「棕櫚(しゅろ)」でイースター前週日曜、受難週に入る日を「棕櫚の日曜(パームサンデー)」と言います。主イエスの言動は各地で話題になっており、ユダヤ三大祭の一つ「過越祭」にエルサレムに来たことでローマ支配下にある人々は「打倒ローマ」を期待して主イエスを歓迎したのです。「ホサナ」は「今、救ってください」という内容ですが実際は「バンザイ」のような感嘆詞。日没までにはエルサレムから約3キロの「ベタニア村(「貧しい者の家」の意)」に戻り、通います。そこにもイエス一行を宿泊、もてなす共感者(シンパ)がいたのです。共感者の広がりが主イエスの力と恵みであり、教会の働きの大事なものです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト広島キリスト教会。広島市中区舟入町12-7にあります。広島市内を走る「チンチン電車」を降りてすぐの道沿いにあります。昔、この教会で行われた研修会でお話をしたとき、教会のすぐ裏手にビジネスホテルがあり、とても便利!と思ったことでした。広島には名物もいろいろありますが、「お好み焼き」はやっぱり美味しかったですね。播磨牧師とは西南学院大学神学部時代からの付き合いです。鹿児島教会にいらっしゃる時、遊びにいったとき、丁度、桜島が噴火していて火山灰が本当に細かく目に入ってくるのは驚きました。播磨牧師は大変鋭い感覚をお持ちの方で広島でもさまざまにご活躍されていると思います。祈りの課題は以下です。①平和と和解のつとめに仕える。②苦しみ困窮する人々と共に生きる。③具体的活動を通して福音を伝える。牧師・播磨 聡

2022年03月30日

3/31 マタイ福音書27章15-26節 「人の決断は何によるのか」

 ピラト総督については28日分参照。バラバ・イエスはヨハネ書では「強盗」と記されますが、実際はローマ帝国に歯向かった政治犯です。そうでないと、人々の共感を得るはずはありません。マタイが伝える特徴はピラトの妻が主イエスの夢を見て苦しんだと語っていること。マタイは「夢(のお告げ)」に関心を持って忘れずに記録します(マタイ1章等参照)。ピラトはバラバの方が危険と思い、恩赦する気はなかったのですが、人々が熱狂的になり、「メシアと呼ばれるイエスを殺せ」と激しく訴えるのを見て、暴動を恐れて、イエスの死刑を決断します。さらに「私の責任ではない」と予防線をはります。政治家でも学者でも我らでも、自らの決断を最終的に、何によって決めるのか、それが曖昧であり、また責任逃れをすることが重大事件を生むのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟引退教役者の方々を覚えて。清水康弘氏(兵庫県在住)、菅原理之氏(長野県在住)

2022年03月26日

3/30 イザヤ書53章1-12節 「主イエスの姿を示す預言」

 「苦難の僕(しもべ)」と呼ばれる、キリスト預言。主イエスの姿と重なるところばかりでイザヤ書がイエスの生誕五百年前に記されたことを思うと鳥肌がたちます。1節の「見るべき面影はなく、輝かしい風格も…ない」。確かに絵画では後光が描かれますが実際はなく、聖書にはイエスの顔が魅力的だったなど一切記されません。主イエスが受けた「傷」、それが我らを「癒す」。まさに我らを愛のゆえに赦し、共に傷つきながらもなお生きようにされたキリストの心です。なのに、今もなお、傷つけあう人間の世界、それはどれほど主イエスの傷を深くしているでしょうか。「背いた者」をも救い愛する主を知る時、人は「傷つける」世界ではなく、「愛する」世界を目指すのです。今日はM・Mさんのお誕生日おめでとうございます!

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟「天城山荘」。①天城山荘が新たな形で用いられ、祝福されるように。②天城山荘関わってきた連盟の歴代各位に感謝。委員長・内藤 崇

2022年03月26日

3/29 マルコ福音書15章21-32節 「負わされた十字架」

 シモンというキレネ人。祭りにやって来て、偶然その場にいました。そして「黒人」であったため、その差別的感覚を利用され、十字架担ぎを命じられます。しかし、ゴルゴタの丘の主イエスと出会い、後に家族はクリスチャンになります(ローマ書16章13節参照)。そして主イエスは他の罪人二人と共に十字架に釘付けされます。その釘は太さが1センチ以上のものです。出血が長時間続く悲惨な刑。十字架の下では人々がイエスを侮辱します。この光景について詩編22編も必ず読んでください。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 「全国教役者会」。①それぞれの地に遣わされた教役者をつなぐ役割を担う。②教役者たちとともに作る研修会の実施。③教役者会の安定運営のために。事務長・本山 大輔(豊前教会牧師)

「女性牧師・主事の会」。①献身者の性差によらず賜物が用いられるように。②発足後22年、互いに励まし合う会としての活動継続。世話人代表・今給黎 眞弓(豊中教会牧師)

2022年03月26日

3/28  マルコ福音書15章1-5節 「ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け」

 ピラトはローマ帝国がパレスチナに駐在させていた五代目の行政長官、総督(在位紀元26~36年)。神殿の中にローマの神々と偶像を刻んだ盾をつるしたり、神殿のための税金を水道建設に当てたり、ルカ13章に報告される神殿近くでガリラヤ人達を殺害したりとユダヤとその信仰を敵対視していました。「使徒信条」でその名が記されています。ユダヤ議会には「死刑(合法的殺人)」の権利がないため、ユダヤ人は通常敵対視する権力も利用します。ピラトは主イエスに対して尋問しますが、主は何も答えません。通常ならば弁明するので、ピラトは驚きます。そしてピラトはイエスを死刑にする理由を見つけられませんがこの機会を利用して自分の身を守るのです。「使徒信条」を時々、絶対化しているような方がありますが、「使徒信条」は「信仰告白」であり、常に見直されるものです。ピラトに関する言及は不十分です。ピラトを語るなら、当時の主イエスを理解し、認めなかった人々についても触れるべきでしょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟「財務委員会」。①連盟機構改革に連動した財政計画の立案協力。②教役者退職金・年金制度運営のための諸問題解決。 委員長・篠 松次郎

2022年03月26日

3/27 マルコ福音書14章66-72節 「主イエスの言葉が届かない我ら」

 この箇所は今回、それぞれの福音書から読んできました。それぞれ表現や報告に多少の違いがあるにせよ、この夜の出来事は後にペトロが初代教会の代表の一人になっても語り継がれていったし、ペトロ自身も自らの弱さと、そのペトロをに注がれた主の愛を語ったことでしょう。今日は別の面から見ますと、主イエスは例えばマルコ14章27節以下で、「あなたがたは皆(弟子たちは)つまずく」、「復活した後(つまり殺されること)先にガリラヤに行く」と語っています。その時の弟子は自分がつまずくことも、イエスが殺されることもない、と思っているのです。主イエスの警告の言葉を受け止められず、自分の思いのみに固執するのは、私共すべてにあてはまるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 南九州地方連合。この地域連合は、北は福岡県大牟田市、南は種子島から沖縄に至る21教会、7伝道所で構成されています。私も宮崎時代はこの連合にいました。集まるのには距離は遠いのですが、でもそうして集まる時の恵みは本当に嬉しかったです。祈りの課題は以下です。①連合内の教会・伝道所のために。②沖縄にある教会のために。③次年度の働きのために。会長・中條 信治(宮崎教会牧師)

2022年03月21日

3/26 ヨハネ福音書18章15-27節 「言葉が消される時」

 サンドイッチ状に大祭司の家の外の話、真ん中で家の中での話を伝えます。外での話はこれまで伝えてきたように、ペトロが「イエスの弟子ではないか」と言われ、三度打ち消した話です。一方、大祭司の家では対話がなされます。主イエスは何も隠すことはありません。多くの人々に語ってきたし、その内容は聞いた者は知っている。「悪いことを言ったならそれを証明せよ」と主イエスは語ります。そのような主イエスは平手打ちをくらいます。言葉で話し合うことができるけれども、自分にまずい点があれば、対話を止め、暴力を用い、その人を封じるのです。言葉で心を通い合わせることが人間には恵みとして与えられているのです。言葉が消される時、暴力がはびこるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 江波キリスト教会。「江波」というのは、広島市に行ってら「チンチン電車」が走っており、「江波」行き、というのをたくさん見ます。その電車を見ながら、これに乗ったら「江波教会」に行けるんだ、と思った記憶があります。広島市の海側です。杉本牧師は北関東連合出身の方でとても親しく感じます。祈りの課題は以下です。江波地域(約4000軒)にトラクトを配布します。主の福音が隣人に届き、主ご自身が出会われますように。牧師・杉本 拓哉

2022年03月21日

3/25 ルカ福音書22章54-62節 「主が振り向いた」

 22日と昨日の箇所のルカ版。春の寒い夜、薪の光と温かさに人が集っています。ある女中がペトロを「じっと見つめ」た。それは疑念を持つまなざし。そして「イエスの仲間じゃないのか」との言葉に自らと主イエスとの関係性を否定します。「イエスのことなどさっぱりわからない」と言っている時、鶏が鳴く。それは、イエスとの関係を自ら切った者へ有罪を告げる声です。61節に「主は振り向いてペトロを見つめられた」。この時、主イエスが館を出る時だったのか、それはわかりません。しかし、主の心はペトロにつながり、ペトロは確かに主のまなざしを感じたのです。もし、自分が、家族や友人からも「お前なんて知らない、関係ない」と言われたらどうでしょうか。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 広島西キリスト教会。広島市佐伯区千同1-26-23にあります。広島市内ですが、まだ行ったことのない教会です。「広島」は瀬戸内海に面し、気候も温暖で良い場所のように思います。そし何より「原爆が落とされた町」です。今もなお、「核兵器」を持つことを誇り、脅しに使う国があります。その悲惨さを学ばなければなりませんし、日本は核兵器、原子力等から脱皮するように世界に働きかける役割があるはずですが。広島出身の総理大臣はもっと平和憲法や体験としての核問題を語る世界のリーダーとなってほしいと思います。祈りの課題は以下です。①地域に根ざした伝道推進のために。②求道中の方々の救いのために。③教会学校と成人科の充実のために。牧師・大建 英夫

2022年03月21日

3/24 マタイ福音書26章69-75節 「頭で考えるのは簡単」

 22日の箇所のマタイ版。ペトロの心は燃えています。剣もあるし、もし主イエスに何かあったら、自分が出て行って「助さん、格さん」のごとく、戦ってイエスを助け出そうと。出来もしないことを考えるのが人間。剣を出すどころが、女中に「あなたも捕まったイエスと一緒にいた人じゃない?」と問われ、「違う」と打ち消します。さらにもう一人から、そしてある人が「お前はガリラヤ弁だし、イエスと一緒に行動していたじゃないか」と言われた時、「呪いの言葉」を口にしたとのです。「呪いの言葉」とはまさしく「イエスなんて呪われ殺されたらいいんだ!」という内容。もし、自分がその場にいたらすでに逃げていたでしょう。主イエスは人に捨てられ、孤独で死に向かいます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 高松常磐町キリスト教会。高松市常磐町1-26-23にあります。この教会は町の中心部にありますが、残念ながら行ったことのない教会です。パイプオルガンが設置されています。当教会の礼拝等をFacebookに出していますが、いつも「いいね」をしてくださるのが高松常磐町教会の方です。この方は当教会以外にも他のバプテスト教会の情報にも「いいね」をつけています。私も「高松常磐町教会」の様子がアップされたらとりあえず「いいね」をつけています。ただ、礼拝のメッセージ等は「いいね」だけでは表現できないことが多いです。でも「いいね」してくださると誰が見てくれたのか解るのが感謝です。話が飛びましたが、祈りの課題は以下です。①教会創立70周年記念事業―天に宝を積む。次の世代の為、私達ができること、残せるもの―の前進。牧師・梶井 義郎

2022年03月21日

3/23 ペトロの手紙Ⅰ 2章21-25節 「主イエスに学ぶ」

 18節からは「召し使いたちへの勧め」とあり、教会員男性で「召し使い」をしている人から相談があったのでしょう。「うちのご主人はとても厳しすぎる」とか不満を語ったのだと思います。ペトロは愛と誠意をもって働きをしなさいと語るのです。召し使いでなくとも、ある人と上司等の関係も結果同様ですね。そして社会的な地位の上下関係でも。平等な人間関係でも同様だといえましょう。ペトロはどんな状況でもイエスをに学び、主を見上げようと言います。キリストが「ののしり返さず」「人を脅さず…」と。世の中には「言われたら、十倍言い返す」と考える人、心や体に少し傷を受けた(ここは誤解しないでください。「少し」と判断するのは他人で、本人は人から見たら「小さい」と思われ、本人の苦しみが理解されない時がありますが、本人が「辛い」と思ったら「辛い」のです。人の受けた傷を他人は勝手に解釈してはいけません、そのように思っています。)だけでリベンジに燃える人もいます。時に幼稚な対応を見ることがあります。嫌な上司なら、その背景には何があるのか考えたり、大人なら、「おかしいこと」「非常識なこと」とその理由をきちんと話すべきです。色々相談したらと思います。主イエスのようになれないけど、主の歩みを見習いたいものです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 高松太田キリスト教会。香川県高松市太田下町3013-10にあります。この教会が伝道所という組織から「教会」へと独立し、日本バプテスト連盟に加盟する時、連盟理事として訪問させていただき、お話を聞かせていただきました。そのような関係があったことで昨年、立派な記念誌を送ってくださいました。教会組織をした10年前、このあたりは地域開発がされて、大きなショッピングモール等ができるとのことでした。ぜひ、高松の方、一度、高松太田教会に行ってみてください。とにかく、牧師が大きいです。会えばすぐわかると思います。祈りの課題は以下です。①新長期ヴィジョンの作成。②駐車場用地の取得。③求道中の方々のバプテスマ。 牧師・大竹 敏生

2022年03月21日

3/22 マルコ福音書14章53-64節 「二つの裁判」

主イエスがゲッセマネで神殿警備隊等に逮捕され、大祭司邸でユダヤ最高法院の異常な深夜の裁判を受けます。しかしイエスを訴える証言が食い違います。業を煮やした大祭司は「お前はほむべき方(=「神」の言換え表現)の子、メシア(=救世主、キリスト)なのか」と問います。主イエスは詩編110編とダニエル書7章13~14節の言葉で答えます。そして大祭司は「メシア」だと認めたのは神への冒涜だと死刑を言い渡します。「死刑囚」と決まったら人々は唾を吐きかけ、暴力を振るいます。立場が変われば、イエスは人間以下の扱い。死刑(合法的殺人と言われる)はローマの承認が必要で次の場所へ送られます。一方、庭ではペトロも民衆から裁判されます。そこでの証言は「イエスを知らない」と三度関係を拒否。裁判長は鶏でした。今日はI・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 恵キリスト教会。香川県高松市上福岡町778にあります。この教会も昔、行ったことがあります。すぐ近くに伊予鉄道(?)の線路が走っています。教会の名前は多くの教会がつける地域名ではなく、キリスト信仰の中心のひとつである「恵み」に由来します。それも良いと思いますが、言う時には結局「高松市の恵教会」と言いますが。祈りの課題は以下です。①礼拝と交わりの充実のため、トーンチャイムを用いた取り組みと讃美が実現しますように。牧師・伊藤 聰

2022年03月21日

3/21 マルコ福音書14章43-52節 「死を受け入れる苦しみと葛藤」

 オリーブ山の「ゲッセマネ(油絞りの意)」(新共同訳では「ゲツセマネ」)で主イエスは心絞り祈ります。これから迎える死、それを受け入れることは簡単ではありません。「よみがえる」ことを知っていても、自分の命がなくなること、苦しみの深さを前にできることなら取り去ってほしい、と祈りながら、最後は御心が行われるようにと「死」を受け入れる覚悟をするのです。主イエスは役者ではありません。死の陰の谷を歩む恐怖がありました。そして神殿警備隊がやってきます。「こいつがイエスだ」と示す死の合図は、ユダの接吻。一人ペトロが剣を振り回しますが、すぐにイエスに止められます。悪事は闇の中で行われます。「聖書の言葉の実現」とは詩編22編のこと。裸で逃げた弟子は多分マルコです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 丸亀城東町キリスト教会。香川県丸亀市城東町3-11-21にあります。昔、行ったことがあります。丸亀駅前から歩いていったのですが、途中に有名な画家の美術館もありまして、時間があれば立ち寄りたかったです。丸亀城跡の近くです。山浦牧師は、牧師になる前は家具職員をされていて、そんなことで、教会の備品・家具作成もされておられます。もう丸亀も20年を越えるのではないでしょうか。祈りの課題は以下です。①神の光に照らされて聖書を読む。②神の光に照らされて世界を見る。③曖昧なものは曖昧なまま見たい。牧師・山浦 良治

2022年03月21日

3/7~3/13 特別版(メッセージなし)

3月14日(月) 聖書:詩編 42編2~6節 「なぜ、うなだれるのか」 
教会の祈り:ロシア軍のウクライナ侵攻停止とウクライナの人々の守り。 今日の祈り:松山西教会(愛媛県)。①牧師招聘準備が整い、与えられますように。②ハンドベルでの地域伝道。③来会できない方へのアウトリーチ。 代表役員:城前 正志。

3月15日(火) 聖書:ゼカリヤ書 13章7~9節 「羊の群れは散らされる」
 今日の祈り:道後教会(愛媛県)。①老いと向き合う方々が健やかに生活できますように。②医療・看護・介護に関わる方々の健康が守られますように。 牧師:宮本 恵

3月16日(水) 聖書:マルコ福音書 16章1~8節 「あなたがたより先にガリラヤへ」
 今日の祈り:松山教会(愛媛県)。①福音の種を蒔き続けよう。②求道されておられる方々のバプテスマ決心のために。 牧師:川上 敏夫

3月17日(木) 聖書:ローマ書 7章13~25節 「わたしは肉の人」
 今日の祈り:今治教会(愛媛県)。①礼拝者が増し加えられるように。②地域の人々・子どもたちへの伝道。③教会メンバーの体調の守り。
牧師:今井 朋恵、今井 謙一

3月18日(金) 聖書:ローマ書 8章12~17節 「アッバ、父よ」
 今日の祈り:徳島伝道所(山口県、母教会は今治教会)。①コロナの収束。②教会メンバーの信仰・平安が与えられるように。③共に礼拝する人々が与えられるように。協力牧師:今井 朋恵、今井 謙一

3月19日(土) 聖書:ヨハネ福音書 14章25~31節 「さあ、立て、出かけよう」
 今日の祈り:高知伊勢崎教会(高知県)。①牧師就任感謝と教会の歩みのため。②信仰と健康が守られるように。③地域に開かれた教会の働きのために。
牧師:河野 宏一(22年3月1日より就任、当教会出身牧師)

3月20日(日) 聖書:マルコ福音書 14章27~42節 「心は燃えていても」
 教会の祈り:Y・Kさん、O・Hさん、S・Mさんのお誕生日を覚えてお祈りいたします。今日の祈り:徳島教会(徳島県)。①闘病中、介護、療養中の方を覚えて。②転入会者。バプテスマを受けられた方たちとの歩み。③孤独や貧困、暴力に苦しむ人たちのために。 牧師:杉山 いずみ(当教会出身牧師)

2022年03月15日

3/13 マルコ福音書14章10-26節 「最後の晩餐」

 いわゆる「最後の晩餐」の記事。解放を記念する「過越祭」(=除酵祭)の食事の時、主イエスは「裏切る者がいる」と語ります。この思いは「裏切りの決意を変えてほしい」ということでしょう。しかし弟子達の誰もが「まさか自分のことでは」と思ったのは、誰もがその思いを抱いたことがあったからです。加えて言うなら、主イエスはもし逃げようと思えば逃げる機会は何度もありました。そしてパンが裂かれ分かち合い、ぶどう酒を回し飲みすることによって、自らの肉が裂かれ、血を流すこと、それが犠牲による救いの約束の印と語るのですが、多分、この時は誰も理解していません。「神の国で新たに飲む」は主が再び共に歩む時、つまり復活後と考えています。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 八幡浜バプテスト教会。愛媛県八幡浜市広瀬2-2-12にあります。この教会とは、神学生の時に衝撃的な出会いでした。この地域は戦後、女性宣教師が各地が回って教会が生まれたのです。漁業の町、みかんの町で、夕方になるとどの店も閉まってしまいます。そして海が美しく、覗くと、石鯛が泳いでいるのが見えるほど。当時の岡田牧師(現在は引退)が岬の町々を訪れては、子どもを集めて「紙芝居」等を用い、福音を伝えようとされていました。その姿は印象的で、伝道者の姿としていつも思い起しています。祈りの課題は以下です。①礼拝者が、祝され恵まれる教会。②主に仕え、信仰を継承する教会。③地域に親しまれ、救われる教会。牧師・榎本 謙二郎、副牧師・榎本 佐智子

2022年03月07日

3/12 マルコ福音書14章1-11節 「イエスの死に向けての準備」

 イエスの殺害計画に挟まれて一人の女性が主イエスに香油を注ぐ記事が記されます。ナルドの香油はヒマラヤの植物から抽出した成分をオイルに溶かしたものです。この女性は他の福音書でも紹介されていますが、イエスと出会っていた女性であり、香油を注ぐということに深い意味があります。ユダヤで「油を注がれる」ことは王の就任式の儀式であり、まさに主イエスは「真の王」、そして「救い主(キリスト)」として油が注がれたのです。就任式であり、同時に埋葬の儀式の先取り。回りの人々はその思いを理解できず、「もったいない」と言います。主イエスに対する奉仕は、その感謝と恵みを知らない者には理解できないのです。強いナルドの香りはゴルゴタの丘んも薫ったでしょう。今日はU・Fさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 防府バプテスト教会。山口県防府市栄町2-2-27にあります。防府はいわゆる瀬戸内工業地帯の一画で、瀬戸内海に面した温暖なところです。新幹線で通過していましたが、まだ行ったことがない町です。祈りの課題は以下です。①ひとりひとりが証し人となる。②地域に必要とされる」教会になる。③新年度の活動計画が祝されますように。牧師・山時 松江

2022年03月07日

3/11 ヨハネ福音書13章21-30節 「裏切る思い」

 ヨハネ福音書では「最後の晩餐」と呼ばれる主イエスがパンとワインを弟子達と分かち合ったことよりも、主の「洗足」を大事に伝えてくれます。この13章で「悪魔がユダに入り」裏切りをさせたとあります。ただ「悪魔」が入ったからだと「悪魔」の責任に帰してはいけません。ユダが考え、ユダの責任で行ったことです。ユダはイエスが殺されるまでの状況とは考えていなかったようです。そして、ユダは「イエスを裏切る」=「イエスの居場所を神殿側に伝える」ことを止めようと思えば止めることができたし、主はそのことをユダに促しています。ユダが伝えなくてもイエスは捕まったでしょう。そしてユダだけでなく、共に食事した仲間は皆、イエスから逃げたのです。さて、今日は「3・11」を覚えます。11年前のあの日、私は神戸バプテスト教会の牧師と教会から生まれた「光の丘幼稚園」の園長をしておりました。数日後に控えた卒園式、そして修了式を控えていました。幼稚園は午前中保育になっており、教会で仕事をしていて、少しコーヒータイムをとろうと牧師館に戻って、テレビをつけてみると、仙台空港に津波が押し寄せてくる映像が流されており、何か大変なことになったと知りました。すぐに職員室に連絡し、その後、日本の日々が異常な空気になりました。卒園式の日はとても寒く雪がちらちらと降っておりました。3月は神戸教会の60周年記念礼拝が予定されていましたが、そこに全く祝祭の雰囲気はなく、受難の主イエスの姿と我らの状況を重ねて宣教したことを思い出します。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 小野田バプテスト教会。山口県山陽小野田市稲荷町3-25にあります。学校法人「小野田めぐみ幼稚園」の母体です。祈りの課題は以下です。①奏楽者が与えられれますように。②教会学校が復活できますように。③教会・幼稚園の増築のために。牧師・佐野 太

2022年03月07日

3/10 出エジプト記12章1-14節 「過越しの祭」

 ユダヤ三大祭りの一つ「過越祭」の由来。春に出エジプトを記念する祭で、除酵祭(ルカ福音書参照)と併合されました。かつてエジプト脱出前、小羊の血が家の門柱と鴨居に塗られた家は主の災いが「過ぎ越し、守られ」、急な旅立ちのため、発酵させないパンをつくりました。イスラエルが奴隷状況から解放されたこと、神の偉大な救いを想起して「過越祭」が行われたのです。主イエスがエルサレム入城したのはこの「過越祭」の頃で、エルサレムには多くの巡礼者がいました。主イエスと弟子達も過越しの食事をした後、ユダに導かれた神殿警備隊により主イエスは逮捕され、処刑されるのです。十字架で血を流され殺された主イエス。新約における唯一の人々の罪を赦す「犠牲」「贖い」となったのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 下関バプテスト教会。山口県下関市上田中町2-7-11にあります。学校法人「めぐみ幼稚園」の母体です。祈りの課題は以下です。①幼稚園と共に生き、福音を伝えられるように。②病気や高齢による礼拝出席困難者のために。牧師・泉 選也

2022年03月07日

3/9 マルコ福音書12章38-44節② 「ささげる心」

 「軽い音」ですが彼女の献金は心深いもの。「生活費全部」は「いのち」とも訳されます。彼女の一日分の生活費を献げたことは大きな犠牲でしたが、感謝が満ちています。献金は金額だけで比較評価されません。収入がそれぞれ異なるから。女性の献金を主イエスは喜ばれ、信仰者のあるべき姿と言ったのです。でもその話を、やもめが立ち去ってから語っています。そこで彼女を誉めたら「献げた思い」に水をさすことになるから。神さまが知っておられたら良いのです。大きな音で献げる人は周りの賞賛を受けたらそれで良いのです。私は幾人もこの「やもめ」のように精いっぱい献げる人に出会ってきたことを感謝して思い起します。今日はM・AさんとT・Cさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 門司バプテスト教会。北九州市門司区老松町7-3にあります。1891年創立の古い教会です。私の亡父がバプテスマを受けた教会でもあります。祈りの課題は以下です。①切原恩恵牧師の後継者の牧師が与えられること。教会員から牧師になる人が現れることを祈っています。牧師・桐原 恩恵

2022年03月07日

3/8 マルコ福音書12章38~44節① 「賽銭箱の前で」

 当時の律法学者は裁判官の役割もしておりました。人を裁く力を持っている時、傲慢になる人がいます。律法学者は「ラビ」と呼びかけられます。それは「わたしの偉大なる方」の意味であり、会堂でも会衆を見る特別な場所に座っていたのです。その後、主イエス一行は賽銭箱に行き、献金を献げたでしょう。賽銭箱は寺社のものを思い出しますが、当時は銅製のラッパ状で献金目的(例えば「神殿で用いる食料のため、改修費用のため等」)に分けて13本ありました。、また、紙幣ではなく、当時は全て金属で、多くのお金を入れると凄い音が響いたのです。一人の貧しいやもめが二枚のレプトン銀貨を献げます。「レプトン」は「薄い」との意味で、まさに軽い音が鳴りました。(つづく)

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 門司港キリスト教会。北九州市門司区清滝4-2-5にあります。「門司港」は九州最北端の駅があり、最近は一帯がレトロな町として人気があります。関門海峡をはさみ、眺めもとても良いところです。祈りの課題は以下です。①門司(もじ)の地で主に仕え、他者に仕え、すべての人と共に生きる教会でありますように。代表役員代務者・石橋 貞男
 

2022年03月07日

3/7 マルコ福音書12章28-34節 「神への愛=人への愛」

 律法学者の一人が主に尋ねます。「一番大事な掟は何でしょうか」と。律法は余りにも多くて、それらに気を向けている時にその中心がわからなくなるのです。主イエスは「聞け(シェマー)イスラエルよ」との申命記六章四節を引用して語ります。ここの「心、精神、思い」はそれぞれ異なるものではなく、三つ合わせて、「全身全霊」「生き歩むすべてで」との意味。さらに主はレビ記19章18節の言葉を用います。ただ18節にある言葉「民」(=同国人)を除くことによって、同国人や異邦人という境界線を引かないのです。イエスの独自性は二つの戒めを結び、表裏一体で提示したこと。ゆえに「神を愛することは、人を愛すること」となのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 富野バプテスト教会。北九州市小倉北区上富野5-2-18にあります。この教会のメンバーにオルガニストして著名な方がいらっしゃって、教会にもパイプオルガンが設置されています。大昔、45年位前に訪れたことがあります。祈りの課題は以下です。①コロナ危機が早く収束するように。②コロナ危機をすべての教会が無事に乗り越えることができるように。牧師・黄 仁坤、協力牧師・福田 昌治

2022年03月07日

3/6 マルコ福音書12章18-27節 「死後は誰と共にありたいですか」

 悲しい「質問のための質問」。3月2日に扱った「ラビラート婚」を題材に、妻を迎えた長男が死に、次々と弟と結婚するが子は産まれず、女も死んだ。復活の時、この女は誰の妻なのか、と。こんな想定、誰が考えましょう。もし実際に起こっても、そこに生じる悲しみや屈辱という人間性を無視した問い。主は語ります。復活の後は生きていた時の人間関係がそのままではない(神に願えばその関係を天国でも続けられましょう。天国でも夫とずっといっしょにありたいと思う方もいれば、天国ではもう夫とはいたくないという方もありますね)。これが第一。続けて大事な真理を語ります。「神は生きている者の神」。大昔に死んだアブラハム等が生きている時、神は彼らの友であった。彼らが死んでもなお、神との関係は維持されているゆえ神の前に生きており、死後も神の愛に委ねることへの招きです。今日はN・Eさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト小倉キリスト教会。北九州市小倉北区古船場町9-14にあります。小倉駅からちょっと遠いですが歩いていける距離です。かつては「湧金幼稚園」が附属幼稚園としてありました。祈りの課題は以下です。①御言葉が大胆に語られますように。②困窮者支援の働きの継続のために。③求道者の信仰決心のために。牧師・山本龍一郎

2022年03月01日

3/5 マルコ福音書12章13-17節 「神のものは神に」

 エルサレム入城後、主イエスは日々神殿で様々な議論を重ねます。イエスを陥れようとする悪意のある質問もあります。ここではローマ皇帝に税金を納めるのは聖書的に正しいことか?との質問。当時の貨幣にはローマ皇帝の肖像がほられ、高い税金をユダヤ支配者である皇帝に納めることに、経済的、精神的辛さがユダヤ人にあり、何度も革命や主権の回復を願ってもローマ軍が侵攻し犠牲と悲しみしか残らない歴史の中です。ゆえに「ローマに納めるな」と言えば民衆の人気を得るでしょうが、主イエスは「皇帝(カエサル)のものは皇帝に、神のものは神に」と語ります。国家に税金は払う、しかし、信仰と良心においてあなたは自由との誇りを持ち、生きよとのことなのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 南小倉バプテスト教会。北九州市小倉北区弁天町11-19にあります。「南小倉」ですが「小倉北区」にあります。この教会の谷本牧師は、ヴァイオリニストであり、特に「タンゴ」の演奏でCDを複数発行し、また全国各地でのコンサートを続けておられますが、コロナ危機の中で思うような活動ができていないかもしれません。常にユニークな聖書の読み方や教会の在り方を考えていらっしゃる方と思います。祈りの課題は以下です。①みんながつながりあって、今日を生きられますように。教会がそのために働くことができますように。牧師・谷本 仰

2022年03月01日

3/4 出エジプト記3章11-21節 「神はモーセを招く」

 神が働きを委託したいとの願いに対し、モーセは「若い頃まで王宮で育ったけれど、殺人を犯した者。同胞にも嫌われた者。今の安定した生活を壊したくない。何より自分は言葉も下手で人々を導く力などない、そのような私がなぜ?」と戸惑います。履歴を見れば、他に良い人がいるんじゃないの、と誰しも思いましょう。「私はその委託にふさわしくない者」が「私は何者でしょう」の意味。神も「わたしは何者か」と語ります。それは「わたしはある」、それは「初めから、わたしがあったから世界があり、わたしはこれからもあり続ける」ような意味。なぜモーセが選ばれたのか、理由は不明。主はモーセを選び、あなたを選び、主は共にあり、御心を現実化したいのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテストシオン山教会。北九州市小倉北区下到津2-15-21にあります。この教会は「学校法人 西南女学院」に隣接し、西南女学院の教員や学生を受け入れる教会としての使命があります。また「社会福祉法人 シオンの丘 愛の園保育園 小規模保育所 こひつじ幼稚園」の母体でもあります。「シオン」とは、旧約聖書でよく用いられる言葉で、神殿建設された後の「エルサレム」の別名です。「山」はこの教会が少し山を登ったようなところにあるからでしょうか。伊藤牧師はなんでしょう、何でもきちんとこなす方です。でもそれがとても安定的で、大事なことですね。祈りの課題は以下です。①キリストにつながり共に生きる。②2022年7月教会創立100周年記念行事、事業、記念誌発行のために。牧師・伊藤 光雄

2022年03月01日

3/3 出エジプト記3章1-10節 「主は人々の痛みと叫びを知る方」

 かつて兄弟から恨まれ、エジプトに連れていかれたモーセ。エジプト人がユダヤ人を奴隷化するのを見てエジプト人を殺し、逃亡した者。しかし、主はモーセをエジプトにいるユダヤ人を救い、解放するために用いようと考え、モーセに呼びかけます(=召命、コーリング)。ユニークなのは、主はモーセの好奇心をご存知で、燃えてもなくならない柴(小枝の集合体)を不思議に思い、主の前に導くのです。神の自己紹介があります。それはモーセも聞いていた「アブラハム…ヤコブの神」。その神はどのような方なのか。それはイスラエルの民の叫びを聞き、痛みを知り、圧迫を知り、乳と蜜の流れる豊かな地に連れ出し、解放を与える方なのです。モーセは同胞の痛みを忘れていましたが、主は決して忘れないのです。今日はT・Mさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 企救(きく)バプテスト教会。北九州市小倉南区徳力6-10-6にあります。この教会の原田牧師は、私が学生時代に常盤台バプテスト教会で共に歩んだ先輩です。ムーミンのような風貌で、優しくも厳しい方です。ヘブライ語や旧約聖書にも大変詳しい方で、九州バプテスト神学校で「ヘブライ語(=へブル語)」の教授もされています。それから、クラシックを中心とするCDや絵本の数は莫大で「絵本と聖書の話」など素晴らしくされる方です。もうこの教会で35年程いらっしゃるでしょうか。祈りの課題は以下です。①新しい年度の歩みの整え(3月予算総会、4月定期総会)。②病気療養中の方々とその家族。牧師・原田 義也

2022年03月01日

3/2 申命記25章5-10節 「古い契約に従う必要はない」

 ここを読んでビックリする人も多いでしょう。「ラビラート婚(=ラビラト婚=レビレト婚=もらい婚)」といわれ、最初の婚姻で結ばれた両親族集団の紐帯を維持し続けることです。ユダヤ、パンジャブ、モンゴル族、チベット民族などで一般的ですし、日本でも例があります。申命記での問題はそれを拒否する人は男女とも厳しく侮辱的かつ差別的な扱いを受けるのこと。結婚というものが家と家、民族と民族の結びつきに関わる考え方に対して「個」を大事にすべきと新約聖書は教え、主イエスも旧約での律法をすべて有効とはしておりません。今度の日曜の礼拝宣教でも多少取扱います。現代では結婚式でも「○○家と○○家」としないのは良いです。恋愛も結婚も責任ある個人の自由です。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 小倉春ケ丘バプテスト教会。北九州市小倉南区春ヶ丘3-3にあります。この教会のことを詳しく存じ上げませんが、JR小倉駅(新幹線もとまる)からモノレールに乗っていくのかしら、と思います。祈りの課題は以下です。①会堂修繕費用が与えられますように。②30人礼拝が実現しますように。③地域に根差した教会になるように。牧師・千葉 仁志

2022年03月01日

3/1 ヨハネ福音書6章22-40節 「命のパン」

 五千人の給食に続く記事です。人々が主イエスを求めているのは「パン」を得たいためだ、主イエスは批判的に語りつつ、より深い対話へと導いていきます。そして「朽ちる食べ物ではなく、永遠の命に至る食べ物」を求め、そのために歩むように促します。「永遠の命」は単に死後も永遠に神の前に生きること以上に、生きる者の「救い」を示し、「主の御言葉と主の命と愛に支えられて歩むこと」を意味します。「人の子(=イエス)は神であり、人の子が与える食べ物(=御言葉と主の命)」を得よと語った時、人々はその証拠を求めます。主イエスは「神のパンは天から降り、人々に命を与える」と語りますが、人々は理解できません。それは主の死を通して明らかにされます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 北九州キリスト教会。北九州市戸畑区中本町12-34にあります。また、この教会は「社会福祉法人 北九州ナオミ福祉会 保育所 ナオミ愛児園」の母体です。牧師の斎藤信一郎先生は前、西川口教会牧師としてお交わりをいただきました。お働きが祝されますようにお祈りいたします。祈りの課題は以下です。①伝道の力が強められるように。②西南女学院との関係の深まりを。③ナオミ愛児園の働きの祝福を。牧師・斎藤 信一郎

2022年03月01日

2/28 使徒言行録223章1-11節 「情けない議員や施政者」

 パウロがユダヤ人達から訴えられ、ユダヤ最高法院で裁判を受けます。時の大祭司アナニヤは在位45年~56年。パウロは議員に復活等を認めないサドカイ派と復活等を認めるファリサイ派がいるのを知り、問題を広げ、「復活」の有無で裁判されていると訴えます。すると元々仲が悪い二つの派は「復活があるか否か」との話で論争が始まります。パウロの見事な作戦ですが、大体、パウロの発言で裁判になるのは異例で、むしろ「最高法院の決議を経て殺されたイエス」の影響を恐れていたからこそ、何が理由を探して捕らえたのです。現体制を守ったり、現体制の力を拡大させるために「でっちあげ」や「力」で抑え込む、そこで戦争が始まり、人が殺されていく人間の罪は今も変わらないことに啞然とします。ロシアのウクライナ侵攻・武力行使に反対し、即刻撤退を求めます。また、ロシアに協力しようとする中国に対しても非難いたします。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟引退教役者の方々を覚えて。斎藤 剛毅氏(神奈川県在住)、佐藤徹丞氏(大分県在住)

2022年02月28日

2/27 マルコ福音書11章12-26節 「理不尽な求めをする世界に対して」

 解釈困難な箇所。葉は茂っているいちじくの木が主イエスの怒りを買い、枯れてしまう。この意味はイスラエルの象徴として多用されるいちじくに実りがない、つまり、神の思いに適っていない神殿はじめ、人々の姿です。それが間に挟まれた神殿浄めといわれることに示されるように人々の信仰を商売や利益目的に利用していることへ怒りです。解釈を困難にしているのは「いちじくの(実を結ぶ)季節ではなかったからである」との言葉。イエスのわがままで枯れたと考えればひどい話です。でもそれは主イエスの行動全体と整合性がなくなります。そしてこの話の末は「赦しなさい」との言葉。主イエスが例となって示したいちじくを枯らすようなひどい世界に「赦し」と「復活」を伝える話と考えます。ここでは十分話ができませんが、またいつか礼拝でする時もありましょう。今度の日曜は「離婚」に関わる箇所を扱います。今日はM・Sさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 米国南部バプテスト日本語教会連盟(12教会)。①教会での礼拝が再開できるように。②福音の光を照らす群れとなるように。③神の愛に生きる教会となるように。

2022年02月22日

2/26 マルコ福音書11章1-11節 「子ろばに乗った平和の王」

 主イエスがエルサレム入城される際、「小ろば」をご自身が準備し、そのろばに乗って入られます。すでにイエス・キリストに対する民衆の期待も大きく「ホサナ」の歓声で迎えられます。子ろばに乗るのはゼカリヤ書九章の成就で、「平和の王」を意味します。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟「臨時委員会」

■「平和宣言推進担当者会…改定された「平和に関する信仰的宣言」が、諸教会にいて豊かに用いられ活かされますように。委員長・谷本 仰(南小倉教会牧師)

■「憲法改悪を許さない私たちの共同アクション担当者会…①平和憲法9条が守られますように。②これからの運動の展開の導きのために。委員長・林 健一(太田教会牧師)。

■「東日本大震災被災地支援委員会…今なお、地震・津波・原発事故によって、さまざまな痛みの中におられる方々を覚えて。委員長・中田義直(連盟常務理事)、事務局長・大城戸一彦。

■「東日本大震災現地支援委員会」…今年度で現地支援委員会が終了し、来年度から東北連合で引きついでいく働きが守られますように。委員長・金丸 真(仙台長命ヶ丘教会牧師)

2022年02月22日

2/25 マルコ福音書4章26-32節 「成長する種から学ぶ」

 「神の国」とは「神の支配」、つまり神の御心が示される世界、神の心と願い、働きは如何なるものかを示します。今日の箇所ではまず、人間の無力を語ります。農夫が種を成長させるのではありません。努力はしますが、種から芽、茎、収穫へと至るのは「神秘」としか言いようがありません。人間は「無」から種を創り出すことはできず、神の働きとしか言えないのです。また植物の成長は不断です。前へと向かって、日々僅かですが成長するのです(ただし、成長の概念には「老化」や「死」も含まれます)。また種は時にはコンクリートや石をも打ち破る可能性を持ちます。そして「種」は成長し、他の被造物にも安らぎと家を与えるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟「性差別問題特別委員会」①一人ひとりの性が尊重されるように。②SNS上でも深刻な性暴力の根絶。③公開学習会(講師:大藪順子さん)のために。委員長・岡田 富美子(那覇新都心教会牧師)

2022年02月22日

2/24 Ⅰヨハネの手紙5章13-15節 「祈る前に、そして祈りつつ考える」

 ヨハネ文書で多用される「永遠の命」。たとえ、肉は滅んでも、主の前に生きる命のこと。しかし、その言葉が我らの中で語られる時、より現実的には「救い」とその拡がりを表現します。命を感謝し、喜び、平和に生きることの導き(救い)は、自己のみならず、他者との関わりの中で具現されます。ここで「なるほど」と思うのは「祈りを神が聞き入れてくださる」、しかし、その祈りは「御心に適う祈りである」こと。祈りは自己都合、自分勝手な願いをしてしまうことがあります。例えば「天気を良くしてください」、確かにそうですが、それが御心かどうかは不明。「あの人がいなくなったら」との祈りも、まずその人との関係性が問われるし、祈りの前に為すべきことがあるのです。今日はT・Tさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 西九州地方連合(12教会1伝道所)。①コロナ危機でもますます協力伝道を。②加盟教会の財政が守られるように。③無牧師教会を覚えて。 会長・藤野 慶一郎(嬉野教会牧師)

2022年02月22日

2/23 ルカ福音書13章6-9節 「主の愛によって」

 主の譬え話。読む度に希望と励ましを与えられます。ぶどうは露地栽培で、いちじくとセットで植えられ、どちらも大切な農作物。「いちじく」が実をつける時期になってはや三年、実りがありません。地主は園丁に「土地がもったいない、切り倒せ」と命じます。しかし園丁は実を結ぶための努力をするので、一年待ってほしいと願います。もちろん特別な「いちじく」であったわけでもなく、替わりの木を移植するのが合理的なのです。でもここは「譬え話」。この園丁こそ主イエスの姿であり、主イエスに学ぼうとする私共の姿です。「石の上にも三年(石でも三年座っていれば暖まる)」と言われますが、愛という肥料、丁寧な付き合いと忍耐が実のりへと向かわせるのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 若松バプテスト教会。北九州市若松区高須東3-4-5にあります。この教会は1889年の創立で、日本バプテスト連盟加盟教会でも本当の初期の教会です。衆議院議員、若松市市長をされた吉田敬太郎氏が1949年からこの教会の牧師をされていました。著書に「汝復讐するなかれ」があり、当教会にも5冊ほどありますので希望者には定価1000円でおわけいたします。「神愛幼稚園」というものすごく広い園庭、ものすごく長い廊下のあるすばらしい幼稚園です。園長先生も知っている方です。そして、現在の永町牧師は大宮教会を辞して若松教会2年程前に就任しています。Facebookには「食べたもの」とか教会の記事等がしるしてあります。「共なる恵み」というお名前のすばらしい先生です(ジェンダーでは男性と思われます。ぜひ若松教会に行ってください。北九州市にはミッションスクールの「西南女学院」もあり、そちらの卒業生の方々も多いと思います。教会はあなたのおいでになるのを心から歓迎して待っております。祈りの課題は以下です。新たなるヴィジョンが与えられますように。②神愛幼稚園の働きの祝福。③若い方々が集えますように。牧師・永町 友恵

2022年02月20日

2/22  イザヤ書56章1-8節 「信仰の条件」

 ここで旧約から新約に至る中での大事な御言葉が語られます。まずは「異邦人」。それまでは「ユダヤ人」だけが救われるのであり、異邦人で旧約聖書信仰を願う人には多くの制限がありました。しかし、主の救いは「国籍」や「血統」ではなく「信仰による」と語られます。さらに「宦官」とは去勢された男子で宮廷や貴族の家に仕えた者。 中国のほか朝鮮、オリエント諸国、ローマ、イスラム諸国にもみられます。それら去勢された人々もユダヤ律法の中では救いに入ることができないと言われていました。しかし彼らもまた信仰によって救いを得られると語られるのです。このことは示唆的で「神を信仰すること」は神への態度以外は全く無条件であることです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト高須キリスト教会。北九州市若松区高須東3-4-5にあります。この教会はまだ行ったことのない教会のひとつで、1986年から始まっています。祈りの課題は以下です。①将来計画が祝されるように。②コロナ後の活動が祝されるように。③求道者が決心に導かれるように。牧師・三上 渡、協力牧師・山田 雄次

2022年02月20日

2/21 ルカ福音書13章1-5節 「事故・事件の再発防止のために」

 訴えられた時、何より「仲直り」を求めよとの話に続いて、一つのニュースが伝えられます。それは「ピラトがガリラヤ人の血を彼らのいけにえに混ぜた」こと。これは説明しないとわからない話ですね。多くの学者が推測するのは、エルサレムの水道建設に神殿が費用負担することにガリラヤ人等の一部が反対し、武装蜂起したことに対しピラト側兵士が反対者を殺害等をした事件。併せて主イエスは「シロアムタワー建設中の事故で死傷者が出た」ことにも触れます。主イエスは「それら事件・事故は彼らが罪深いから、と個人のせいにしてはいけない、その原因を探り、どのような方法を採用するのが最善なのか、それを考えなければ同じことが起こる、それが(主の御心を求める)『悔改め』」だと語るのです。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 八幡バプテスト教会。北九州市八幡西区岡田町2-14にあります。北九州市の副都心「黒崎」駅前から大通りをまっすぐ歩いて、少し丘をのぼったところにあります。北九州市が工業都市として栄えていた時代と較べ、今やシャッター通りが連なる地域になりました。それでもシャッター通りに住居や新たな店舗をつくる試みもなされていることをテレビで知りました。八幡教会もそのような地域と同じように、昔から時間がとまっているような感じがいたしますが、久保田牧師のお働きが祝されますようにお祈りいたします。祈りの課題は以下です。①伝道のために。②災害被災地の復興のために。③福島の原発事故後の収束のために。牧師・久保田 理

2022年02月20日

2/20 マルコ福音書9章14-29節 「祈り続ける中で祈りは深化する」

 主イエスと3名の弟子が山に登っている時、麓では癒しをできなかった弟子をめぐって言い合いのようになっていました。主は「なんと信仰のない時代なのか」、これは弟子たちに語られた言葉です。信仰がないとは、29節から考えて、弟子たちに祈りがなかった、それが失敗の原因であると語ります。16日にも記したように、弟子たちは、「自分たちには出来る」という自信は過信であり、自分たちの栄光と、誇りのための祈りでした。それは祈りがないことより、祈りの目的が違っていたのです。自分の力を信じることであり、イエスに聞く祈りにならなかった。「神をほめたたえる」ために、私共の祈りも、祈り続ける中で聖霊の働きにより祈りが変化することも知りましょう。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> バプテスト光キリスト教会。北九州市八幡西区里中2-5-5にあります。と言っても、以下「祈りの課題」」にありますように、もうすぐ、2月末日をもって閉鎖されます。祈りの課題:①今月末日の教会解散と教会員の新たな出発のために。②解散に伴う清算人(5名)の働きのために。(2月27日解散礼拝、28日に解散)

2022年02月14日

2/19 マルコ福音書9章2-13節 「新しい約束に促され」

 「山上の変貌」と呼ばれる箇所。主イエスは高い山に3名の弟子と登り、その時、主イエスの姿が真白に輝き、旧約聖書に登場したモーセやエリヤと語り合うのです。あまりの光景に圧倒されたペトロは、主イエスの偉大さを示すものと考え、小屋をつくり、その光景を固定し、多くの人々が見たら主イエスこそ救い主と宣伝できると考えたのです。ただマルコは「非常に恐れていた」とペトロを擁護しています。そこで天からの声が響きます。「これはわたしの愛する子、これに聞け」。次の瞬間、その光景は幻の如く消え去り、いつもの主イエスだけが共におります。その後、主は死と復活のことを語ります。それはあの輝きと正反対。でも「これに聞け」、主に聞き歩む道への促し。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 東八幡キリスト教会。北九州市八幡東区荒生田2-1-40にあります。何よりこの教会の奥田牧師はホームレス者支援の働きでNHKテレビで紹介されたり、本もいくつか執筆されています。新しい会堂は写真でしか見たことはないのですが、とても「思い」のある建築です。祈りの課題は以下です。①コロナで厳しい状況の方を覚えて。②子どもの自死を防げ。③東八幡教会も役立てるように。牧師・奥田 知志、石橋 誠一、協働牧師・藤田 英彦、森松 長生

2022年02月14日

2/18 ヘブライ書12章1-13節 「主の忍耐によって」

 ヘブライ書は「こうせねばならぬ」という強い語調と意思があり、「そこまでは…」と感じる自分があります。「あなたがたは罪と戦って血を流すまで抵抗したことはありません」と言われると、認めざるを得ません。弱くて、すぐに逃げ出したくなる自分。でもそんな私を「気力を失い疲れ果ててしまわないように…忍耐された」、その愛と忍耐でもって自分も守られ、導いてくださったのです。親に鍛えられない子があろうか、とありますが、私の親は優しかったです。厳しく鍛えられていたら、牧師になろうと思わなかったです。今、心配なのは親が鍛えるどころか、子を殺すこと。先日の事件では親も虐待を受けて育ち「愛」を知らないとのこと。「愛」で育まれることが大事です。今日はT・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟加盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト枝光キリスト教会。北九州市八幡東区白川町10-36にあります。この教会の岩崎牧師は「カルト宗教」に詳しく、特に学生等が「カルト宗教」に誘いこまれることがあり、「おかしいな」と感じたら、ぜひ当教会や枝光教会にご連絡してください。祈りの課題は以下です。①コロナ危機に宣教が進みますように。➁連盟職員・連合の働きを覚えて。③カルト被害者とその家族を覚えて。牧師:岩﨑 一宏

2022年02月14日